【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【2020年】子供向けのおすすめボードゲーム26選(3歳・4歳・5歳~小学生)

【2020年】子供向けのおすすめボードゲーム26選(3歳・4歳・5歳~小学生)

子供のおもちゃには、テレビゲームやスマホゲームではなく、コミュニケーション力や考える力を養えるボードゲームがおすすめです。今では、学校や研修など教育の場で採用されることが増えています。

ただ、「子供向けボードゲーム」と言っても様々な種類があるので、どれがいいのかよく分からない人も多いと思います。

そこで今回は子供におすすめのボードゲームを幼児向け(3歳・4歳・5歳)から小学生向け(低学年~高学年)まで徹底紹介』します。こどもへの誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどの参考になれば嬉しいです!

▽おすすめのボードゲームランキングも紹介中↓

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

3歳におすすめの子供向けボードゲーム

3歳におすすめの幼児向けボードゲーム

まずは、小さい幼稚園児・保育園児でも遊べる『3歳の幼児向けボードゲーム』を2つ紹介します。

どちらのゲームも「順番を守る」ことや「サイコロの記号を読み取る」ことが身につきます。

①スティッキー(Zitternix)

スティッキー|ボードゲーム

ジャンルバランス系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間10分
対象年齢6歳※3歳でもOK

スティッキーは、棒の束を崩さないようにしながら、サイコロで出た色のスティックを抜いていくという子供向けボードゲームです。木材の子供玩具で有名なドイツのHABA社が作っています。

我が家の子供(2歳5か月)のボードゲームデビューは『スティッキー』棒がカラフルで子供ウケ抜群!!

我が家では、双子の子供(2歳5か月)の初めてのボードゲームデビューがコレで、子供たちに大ヒットでした!あまりに好きすぎて、早朝・食後・寝る前などいつも「スティッキー!!スティッキー!!」と言って何度も遊んでいます。

最初の頃は「サイコロを使わずに好きな棒を1本ずつ取る」という簡単な遊び方にしていましたが、少し経つとサイコロを振って普通に遊べるようになりました。スティッキーには「対象年齢6歳~」と書かれていますが気にしなくて全然OKです。

「カラフルな見た目」「触り心地のいい木製スティック」「溶剤を含まない安全品質」なので、子どもへの誕生日・クリスマスプレゼントにもおすすめのボードゲームです。

②果樹園ゲーム(Obstgarten)

果樹園ゲーム|3歳から遊べるボードゲーム

ジャンル協力系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間10分
対象年齢3歳~

果樹園ゲームは、カラスが木の実を食べに来る前にみんなで収穫しようという協力系テーブルゲームです。「カラスvsプレイヤー全員」という構図になるので、みんなで協力してゲームクリアを目指します。

遊び方はとても簡単で、サイコロで出た色の木の実を収穫していきます。全ての果物を収穫したらプレイヤーの勝利です。

サイコロを振って出た目の果物を収穫|果樹園ゲーム

ただし、サイコロの出目には「カラスマーク」もあり、それが出たらカラスのパズルを1枚はめなければなりません。全9枚のカラスパズルが完成すると、カラスが木の実を全て食べてしまったことになり、ゲームオーバーになります。完全にサイコロ運のゲームですが、子供たちはカラスが出る度に「わーカラスがきたよー!!」と笑いながら悲鳴を上げて楽しんでいます!

また、果樹園ゲームも先ほど紹介したスティッキーと同じHABA社製なので、木製コマ(チェリー・洋ナシ・プラム・りんご)のクオリティーが素晴らしいです!我が家ではよくおままごとにも使われています。笑

③ジェンガ(Jenga)

ジェンガ|ボードゲーム

ジャンルバランス系
プレイ人数
プレイ時間10分
対象年齢6歳~※3歳でもOK

ジェンガは「片手でブロックを抜き取り、最上段にのせる」という定番のバランスゲームです。

我が家の子供たち(3歳前)には少し難しいかなと思ったのですが、いざ遊んでみると大人と同じように「ツンツンとつついて動かしやすいところを探して上にのせる」ということが普通にできています。

また、ジェンガが終わってからも「積み木」「ドミノ倒し」と遊び方を変えて大活躍!幼児期から遊べる息の長いゲームです。

4歳におすすめの子供向けボードゲーム

4歳の子供におすすめのボードゲーム

次に『4歳の子供向け』の人気ボードゲームを3つ紹介します。幼稚園の年中・保育園の4歳児クラスの子供におすすめです!

