2人用のおすすめボードゲーム15選。カップルふたりでも楽しいゲーム集!!

2人用のおすすめボードゲーム15選。カップルふたりでも楽しいゲーム集!!

「ボードゲーム」と言えば数人で遊ぶイメージが強いかもしれませんが、実は2人でも楽しいゲームがたくさんあります。

今回の記事では、僕がこれまで相方と2人で遊んだゲームの中で、「これは面白い!」という『2人用』のおすすめボードゲームを15個紹介します。

「二人用ボードゲームを探しているけど、どれがいいのか分からない」という方は、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

①パッチワーク

おすすめの2人用ボードゲーム『パッチワーク』

ジャンルタイル配置
人数2人専用
時間30分

パッチワークは、「様々な形の布地タイルを集めて、9×9のボードに隙間なく埋めていき、綺麗なパッチワークを作る」というもの。

このゲーム、見た目はかわいいですが…かなりのガチゲーです!!「ボードを埋めるか・お金をとるかというジレンマ」や「相手に渡したくないタイルを取り合う駆け引き」などの悩ましさが随所にあります。

個人的には2人用ボードゲームの傑作だと思います。カップルや夫婦でゆっくりと戦略的なゲームを遊びたい人におすすめです!

②ブレイドロンド

2人用カードゲーム『ブレイドロンド』

ジャンル戦略・手札構築
人数1-2人
時間15分

ブレイドロンドは「山札なしで手札7枚だけで戦う対戦型カードゲーム」で、今じわじわと人気となっている2人用ゲームです。

ブレイドロンドの面白いところは「ランダムに配られた15枚のカードから、手札にする7枚を選ぶ」というところ。カードを選んでいる時には「これは入れたい、これも必要、あれも欲しい…」とすぐに7枚に達してしまい、何を選ぶかが本当に悩ましくて面白いです。僕はついつい手札構築に時間がかかってしまい、相方に「まだ!?」と怒られてしまいます…笑

『ブレイドロンド(Blade Rondo)』7枚の手札選びが悩ましくて面白い!!
こんにちは、はとまめ(@boku_bodo)です。 今回紹介するゲームは、2人用ゲームで人気の『Blade Rondo(ブレイドロンド)』です。 ブレイドロンドは「山札なしで手札7枚だけで戦う対戦型カードゲーム」です。 一...

③アズール

2人でも楽しいおすすめボードゲーム『アズール』

ジャンルタイル配置
人数2人-4人
時間30-45分

アズールは「プレイヤーがタイル職人となって、宮殿の壁を装飾していく」というゲームです。このテーマの通り、タイルの質感や鮮やかな見た目で、美しさ最高レベルのボードゲームです!

手番でやることは「タイルを選ぶだけ」とシンプルですが、どのタイルを取るかがとても悩ましくて、「あれが欲しいけど、これを取れば相手の邪魔ができるし…どうしよう!!」というジレンマが常につきまといます。

「キレイ」「簡単」「奥深い」の3拍子揃っていて、2人で遊ぶとより戦略的なゲームになるおすすめのゲームです。

『アズール』ボードゲーム紹介:美しいタイルを激しく奪い合うガチゲーム!!
アズールは「王宮のタイル貼り」をテーマにした、見た目がとても美しいボードゲームです。 「なんだ、見た目重視のゲームか…」 と思った方… 僕も最初はそんなイメージでしたが、少し遊ぶと気づきます。 オシャレさはおまけで、かな...

④アクロティリ

ふたりでできるボードゲーム『アクロティリ』

ジャンルタイル配置
人数2人専用
時間45分

アクロティリは「エーゲ海を探検しながら地図を頼りに神殿を発見する」という内容で、地図カードと島タイルに頭を悩ましながら、配置をあれこれ考えるのが楽しいゲームです。

2人用ボードゲームの中でも遊び応えのある重量級ボードゲームなので、「2人でがっつり遊びたい時」におすすめです!

