【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ドイツ年間ゲーム大賞まとめ』歴代の名作ボードゲームを一挙紹介

『ドイツ年間ゲーム大賞まとめ』歴代の名作ボードゲームを一挙紹介

この記事では、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)で大賞を受賞したボードゲームを紹介します。

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)とは

ドイツ年間ゲーム大賞とは

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)は、ドイツで選定されるアナログボードゲームの賞であり、1979年から始まりました。ゲームオブザイヤー(The Game of the Year)と呼ばれることもあります。

2001年から「子供ゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)」、2011年からは「エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)」が創設されました。

受賞した作品は、ライセンス料を支払うことでドイツ年間ゲーム大賞のロゴをパッケージに印刷することができます。運営協会の運営費は、ロゴのライセンス料のみから賄われており、外部の影響を受けないようになっています。

選考日程について

各ゲーム大賞のノミネート作品は毎年5月に発表されて、子供ゲーム大賞は6月に、年間ゲーム大賞・エキスパートゲーム大賞は7月に大賞が発表されます。

対象となる作品は、5月のノミネート作品決定までに審査員が十分遊べるように、基本的にその年の3月末までに審査員が受け取れる状態にあるボードゲームです。

審査員について

ドイツ年間ゲーム大賞の審査員は、ドイツ語圏のゲーム評論家・専門家で構成されています。審査員になるためには、自分で応募することができず、現審査員の推薦が必要です。

また、ボードゲームの開発・マーケティングに関わっている人は、審査員になることはできません。

ドイツ年間ゲーム大賞一覧

まずは、ドイツ年間ゲーム大賞で大賞を受賞した作品を一覧にしてまとめました。

※タイトルのリンクから、ボードゲームのルール&レビュー記事に飛べます。

時期タイトル
2020年– 未定 –
2019年ジャストワン(Just One)
2018年アズール(Azul)
2017年キングドミノ(Kingdomino)
2016年コードネーム(Codenames)
2015年コルト・エクスプレス(Colt Express)
2014年キャメルアップ(Camel UP)
2013年花火(Hanabi)
2012年キングダムビルダーズ(Kingdom Builder)
2011年クゥワークル(Qwirkle)
2010年ディクシット(Dixit)
2009年ドミニオン(Dominion)
2008年ケルト(Keltis)
2007年ズーロレット(Zooloretto)
2006年郵便馬車(Thurn und Taxis)
2005年ナイアガラ(Niagara)
2004年チケット・トゥ・ライド(Ticket to Ride)
2003年アルハンブラ(Alhambra)
2002年ヴィラパレッティ(Villa Paletti)
2001年カルカソンヌ(Carcassonne)
2000年トーレス(Torres)
1999年ティカル(Tikal)
1998年エルフェンランド(Elfenland)
1997年ミシシッピクイーン(Mississippi Queen)
1996年エルグランデ(El Grande)
1995年カタンの開拓者たち(Siedler von Catan)
1994年マンハッタン(Manhattan)
1993年ブラフ(Bluff)
1992年ホーマスツアー(Um Reifenbreite)
1991年ドルンター&ドルーバー(Drunter & Druber)
1990年貴族の務め(Adel verpflichtet)
1989年カフェインターナショナル(Cafe Intaernational)
1988年バルバロッサ(Barbarossa)
1987年アウフアクセ(Auf Achse)
1986年アンダーカバー(Heimlich & Co.)
1985年シャーロック・ホームズの犯罪事件簿(Sherlock Holmes)
1984年ダンプフロス(Dampfross)
1983年スコットランドヤード(Scotland Yard)
1982年ザーガランド(Sagaland)
1981年フォーカス(Focus)
1980年ラミーキューブ(Rummikub)
1979年ウサギとハリネズミ(Hase und Igel)

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲーム

ここからは、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲームの詳細を紹介していきます。

2020年『未定』

現在、2020年のドイツ年間ゲーム大賞は決まっておりません。

発表時期は2020年7月頃なので、決定次第、更新いたします。

2019年『ジャストワン(Just One)』

ジャンル表現・協力
人数3-7人
時間20分
デザイナーLudovic Roudy
Bruno Sautter

2019年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲームは『ジャストワン(Just One)』。ジャストワンは「みんなが書いたヒントから答えを連想する」協力系のボードゲームです。

このゲームの特徴は「ヒントが被ったら、そのヒントを回答者に見せることができなくなる」というバッティングルールです。

2019年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲーム『ジャストワン』「ネズミ」が被ったので、このヒントが消えてしまう

他の人と同じヒントを書いたらアウトなので、みんなが書きそうなありきたりなヒントではなく「ちょっと外したヒント」を書かなければなりません。この被らないヒントを考えるのが悩ましくも面白いところです。一方で、解答者は「微妙なヒントばかりから答えを連想しなければならない」という難しさがあります。

ゲームが終わった後も「あそこで被らなければなぁ…」「なんでこのヒントなの!?」などとワイワイ言い合いながら盛り上がれます!

