大人数で遊べるボードゲームは?8人、9人、10人でできる遊びを紹介

大人数で遊べるボードゲームは?8人、9人、10人でできる遊びを紹介

大人数で遊ぶ時、何をして遊べばいいのか迷ったことはありませんか?

先日、友人と久しぶりに集まって遊ぶこととなり、「5人くらい集まればいいかな」と思っていたら、7人、8人、9人…と、どんどん人が集まっていき最後には10人という大人数に…!
さすがにこれだけの人数になると何をして遊ぶのか迷ってしまいますよね。

僕はこういった10人前後で集まる時には『ボードゲーム』をして遊んでいます!
ゲームやカラオケなどもいいですが、デジタルゲームはこの人数は不向きですし、カラオケも好き嫌いがありますが、ボードゲームならみんなで一緒にワイワイ話しながら盛り上がれるのでおすすめです!

ただ、色んなサイトでおすすめされているボードゲームはだいたい「3~5人プレイ」が多いです。普段からあまりボードゲームで遊ばない人からすると、多人数のときにはどのゲームで遊べばいいのか分からないですよね。

そんな方のために、今回の記事では、大人数でボードゲームを何度も遊んできた僕が『大人数(8人、9人、10人)で遊べるおすすめのボードゲーム』を紹介します!「大人数で集まる時に何をして遊ぶか」困っている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

①『コヨーテ』

大人数でハッタリ合戦!

 ジャンル   ブラフ系
プレイ人数 2-10人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 15-30分

コヨーテは、プレイヤーが1枚ずつ持っている数字の合計を推理するゲームですが、一番の特徴は『自分の数字だけ見えない』ところです!

そのため、時にハッタリをかましたり、相手の発言や表情からそのハッタリを見破ったりするのが楽しくて、相手を完全に騙しこんだり、相手のブラフを見抜けたときの快感といったら…!

ハッタリやブラフ系のゲームに慣れていない人でもすぐにゲームを理解できる簡単さで、お手軽に熱い心理戦を楽しめます!

肝心の人数ですが「2人~10人」まで遊べます。僕は友達が10人近く集まる時には必ず持参するくらい、多人数で遊ぶときには必須のボードゲームです!

『コヨーテ』のルールはこちらの記事で詳しく紹介しています。
コヨーテのルール紹介|心理戦が熱い!初心者キラーのボードゲーム

②「ファブフィブ」

騙し合いのオンパレード!

 ジャンル   ブラフ系
プレイ人数 3-10人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 20分

やることは「3枚の数字カードを回す」だけ!
前のプレイヤーが宣言した『3桁の数字』が本当かウソかを見破るブラフ系のボードゲームです。

前の人が極端な数字を宣言して「それは嘘でしょ…」と思ったら本当だったり、逆に本当だと思ってカードを受け取ったら全然違う数字だったり…本当か嘘かを見抜く観察眼が求められるゲームです!

特に最後の答え合わせで「みんな嘘ついてたの!?」「絶対本当の数字だと思ったのに…!」などと言って、すごく盛り上がります!

「守りに入る人」、「ブラフで数字を釣り上げて次の人を追い込む人」、「自滅していく人」など、性格がよく表れるゲームだと思います。

プレイ人数が「3人〜10人」と幅広く、人数が少なくても多くてもちゃんと面白いゲームなので、「何人集まるかわからないときにとりあえずこれ持っていけば安心!」という安定感のあるボードゲームです。

『ファブフィブ』のルールは、こちらで詳しく紹介しています。
ファブフィブのルール紹介:騙し合い好きにおすすめ!