④ねことねずみの大レース(Viva Topo!)

ねことねずみの大レース|4歳から遊べるボードゲーム

ジャンルすごろく系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間20分
対象年齢4歳~

ねことねずみの大レースは「追いかけてくるネコ」から「自分のネズミ」を逃がしながら、集めたチーズの得点を競います。

ネコからネズミを逃がしながらチーズを集める|ねことねずみの大レース

サイコロを振って自分のネズミを動かしていきますが、サイコロで「ネコのマーク」がでたら、ネコがどんどん近づいてきます。ネコに捕まってしまう前にチーズを手に入れましょう。

基本的にサイコロ運に左右されるので子供が大人に勝てるくらいの程よい「運要素」がありつつ、一方で「どのネズミを動かすか?」という考える要素もあります。運と戦略のバランスがちょうどいい加減なので、4歳・5歳のこどもと一緒に遊ぶのにぴったりな家族向けボードゲームです!

⑤すすめコブタくん(Rüsselbande

すすめコブタくん|ボードゲーム

ジャンルすごろく系
プレイ人数2人~7人
プレイ時間20分
おすすめの年齢4歳~

すすめコブタくんは「サイコロを振ってコブタを進ませてゴールを目指す」すごろく系のボードゲームです。

すごろくのようにサイコロを振ってコブタを進ませますが、面白いのが「他のコブタと同じマスに入ったら背中に乗れる」ということ。

コブタがコブタの背中に乗れる|すすめコブタくん

下のコブタが移動する時は、背中に乗りながら一緒に移動できます!コブタがコブタの背中に乗ってる姿がとてもかわいいですね。

また、このゲームには「大差がつきにくい」「最下位から逆転しやすい」など子供向けの配慮が多くみられるので、親としては子供と一緒に安心して遊べるテーブルゲームです。

⑥ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ|4歳遊べるボードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数2人~6人
プレイ時間15分
おすすめの年齢4歳~

ナンジャモンジャは、カードをめくるたびに謎の生物に「名前」をつけていき、再び同じカード(生物)が現れたら、その名前を誰よりも早く叫ぶというカードゲームです。

謎の生物に名前をつける|ナンジャモンジャ

みかんオバケ、もじゃもじゃさん、ピーナッツ男など、どんな名前を付けてもOKです。「面白い名前」や「絶対に噛んでしまいそうな名前」をつけると、子供たちは大盛り上がり間違いなしです!

※「ミドリ」「シロ」の2種類ありますが、イラストの違いだけです。

⑦ワニに乗る?(Tier auf Tier)

ワニに乗る?|4歳からできるボードゲーム

ジャンルバランス系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間10分
おすすめの年齢4歳~

ワニに乗る?は「ワニの背中に動物コマを乗せていく」という子供向けのバランス系ボードゲームです。

サイコロを振って、様々な動物をワニの背中にのせていきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MANAMI(@manamiiin37)がシェアした投稿

途中で崩した人は、崩したコマを引き取らなければなりません。最初に自分の手持ちのコマを全て置いた人が勝ち。

このゲームの面白いポイントは、コマを逆さにする・立てかけるなど「置き方の自由度が高い」ところ!形だけでなく大きさも様々なので、どの順番で置いていくのかがけっこう悩ましい。

遊び方が簡単で動物コマがかわいいので、子供たちが夢中になること間違いなしのボードゲームです!

