ボードゲームの『2人用』でおすすめは?カップルも楽しめるゲーム8選

ボードゲームの『2人用』でおすすめは?カップルも楽しめるゲーム

「ボードゲーム」と言えば、数人で遊ぶイメージが強いかもしれませんが、実は2人から楽しめるボードゲームもたくさんあります。

今回の記事では、僕が相方と2人でボードゲームを何度も遊んできた中で、「これは面白い!」という『2人用』のおすすめボードゲーム」を紹介したいと思います。どれも、友達同士やカップル、夫婦で楽しめるものばかりです!

「2人用ボードゲームを探しているけど、どれがいいのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

①2人で究極の心理戦『RED OUT(レッドアウト)』

2人用のおすすめボードゲーム『RED OUT(レッドアウト)』

プレイ時間 5分
こんな2人におすすめ ドキドキの心理戦を楽しみたい!

「たった5枚の心理戦」―それがRED OUT(レッドアウト)です。ゲームの雰囲気としては、漫画の「カイジ」のようなヒリヒリとした熾烈な読み合いをする2人用ゲームです。

レッドアウトのルールはとてもシンプルで、「お互いにカードを1枚出して勝負」を繰り返すだけです。カードにはそれぞれ相性があって、勝てる組み合わせが決まっています。ただ、「強力なカード」でも「最弱のカード」に勝てないようになっているため、「いつ強力なカードで勝負するか」「弱いカードをいつ使うか」ということに頭を悩ませられます。また、カードが分厚く高級感があるので、1枚のカードを出す度にゲームの重みが感じられるようになっているところもニクイ演出です!

レッドアウトの面白さを言葉で伝えるのは非常に難しいのですが、遊んでみると心理の読み合いの奥深さに気づいて、止められなくなるゲームです!2人でドキドキハラハラの心理戦を楽しみたいという方には絶対におすすめです!

②女性ウケ抜群の2人用ゲーム『パッチワーク』

2人用のおすすめボードゲーム『パッチワーク』

プレイ時間 30分
こんな2人におすすめ 女性が気にいってくれるゲームで遊びたい人

「パッチワーク」とは、『様々な色や大きさの布地を組み合わせて作る手芸』のことです。このボードゲームは、その「パッチワーク」をテーマに作られました。我が家では、初めて相方が自ら「これ欲しい!」と言って購入したボードゲーム第1号です!

この「パッチワーク」は、様々な布地タイルを購入して、自分のボードに隙間なく埋めていき、綺麗なパッチワークを作るゲームです。布地タイルをうまく並べると本物のように素敵なパッチワークキルトが出来上がります!この「パッチワークというテーマ」と「美しい見た目」が、女性の好奇心をくすぐるようです。

もちろん見た目だけではなく、ゲーム性も奥深く、駆け引きの熱いボードゲームです。そのため、「パッチワークを作る楽しさあり」、「頭を悩ます戦略的な要素あり」で、カップルや夫婦にうってつけの2人用ボードゲームです。特に「ボドゲが好きだけど、彼女や奥さんが一緒に遊んでくれない…」という人は、このパッチワークで遊んでみると相手の反応が変わるかもしれません!

③2人の演技力が試される!『ガイスター』

2人用のおすすめボードゲーム『ガイスター』

プレイ時間 15分
こんな2人におすすめ 軽めのゲームで盛り上がりたい!

ガイスターは「良いオバケ」「悪いオバケ」を操って、ハッタリや演技を駆使して相手の裏をかく『2人用』の心理戦ボードゲームです。2人専用のテーブルゲームでは最も有名な作品だと思います。

遊び方は、ボードに配置した複数のオバケを動かして、お互いのコマを将棋のように取り合いながら、相手陣地のゴールを目指します。

お互いに「良いオバケ」と「悪いオバケ」を持っていますが、相手からはどれが良いオバケでどれが悪いオバケか分かりません。基本的に相手の「良いオバケ」を取っていきますが、騙されて「悪いオバケ」を取らされ続けると負けてしまいます。そのため、ハッタリや演技で「悪いオバケを良いオバケに思わせる」ように動いて、相手を騙せるか、がゲームのカギとなります。

このボードゲームを親しいカップルや夫婦で遊ぶと、コマの動かし方だけでなく、相手の性格からも読み取ることができるところもとても面白いです!また、たくさん喋りかけて、相手にボロを出させるのも戦術のひとつです!僕はよく相方と「今日の夕飯」や「掃除」を賭けて勝負したりします。

④2人で陣取りゲーム『ブロックスデュオ』

2人用のおすすめボードゲーム『ガイスター』

プレイ時間 15分
こんな2人におすすめ さくっとできる戦略的なゲームで遊びたい

amazonのボードゲームランキングで1位に君臨し続けている『ブロックス』の2人プレイverがこの『ブロックスデュオ』です。

『ブロックスデュオ』は一言で言うと『陣地取りゲーム』です。プレイヤーは交互に自分が持っている様々な形のピースを1つずつボードに配置していき、たくさんのピースを置けた方の勝ち、というとてもシンプルなルールです。

ピースの置き方は、「すでにボードに配置しているピースの角」と「新たに配置するピースの角」がつながるようにするだけです。とても簡単なルールなので、初めて遊ぶ人でもすぐに理解できます。

