【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

おすすめカードゲームの人気ランキング25選。大人もハマる面白い名作集!!

おすすめカードゲームの人気ランキング25選。大人もハマる面白い名作集!!

今回は「これからカードゲームを始めたい」という人に向けて『人気カードゲームのおすすめランキング25選』を紹介します。

アナログゲーム歴9年の僕が面白いカードゲームを厳選してランキング形式にしました。今回のおすすめランキングが「新しいカードゲームとの出会い」になれば嬉しいです。

※新しいカードゲームをプレイして「これは面白い!!」と思ったら、ランキングを【随時更新】していきます。

スポンサーリンク

人気カードゲームランキング:25位→16位

25位:テストプレイなんてしてないよ

人気カードゲームランキング:テストプレイなんてしてないよ

種類パーティー系
人数2-6人
時間30分以内

よくレビューサイトでは「愛すべきクソゲー」や「バカゲー(絶賛)」などと書かれており、とにかく予想外の展開で勝敗が決まる恐ろしいゲームです…。

「テストプレイなんてしてないよ」というタイトルの通り無茶苦茶なゲームバランスで、「じゃんけん」「2択問題」「NGワード」などで失敗すると即脱落となってしまいます。

けど、この理不尽のオンパレードが面白くて、とても盛り上がります!読み合いや戦略性といった要素は皆無ですが「大人数でワイワイしたい」時におすすめのカードゲームです。

『テストプレイなんてしてないよ』のルール紹介:バカらしさを超えた最高のクソゲー
『テストプレイなんてしてないよ』は、バカらしさを超えた最高のパーティーゲームです。どのカードも理不尽のオンパレードで、そのバカらしさや意外性で大盛り上がりできます。この記事では「ルール・遊び方」から「カード一覧」まで徹底紹介しています。

24位:UNO

人気カードゲームのおすすめランキング:UNO

種類戦略系
人数2-10人
時間15分

言わずと知れた、昔から愛されている超人気カードゲームの『UNO』。

ただし、最新のウノは「2種類の新カード」がありより面白いカードゲームに進化しているので、昔ウノで遊んだことがある人でも新鮮な気持ちで遊べます。

カードゲームの『UNO(ウノ)』が面白すぎる!! 新ルールで大盛り上がり!
僕は子供の頃によく『UNO(ウノ)』で遊んでいたのですが、大人になってからは全く遊ぶ機会がありませんでした。しかし、最近たまたま友人宅で『UNO』で遊ぶことになったのですが、 UNOの進化にびっくりしました!! UNOは歴史のあ...

23位:ナンジャモンジャ

人気カードゲームのおすすめランキング:ナンジャモンジャ

種類記憶力
人数2-6人
時間15分

ナンジャモンジャは、カードをめくるたびに謎の生物に「名前」をつけていき、再び山札から同じ生物が現れたら、その名前を誰よりも早く叫ぶというカードゲームです。

足長おじさん、パーマに失敗したセレブ、顔面ソーダマンなど、どんな名前を付けてもOKです。「覚えにくい長い名前」や「絶対に噛んでしまいそうな名前」をつけて皆で盛り上がれます。

ナンジャモンジャ:「何そのあだ名!?」謎生物に面白い名前をつけて大爆笑!!
ナンジャモンジャは、カードをめくるたびに謎の生物に「名前」をつけて、再び山札から同じカードが現れたら、その名前を誰よりも早く叫ぶというカードゲームです。 このカードゲームの良いところは、ちょっと変で個性的な生物たちに「面白い名前」をつ...

22位:狩歌

人気カードゲームランキング:狩歌

種類スピード系
人数2-8人
時間5分~

狩歌は、「かるた」と「歌」が融合した、新しいタイプのカードゲームです。

遊び方はとても簡単で、J-POPの歌詞でよく出てくる「僕」「あなた」「好き」などの単語カードを並べて、好きな曲をかける(歌う)だけです!曲のフレーズと同じカードを見つけたら、かるたのようにすぐに取りましょう。

歌いながらノリノリになってしまうと、ついついカードを取り逃してしまいます。笑

 21位:ワードバスケット

カードゲームのおすすめランキング:ワードバスケット

種類スピード系
人数2-8人
時間10分

ワードバスケットは、誰でも知っている『しりとり』をアレンジした『スピード勝負のしりとりカードゲーム』です。

「ひらがな1文字が書かれたカード」を使ってしりとりをしますが、通常のしりとりと大きく違うのが「1人ずつ順番にプレイするのではなく、どのプレイヤーでも思いついたらすぐにカードを出せる」という点です。

早い者勝ちなので、カードを出そうとしたら、一瞬速く他の人に出されてしまい、「えー今出そうとしたのにっ!!」という悲鳴が何度もあがって盛り上がります!