⑤バトルライン

おすすめの2人用ボードゲーム『バトルライン』

ジャンル戦略
人数2人専用
時間30分

よく「一番好きな2人用ゲーム」として挙げられる『バトルライン』。僕も遊び始めると止まらなくなり、相方と夜通し遊んだことがあります。

バトルラインは、ポーカーのように「カードの組み合わせの強さを競う」ゲームで、3枚の役を作って9つあるフラッグを取り合います。相手に見える形でカードを1枚ずつ並べて役を作っていくので、どの位置にどの順番で出していくのかがとても悩ましくて面白いカードゲームです。

⑥宝石の煌き

ふたりでも楽しいボードゲーム『宝石の煌き』

ジャンル拡大再生産
人数2-4人
時間30分

宝石の煌きは「手に入れた宝石で得点カードを購入するだけ」というとてもシンプルなゲームです。

ただそんなシンプルなゲームを面白くしているのは「購入したカードに次から使える割引ボーナスがついている」というところ!ゲームが進んで割引ボーナスが増えると、最初は手が届かなかったカードも「格安」や「無料」で手に入るようになります。計画通りお得に買い物できた時にはすごく気持ちよくて、これがクセになるんですよね!

2人専用ゲームではありませんが、2人でも3人でも4人でも面白さが変わらない貴重なゲームです!

⑦クアルト

二人用のおすすめボードゲーム『クアルト』

ジャンル戦略
人数2人専用
時間15分

クアルトはよくある「2人で交互に駒を配置していく」タイプのゲームですが、このゲームの独特な部分は「駒がどれも違う」ところです。

その駒は「色(茶色・ベージュ)」「高さ(高い・低い)」「穴(あり・なし)」「形(四角・丸)」と様々な要素が違っていて、どれか1つの要素を一列揃えれば勝ちとなります。

また、「駒は自分で選べずに相手が選ぶ」というルールが面白くて、先の展開をしっかりと読まなければなりません。そのため、「じっくりと考えるボードゲームを楽しみたい」という2人におすすめです。

⑧ジャイプル

2人でできるボードゲーム『ジャイプル』

ジャンル手札管理
人数2人専用
時間30分

ジャイプルは、「プレイヤーが商人となって、ダイヤ・スパイス・布などの商品を集めて売りさばく」というゲームです。

商品は先に売った方が価値が高いのですが、一方で同じ種類の商品をたくさん集めてまとめ売りするとボーナスがもらえるので、「先に売るか・まとめて売るか」という見極めが悩ましいです。良い品物を大量に仕入れた時や、一気にたくさん売却できた時は快感です!!

適度な運要素がありつつ、駆け引き・ジレンマを楽しめる、遊びやすい2人用ボードゲームで、渋いイラストのせいかあまり名前が挙がりませんがかなりおすすめです!

⑨カンバンメニュー

カップル2人におすすめのボードゲーム『カンバンメニュー』

ジャンル手札管理
人数2人‐5人
時間20分-40分

最近、相方と2人で遊んで気に入っていたのが『カンバンメニュー』。このゲームは「カフェのオーナーになって、食材の仕入れ・新メニュー開発をして、街一番のカフェを目指す」というボードゲームです。

黒板にチョークで書いたようなお洒落なイラストが魅力的で、カフェらしさの演出が素晴らしいです!ただ、そんなかわいい見た目に反して、手番ごとに「食材を優先するか、アクションを優先するか」がとても悩ましい!

5人まで遊べるゲームですが、2人でも十分楽しいゲームでした。

『カンバンメニュー』カフェの新メニュー開発ができるお洒落なボードゲーム
こんにちは、はとまめ(@boku_bodo)です。 カンバンメニューは「自分がカフェの店主となって、食材を仕入れたり新メニューを開発しながら、街一番のカフェを目指す」というボードゲームです。 僕はカフェでよくコーヒーを飲むことが...

⑩コードネーム:デュエット

2人で協力するボードゲーム『コードネームデュエット』

ジャンル協力系
人数2人専用
時間15分

コードネーム:デュエットは2人用では超レアな『協力』ゲームです。お互い、相手が出す「単語1つ」のヒントから連想して、たくさんのカードの中から正解のカードを見つけ出します。

ヒントを出す時は「複数の正解ワードを”1つの単語”でなんとか表せないものか…」ということに頭をフル回転させます。それで、自分のヒントで相手が複数の正解ワードを見つけ出してくれた時には思わずハイタッチしたくなります!

