【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

ドイツ年間ゲーム大賞2019は『ジャストワン』に決定!!エキスパートは『ウイングスパン』

ドイツ年間ゲーム大賞2019は『ジャストワン』に決定!!エキスパートは『ウイングスパン』

2019年7月22日発表の『ドイツ年間ゲーム大賞2019』。

今年の大賞部門では『ジャストワン』、エキスパート大賞部門では『ウィングスパン』が受賞しました!!

今回の記事では、受賞したボードゲームがどのような内容なのかを紹介します。

▼受賞の様子


スポンサーリンク

ドイツ年間ゲーム大賞2019が決定!!

大賞は『ジャストワン』

ドイツ年間ゲーム大賞2019の大賞は『ジャストワン』

ジャンル表現力・想像力
プレイ時間20分
プレイ人数3-7人

ドイツ年間ゲーム大賞2019に輝いたのは『ジャストワン』です。

ジャストワンは「みんなのヒントから答えを連想する」という協力系のクイズゲームです。

このゲームの面白いポイントは「自分のヒントが他の人と被ったら、そのヒントが消えてしまう」というルールです。

ヒント被りしたらアウトなので、ヒントを出す方はみんなが書きそうなありきたりなヒントではなく「ちょっと外したヒント」を作らなければなりません。これがけっこう悩ましいんですよね。一方で、解答者は「微妙なヒントばかりから連想しなければならない」という難しさがあります。

ゲームが終わった後も「なんでこのヒントなの!?」「あそこで被らなければなー」などとワイワイ言い合いながら盛り上がれる、おすすめのゲームです。

▽ジャストワンを遊んだ方のツイート

詳しいルールは下記の記事で紹介しています。

『ジャストワン』ボードゲーム紹介:被ったらヒントが減る連想系ゲーム
ジャストワンが「ドイツ年間ゲーム大賞2019」に選ばれました! ジャストワンは「みんなが出したヒントから答えを連想する」という協力系のボードゲームです。 このゲームの面白いポイントは「自分のヒントが他の人と被ったら、そのヒントが...

▼『ジャストワン』はこちら。

その他のノミネート作品

惜しくも受賞とならなかったノミネート作品は『ラマ』『ワーワーズ』でした。

その他のノミネート作①『ラマ』

ラマは「ラマカード」と「1~6の数字カード」を使い、手札を出し切った人の勝ちという、とてもシンプルなゲームです。

ルールがシンプルでありながら、手番の度に「ゲームから降りる/降りない」のジレンマに悩まされます。すぐに遊べて、テンポのいい良作です。

詳しいルールは下記の記事で紹介しています。

『ラマ』ボードゲーム紹介:「今降りる?もう少し続ける?」が悩ましい!!
ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作のうちの1つがこの『ラマ(LAMA)』です。 ルールがとても簡単ですが、手番がくるたびに「ゲームから降りる/降りない」というジレンマに悩まされます。決して新しさのあるゲームではありませんが、昔ながらの...

▼『ラマ』はこちら。

その他のノミネート作②『ワーワーズ』


ワーワーズは、答えを知っている出題者に「はい / いいえ」で答えられる質問を繰り返して、答えを当てるゲームです。

このゲームには人狼ゲームのような役職があり、正解に誘導する「予言者」や正解に辿り着かないようにしたい「人狼」などの役職があって、この要素が良いスパイスとなっています。また、専用アプリもあって遊びやすくなっています。

▼『ワーワーズ』はこちら。

エキスパート大賞は『ウィングスパン』

ジャンル拡大再生産
プレイ時間40-70分
プレイ人数1-5人

エキスパート大賞には、異色の鳥類系ボードゲーム『ウィングスパン』が受賞しました!「鳥」にフォーカスしたテーマとその美しい見た目から、各所で話題となっていたゲームです。

ウィングスパンは、餌を集めたり、鳥を配置したり、卵を産ませたりする「拡大再生産ゲーム」です。

▽ウィングスパンを遊んだ方のツイート

ウイングスパンの日本語版が「2019年10月17日」に発売します!

以上が、『ドイツ年間ゲーム大賞2019の大賞部門&エキスパート大賞』の紹介でした!

タイトルとURLをコピーしました