『ワンナイト人狼』のルール・役職・初心者向けのコツまでを徹底紹介!!

『ワンナイト人狼』のルール・役職・初心者向けのコツまでを徹底紹介!!

ワンナイト人狼は、今や「正体隠匿ゲームの代表作のひとつ」です。

一時期、芸能人やアイドルが人狼をプレイする番組があって、一気に「人狼系ゲーム」の認知度が上がりました。

僕もハマっていた時には、居酒屋や友達の家、旅行先などにいつも持っていって遊んでいました。おそらく僕のボードゲーム人生で、最も回数を遊んだゲームかもしれません。

今回の記事では「これからワンナイト人狼を始めたい」という方に向けて、『ワンナイト人狼のルール・プレイ時の注意点・初心者ならではのコツ』を紹介していきます。

▼ワンナイト人狼はこちら。

<ワンナイト人狼 情報>
 ジャンル   正体隠匿
プレイ人数 3-7人
プレイ時間 10分
スポンサーリンク

ワンナイト人狼とは

ワンナイト人狼を一言でいうと、「人狼をよりライトに楽しめるようにしたゲーム」です。

ワンナイト人狼は『人狼』から派生したゲームです。通常の『人狼』は、濃厚な駆け引きや心理戦を楽しめますが、ネックだと言われていたのが「人数が必要」「ゲームマスターが参加できない」「途中で脱落した人が暇」ということです。特に、序盤に脱落してしまった時の孤独感といったら…