「2人で協力して仲良く遊びたい」というカップル・夫婦におすすめです。

⑪コリドール

2人で楽しめるおすすめボードゲーム『コリドール』

ジャンルアブストラクト
人数2人・4人
時間20分

コリドールは、「自分のコマを動かして、相手側のゴールまで進む」ことを目指すゲームです。

やることは「自分のコマを進めるか・壁で相手の進路を妨害するか」のどちらかだけです。重要なのは「壁の使い方」で、相手をできる限り遠回りさせるために「どこに・どのタイミングで置くか」に悩まされます。

戦略的なゲームの割にサクサクとできる軽めのゲームで、つい「もう1回!!」と言って何度も遊んでしまうボードゲームです。

⑫ブロックスデュオ

2人でも楽しいおすすめボードゲーム『ブロックスデュオ』

ジャンル戦略
人数2人専用
時間15分

amazonのボードゲームランキングで1位に君臨し続けている『ブロックス』の2人用verがこの『ブロックスデュオ』です。

ブロックスデュオは一言で言うと「ブロックを使った陣地取りゲーム」です。プレイヤーは交互に自分のピースを配置していき、たくさんのピースを置けた方の勝ち、というとてもシンプルなルールです。

一見子供向けのブロックゲームにも見えますが、初めて遊んだ時は「こんなにも奥が深いのか…」と見た目とのギャップに驚きました。「このタイミングで攻めるか、守るか」を常に考えさせられる戦略的なゲームで、気づいたらふたりとも無言になって真剣に考え込んでしまいます。

⑬ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス

2人用のおすすめボードゲーム『ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス』

ジャンル戦略・駆け引き
人数2人専用
時間20分

ザ・ゲームはもともと協力系ゲームですが、それが「2人対戦」になって、より熱い駆け引きが楽しめるゲームに生まれ変わりました!

遊び方は「相手よりも先に自分のカードを出し切ったほうの勝ち」というシンプルなルールですが、このゲームの特徴は「相手が得をする行動をすれば自分にも大きなメリットがある」というシステムです。つまり、自分が得するためには相手を助けることになり、助けてしまったがために負けてしまうこともありえます。この行動をするか・しないかの駆け引きがすごく悩ましくて面白いところです!

⑬『ガイスター』

心理戦を2人で楽しめるおすすめボードゲーム『ガイスター』

ジャンル推理・心理戦
人数2人専用
時間15分

ガイスターは、ボードに配置した「良いオバケ」と「悪いオバケ」を動かして、お互いのオバケを将棋のように取り合うボードゲームです。このゲームでは「いかにハッタリや演技で相手を騙せるか」が勝負のカギとなります。

「ルールが簡単」&「手軽にさくっと遊べる」ので、僕はよく相方とふたりで「夕飯作り」や「掃除」を賭けて勝負しています。

⑮ごきぶりデュエル

2人用ボードゲームのおすすめ『ごきぶりデュエル』

ジャンル心理戦
人数2人専用
時間10分

ごきぶりデュエルは「騙し屋」と「予想屋」に分かれて、お互いの心理を読み合うボードゲームです。

プレイヤーは「相手が配置した4つのタイルのうち1つをめくる」という行動を交互に繰り返し、ごきぶりを自分の陣地に誘導できたら勝ち、というもの。

とてもシンプルなゲームですが、単純だからこその純度の高い心理戦を楽しめます!それにしても、ごきぶりを押し付けるではなくて近づいてきたら勝ち、というのがものすごく違和感です…笑

最後に:2人で楽しめるゲームはたくさんある!!

以上、カップルや夫婦にもおすすめの「2人でも楽しい傑作ボードゲーム15選」の紹介でした。

カップルなら雨の日の家デートでまったりと遊んだり、夫婦なら罰ゲームで家事を押し付けたりと、2人ならではの楽しみ方を見つけるのも面白いですよ。