『ワードバスケット』のルール紹介:早い者勝ちのしりとりカードゲーム
ワードバスケットは、ひらがなカードを使った、ハイスピードしりとりゲームです。誰もが知っているしりとりがベースなので、子供からお年寄りまで一緒にプレイできます。ボードゲーム初心者の方におすすめです。

 20位:お邪魔者

カードゲームのおすすめランキング:お邪魔者

種類正体隠匿系
人数3-10人
時間30分

お邪魔者は「みんなで金塊を掘りあてる」というゲームです。しかし、グループの中にそれを邪魔する『お邪魔者』が紛れ込んでいるので、誰が仲間で誰が敵かを探りながら金塊を探さなければなりません。

「ここに金があったよ」「いや、それただの石ころだったけど」という真逆の言葉が飛び交って、誰を信用していいか分からなくなってしまいます。推理・読み合いが好き人にはおすすめのカードゲームです。

『お邪魔者』のルール紹介:誰が味方で誰が敵?疑心暗鬼のボードゲーム
お邪魔者は、山の坑道を掘り進めて金を探す「金鉱堀(きんこうほり)」と、それを邪魔する「お邪魔者」に分かれて、金を奪い合う正体隠匿系カードゲームです。 正体隠匿系と聞くと、「ちょっと難しそう…」と思う人もいるかもしれませんが、お邪魔者は...

19位:ごきぶりポーカー

人気カードゲームのおすすめランキング:ごきぶりポーカー

種類ブラフ系
人数2-6人
時間20分

ごきぶりポーカーは、ゴキブリ・カメムシ・コウモリといった嫌われ者のカードを押し付いながら、相手の宣言が「嘘」か「本当」かを見抜くブラフ系カードゲームです。

「ウソ」と「真実」が飛び交って、終盤には何を信じたらいいのか分からなくなるほど激しい騙し合いになるので、「熱い心理戦を楽しみたい」という人にはおすすめです。

『ごきぶりポーカー』のルール&レビュー:嘘を見抜くブラフ系カードゲーム
ごきぶりポーカーは、ゴキブリやカメムシ、ネズミなどの「嫌われ者カード」を押し付け合いながら、相手の宣言が「嘘」か「本当」かを見抜くブラフ系カードゲームです。この記事では『ゴキブリポーカーのルールからレビュー評価』まで詳しく紹介しています。

18位:タイムボム

カードゲームのおすすめ人気ランキング『タイムボム』

種類正体隠匿
人数2-8人
時間30分

タイムボムは、「時間を巻き戻してしまうタイムボムの爆発を阻止する」ということをテーマにした『正体隠匿系』のカードゲームです。

プレイヤーは「タイムボムを爆発させたいボマー団」と「爆発を阻止する時空警察」に分かれますが、誰が味方で誰が敵なのか分かりません。そのような疑心暗鬼の中で、みんなと相談しながら、爆弾の導線を切っていきます。

正体隠匿ゲームの中でも特にルールが簡単でとっつきやすいので、「初めての正体隠匿ゲーム」としてもおすすめです。

17位:ファブフィブ

種類ブラフ系
人数3-10人
時間20分

ファブフィブでは「3枚の数字カード」を隣の人に渡す時に「そのカードの数字」を宣言します。ただし、宣言された数字は本当かウソか分かりません…嘘を見破り、嘘を信じ込ませる、まさに嘘つきのためのカードゲームです。

ゲームが終わって数字をオープンすると「みんな嘘ついてたの!?」「信じてたのに…!!」と盛り上がれます。大人数でさくっとブラフゲームを楽しめる人気のカードゲームです。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
『ファブフィブ』のルール紹介:騙し合い好きなら最高に楽しめる!!
「ファブフィブ(FAB FIB)」は、3枚のカードを使って、相手を騙したり、嘘を見抜いたりする王道のブラフ系ボードゲームです。ボードゲーム初心者の人も経験者の人も、一緒になって楽しめます。僕は何度か友人宅で遊んで、これで朝を迎えました。笑 ...