③「コンセプト」

 ジャンル   表現系
プレイ人数 4-12人(8人、9人、10人でできる)
プレイ時間 40分

コンセプトは、ボード上のアイコンを使って「お題」を表現して、その他のプレイヤーがそのお題を当てるというゲームです。

出題者はカードに書かれている「お題」を回答者に伝えるのですが、言葉で伝えるのは禁止です!伝達手段は『ボード上のアイコンのみ』で、アイコンにマーカーを置いて表現していきます。回答は早いもの勝ちなので、みんな矢継ぎ早に答えを言っていきます。答えがお題から逸れていったら、うまくアイコンを使って答えに誘導していきます。

上で紹介した「コヨーテ」や「ファブフィブ」のような心理戦ゲームとは違い、みんなであーだこーだ言いながらワイワイ喋って盛り上がれるパーティーゲームです!僕が遊んでる中では、普段あまりボードゲームで遊ばない人にも好評でした。

プレイ人数も12人まで遊べるので、大人数でパーティーゲームを楽しみたい人におすすめのゲームです!

④「エセ芸術家ニューヨークへ行く」

「芸術家に必要なのは、画力ではなく話術なのだ!」


 ジャンル   正体隠匿、お絵かき
プレイ人数 5-10人(8人、9人、10人でできる)
プレイ時間 20分

芸術家たちが一つのお題を与えられて、全員でそのお題の絵を描いていきますが、その中に1人だけお題を知らないエセ芸術家が紛れ込んでいるので、その偽物を見つけ出そう!というゲームです。

このゲームの難しいところは、『エセ芸術家に絵の内容がバレてはいけない』ということです!自分が本物の芸術家だとアピールするために具体的に描きたいけど、エセ芸術家に絵の内容がバレてはいけないので、どこまで描くかというその程度がとても悩ましいゲームです。

これも僕が大人数で遊ぶときの鉄板ボードゲームで、経験上プレイヤーが6人以上いるときに遊ぶのがおすすめです。最後に出来上がっためちゃくちゃな絵を見て、「なにこれ!お題と全然違うじゃん!笑」と爆笑しながら盛り上がれます!

ゲームが終わった後も、「なんでこれ描いたの?」「これ意味わからないんだけど!」「これは描きすぎでしょ!」というように、自然と反省会をする流れになり、そこでもまた会話が盛り上がります!8人、9人、10人という大人数で遊ぶときにはぜひ遊んでもらいたいゲームです!

⑤ジャングルスピード

集中力を研ぎ澄ませ!

 ジャンル   スピード系
プレイ人数 2-10人(8人、9人、10人でできる)
プレイ時間 10分

「ジャングルスピード」は、各プレイヤーに配られた山札を順番にめくっていき、他のプレイヤーと「同じ絵柄」があらわれたときに、中央に置いてあるトーテム(棒)を誰よりも速く掴み取る、という反射神経が試されるボードゲームです。

カードの絵柄は「よく見たら微妙に違う紛らわしい形」ばかりで、集中していないとすぐにお手つきをしてしまいます!というか、どれだけ集中していても、「えっこれ違うの!?」「また間違えた!」とお手つき連発になり、すごく笑えて盛り上げれます!自分は少しお酒の入った時に遊んでとんでもないカオスなゲームとなりました。笑

ルールがとても簡単で初めての人でもすぐに遊べる、お手軽テーブルゲームです。「子供でも簡単」&「10人でできる」ので、小さな子供もいる親戚の集まりなどに大活躍してくれます。

⑥クイズいいセン行きまSHOW!

答えのない「ちょうどよさそうな数字」を当てろ!

 ジャンル   クイズ
プレイ人数 3-10人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 10-30分

「贅沢な食事と呼べる外食は、何円以上から?」
「アツアツのカップルという表現に最適な温度は?」
といったような、明確な答えのないクイズが出題されます。

このゲームでは、みんなの回答のうち「ちょうど真ん中の数字が正解」になります。一番大きい数字、一番小さい数字を回答してしまった人はマイナス点です。

知識が必要ない変わりに、「周りの空気を読む」ことが勝利の秘訣です。たまに、まったく予想もしていなかった飛びぬけた数字をいう人がいたりして、思わず笑ってしまいます。ルールがとても簡単で、人数が多いほど盛り上がる「多人数向きのボードゲーム」です!

