メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

【2022年】ドイツ年間ゲーム大賞の受賞作品&ノミネート作品まとめ

ドイツ年間ゲーム大賞2022
  • URLをコピーしました!

この記事では、2022年ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)の情報についてまとめています。

2022年7月16日に大賞部門とエキスパート部門が発表されました。また、キッズ部門については2022年6月20日に発表済みです。

各部門の受賞作品がこちら。

  • 【大賞部門】カスカディア
  • 【エキスパート】リビングフォレスト
  • 【キッズ】魔法の山
目次

ドイツ年間ゲーム大賞2022のスケジュール

2022年ドイツ年間ゲーム大賞発表までのスケジュールは以下の通りです。

  • 5月23日(月)10:30(日本時間17:30)にノミネート作品推薦リストロングリストを発表
  • 6月20日(月)10:30(日本時間17:30)にキッズゲーム大賞を発表
  • 7月16日(土)18:00(日本時間1:00)にドイツ年間ゲーム大賞エキスパート大賞を発表

ドイツ年間ゲーム大賞2022の受賞作品

ドイツ年間ゲーム大賞

【大賞部門】カスカディア

カスカディア(Cascadia)|ボードゲーム
ゲーム名カスカディア(Cascadia)
デザイナーRandy Flynn
プレイ人数1~4人
プレイ時間30~45分
日本語版の有無ケンビルから発売済み
関連ページBoardGameGeek

カスカディアは、「生息地」と「動物」の両方をうまく配置していく2層構造のパズル系ボードゲームです。

手番では、場にある「生息地タイル&動物ディスク」のペア4つから1つを選んで、手元に配置していきます。

生息地と動物を配置する2層構造パズルゲーム|カスカディア

生息地タイルはできるだけ地形が長く続くように配置して、動物ディスクは各動物の得点方法に則って高得点になるように配置します。

生息地と動物の2つのパズルを並行して行うので、生息地と動物のどちらを優先するかというジレンマが常にあります。一方で、タイルは四方八方に自由に伸ばせるので、窮屈感がなくて穏やかなプレイ感です。ルールがシンプルで遊びやすく、ゲーム後の満足度がとても高いので、ボードゲーム初心者やファミリーにもおすすめです。

>>カスカディアのルール&レビューを見る

日本語版はケンビルから発売

【エキスパート部門】リビングフォレスト

リビング・フォレスト(Living Fo|ボードゲーム
ゲーム名リビング・フォレスト(Living Forest)
デザイナーAske Christiansen
プレイ人数1~4人
プレイ時間40分
日本語版の有無ケンビルから発売予定
関連ページBoardGameGeek

リビングフォレストは、森の精霊になって、悪しき鬼火に対抗するために、鬼火を消火したり、木を植えたり、守護獣を目覚めさせたりするデッキ構築系ボードゲームです。

面白いのは、デッキからカードを引くたびに「さらに引くか・やめるか」を選択できるところ。カードをたくさん引けばアクションの強度が高まっていきますが、3枚目の黒丸カードが出たらバーストして、その後のアクション回数が減ってしまいます。

ボードゲーム『リビングフォレスト』

ドロー時は常に「バーストしないようにここでやめるか、より強力なアクションができるように強気に引くか」というジレンマに悩まされます。ドキドキしながらも大量のカードをめくることができた時はかなり気持ちいいです!

また、勝利条件は「火を消す・木を植える・花を集める」の3つがあるので、どれを狙うかでデッキ構築・タイル配置・トークン集めの動きが変わるのも面白いポイント。特にデッキ構築とバースト系が好きな人におすすめの中量級ボードゲームです。

>>リビングフォレストのルール&レビューを見る

日本語版はケンビルから発売

【キッズ部門】魔法の山(Magic Mountain)

Zauberberg|ボードゲーム
ゲーム名Zauberberg
デザイナーJens-Peter Schliemann
Bernhard Weber
プレイ人数1~4人
プレイ時間15分
日本語版の有無なし
関連ページBoardGameGeek

魔法の山は、魔女たちよりも先に魔法使いの生徒たちを山から降ろすことを目指す協力系ボードゲームです。

傾斜のついたゲームボードに、魔女コマ4つと生徒コマ6つを置きます。手番では、1色のビー玉を上から転がして、いずれかのコマにぶつかって止まったら、そのコマをビー玉と同じ色のマスに移動させます。

魔法の山|ボードゲーム

コマを動かすとまたビー玉が転がっていくので、うまくやれば1個のビー玉で複数のコマを動かすこともできます。3人の魔女が山の下に辿り着く前に、4人の生徒を山の下に移動させることができれば、プレイヤーの勝利です。

協力ゲームなので、どこを狙ってどこから転がすかを話し合ったり、転がした結果にみんなで一喜一憂できるのが良いところ。ビー玉が思った通りに進まなくて「なんでそっち行くのー」と子供たちは大盛り上がりでした!