16位:いかさまゴキブリ

カードゲームのおすすめ人気ランキング『いかさまゴキブリ』

種類ブラフ系
人数3-5人
時間15-25分

いかさまゴキブリはその名の通り、「いかさまOK」という規格外のカードゲームです!!

相手に気づかれなければ、カードを「床に落とす」「袖に隠す」「隙を見て投げる」など何でもアリです!

バレたらペナルティーがありますが、うまくいかさまできた時の気持ちよさは格別なので、恐れずにいかさまを楽しみましょう。いかさまのドキドキ感を楽しめる、唯一無二のカードゲームです!

いかさまゴキブリ(Mogel Motte)
Drei Magier

人気カードゲームランキング:15位→6位

15位『ソクラテスラ』

人気カードゲームのおすすめランキング:ソクラテスラ

ジャンル戦略系・大喜利
人数2-6人
時間30分

ソクラテスラは「過去の偉人の左腕・胴体・右腕を合体させて、自分だけの偉人を作ってバトルする」という異色のカードゲームです。

生まれてくる偉人はどれもヤバい名前の偉人ばかり…途中からは強い偉人を作るのではなく「誰が一番面白い名前を作れるか」という大喜利状態になることがよくあります。笑

こんなにぶっとんだ面白いカードゲームをどうやったら思いつくのでしょうか…まだ遊んでいない人はぜひ一度遊んでみてください。

『ソクラテスラ』ヤバすぎる偉人ばかり生まれて爆笑せずにはいられない!!
こんにちは、はとまめ(@boku_bodo)です。 今SNSなどで話題沸騰中のカードゲーム『ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~』。 この『ソクラテスラ』は、偉人の「右腕」「胴体」「左腕」を組み合わせてオリジナル偉人を作って...

14位:まじかるベーカリー 私が店長っ!

おすすめカードゲームの人気ランキング:まじかるベーカリー 私が店長っ!

種類拡大再生産
人数2-4人
時間40分

一見、「パン屋さんを大きくする」というかわいいゲームかと思いきや…実はこのパン屋さん、超ブラック企業です…。

自分のお店のためのなら「引き抜き」「泥棒」「金庫あさり」など何でもアリ、人も金も他店から奪ってしまいます!!

最初はみんなほんわかした絵柄とのギャップに驚いてしまいます。奪ったり奪われたりするので、ギスギスしないように注意しましょう。笑

『まじかる☆ベーカリー~わたしが店長っ!~』金も人も奪う!?悪徳パン屋さん
まじかる☆ベーカリーシリーズの第2弾は『まじかる☆ベーカリー ~わたしが店長っ!~』。かわいいイラストとは裏腹に、溢れ出るどす黒さ…このギャップが溜まりませんね!笑 その内容は前作を上回るブラックさ…自分のパン屋さんを大きくするためな...

13位:モンスターメーカー

カードゲームのおすすめ人気ランキング『モンスターメーカー』

種類手札管理
人数2-6人
時間30分

モンスターメーカーは「手札を使ってダンジョンを進み、奥にある宝物を持ち帰る」というゲームです。元々は1988年に発売したものですが、その人気から2度もリメイクされた不朽の人気作です。

自分のターンにできることは1つだけなので、「ダンジョンを進むか」「相手の邪魔をするか」「手札を入れ替えて次のターンに備えるか」を選択するのかがとても悩ましくて面白いカードゲームです。

『モンスターメーカー』迷宮に潜って無事帰れるか!?不朽の名作ボードゲーム
このモンスターメーカー、実は「かつての大ヒットゲームのリメイク」ということをご存知でしょうか。 1988年に最初の『モンスターメーカー』が発売されたあと、2004年に『モンスターメーカー・リバイズド』でリメイクされて、さらに2018年...