一見単純すぎて子供用のゲームにも見えますが、初めて遊んだ時は「こんなにも奥が深いのか…」と見た目とのギャップに驚いてしまいました。「このタイミングでどこを攻めるか」「どう相手のブロックの邪魔をするか」ということを常に考えさせられる戦略的なゲームで、気づいたら無言になって2人で真剣に考え込んでしまいます。短時間で戦略的なゲームを遊びたい2人におすすめの傑作ボードゲームです。

⑤2人で立体四目並べ!『クアルト』

2人用のおすすめボードゲーム『クアトロ』

プレイ時間 15分
こんな2人におすすめ 知的でオシャレなボードゲームで遊びたい

クアルトは、五目並べならぬ「四木並べ」で、縦・横・斜めのいずれか一列に揃えれば勝ちという単純そうなゲームですが、このゲームには『コマに様々な要素がある』ため、とても奥深いゲーム性になっています。

クアルト

様々なタイプの駒が16個あり、「色(茶色・ベージュ)」や「高さ(高い・低い)」、「穴(あり・なし)」「形(四角・丸)」が異なります。この4つの要素をどれか一列揃えれば勝ちです。つまり、「茶色で揃えても」「低い高さで揃えても」「穴ありで揃えても」「丸型で揃えても」何でもいいので、何かひとつの要素が一列に揃っていればOKです。

また、『駒の選び方』も、このゲーム独特です。並べる駒は自分で選べず、「相手から手渡された駒」を並べます。渡す側は相手が揃わないように考えて駒を渡さなければなりませんし、渡された側は先の展開を読んで駒を配置しなければなりません。

見た目は単純そうに見えますが、戦略的でとても奥の深いボードゲームです。「もう絶体絶命だー」と思っても、意外に相手がうっかりミスをすることも多いので、「ヤバイ!」と思っても顔に出さず平然とプレイしましょう。笑

2人用のテーブルゲームの中でも、「じっくりと考える知的なゲームを楽しみたい」という方におすすめです。見た目もすごくオシャレなので、リビングに出しておいてもインテリアとして活躍してくれます。

⑥2人で牧場経営!『アグリコラ 牧場の動物たち』

2人用のおすすめボードゲーム『アグリコラ牧場の動物たち』

プレイ時間 30分
こんな2人におすすめ 本格的なボードゲームで遊びたい人

「アグリコラ 牧場動物たち」は、人気の傑作ボードゲーム「アグリコラ」が『2人用』になったゲームです。プレイヤーは農夫となって、働き手を動かしながら、資材を集めたり、家畜を飼育したり、建物を建てたりしながら、牧場を広げていきます。

僕は、雨の日など外出しないときに、相方と2人でよく遊んでいるテーブルゲームのひとつです。負けたらつい「もう1回!」と言って、何プレイも遊び続けう中毒性があります。勝つための選択肢が多く戦略に幅があるので、本格的なボードゲームを遊んだ感があります。勝負として面白い以外にも、自分だけの牧場を作っていくワクワク感もあります。2人用の本格アナログゲームをじっくり楽しみたい方におすすめです。

⑦2人で協力!『コードネーム:デュエット』

2人用のおすすめボードゲーム『コードネーム:デュエット』

プレイ時間 15分
こんな2人におすすめ 2人で協力するゲームがしたい人

2016年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した「コードネーム」の『2人プレイ版』です。

ここまで2人で対戦するゲームを紹介してきましたが、「コードネーム:デュエット」は2人で『協力』するゲームです。

お互い、相手が出す「単語1つのヒント」から連想して、テーブルに並べられたたくさんのカードの中から正解のワードを見つけ出します。

複数の正解ワードを「1つの単語」で表せないか、ということに頭をフル回転させます。それで、自分のヒントが相手にうまく伝わって、1つの単語で複数の正解ワードを見つけ出してくれた時には思わずハイタッチしたくなります!

「2人で仲良く遊びたい」「対戦よりも協力ゲームが好き」という方には、「コードネーム:デュエット」がおすすめです。

⑧2人で白熱!『ブレイドロンド』

2人用のおすすめボードゲーム『ブレイドロンド』

プレイ時間 15分
こんな2人におすすめ 2人でじっくり白熱した対戦をしたい人

ブレイドロンドは、トレーディングカードゲームのようなデッキ構築を手軽に楽しめるカードゲームで、今じわじわと人気がでてきています。

デッキ構築のやり方がとても面白く、そのやり方は「ランダムに配られた15枚のカードから、7枚を選ぶ」というもの。このカードを選んでいる時には「あれも入れたい、これも入れたい」とすぐに7枚に達してしまい、何を選ぶかがとても悩ましくて面白いです。

この構築方法により「初めに配られるカード」や「どのカードをを選ぶか」で毎回違った戦略や展開を楽しめるので飽きることがありません!

ワイワイ盛り上がるというよりも「じっくり戦略を考えて白熱した対戦を楽しむタイプのボードゲーム」なので、ゲームをじっくり楽しみたい2人におすすめです。

また、『ソロプレイ用のカード』も入っており、そのバランスも絶妙で1人でも楽しく遊べる点もGOODです!

以上、「2人用のおすすめボードゲーム」の紹介でした。

カップルなら雨の日の家デートでまったりと遊んだり、夫婦なら罰ゲームで家事を押し付けたりと、2人ならではの楽しみ方を見つけるのも面白いですよ。