5歳におすすめの子供向けボードゲーム

5歳におすすめの子供向けボードゲーム

ここからは『5歳の子供向け』のおすすめボードゲームを3つ紹介します。5歳向けになると「素早さ」「判断力」「バランス感覚」が肝のゲームが増えてきます。

⑧ドブル(Dobble)

ドブル|子供向けカードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数2人~8人
プレイ時間15分
対象年齢6歳~※5歳でもOK

ドブルは、アメリカで大ヒットした子ども向けカードゲームで、「丸いカードを使ったミニゲームが5種類遊べるゲーム集」です。

そして、全てのゲームで共通することは「カードを比べて同じイラストを素早く宣言すること」です。

同じイラストを見つけて宣言する|ドブル

すごく不思議なのですが、上のようにどのカード同士を比べても必ず同じイラストが1つだけあるのです!いや~不思議です。

「対象年齢6歳」となっていますが、我が家では3歳前の時から「同じイラストを見つけて言うだけ」という簡単な遊び方にして遊んでいます。

⑨おばけキャッチ(Geistesblitz)

おばけキャッチ|ボードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数2人~8人
プレイ時間15分
対象年齢8歳~ ※5歳でもOK

おばけキャッチは「カードのイラストを見て、素早く正しいコマを掴みとる」早取り系ボードゲームです。

カードのイラストを見て素早く正しいコマを掴み取る|おばけキャッチ

カードの内容は2通りあり、めくったら一瞬でどちらか判断して正しいコマをキャッチします。友達の子どもが遊びに来るとよくこのおばけキャッチをやるのですが、子どもの瞬発力に圧倒されて普通に負けることがよくあります…。子供でも大人に勝つことができるボードゲームなので、大人も本気で遊べるテーブルゲームです!

おばけキャッチの対象年齢は「8歳から」となっていますが、5歳の子どもでもすぐに遊べます。

⑩キャプテン・リノ(Rhino Hero)

キャプテンリノ|子供向けボードゲーム

ジャンルバランス系
プレイ人数2人~5人
プレイ時間15分
対象年齢5歳~

子ども向けボードゲームの定番『キャプテン・リノ』は「ビルを倒さないように、壁カードと床カードをのせていく」というバランスゲームです。

ビルを倒さないように壁や床をのせていく|キャプテン・リノ「もう回ってこないで!」とドキドキしっぱなし!!

床カードには「順番を逆回りにする」「次の人の順番を飛ばす」などの特殊効果があります。自分の番が終わってホッとしていたところに、次の人が「逆回り」に変えて、またすぐに自分の番になって絶望…なんてこともよくあります。子供から大人まで一緒になって盛り上がれるおすすめボードゲームです!

⑪ナインタイル

ナインタイル|子供向けボードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間15分
対象年齢6歳(5歳でもOK)

ナインタイルは「9枚のカードをお題通りに素早く並べ変える」という早解きボードゲームです。

カードを動かしてお題通りの配置を目指す|ナインタイル簡単だけど、これが意外と揃わない!!

僕がこのゲームを気に入っているのは「子供・大人関係なく、みんなが本気モードでプレイできる」こと!

3組の家族で集まった時に遊んだら、大人が本気で遊んで5歳の子供に負けてしまうので、その度に大盛り上がりでした。終わったら「うちでもこれやりたい!」とその場で全家族がナインタイルを買ったほどハマっていました!

小学生低学年(6歳・7歳)向けボードゲーム

小学生低学年(6歳・7歳)向けのおすすめボードゲーム

ここからは『小学生低学年の子ども(6歳・7歳)向け』のボードゲームを紹介します。

6歳向けからは「素早い判断力」に加えて、「戦略を考えたり、推理するゲームが増えてきます。とは言ってもルールは簡単なので、幼稚園・保育園を卒業したてでもすぐに遊べるものばかりです。

⑫ゴブレットゴブラーズ(Gobblet Gobblers)

ゴブレットゴブラーズ|子供向けボードゲーム

ジャンル戦略系
プレイ人数2人用
プレイ時間5分
対象年齢6歳~

ゴブレットゴブラーズは、自分のコマを縦・横・斜めのいずれか一列に並べたら勝ちという〇×ゲーム風の2人用ボードゲームです。プレイヤーはそれぞれ大・中・小のコマを持っていて、そのコマを3マス×3マスの盤面に置いていきます。

このゲームの面白いのは、コマを配置する・動かすだけでなく、既に置かれているコマの上に自分のコマを被せることもできること!