12位:ラブレター

カードゲームのおすすめ人気ランキング『ラブレター』

種類心理戦
人数2-4人
時間10分

ラブレターは「手札が1枚のみ」というカードゲームとしては独特なシステムとなっています。

遊び方は「カードを引いて、〈手札〉か〈引いたカード〉のどちらかを場に出して、その効果に従う」というシンプルなもの。

「ルールが簡単」「短時間で遊べる」という手軽さがある一方で、熱い心理戦・駆け引きを楽しめるおすすめのカードゲームです。

11位『ボブジテン』

カードゲームのおすすめ人気ランキング『ボブジテン』

種類表現系
人数3-8人
時間30分

ボブジテンは、『カタカナ語のお題をカタカナを使わずに説明する』という表現力が問われるゲームです。

たとえば「ソファー」「シャンデリア」「バーベキュー」といったカタカナ語を、カタカナ語を一切使わずに伝えなければなりません。その制限の中でトークしていると、面白い発言や意味不明な言葉が飛び出したりして、その度にとても盛り上がります!

子供・大人問わずどの世代でも一緒に笑える、面白いカードゲームです!

『ボブジテン』のルール紹介:カタカナ禁止が絶妙に難しくて盛り上がる!!
ボブジテンは、『カタカナ語を日本語だけで説明する』というカードゲームです。 「チョコレート」や「キャンプ」などのカタカナ語を説明するのにカタカナの使用は禁止です。これが絶妙に難しいんですよね!そんな中でトークしていると、面白い発言や意...

10位:街コロ

人気カードゲームのおすすめランキング:街コロ

種類拡大再生産
人数2-4人
時間30分

街コロは、「サイコロを振ってお金を集めて、自分の街を開発していく」というカードゲームです。

最初は小さな街ですが、獲得したお金で「コンビニ」「ファミレス」「工場」などを作って街を大きくしていきます。後半になれば施設が加速度的に増えていくので、「街が大きくなるワクワク感」がたまらないゲームです。

『街コロ』のルールを徹底紹介:街が大きくなるワクワク感がたまらない!!
街コロは「自分の街を開発して、大都市に発展させていく」というボードゲームです。サイコロを振って、コインを獲得し、自分の街に新しいお店を作っていきます。 この街コロ、実はかなりの「ボードゲーム初心者キラー」です。その理由は「ダイスを振る...

9位:たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ

人気カードゲームランキング:たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ

種類想像力
人数3-6人
時間15-30分

「単語カードを並べ替えてプロポーズ文を作る」という一風変わったパーティーゲームです。

手札の単語だけを使って即興で作らなければならないので、完成するものはどれも面白いプロポーズばかりになります。恥ずかしさあり・爆笑あり・ドン引きありで最高に盛り上がれるカードゲームです!

【保存版】『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』カードゲーム徹底紹介
『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』は「単語カードを並べ替えて愛の告白文を発表する」というカードゲームです。即興で作る告白のセリフに爆笑しながら盛り上がれます!記事では、プロポーズゲームのルール・遊び方や最適なスリーブを紹介中しています。

8位:犯人は踊る

カードゲームのおすすめ人気ランキング『犯人は踊る』

種類推理系
人数3-8人
時間10-20分

犯人は踊るは、「犯人カード」の行方を探る心理戦カードゲームです。

このゲームでは「犯人カード」がプレイヤーの手札を移動していくので、プレイ中に「犯人役」が次々と変わっていきます。そのため、「さっきはAさんが犯人だったと思うけど、今はBさんかも?」というように、相手の行動や状況から『犯人役』を推理していきます。

やることは「手札のカードを出すだけ」と簡単で、気軽に心理戦を楽しめるので、カードゲームに慣れていない人にも人気のゲームです!

『犯人は踊る』のルール:「犯人はお前だ!!」と探偵気分になれるカードゲーム
犯人は踊るは「犯人はお前だ!!」という探偵らしい台詞が言える、推理系カードゲームです。 このゲームの面白いのは「犯人役が次々と変わっていく」ところ! 「さっきまで隣の人が犯人だったけど、今はあの人かな?」というように、ゲームが進...

