【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【みんなで遊べる】9人・10人でできるゲームのおすすめ15選

【みんなで遊べる】9人・10人でできるゲームのおすすめ14選

今回は、『9人・10人でできるゲームのおすすめ15選』を紹介します。

どのゲームもすぐに遊べて、大勢で盛り上がれるゲームばかりです。中には、10人以上で遊べるゲームもあります。

「10人前後で集まるけど、何で遊べばいいのか迷っている…」という方はぜひボードゲームで遊んでみてください!

▼大人数向けゲームをジャンル別に紹介

9人・10人できるゲーム

9人・10人できるゲーム

まずは、『9人~10人でできるゲーム』を紹介します。もちろん、7人・8人で遊んでも遊べます。

①ito(イト)

ito(イト)|10人でできるゲーム

ジャンル表現
プレイ時間30分
プレイ人数2~10人

ito(イト)は、自分の数字カード(1~100)の大きさを「テーマに沿った言葉」で表現して、数字が小さい順に出していく協力系ボードゲームです。

例えば、テーマが「こわいもの」で自分のカードが「71」だった場合、71は100に近いのでかなり怖いもの(バンジージャンプなど)を表現します。(1は全然怖くないもの、100がめちゃくちゃ怖いもの)

数字の大きさを言葉で表す|ito数字の大きさを、テーマに沿った言葉で表す

各プレイヤーの表現を聞いて、自分の数字の方が小さいと思った人から場に出していき、全てのカードを小さい順に出すことができたらゲームクリアです。「40」などの微妙な数字がきた時にはどう表現するかが悩ましくて、自分が遊んだ時には「コーラにちょっとだけドリアンを絞ったジュース」「ネットがないサッカーゴール」「来航前のペリー」など、よく分からない個性的な表現が飛び出してとても盛り上がりました!

また、自分からすると100に近い表現でも他の人からすると50程度の表現だったりして、価値観のズレにも笑えます。「10人前後で遊ぶ時」や「場を盛り上げたい時」におすすめのパーティーゲームです。

ito(イト)は、オンラインビデオツール(Zoomなど)でも遊びやすいゲームです。JELLY JELLY CAFEさんがZoomを使って『ito(イト)をオンラインプレイする動画』を公開されています。

▼ito(イト)の詳しいルールはこちら。

②クイズいいセン行きまSHOW!

クイズいいセンいきまSHOW!|10人でできるゲーム

ジャンルパーティー
プレイ時間10~30分
プレイ人数3~10人

クイズいいセン行きまSHOW!は、クイズでありながら明確な答えがありません。

贅沢な外食は、何円以上から?

というような「答えのないクイズ」が出題されて、みんなの解答のうち「ちょうど真ん中の数字」が正解となるゲームです。

真ん中の数字が正解となるゲーム|クイズいいセン行きまSHOW!

このゲームの良いところは、クイズ番組のように知識人が勝つのではなく「知識がない人でも勝てる」というところ!むしろ知識があるとそれに引っ張られて負けてしまうこともあります…。

たまに、予想外の「ぶっとんだ数字」を書く人がいたりして、解答を見せ合う度に笑えます!大人数向きのパーティー系ボードゲームです。

▼クイズいい線行きまSHOW!の詳しいルールはこちら。

③コヨーテ

コヨーテ|10人で遊べるゲーム

ジャンルブラフ
プレイ時間15~30分
プレイ人数2~10人

コヨーテは「みんなが持っている数字の合計値を予想する」というゲームですが、面白いのが「他の人の数字は見えるのに、自分の数字だけ見えない」ということ。

自分の数字だけ見えないゲーム|コヨーテカードをおでこに当てるので、自分の数字が見えない

上のように自分の数字が見えない状況で、他のプレイヤーが宣言する数字や周りの表情などをよく観察することで自分の数字を推理します。

また、ハッタリをかまして周囲を騙すこともできて、うまく決まった時の気持ち良さは格別です!みんなで騙し合いが手軽にできるので、軽ゲーの中でも特に気に入っています。

▼コヨーテの詳しいルールはこちら。

④ニムト

ニムト|10人で遊べるカードゲーム

ジャンル駆け引き・心理戦
プレイ時間30分
プレイ人数2~10人

ニムトは、牛の絵が描かれたカードを4つの列に置いていくというシンプルなカードゲームです。

牛の絵が描かれたカードを4つの列に置いていく|ニムト

遊び方は手札を一斉に1枚出して各列に配置していくだけですが、各列の6枚目になってしまった人にはペナルティが発生するので、カードを出す時には熱い読み合いがあります。「このカードなら大丈夫でしょ」と思っても、他の人が出すカードによって予想外の展開になりやすく、その度にとても盛り上がります!