コマを被せることができる|ゴブレットゴブラーズ

上のように、自分が置こうとしているコマよりも、配置済の相手のコマが小さければ上から被せることができます。そのため、毎手番で「どの大きさをどこに置くのか」が本当に悩ましいです!

さらに、コマの配置の仕方以外にも、実は「記憶力」も重要です!ゲーム終盤で手元にコマがなくなったら盤面のコマを動かさなければなりませんが、移動させたことで下のコマが出てきて、相手のコマが一列そろって負け…なんてこともよくあります。

たった5分でさくっと遊べて、子供と一緒に楽しめる2人用の定番ゲームです。

⑬ウボンゴ(Ubongo)

ウボンゴ(Ubongo)|ボードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数1人~4人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~ ※6歳でもOK

ウボンゴは「パズルの完成スピードを競う」というパズル系ボードゲームです。下のように、「ボードの枠内にピースを隙間なくはめることができたら完成」です。

パズルの完成スピードを競う|ウボンゴ

海外では小学生・中学生の知育教材としても使われています。対象年齢が8歳からですが、小学生低学年でも十分遊べます。

2019年にはテレビ番組の「モヤモヤさまーず」や「ダウンタウンのガキ使」で取り上げられて一気に知名度が上がって品薄状態にもなった人気のテーブルゲームです。

⑭ドメモ(Domemo)

ドメモ(Domemo)|ボードゲーム

ジャンル推理系
プレイ人数2人~5人
プレイ時間15分
対象年齢6歳~

ドメモは「他プレイヤーの見えている数字から、自分の見えない数字を推理する」という数字当てボードゲームの人気作です。

自分の見えない数字を推理する|ドメモ使うのは1-7の数字だけなので簡単!!

遊び方は順番に自分の数字を答えていくだけですが、今見えている数字や他人の発言から予想したり、時には周囲を惑わすような答えを言って心理戦をしかけることもできます。

子どもの数字当てゲームとしても、大人同士が読み合いを楽しむゲームとしても楽しめる、おすすめのボードゲームです。

2018年に木製版が発売されたので、買うなら絶対に「木製版」がおすすめです。以前の「紙製」は傷つきやすく、劣化状態で数字が分かってしまうと不評でした…。

⑮人生ゲーム

人生ゲーム

ジャンルすごろく系
プレイ人数2人~6人
プレイ時間
対象年齢6歳~

自分が子供の頃には1家に1台あった『人生ゲーム』。みんなが持っているアナログゲームの定番でした。

今ではベーシックな人生ゲーム以外にもたくさんの種類があり、現在その数は「7種類」以上!2019年になってからも「人生ゲームプラス令和版」や「人生ゲームスポーツ」が発売してシリーズが拡大し続けています。

種類によって特徴が様々で「時間の調整がしやすいもの」「斬新なギミックがあるもの」「お金やゴールがないタイプ」などがあります。この違いについては『人生ゲームでおすすめの作品と最新7種類を徹底紹介』の記事でまとめているので参考にしてみてください。

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)

⑯ブロックス(Blokus)

ブロックス|ボードゲーム

ジャンル戦略系
プレイ人数2人~4人
プレイ時間20分
対象年齢7歳~

ブロックスは「手持ちのピースをたくさん置いた人が勝ち」というシンプルな陣地取りボードゲームです。

ブロックスの遊び方は「ブロックの角を繋げていくだけ」なので、小学生低学年にもなればすぐに遊べます。

ブロックの角を繋げる|ブロックス

ただ、「どこに置いたらより多くのブロックを置くことができるか」や「今このタイミングで攻めるか・守るか」などかなり考えさせられる戦略的なゲームでもあるのでかなり遊び応えがあります。大人だけで遊んでも本気で意地になってハマってしまう面白さがあるので、子供のいる家族なら1つは持っておきたいおすすめのボードゲームです!