2018年『アズール(Azul)』

ジャンルタイル配置
人数2-4人
時間30-45分
デザイナーMichael Kiesling

2018年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲームは『アズール(Azul)』。

アズールでは、プレイヤーがタイル職人になって、宮殿の壁に美しくタイルを配置することを目指します。

2018年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲーム『アズール(Azul)』

手番でやることは「好きなタイルを取って並べるだけ」と簡単です。ただ、「自分の欲しいタイルを取るか、相手の妨害をするか」というジレンマに悩まされ続けるので、シンプルだけどずっしりとした遊び応えがあります!

アズールは、第2弾、第3弾と続編が出て、シリーズ化しています。個人的には、3作目の『アズール:サマーパビリオン』が遊びやすくておすすめです。

2017年『キングドミノ(Kingdomino)』

ジャンルタイル配置
人数2-4人
時間15分
デザイナーBruno Cathala

ドイツ年間ゲーム大賞2017を受賞した『キングドミノ(Kingdomino)』は、好きな土地タイルを配置して、自分だけの美しい王国を作り上げるというタイル配置系のボードゲームです。

ドイツ年間ゲーム大賞2017を受賞したボードゲーム『キングドミノ(Kingdomino)』

このゲームはタイル選択が本当に悩ましくて、「自分の理想の王国を作り上げるか」「相手の邪魔をするか」「次の手番のために我慢するか」といったジレンマが常にあり、軽めのゲームでありながら戦略的な要素もしっかり詰まってます。

2016年『コードネーム(Codenames)』

ジャンル表現力
人数2-8人
時間15分
デザイナーVlaada Chvátil

ドイツ年間ゲーム大賞2016を受賞した『コードネーム(Codenames)』は、単語をヒントに、各チームのエージェントに名付けられたコードネームを当てるというボードゲームです。

2チームに分かれるチーム戦形式で、各チームは「1つの単語」をヒントに25枚のカードの中から答えを当てていきます。

ドイツ年間ゲーム大賞2016を受賞した『コードネーム(Codenames)』25枚のカードの中からヒントを頼りに答えを当てる

自分が悩みに悩んで絞り出した1つの単語から、仲間が2枚、3枚と当ててくれた時はかなりテンションが上がります!

また、ゲーム終了後には「あのヒントってどういう意味?」「そのヒントはないわ…」というようにゲームを振り返りながら会話が弾みます。

2015年『コルト・エクスプレス』

ジャンル戦略系
人数2-6人
時間40分
デザイナーChristophe Raimbault

2015年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『コルト・エクスプレス(Colt Express)』は、列車強盗がテーマのボードゲームです。

プレイヤーはギャングとなって、列車内で乗客や金庫、他のギャングから金品を奪うことで、大金持ちになることを目指します。

2015年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲーム『コルト・エクスプレス(Colt Express)』引用:BoardGameGeek

強盗・車両の移動・屋根に上る・銃撃する・保安官を移動させるなどを行い、他のプレイヤーを出し抜いて、最も多くのお金を稼いだ人の勝利です。

2014年『キャメルアップ』

ジャンルダイス系
人数2-8人
時間30分
デザイナーSteffen Bogen

ドイツ年間ゲーム大賞2014を受賞した『キャメルアップ(CAMEL UP)』は、ラクダのレースを予想するボードゲームです。

ラクダはダイスの出目で移動していきますが、ラクダ同士が同じマスに到着すると、ラクダの上に乗ることができ、下のラクダが動けば一緒に移動できます!

ドイツ年間ゲーム大賞2014を受賞したボードゲーム『キャメルアップ(CAMEL UP)』引用:BoardGameGeek

順位予想は早く賭けた方が配当が大きくなりますが、早すぎると予想が難しいものです。早く賭けるか・もう少し様子を見るかという判断が悩ましくも楽しいゲームです。

※キャメルアップはリニューアルして、2019年版となりました。

2013年『花火』

ジャンル協力系
人数2-5人
時間30分
デザイナーAntoine Bauza

ドイツ年間ゲーム大賞2013を受賞した『花火(HANABI)』は、協力系ボードゲームです。みんなで協力して、カードを色別に1から順に出していくことで花火を打ち上げることを目指します。(カードは1~5がそれぞれ5色分)

ドイツ年間ゲーム大賞2013を受賞したボードゲーム『花火(HANABI)』

引用:BoardGameGeek

ただ、このゲームの独特なところは、自分の手札が見えないこと!なぜなら、数字の書いてある面を他のプレイヤーに向けて持たなければならないからです。

そのため、他のプレイヤーから「コレとコレとコレが黄色だよ」「コレだけ1ね」というように、色か数字のどちらかの要素を教えてもらいます。ただし、教えるためには限られたチップを使わなければなりません。

この厳しい状況の中、周りのヒントから自分の手札を察して、小さい順に数字カードを出していき、全色の花火を打ち上げることを目指します!