そこで、これらの問題点をうまく解消したのが「ワンナイト人狼」です。

ワンナイト人狼とは

<ワンナイト人狼の特徴>
①少人数で遊べる
②ゲームマスターなしでできる
③脱落者なし

このように、人狼の問題点を解消して、より多くの人が遊びやすい形式になっています。ルールもシンプルなので、ボードゲーム初心者でもとっつきやすくなっています。

ワンナイト人狼の『ストーリー』

ワンナイト人狼のストーリー

<ストーリー>

ある小さな村には「人狼」が紛れ込んでいます。人狼は普段「村人の姿」をしているので、見た目では誰が人狼なのか分かりません。

そして、夜になると狼の姿になって村人を襲い食べてしまいます。毎晩のように村人が襲われて、残った村人はあと数人だけ。

村人たちは意を決して、話し合いで人狼を見つけ出して、処刑することにしました。果たして村人は「人狼」を処刑することができるのか―

というようなストーリーです。

ゲーム中はみんなで「誰が人狼なのか」を話し合いをします。人狼は「自分は村人です」と嘘の主張をするので、村人はそのウソを見抜かなければなりません。

話し合いが終わったら、多数決で処刑する人を1人決めます。

そして、人狼を処刑できれば「村人の勝ち」。
また、村人を処刑してしまったら「人狼の勝ち」となります。

そのため、お互いに敵陣営の人を処刑することを目指します。

ワンナイト人狼に『入っているもの』

ワンナイト人狼に入っているものは下の写真で全てです。

ワンナイト人狼に入っているもの

「カード8枚」と「説明書」が入っています。

ワンナイト人狼の『役職』

ワンナイト人狼には、全部で「4種類」の役職があります。

役職は「村人」と「人狼」だけでなく、村人側の助っ人的な存在もいます。話し合いでは、彼らの能力を使って、人狼を見つけ出すヒントを得ることができます。

①「村人」

ワンナイト人狼の役職:村人

どこにでもいる普通の「村人」です。

特殊な能力はありません。

②「占い師」

ワンナイト人狼の役職:占い師

「占い師」は村人陣営のお助けキャラです。

占いの能力で、「誰かの役職をこっそり見る」ことができます。

占いの内容をみんなに話して、人狼を追い詰めましょう。

③「怪盗」

ワンナイト人狼の役職:怪盗

「怪盗」も村人陣営です。

怪盗の能力で「誰かの役職と入れ替わる」ことができます。

交換した結果によっては、自分が人狼になってしまうこともあります…。

④「人狼」

ワンナイト人狼の役職:人狼

「人狼」は、村人陣営と敵対しています。

人狼であることがバレないように、嘘をついて「村人陣営」として振る舞います。「占い師」や「怪盗」に扮することで、うまくいけば場をコントロールできることもあります。

周りの信用を勝ち取って、村人が処刑されるように誘導しましょう。

ワンナイト人狼の『ルール』

ここからは『ワンナイト人狼のルール・遊び方』を詳しく紹介していきます。

今回は「4人プレイ」を例にして解説します。

①カードの準備

使うカードの枚数は「プレイ人数+2枚」です。

ワンナイト人狼:カードの準備

4人で遊ぶときは、「村人×2、占い1枚、怪盗×1、人狼×2」の6枚を使用します。

②自分の「役職」を確認

裏向きになっているカードの中から、1人1枚のカードを選びます。残った2枚のカードは、中央に配置します。

ワンナイト人狼:自分の役職を確認

自分のカードの内容(役職)を確認したら、カードを裏向きのまま自分の前に置きます。

③夜の時間

夜の時間には「占い師」「人狼」「怪盗」がこっそりと行動します。

全員目をとじて、指でテーブルを「カタカタカタ」と叩きます。

ワンナイト人狼:全員目をとじて、指でテーブルを「カタカタカタ」と叩く

これは、カードを動かした時の音でバレないようにカモフラージュするためです。

カタカタ音が始まったら、「占い師⇒人狼⇒怪盗」の順にプレイします。

①占い師のターン

占い師だけ目を開けて、2つの行動のうちどちらか1つを実行できます。

ワンナイト人狼の夜の時間:占い師は2つの行動のうちどちらか1つを実行できる

  • だれか1人のカードを見る
  • 机の中央にある2枚のカードを見る

どちらかのアクションが終わったら、目を閉じます。

②人狼のターン

人狼は目をあけて、仲間がいるかを確認できます。

ワンナイト人狼の夜の時間:人狼は目をあけて仲間がいるか確認できる

ただし、人狼カードの1枚がテーブルの中央にあり、「目を開けても仲間がいない」という場合もあります。

確認を終えたら、目を閉じます。

③怪盗のターン

ワンナイト人狼の夜の時間:怪盗は「自分のカード」と「誰かのカード」を交換する

怪盗は目を開けて、「自分のカード」と「誰かのカード」を交換することができます。

カードを交換した後、交換後の自分のカードを確認して目を閉じます。

議論の時間

夜の時間が終わったら、全員目を開けます。

ここからが、ワンナイト人狼の醍醐味「議論の時間」です。

占い師や怪盗はみんなに情報を伝えて、議論の材料にしましょう。

一方で、人狼は、なんとかして周りを騙して、村人を処刑に追い込まなければなりません。「村人」として潜伏するのもよし、「占い師」と偽って村人を人狼に仕立て上げるのもよし。あの手この手で騙して周りの信用を勝ち取りましょう!

ちなみに、議論の時間の長さですが、僕は「4人の場合は3分」にしています。

3分くらいが短すぎず長すぎずちょうどいいと思いますが、メンバーにもよると思うので臨機応変に設定しましょう。

多数決で「処刑する人」を決める

議論の時間が終わったら、「処刑する人を決定」します。

処刑する人の選び方は「多数決」です。

みんなで一斉に「処刑したい人」を指差します。一番多く票が入った人が、処刑されます。

ゲームの勝敗

ゲームの勝敗は、誰が処刑されたか、で決まります。

<勝敗>
・処刑されたのが人狼⇒「村側の勝利」
・処刑されたのが人間⇒「人狼の勝利」

ワンナイト人狼の『注意ポイント』

ワンナイト人狼を遊んでいると、「議論以外の部分で役職がバレてしまう…」という経験をしたことはありませんか。

本来は相手の言葉から推理して正体を探っていきたいところですが、議論以外の部分で相手の正体がわかってしまったら…ちょっと拍子抜けしてしまいますよね…。

そんなことにならないように、ワンナイト人狼で『気をつけたい注意点』をまとめました!