⑰スライドクエスト(Slide Quest)

スライドクエスト|ボードゲーム

ジャンルバランス系
プレイ人数1人~4人
プレイ時間15-45分
対象年齢7歳以上

スライドクエストは、みんなで4本のレバーを持ちあってボードを傾けながら「騎士」をゴールまで導く協力系ボードゲームです。

ボードを傾けながら騎士をゴールまで導く|スライドクエスト騎士の裏にボールが付いてるのでスルスル動く

僕は大人4人で遊びましたが、行きたい方向とは逆に行ったり、動きすぎたりして「違う違う!」「ちょっと待って!」と苦戦しながらも大爆笑でした!慣れてみんなが上達してくるとチームのレベルが上がったような一体感があって楽しいです。全20ステージもあり、終盤はかなりの難易度なので遊び応え抜群です。

子供に力加減やタイミングを教えながら一緒に遊べるのでファミリー向けボードゲームとしておすすめです!

⑱バウンス・オフ!(Bounce-Off)

バウンス・オフ|ボードゲーム

ジャンルアクション
プレイ人数2~4人
プレイ時間15分
対象年齢7歳~

バウンス・オフは「ピンポン玉を床にワンバウンドさせてトレーに入れる」というアクション系のテーブルゲームです。

下のように、指令カードと同じ形にボールを配置できた人の勝ちです。

ピンポン玉をワンバウンドさせてトレーに入れる|バウンス・オフ

バウンス・オフは「ボールさえ投げられればOK」で、「ハンデもつけやすい(近くから投げるなど)」ので、小学校低学年と言わず5歳くらいでも十分遊べます。

⑲侍石(じしゃく)

侍石(じしゃく)|ボードゲーム

ジャンルアクション
プレイ人数2人用
プレイ時間20分
対象年齢14歳~※6歳でもOK

侍石は、磁石の力を利用した、2人用のマグネットアクションゲームです。

各プレイヤーは交互に自分のマグネットストーンをでこぼこした盤面に1個ずつ置いていきます。

マグネットストーンを置く|侍石(じしゃく)

自分のストーンを配置する時には、磁石の力でストーン同士がくっつかないように注意しながら置きます。ストーンがくっついたら、ペナルティーとしてくっついた状態のストーンを全て引き取らなければなりません。先に手元のストーンがなくなった方の勝利です。

僕は、友達の子供(小学生低学年)が遊びに来たときに出したら、ストーンがくっつく度に悲鳴と笑いが起こって子供たちに大人気でした!ルールがとても簡単で難しく考え込む要素がないので、子供が初見ですぐに遊べるのが良い所です。

小学生中~高学年(8歳~11歳)向けボードゲーム

小学生中学年・高学年(8歳・9歳・10歳・11歳)向けのおすすめボードゲーム

ここからは『小学生中学年・高学年の子ども(8歳・9歳・10歳・11歳)向け』のボードゲームを紹介します。

8歳向けからは「判断力」「戦略」「読み合い」など総合的な力が求められるゲームが増えます。大人でも面白いゲームばかりなので、家族一緒に楽しみましょう。

⑳ニムト(Nimmt)

ニムト(Nimmt!)|カードゲーム

ジャンル心理戦
プレイ人数2人~10人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~

『ニムト』は、牛の絵が描かれたカードを4つの列に置いていくという名作カードゲーム。

4つの列にカードを置いていく|ニムト

遊び方は「一斉にカードを1枚ずつ出していく」だけとシンプルですが、6列目になってしまった人にはペナルティが発生するので、カードを出す時には熱い読み合いがあります。「このカードなら大丈夫だろう」と思ってカードを出しても、他の人が出すカードによって予想外の展開になるのが面白いところ!