「ルールが簡単」「読み合いが熱い」「10人まで遊べる」ので、ひとつ持っておくと、旅行や親戚・友達の集まりなどで大活躍してくれます!

▼ニムトの詳しいルールはこちら。

⑤レジスタンス:アヴァロン

レジスタンス:アヴァロン|10人でできるゲーム

ジャンル正体隠匿
プレイ時間30分
プレイ人数5~10人

レジスタンスアヴァロンは「正義チームと邪悪チームに分かれて戦う」正体隠匿系ボードゲームです。脱落なし・ゲームマスター不要なので、遊びやすい人狼系ゲームとしても人気です。

レジスタンスアヴァロンでは、アーサー王の家来となったプレイヤーがクエストを成功に導くことを目指します。ただし、メンバーの中には、クエストを妨害しようとする「邪悪な存在」が紛れ込んでいるので要注意!

レジスタンスアヴァロンのカード

正義チームは、クエストの達成具合や会話、投票などから、誰が邪悪側なのかを推理していきます。一方で、邪悪チームは、正義側のフリをして怪しまれないようにプレイします。

個人的に気に入っているのは『一発逆転できる要素(暗殺者)』があるところです。このおかげで最後まで諦めずに楽しめて、ラストの劇的な展開で大盛り上がりできます!また、人狼系ゲームでありながら「脱落がない」ので、大人数で遊びやすいゲームです。

▼レジスタンスアヴァロンの詳しいルールこちら。

⑥テストプレイなんてしてないよ

テストプレイなんてしてないよ|ボードゲーム

ジャンルパーティー
プレイ時間5分
プレイ人数2~10人

レビューサイトでは「愛すべきクソゲー」や「バカゲー(絶賛)」などと書かれており、とにかく予想外の展開で勝敗が決まる恐ろしいカードゲームです…。

テストプレイなんてしてないよ」というタイトルの通り無茶苦茶なゲームバランスで、「じゃんけん」「2択問題」「NGワード」などで失敗すると即脱落となってしまいます。

創英角POP体カード|テストプレイなんてしてないよこんな無茶苦茶なカードも…笑

僕は友達8人で遊びましたが、とにかく理不尽のオンパレードで「えー何それ!!」「いきなり負けた!?」とカードをプレイする度に大爆笑ですごく盛り上がりました!ルールが簡単で説明いらずなところも多人数向きだと思います。

▼テストプレイなんてしてないよの詳しいルールはこちら。

⑦メンタル・ブロックス

メンタルブロックス|9人でできるゲーム

ジャンル協力ゲーム
プレイ時間10~20分
プレイ人数2~9人

メンタルブロックスは、みんなで協力して立体的なパズルを完成させるボードゲームです。各プレイヤーはそれぞれ、パズルのヒントとなる「1方向から見た完成図」を持っています。

1方向から見た完成図|メンタル・ブロックス

それぞれが正解の一部分だけを知っていて、その情報を教え合いながら一つの正解を作り上げます。

「こっちは良い感じ」「えっ、これだと私がダメだけど…」「これをこうしてこっちから見たらどう?」「あっいいね」「いや、それだとこっちがダメだわ」というように、ああでもないこうでもないと喋っている時間が楽しいです。また、全員がテーブルの周りをぐるぐる回って色んな方向から見るという独特なプレイ感も気に入っています。

最大9人でできるゲームなので、みんなで協力しながらワイワイ遊びたい時にぴったりです。

▼メンタルブロックスの詳しいルールはこちら。

⑧ファブフィブ

ファブフィブ|カードゲーム

ジャンルブラフ系
プレイ時間20分
プレイ人数3~10人

ファブフィブは、相手を騙したり、嘘を見破ったりする、嘘つきのためのカードゲームです。

手番では「3枚の数字カード」を隣の人に渡す時に、そのカードで作れる「3桁の数字」を宣言します。ただし、宣言された数字は本当かウソか分かりません!

宣言された数字は本当かウソか分からない|ファブフィブ

隣の人が極端な数字を宣言して「それは嘘でしょ…」と思ったら本当だったり、逆に本当だと信じてカードを受け取ったら全然違う数字で騙されたりします。笑

ゲーム終了後の答え合わせで「みんな嘘ついてたの!?」と口々に感想を言い合えるので、プレイ中も終わった後もすごく盛り上がります!10人まで遊べます。

▼ファブフィブの詳しいルールはこちら。

⑨ウノフリップ

ウノフリップ|10人でできるゲーム

ジャンル戦略
プレイ時間
プレイ人数2~10人

ウノフリップ「カードを反転させて両面使う」という斬新なシステムが面白い、新しいUNOです。

最初は表面の「ライトサイド」でプレイしますが、あるタイミングから裏面の「ダークサイド」に切り替わって、カードの効果がより強力になりハードなゲームに変貌します!