①テーブルを叩く音が急に小さくなる

占い師や怪盗がカードを動かすときに音でバレるのを防ぐために、指でテーブルを「カタカタカタ」と叩きます。

音バレを防ぐためのカタカタ音ですが、カタカタ音のせいで逆にバレてしまうことがあります。

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

隣から聞こえていたカタカタ音が明らかに小さくなってる!?
「さっきまで両手で叩いてたのに、今は片手をあけてカードを動かしてるな…」と察しちゃうわけです。

こんなことがないように、両手でカタカタするのはやめて、初めから片手でやりましょう!

②目をあけたらカードが動いている

目をあけたらカードが明らかに動いている、というのもよくありますよね。ワンナイト人狼あるあるです。

自分のカードが触られたのがバレバレです。占い師か怪盗どちかの仕業でしょう。

カードを動かす人は、「ちゃんと動かす前の向きにもどす」「全員のカードを色んな向きに動かす」かしましょう。



ワンナイト人狼の『拡張版』で遊ぼう!

ワンナイト人狼には、より高度な心理戦を楽しめる拡張版が発売しています。通常版の「占い師」や「怪盗」以外にも、ちょっと変わった面白い新役職がたくさんあります。
ワンナイト人狼をもっと楽しみたい!という方におすすめです。

ワンナイト人狼 モンスターver

ワンナイト人狼の世界に、様々なモンスターたちが参入してきました!
新役職は、『GJハンター』『魔女っこ』『吸血鬼』『ゾンビ』『吊人』『大狼』です。新役職を見るだけで世紀末感が漂ってますね。。モンスター役に目がいきがちですが、「人狼」が「大狼」に進化しているところも注目です!

 

下記の記事で、「モンスターver」のルールや新役職を紹介しています
ワンナイト人狼モンスターver:多彩な役職でさらなる心理戦に!

 

ワンナイト人狼 超人ver

なかなか癖のある新役職『CIA』が加わった、超人バージョンです。
その他にも『忍者』『超能力者』『狂人』といった役職があります。
このワンナイト人狼超人verでしか起こりえない面白現象もあるので、興味のある方はぜひ!

 

下記の記事で、「超人ver」のルールや新役職を紹介しています
ワンナイト人狼超人ver:癖のある新たな役職!?

 

全バージョンを混ぜて遊ぼう!

「通常ver」、「モンスターver」、「超人ver」の3つを混ぜて遊ぶルールもあります。
ワンナイト人狼初心者には、混沌としすぎてわけが分からなくなるので、上級者になってからチャレンジしてみてください。

 

下記の記事の後半でそのルールを紹介しています
ワンナイト人狼シリーズの全役職まとめ




ワンナイト人狼の『専用スリーブ』

ワンナイト人狼には『専用スリーブ』があります。

ワンナイト人狼の専用スリーブ

ワンナイト人狼のような正体隠匿ゲームでは、カードに傷がついてしまうとそれが目印となって正体がバレてしまうことがあります…。

そうならないためにも、スリーブをつけてカードを保護しておきましょう。

初心者ならではのコツ

最後に、初心者ということを逆手に取った戦略です。
裏技とでも言うべきでしょうか。

それは、

 

「今日、初めてやったのにそんなことできるわけないじゃん!」

 

です。
けっこう効きます。
自分が人狼の時に、占い師と嘘をついてバレそうになった…そのときです!
みんな初心者には優しいので、たいてい決まります!
ただし、一回きりの大技です。2回目はないので、使いどころを見極めてください。

 

 

また、自分と初心者が人狼で、初心者人狼が占い師と偽ってバレそうになったときのフォロー技もあります。

 

「初心者でこれできたら、すごくない!?」

 

味方をかばうときにも使える言葉です。
初心者でいきなり占い師と偽るのって、結構ハードル高そうじゃないですか。
「ああ、そうだな…」ってなります。けっこう効きます。


ぜひ使ってみてください。

保証はしません。

 

◆『ワンナイト人狼』はこちら。

◆『ワンナイト人狼 モンスターver』はこちら。

◆『ワンナイト人狼 超人ver』はこちら。

▼『ワンナイト人狼 狂気ver』はこちら。