ルールが簡単で予想外の展開に盛り上がれるので、子どもやボードゲーム初心者に大人気のゲームです。

㉑ハゲタカのえじき(Hol’s der Geier)

ハゲタカのえじき|カードゲーム

ジャンル心理戦
プレイ人数2人~6人
プレイ時間20分
対象年齢8歳~

ハゲタカのえじきは「15枚の手札から一斉に数字カードを1枚出し、一番大きい数字の人が得点カードを獲得できる」というカードゲームです。

このゲームの面白いところは、他の人と数字が被る(バッティング)と、得点カードの獲得権がなくなるところ。

バッティングすると得点カードの獲得権がなくなる|ハゲタカのえじき"15を出した人はバッティングしているので獲得権なし

カードを出す度に「うわーまた被った!」「せっかく最強カード使ったのに…」という叫び声が上がって、ゲーム中に何度も盛り上がります!

ルールが子供でもすぐに覚えられるくらい簡単で、盛り上がるシーンも多いので、普段ボードゲームをやらない人と遊ぶ時に重宝しているカードゲームです。

㉒モンスターメーカー

モンスターメーカー|ボードゲーム"

ジャンル戦略系
プレイ人数2人~6人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~

モンスターメーカーは、RPGゲームのように「迷宮を進んで、モンスターを倒して、お宝を手に入れる」というボードゲームです。

迷宮を進んで、モンスターを倒して、お宝を手に入れる|モンスターメーカー

自分のターンにできることは1つだけなので、「ダンジョンを進むか」「相手の邪魔をするか」「次のターンに備えるか」を選択するのかがとても悩ましくて面白いです。また、サイコロの出目次第でモンスターを倒せるか倒せないかが決まるというハラハラ要素もあり、サイコロを振る度に一喜一憂して盛り上がれるのも良いところです!

テレビゲームやスマホゲームに夢中になっている子供にぜひおすすめしたいボードゲームです。

㉓新・キングオブトーキョー(King of Tokyo)

新・キングオブトーキョー|子供におすすめのボードゲーム

ジャンル戦略系
プレイ人数2~6人
プレイ時間30分
対象年齢7歳~

新・キングオブトーキョーは「自分が巨大なモンスターとなって戦う」ボードゲームです。6個のサイコロを振って、攻撃・回復・カード購入をしながら戦います。

キングオブトーキョーの面白いところは「ダイスの振り直し」で、ダイスを選んで2回まで振り直せます。

ダイスの振り直しができる|キングオブトーキョーたくさんのダイスを振るだけで面白い!!

どのダイスを振り直すかが本当に悩ましく、面白いんですよね!

「モンスターになって戦うという分かりやすさ」と「攻撃・回復といった子供が好きそうなゲーム性」を備えているので、子供心をくすぐること間違いなし!ボリューム感のあるテーブルゲームなので、小学生へのクリスマスプレゼントにもおすすめです。

㉔クラスク(KLASK)

KLASK(クラスク)|ボードゲーム

ジャンルアクション
プレイ人数2人用
プレイ時間10分
対象年齢8歳~

クラスク(KLASK)は、エアホッケー風の2人用アクションボードゲームです。

台の下から磁力で動くコマを動かして、ボールを相手ゴールに入れることを狙います。また、ボード上には磁石でできた障害物(白)が3つあり、これが自分の操るコマに2つくっつくと失点となってしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gävle Klask(@klaskgavle)がシェアした投稿

ボールの打ち返す技術や瞬発力だけでなく、障害物コマをどこに誘導させるかという戦略的な要素もあるのが、クラスクの魅力です。その競技性の高さから日本大会も実施されており、子供だけでなく大人も一緒に熱中できるボードゲームです!