カードを反転させて両方使う|ウノフリップ

通常版のウノよりも刺激的で面白く、見た目もカラフルでおすすめです!

「皆が知っているルール」「小箱」「10人まで遊べる」ので、大人数で旅行にいくときに活躍してくれます。

▼ウノフリップの詳しいルールはこちら。

10人以上でできるゲーム

10人以上でできるゲーム

次に、『10人以上』で遊べるゲームを紹介します。

もちろん8人・9人でも遊べるので、10人前後で集まる時には大活躍間違いなしのボードゲームです!

⑩ウェーブレングス

ジャンル大喜利
人数1~12人
時間20~60分

ウェーブレングスは、出題者のヒントを頼りに隠された目盛りの位置を当てるというボードゲームです。

出題者は「熱い⇔冷たい」などの相反する2つの言葉がテーマとして与えられて、目盛りの位置を“テーマに沿った言葉”で表現します。

上の写真は「左側ほど熱い・右側ほど冷たい」というテーマの場合で、目盛りの範囲が左側寄りなので、わりと熱いものとして「サウナ」というヒントを出したところです。目盛りの位置が分からない回答者たちは「サウナだったらかなり左だよね」「けど太陽の熱さに比べたらそこまでじゃない?」などと話し合って目盛りの位置を予想して当てることを目指します。

ヒントの強弱について話し合う時間が楽しくて、個性的なヒントや価値観のズレに大笑いできます。個人的には、コミュニケーションゲームの中でトップクラスに好きなゲームです!

▼ウェーブレングスのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ウェーブレングス』隠された目盛りを当てるゲーム
ウェーブレングス(Wavelength)は、出題者のヒントを頼りに目盛りの位置を推理するパーティーゲームです。 2019年にPalm Courtから発売され、2020年10月にホビージャパンから日本語版が発売しました。 今回は、...

⑪ミリオンヒットメーカー

ミリオンヒットメーカー|10人以上で遊べるボードゲーム

ジャンル大喜利
人数1~12人
時間20~60分

ミリオンヒットメーカーは「ワードカードを組み合わせてヒット商品を作る」という大喜利ゲームです。手札のワードカードを組み合わせて、「本・映像・おもちゃ」などのヒット商品名を作り、その内容をプレゼンします。

ワードカードを組み合わせてヒット商品を作る|ミリオンヒットメーカー

全員が発表し終わったら、投票で「最もヒットした」と思う商品に投票します。最多票を獲得した商品は「ミリオンヒット商品候補」として残り、最終的に複数の候補からNo.1ヒット商品を決めるというゲームです。

自分が遊んだ時は下ネタ商品がバンバン生まれて、ゲスい商品の数々にめちゃくちゃ盛り上がりました!柔軟な発想力とプレゼン力が試されるので、社会人にこそ遊んでもらいたいパーティーゲームです。10人以上でも遊べますが、大人数の時はチーム戦にするのがおすすめです。

▼ミリオンヒットメーカーの詳しいルールはこちら。

⑫みんなでぽんこつペイント

みんなでぽんこつペイント|10人以上でできるゲーム

ジャンルお絵かき
プレイ時間10分
プレイ人数2~12人

みんなでぽんこつペイントは、お題を「直線」と「正円」だけで描いて伝えるお絵描き系パーティーゲームです。回答役以外のプレイヤーは共通のお題を与えられて、一斉に線と丸だけで絵を描きあげます。

直線と正円だけで描いて伝えるゲーム|みんなでぽんこつペイント

線と丸だけしか描けないという制限も厳しいですが、さらに悩まされるのは「少ない画数の人から順に回答役に見せることができる」という斬新なルールです。回答役が当てた時点でゲーム終了となるので、「少ない画数で先に当ててもらうか、多い画数で発表順が後になってでも確実に分かる絵に仕上げるのか」が悩みどころです。

少ない画数の絵を発表して「これじゃ絶対伝わらないでしょ!」と総ツッコミを受けたりして盛り上がります!また、お絵かきゲームの中でも特に画力を必要としないので、万人ウケする安定感のあるボードゲームです。(チーム戦にすると12人まで遊べます)

▼みんなでぽんこつペイントの詳しいルールはこちら。

⑬ディセプション

ディセプション|10人以上でできるボードゲーム

ジャンル正体隠匿系
プレイ時間15~30分
プレイ人数4~12人

ディセプションは、法医学者のヒントから殺人犯の「殺害手段」と「証拠」を当てるという推理&正体隠匿系ボードゲームです。

「殺害手段」と「証拠」を当てるゲーム|ディセプション

「犯行現場が”キッチン”ってことはスポンジじゃない?」「ヒントに”突然の音”もあるから、ネズミの可能性もあるよね」というように、場に示されたヒントを頼りにみんなで推理していく過程が本当に楽しいです。「殺害手段」と「証拠」を両方当てるのはめちゃくちゃ難しいですが、「証拠は当てられたんだから、次こそは」とつい意地になって何度もプレイしてしまう中毒性があります!