2012年『キングダムビルダー』

ジャンル陣取り
人数2-4人
時間45分
デザイナーDonald X. Vaccarino

ドイツ年間ゲーム大賞2012を受賞した『キングダムビルダー(Kingdom Builder)』は、ボード上に自分の開拓地コマを3個ずつ建てていく陣取りボードゲームです。

ドイツ年間ゲーム大賞2012を受賞した『キングダムビルダー(Kingdom Builder)』引用:BoardGameGeek

ゲーム前に得点カードを3枚引いて、その3枚で今回の得点方法が決まります。このカードの内容に沿って、より多くの得点が得られるように配置していきます。

2011年『クゥワークル』

ジャンルタイル配置
人数2-4人
時間30-60分
デザイナーSusan McKinley Ross

2011年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したのは『クゥワークル(Qwirkle)』。

マークと色の種類が様々なタイルを場に配置していき、「同じマーク」か「同じ色」で繋がるようにおくことで点数を獲得できます。

2011年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したボードゲーム『クゥワークル(Qwirkle)』引用:BoardGameGeek

また、タイルが同じ要素で6枚並んだら「クワークル!」と宣言することで、ボーナス点がもらえます。

2010年『ディクシット』

ジャンル表現力
人数3-6人
時間30分
デザイナーJean-Louis Roubira

ドイツ年間ゲーム大賞2010を受賞した『ディクシット(Dixit)』は、抽象的なイラストを「言葉・歌・踊り・ジェスチャー」などで自由に表現して、自分のカードを当ててもらうというボードゲームです。

ドイツ年間ゲーム大賞2010を受賞したボードゲーム『ディクシット(Dixit)』

当ててもらうと言いましたが、実は「全員に当てられたらダメ」という絶妙なルールがあります。そのため、「ズバリこれ!!」というバレバレの表現ができません。何人かにだけ伝わるように具体的すぎず抽象的すぎない”あいまい”な表現をするのがこのゲームの肝です!

そのあいまいさの加減が悩ましくて、毎回みんなの微妙な表現に笑わせてもらっています。正解を発表した後に「なんであのタイトルをつけたの?」「さすがに分からん!」などと口々に感想を言い合う時間が楽しいです。

2009年『ドミニオン』

ジャンルデッキ構築
人数2-4人
時間30分
デザイナーDonald X. Vaccarino

2009年にドイツ年間ゲーム大賞に輝いた『ドミニオン(Dominion)』は、デッキ構築のボードゲームで、お金で好きなカードを購入して、自分のデッキを強化していきます。

2009年にドイツ年間ゲーム大賞に輝いたボードゲーム『ドミニオン(Dominion)』カードを購入して自分だけのデッキを作っていく

次第にカードが充実してできることが増えていくので、「デッキが成長しているような感覚」になって後半になればなるほど面白くなります!

ゲームが終わっても「あのカードを買っておくべきだったかも…もう1回!!」とついつい何度も遊んでしまい止め時が分からなくなってしまいます…。一時期、ボードゲームで遊ぶときは毎回「ドミニオン」で締める、というくらい大好きなゲームです。

2008年『ケルト』

ジャンルデッキ構築
人数2-4人
時間30分
デザイナーReiner Knizia

2008年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『ケルト(Keltis)』は、様々な名作ボードゲームを生み出しているライナー・クニツィアの作品です。

2008年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『ケルト(Keltis)』引用:BoardGameGeek

手札の数字カードを「昇順 or 降順」の順で出しながら、カードの色に応じたコマを進めて、得点を競うボードゲームです。

2007年『ズーロレット』

ジャンルタイル配置
人数2-5人
時間45分
デザイナーMichael Schacht

2007年にドイツ年間ゲーム大賞に輝いた『ズーロレット(Zooloretto)』は、動物園の経営者となって、園内に様々な種類の動物を集めるボードゲームです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeff & Rose(@rollymatrimony)がシェアした投稿

ゲームは、トラックに乗った動物タイルを引き取ることで動物園を発展させていきます。自分の動物園にたくさん動物を集めたいところですが、1つの檻には1種類の動物しか入れられません。飼えないほどの動物を引き取ってしまうと、マイナス点になったり、他のプレイヤーに引き取られることがあります。

「めくったタイルをどのトラックにのせるか」「今のトラックを引き取るのか」が悩ましいゲームです。

2006年『郵便馬車』

ジャンルカードドラフト
人数2-4人
時間60分
デザイナーKaren Seyfarth & Andreas Seyfarth

2006年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『郵便馬車(Thurn and Taxis)』は、都市カードを集めて郵便網を作り、各地に郵便局を建てていくボードゲームです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@gamenightfrenemiesがシェアした投稿

長い郵便網を作ったり、郵便局の配置の仕方によって、様々なボーナス点が得られます。他プレイヤーの状況を把握しながら、自分がどのように郵便網を作っていくのかが悩ましいゲームです。