※クラスクの最新版は2019年リニューアル版です。

㉕ワードバスケット

ワードバスケット|カードゲーム

ジャンルスピード系
プレイ人数2人~8人
プレイ時間10分
対象年齢10歳~

ワードバスケットは、誰でも知っている”しりとり”が進化した『スピード勝負のしりとりゲーム』です。

使うのは「ひらがな1文字のカード」だけ。「場の文字」から始まって、「手札の文字」で終わる言葉を宣言しながらカードを出します。

場の文字から始まって、手札の文字で終わる言葉を宣言する|ワードバスケット例:「は」から始まって、手札の「い」で終わる言葉

普通のしりとりと大きく違うのが「思いついたら誰でもすぐにカードを出せる」というところ。そのため、カードを出そうとした瞬間に他の人に出されてしまい、「えっ今出そうとしたのに!!」と何度も悲鳴があがります!シンプルだけど、想像以上に盛り上がるおすすめのカードゲームです。

対象年齢は10歳以上となっていますが、6歳から遊べるルール(ハンデを付ける)もあるので、あまり年齢を気にしなくても大丈夫です。

㉖コヨーテ(Coyote)

コヨーテ(Coyote)|ボードゲーム

ジャンル心理戦
プレイ人数2人~10人
プレイ時間15-30分
対象年齢10歳~

コヨーテは「みんなが持っている数字の合計値を予想する」ゲームですが、面白いのが他の人の数字は見えるのに自分の数字だけ見えないということ。

見えない自分の数字を予想する|コヨーテおでこにカードをあてて自分の数字だけ見えないようにする

そのため、他のプレイヤーの数字・宣言・表情などをよく観察して自分の数字を推理しなければなりません。また、ハッタリをかまして周囲を騙すというのもこのゲームの醍醐味です。このハッタリがうまく決まったときの快感といったら…これがめちゃくちゃ気持ちいいんですよね!

相手の心理をうまく読み取って騙す「ブラフ要素」の比重が大きいので、対象年齢が10歳以上となっています。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)

【まとめ】子供向けおすすめボードゲーム一覧

今回紹介した幼児・子供向けのおすすめボードゲームを一覧にしてまとめました。

※タイトルのリンクをクリックすると、詳細記事へ飛びます。

▼3歳におすすめの幼児向けボードゲーム

タイトルジャンル人数時間
スティッキーバランス系2-4人10分
果樹園ゲーム協力系2-4人10分
ジェンガバランス系10分

▼4歳におすすめの幼児向けボードゲーム

タイトルジャンル人数時間
ネコとネズミの大レースすごろく系2-4人20分
すすめコブタくんすごろく系2-7人20分
ナンジャモンジャスピード系2-6人10分
ワニに乗る?バランス系2-4人10分

▼5歳におすすめの子供向けボードゲーム

タイトルジャンル人数時間
ドブルスピード系2-8人15分
おばけキャッチスピード系2-8人15分
キャプテンリノバランス系2-5人15分
ナインタイルスピード系2-4人15分

▼6歳・7歳の子供向けボードゲーム

タイトルジャンル人数時間
ゴブレットゴブラーズ戦略系2人用5分
ウボンゴスピード系1-4人30分
ドメモ推理系2-5人15分
人生ゲームすごろく系2-6人
ブロックス戦略系2-4人20分
スライドクエストバランス系1-4人15分
バウンスオフ!アクション2-4人15分
侍石(じしゃく)アクション2人用20分

▼8歳~11歳の子供向けボードゲーム

タイトルジャンル人数時間
ニムト心理戦2-10人30分
ハゲタカのえじき心理戦2-6人20分
モンスターメーカー戦略系2-6人30分
キングオブトーキョー戦略系2-6人30分
クラスクアクション2人用10分
ワードバスケットスピード系2-8人10分
コヨーテ心理戦2-10人15分

【最後に】子供と一緒にボードゲームで遊ぼう!!

以上が、『幼児(3歳・4歳・5歳)~小学生(低学年~高学年)までにおすすめの子供向けボードゲーム紹介』でした。

ボードゲームは「バランス感覚」「スピード感」「判断力」など様々な要素が必要になるので、遊びながらにして色んなことが身につきます。また、知育以外にも、親と子供のコミュニケーションの場にもなるので、ファミリーならいくつか持っておきたいものです。

どのボードゲームも本当におすすめなので、クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントで渡して一緒に遊んでみてください。

おすすめボードゲームランキングも紹介中!

自分がこれまで遊んで面白かったおすすめのボードゲームをランキング形式で紹介しています。ボードゲームに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!