また、ディセプションでは犯人捜しをしなくてもいいので、「正体隠匿要素」よりも「推理要素」の方が強いです。そのため、人狼みたいな攻撃的な会話にならないので、人狼嫌いの人にもおすすめできる正体隠匿ゲームです!最大12人まで遊べるゲームは貴重なので、大勢で遊ぶことが多い人は持っていて損はないボードゲームだと思います。

▼ディセプションの詳しいルールはこちら。

⑭ゴリラ人狼

ゴリラ人狼|10人以上で遊べるゲーム

ジャンル正体隠匿系
プレイ時間5~45分
プレイ人数4~21人

ゴリラ人狼は、「ゴリラ陣営」と「密猟者陣営」に分かれて戦う、異色の人狼系ゲームです。

このゲームの一番の特徴は、最初は「ウホッ」しか喋れないこと。

最初は「ウホッ」しか喋れない|ゴリラ人狼

ただし、ゴリラたちは毎日「ヤバイ」「オマエ」「ねむい」などの3文字の言葉を覚えていきます。少しずつ喋れるようになるので、その言葉をうまく利用して、ゴリラに紛れた密猟者を見つけ出します。

とは言っても、まあ真面目な議論にはなりません。ゴリラのモノマネをし合ったり、ドラミング合戦(ゴリラのように胸を叩く)になったり、「はなげ、でてる」「パンツ、ウマい」などのひどいワードばかり飛び交ったり…もう終始笑いっぱなしで笑い疲れました!

プレイ人数は、10人以上どころか、最大で「21人」までとなっています。ただ、あまりに大人数だと脱落した人が暇になってしまうので、個人的には8人~10人くらいが適正だと思います。

▼ゴリラ人狼の詳しいルールはこちら。

⑮ワインと毒とゴブレット

ワインと毒とゴブレット|10人以上でできるゲーム

ジャンル読み合い・心理戦
プレイ時間30分
プレイ人数2~12人

ワインと毒とゴブレットは、ワイングラスにこっそりと毒を盛って、ターゲットを暗殺するというボードゲーム。コンポーネントの「グラス」が場の雰囲気を作ってくれて、見た目にも盛り上がります!

ワインに毒を盛るゲーム|ワインと毒とゴブレット

プレイ人数は「2-12人」と10人以上で遊べますが、7人-12人の時は「チーム戦」に変わって「裏切り要素」が加わります。数人の時と大人数の時で楽しみ方が変わるので、1つで2度おいしいボードゲームです。

▼ワインと毒とゴブレットの詳しいルールはこちら。

【まとめ】9~10人で遊べるボードゲーム一覧表

今回紹介した9人~10人でできるゲームを一覧表にしてまとめました。

『9人・10人』でできるボードゲーム

画像タイトルプレイ人数
ito(イト)ito(イト)2~10人
クイズいいセン行きまSHOW!クイズいいセン行きまSHOW!3~10人
コヨーテ|ゲームコヨーテ2~10人
ニムトニムト2~10人
レジスタンス:アヴァロンレジスタンスアヴァロン5~10人
テストプレイなんてしてないよテストプレイなんてしてないよ2~10人
メンタルブロックスメンタルブロックス2~9人
ファブフィブファブフィブ3~10人
ウノフリップウノフリップ2~10人

 

『10人以上』で遊べるボードゲーム

画像タイトルプレイ人数
ミリオンヒットメーカーミリオンヒットメーカー1~12人
みんなでぽんこつペイントみんなでぽんこつペイント2~12人
ディセプションディセプション4~12人
ゴリラ人狼ゴリラ人狼4~21人
ワインと毒とゴブレットワインと毒とゴブレット2~12人

【最後に】大人数ならボードゲームで遊ぼう!

8人・9人・10人以上でも遊べる大人数向けボードゲームはたくさんある

以上が、『9人・10人でできるゲームのおすすめ15選』の紹介でした。

いかがでしたでしょうか。9~10人でできるボードゲームは意外とたくさんあります!今回の記事が、大人数で遊べるゲームを探している方の参考になれば嬉しいです。

大人数でできるゲームを「ジャンル別」に徹底紹介

大人数で遊べるボードゲーム』をジャンル別に紹介しています。

ボードゲームのおすすめランキング

また、僕がこれまで遊んできたボードゲームの中で、特に「面白い!」と思ったカードゲームをランキング形式で紹介しています。こちらも見て頂けたら嬉しいです!