⑦「レジスタンス:アヴァロン」

大人数向きの正体隠匿ゲーム

 ジャンル   正体隠匿
プレイ人数 5-10人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 30分

「レジスタンスアヴァロン」は、ヨーロッパの中世を舞台に、『正義陣営』と『悪陣営』に分かれる正体隠匿ゲームで、大人数でも少し重めのゲームをしたい人にピッタリです!正体隠匿系ゲームでは司会進行役が必要だったり脱落者が出たりしますが、このゲームは「脱落者なし」「司会進行役なし」なのでとても遊びやすいゲームです。

プレイヤーは、『正義』と『悪』に分かれて、チーム編成からクエストを遂行し、その達成具合から、お互いの正体を探っていきます。プレイヤーが担うキャラクターには『マーリン』や『暗殺者』といった魅力的な役職があり、それらの特殊能力を活かして相手の正体を暴き自分の陣営を勝利に導きます!

一見難しそうなゲームに見えますが、一度やってみるとすぐにルールを理解できて、初心者でもすぐにのめりこめます!軽すぎず重すぎずなプレイ感もちょうど良くて、終わったらすぐに「もう1回!」という声が上がります。笑

最近僕が遊んだボードゲーム会では、ほぼレジスタンスアヴァロン未経験者でしたが、すぐにゲームに入り込み、連続で4ゲームもやってしまいました!笑

大人数でも中量級のゲームを楽しみたいときにおすすめのボードゲームです!

⑧クク21

カードを交換するだけなのに大盛り上がり!

 ジャンル   心理戦
プレイ人数 5-12人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 30分

やることは「カードを交換する/しない」だけのとてもシンプルなゲームですが、そこには熱い駆け引きがあり、想像以上に盛り上がれるゲームです!

ゲームの流れは「1人1枚カードを受け取る」「左隣の人とカードの交換をする/しない」「カードの効果で不意に脱落させられることも…」「最後は一斉にオープンして数字の大きな人が勝ち」という感じで、とても分かりやすいルールです。

カードの効果によっては脱落してしまうことがあるので、カードを交換するかが本当に悩ましく、駆け引きの熱い心理戦が楽しめます。予想外の結果になったり、「にゃあ!」や「汝、滅びよ」というセリフをいう場面があったり、笑えるところもたくさんあります!プレイ人数も「12人」までと、かなりの大人数で遊ぶことができます!

⑨テストプレイなんてしてないよ

爆笑必至のクソゲー!

 ジャンル   パーティーゲーム
プレイ人数 2-10人(8人、9人、10人で遊べる)
プレイ時間 5分

一時期、あまりの人気に価格が高騰したゲームです。今は普通に手に入ります。

Amazonレビューでは「愛すべきクソゲー」や「バカゲー(絶賛)」などと書かれており、とにかく予想外の展開で勝敗が決まる恐ろしいゲームです。笑
手札のカードには「〇〇したら勝利する」「××の場合、敗北する」などと書かれていますが、その内容が斬新です。「じゃんけん」「背比べ」「指の数」「服の色」などで勝敗が決まります。

僕は友達8人で飲みながら遊びましたが、とにかく理不尽のオンパレードで「えー何それ!?」「もう負けたの?!笑」とカードをプレイする度に大爆笑ですごく盛り上がりでした!

読み合いや戦略性といった要素は皆無ですが「大人数で盛り上がりたい」という時にはおすすめのパーティーゲームです!ルールがとても簡単で説明がすぐに終わるという点も、多人数向きです。

以上、8人、9人、10人という大人数で遊ぶときのおすすめボードゲームでした。

「大人数でボドゲを遊ぶことになったけどどうしよう!?」と悩んでいる方は参考にしてみてください!