7位:ハゲタカのえじき

人気カードゲームのおすすめランキング:ハゲタカのえじき

種類心理戦
人数2-6人
時間10分

ハゲタカのえじきは「手札から一斉に数字カードを出して、一番大きい数字を出した人が得点をゲットする」という簡単な遊びです。

ただ、このゲームのスパイスとなっているのが「他の人と数字が被ったらダメ」というバッティングシステムです。そのため、「強い数字を出すと他の人と被ってしまうかも…」というジレンマを抱えながら、「どのタイミングで大きい数字を使うか」ということを考えなければなりません。

バッティングする度に「あー、また被ったー!!」と悲鳴があがって、何度やっても面白い人気の定番カードゲームです。

『ハゲタカのえじき』のルール&レビュー:バッティングが面白いカードゲーム
ハゲタカのえじきは「全員で手札の数字カードを1枚出し、その数字の大きさを比べる」カードゲームです。 作者はドイツボードゲーム作家の巨匠であるアレックス・ランドルフ氏。1988年に発売し、その年のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた...

6位:ミラリス

カードゲームのおすすめ人気ランキング『ミラリス』

種類心理戦
人数3-6人
時間15分

ミラリスは、ランキング7位で紹介した『ハゲタカのえじき』のバッティングシステムを踏襲して進化させたようなカードゲームです。

このゲームでは、ハゲタカのえじきのように単純に「大きい数字を取れば勝ち」というわけではなく、選んだキャラクターによって「強い数字が変わる」ので、毎回キャラクターを変えることで戦略が変わり、何度やっても飽きることなく楽しめます!

ミラリスは、ハゲタカのえじきが面白いと思う人なら絶対ハマるゲームです!ただ、少し複雑化するので、「ハゲタカはファミリー向け」、「ミラリスは大人同士で遊ぶとき」におすすめです。

『ミラリス(Miraris)』のルール:バッティングが熱い名作ボードゲーム
ミラリス(Miraris)は、有名ボードゲーム『ハゲタカのえじき』と同じバッティングシステムを採用したゲームで、『ハゲタカのえじき』に新たな要素を追加して進化したようなボードゲームです! 『ハゲタカのえじき』にはない面白い要素は『キャ...

人気カードゲームランキング:5位→1位

5位:ブレイドロンド

人気カードゲームのおすすめランキング:ブレイドロンド

種類戦略・手札構築
人数1-2人
時間10-20分

ブレイドロンドは、2人用カードゲームで「山札なしで手札7枚だけで戦う対戦型カードゲーム」です。

ランダムに配られた15枚のカードから手札とする7枚を選びますが、この手札構築が本当に悩ましくて面白いんですよね。どのカードを選ぶかで展開が大きく変わるので、ここでの戦略の立て方がとても重要です!

「2人でじっくり遊べる戦略的なカードゲーム」を探している人におすすめです。

『ブレイドロンド(Blade Rondo)』7枚の手札選びが悩ましくて面白い!!
今回紹介するゲームは、2人用ゲームで人気の『Blade Rondo(ブレイドロンド)』です。 ブレイドロンドは「山札なしで手札7枚だけで戦う対戦型カードゲーム」です。 一般的なトレーディングカードゲーム(TCG)ではお互いがデッ...

4位:ワンナイト人狼

面白いカードゲームランキング:ワンナイト人狼

ランキング4位は、言わずと知れた人気ゲーム『ワンナイト人狼』です。

ワンナイト人狼は「村人の中に紛れ込んだ人狼を見つけ出す」というゲームで、占い師などの能力者の証言を手掛かりに、話し合いをしながら人狼を探します。

逆に、人狼役は村人になりすなどして、正体がバレないようにしなければいけません。人狼役でうまく村人たちを騙し抜いて勝利したときの快感がクセになるゲームです!!