>>魔法の山のルール&レビューを見る

各部門のノミネート作品&ロングリスト

2022年5月23日に発表された、ドイツ年間ゲーム大賞(大賞部門・エキスパート部門・キッズ部門)のノミネート作品とロングリストを紹介します。

※ロングリストとは、ノミネート作品が選ばれる前段階のリストのことです。

大賞部門

大賞部門のノミネート作品は『カスカディア』『Scout』『Top Ten』です。※大賞はカスカディア

Scout

スカウト(Scout)|ボードゲーム
ゲーム名スカウト(Scout)
デザイナー梶野 桂(Kei Kajino)
プレイ人数3~5人
プレイ時間15分
日本語版の有無※国産ボードゲーム
関連ページBoardGameGeek

スカウトは国産ボードゲームです!

トップテン(Top Ten)

トップテン(Top Ten)|ボードゲーム
ゲーム名トップテン(Top Ten)
デザイナーAurélien Picolet
プレイ人数4~9人
プレイ時間30分
日本語版の有無なし
関連ページBoardGameGeek

ロングリスト一覧

惜しくもノミネート作品に選ばれなかった作品がこちら。

画像ゲーム名 ※リンクはBGG
世界の七不思議:建築家たち(7 Wonders: Architects)世界の七不思議:建築家たち(7 Wonders: Architects)
echoes: The Dancer|ボードゲームechoes: The Dancer
Magic Rabbit|ボードゲームMagic Rabbit
My Gold Mine|ボードゲームMy Gold Mine
言葉のクローバー|ボードゲーム言葉のクローバー(So Clover!)
トレック12|ボードゲームトレック12(Trek 12: Himalaya)

▽世界の七不思議 建築家たち 日本語版

▽トレック12 日本語版

▽ことばのクローバー 日本語版

エキスパート部門

エキスパート部門のノミネート作品は、『クリプティッド』『デューン 砂の惑星:インペリウム』『リビングフォレスト』です。※エキスパート大賞はリビングフォレスト

クリプティッド(Cryptid)

クリプティッド(Cryptid)|ボードゲーム
ゲーム名クリプティッド(Cryptid)
デザイナーHal Duncan
Ruth Veevers
プレイ人数3~5人
プレイ時間30~50分
日本語版の有無JELLY JELLY GAMESから発売済み
関連ページBoardGameGeek

日本語版はJELLY JELLY GAMESから発売

デューン 砂の惑星:インペリウム(Dune: Imperium)

デューン 砂の惑星:インペリウム(Dune: Imperium)|ボードゲーム
ゲーム名デューン 砂の惑星:インペリウム(Dune: Imperium)
デザイナーPaul Dennen
プレイ人数1~4人
プレイ時間60~120分
日本語版の有無アークライトから発売済み
関連ページBoardGameGeek

日本語版はアークライトから発売

ロングリスト一覧

惜しくもノミネート作品に選ばれなかった作品がこちら。

画像ゲーム名 ※リンクはBGG
アークノヴァ|ボードゲームアークノヴァ(Ark Nova)
khôra-rise-of-an-empire|ボードゲームKhôra:Rise of an Empire
ウィッチストーン|ボードゲームウィッチストーン(Witchstone)

▽Khôra:Rise of an Empire 日本語版

▽ウィッチストーン 日本語版

※アークノヴァ日本語版は各通販サイトに在庫なし

キッズゲーム部門

キッズ部門のノミネート作品は、『魔法の山(Magic Mountain)』『クレバーキッズ(Auch schon clever)』『クアックスと仲間たち(Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg)』でした。※キッズ大賞は魔法の山

クレバーキッズ(Auch schon clever)

Auch schon clever|ボードゲーム
ゲーム名Auch schon clever
デザイナーWolfgang Warsch
プレイ人数2~4人
プレイ時間15分
日本語版の有無なし
関連ページBoardGameGeek

※ガンシュンクレバーのキッズ版。

クアックスと仲間たち(Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg)

Quacks&Co.|ボードゲーム
ゲーム名Quacks&Co.
デザイナーWolfgang Warsch
プレイ人数2~4人
プレイ時間25分
日本語版の有無なし
関連ページBoardGameGeek

※クアックサルバ―のキッズ版です。

ロングリスト一覧

惜しくもノミネート作品に選ばれなかった作品がこちら。

画像ゲーム名 ※リンクはBGG
Die Villa der Vampire|ボードゲームDie Villa der Vampire
Fröschis|ボードゲームFröschis
Golden Ei|ボードゲームGolden Ei
Honey|ボードゲームHoney

ゲーム大賞の関連記事

▽歴代のドイツ年間ゲーム大賞まとめ

▽2021年ドイツ年間ゲーム大賞まとめ

▽2020年ドイツ年間ゲーム大賞

▽2022年フランス年間ゲーム大賞

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次