『ワンナイト人狼』のルール・レビュー・遊び方のコツまで徹底紹介!!
『ワンナイト人狼』のルール・役職・遊び方のコツまで徹底紹介しています。特に「これからワンナイト人狼を始めたい!」という初心者の方に向けて、分かりやすくルールを解説しました。人狼が遊びやすくなったゲームなので、初めての正体隠匿ゲームとしておすすめです。

3位:はぁって言うゲーム

人気カードゲームのおすすめランキング『はぁって言うゲーム』

種類表現力
人数3-8人
時間15分

ランキング3位は、最近遊んだゲームの中で個人的に大ヒットだった『はぁって言うゲーム』です。

はぁっていうゲームは、「はぁ」「んー」「ふぅ」という短い言葉だけで感情を伝えられるか、というゲームです。「簡単そう」と思うかもしれませんが、「ジェスチャー禁止」というルールが絶妙に難しくて、毎回どうやって伝えればいいのか悩んでしまいます。

僕が友達と遊んだ時は、最初かなり恥ずかしくて「これ罰ゲームじゃん…」と言っていましたが、実際に遊んでみると演じる度に大爆笑でした!!ルールが簡単ですぐに盛り上がれるので、とても気に入っています。

『はぁって言うゲーム』のルール&レビュー:「はぁ」だけで感情を伝えよう
はぁって言うゲームは、与えられたお題を「はぁ」などの短い言葉と表情だけで演じて当て合うパーティーゲームです。ルールが簡単で、お手軽に盛り上がれます。この記事では『はぁって言うゲーム』のルールからレビュー評価まで詳しく紹介しています。

2位:コヨーテ

おすすめカードゲームランキング:コヨーテ

種類ブラフ系
人数2-10人
時間15-30分

ランキング2位は、定番のブラフゲーム『コヨーテ』です!

コヨーテは「場に出ている数字の合計値を予想する」というゲームですが、このゲームの面白いところは『自分の数字だけ見えない』ということ!つまり、他のプレイヤーの「数字」「宣言」「表情」などをヒントに自分の数字を推理していきます。

特に、ハッタリで周囲を混乱させて勝てた時の気持ち良さといったら…!!「ルールが簡単」「大人数で遊べる」「子供も大人も一緒に楽しめる」という点でもとても使い勝手のいいゲームでおすすめです。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
コヨーテ(ボードゲーム)のルール・遊び方|自分のカードだけ見えない!?
「コヨーテ」は、ハッタリと推理が勝負のカギを握る、心理戦ボードゲームです。 このゲームは『場に出ている数字の合計値を予想する』ゲームですが、その一番の特徴は『自分の数字だけ見えない』ということです!つまり「相手の見えている数字」と「自...

1位:ドミニオン

人気カードゲームのおすすめランキング『ドミニオン』

種類拡大再生産
人数2-4人
時間30分

ランキング1位は、超人気カードゲームの『ドミニオン』です!

ドミニオンは「デッキ構築型」のカードゲームで、「お金で好きなカードを購入して、デッキに組み込んで自分のデッキを強化していく」ゲームです。

次第にカードが充実してできることが増えていくので、「デッキが成長しているような感覚」になって後半になればなるほど楽しくなってくるんですよね!

ゲームが終わっても「やっぱりあのカードを買えば良かったかも…もう1回!!」とついつい何度もプレイして止め時が分からなくなってしまいます…。僕は友達とボードゲームで遊ぶときの締めは毎回「ドミニオン」というくらい大好きなゲームです。

『ドミニオン』のルール&レビュー:デッキ構築がたまらなく面白い!!
ドミニオンは「銅貨などで好きなカードを購入して、自分のデッキを強化していく」デッキ構築型ボードゲームです。「ドイツ年間ゲーム大賞2009」の大賞を受賞しています。この記事では、ドミニオンのルールからレビュー評価まで詳しく紹介しています。

最後に:面白いカードゲームはたくさんある!!

以上が、『人気カードゲームのおすすめランキングTOP25』でした。

最もおすすめのカードゲームは、ランキング1位で紹介した『ドミニオン』です!ゲームが終わってもすぐに「もう1回!!」と言って何度も果てしなく遊び続けてしまいます。まだ遊んだことがない人はぜひ一度プレイしてみてください。

今回のおすすめランキングが、「新しいカードゲームとの出会い」になれば嬉しいです!また、サイトのトップページからもゲームを検索できるようになっているので「他のゲームも知りたい」という方はチェックしてみてください!