【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ニムト』ボードゲームのルール&レビュー:予測不能な展開で大盛り上がり!

4
『ニムト』ボードゲームのルール&レビュー:予測不能な展開で大盛り上がり!

ニムトは「全員一斉に数字カードを1枚出して、場の4つの列に配置していく」ボードゲームです。

原題の「6 Nimmt!」は、ドイツ語で「6枚取れ!」という意味。そのタイトルの通り、ゲーム中にペナルティーとして「マイナス点となるカードを6枚取らされる」ことがあります。

1994年に発売して、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされています。

今回はボードゲーム『ニムト』のルール&レビューを詳しく紹介します。

▼ニムト(6 nimmt!)

ジャンルバースト系
プレイ人数2-10人
プレイ時間30分
対象年齢8歳以上
発売時期1994年
デザイナーWolfgang Kramer
原版メーカーAmigo社
国内メーカーメビウスゲームズ
スポンサーリンク

【まとめ】ニムトの評価

個人的評価:4

ニムトの1番好きなところは、「予想外の展開で大盛り上がり」できるところです。人数が多いと先の展開が読めなくて、カードをオープンする度に「えっ自分がアウトなの!」「おお、助かった!」などの叫び声が上がって大盛り上がりできます。

 

また、人数が変わると楽しみ方が変わるのも良いところ!人数が4人前後になると戦略・読み合いの度合いが増すので、大人数の時よりも濃密な心理戦を楽しめます。

 

「ルールが簡単」で「ボードゲームらしい読み合いが短時間で楽しめる」ので、ボードゲーム初心者におすすめのゲームです。ひとつ持っておくと、旅行や親せきの集まりなどで大活躍してくれます!

ニムトはどんなゲーム?

ニムトは「全員一斉に数字カードを1枚出して、場の4つの列に配置していく」ゲームです。こんな感じ↓

ニムトは「一斉にカードを出して、4つの列に配置していく」ボードゲーム

そして、カード並べた時に、列の「6枚目」に置いてしまったらアウトです!

ニムト:列の6枚目に置いてしまったらアウト

ペナルティーとして「マイナス点」が与えられてしまいます…。

最後に、最もマイナス点が小さかった人の勝利です。

ニムトの『内容物』

ニムトに入っているのは、「1」~「104」の数字が書かれた104枚の数字カードです。

ニムトに入っているものは「104枚のカード」

ニムトを始める『準備』

まずは「場のセッティング」と「手札配り」をします。

場のセッティング

ランダムに選んだカード4枚を並べます。これらは4つの列の最初のカードとなります。

ニムトを始める準備:カード4枚を並べる

後で詳しく紹介しますが、上の画像の通り「各列におけるカードは5枚まで」です。

手札を10枚ずつ配る

全員にカードをランダムで「10枚」ずつ配ります。

ニムトを始める準備:手札を10枚ずつ配る

これで、ニムトを遊ぶ準備完了です!

ニムトの『ルール・遊び方』

ここからは、ニムトのルール・遊び方を詳しく紹介していきます。

一斉にカードを1枚出す

まずは手札からカードを1枚選び、一斉に出します。

ニムトのルール・遊び方:一斉にカードを1枚出す

カード配置のルール

出したカードを場の4つの列に並べていきますが、ここでこのゲームの肝である「カード配置のルール」があります。

ニムト:カード配置のルール

このルールに従って、カードを配置していきます。

文章だけでは分かりづらいので、実際のプレイ画像で詳しく紹介します。

①小さい数字カードから配置する

各プレイヤーが出したカードは「小さい数字から順に配置」していきます。

先ほど出したカードを例にすると、下のような順番で場に並べることになります。

ニムトのルール:小さい数字から順に配置する

画像の通り、「27」⇒「31」⇒「40」⇒「65」という順番です。

②出したカードよりも小さく、一番近い数字の横に置く

配置する時は「出したカードよりも小さくて、一番近い数字」の隣に置きます。

「27」のカードなら「27よりも小さくて、27に一番近い数字」の隣に配置します。

ニムトのルール:出したカードよりも小さく、一番近い数字の横に置く

場のカードが「61」「21」「8」「38」なので、27のカードは「21」の横に置きます。

 

また、カードを配置する時は「列の最後尾のカードと比べなければならない」ので、これ以降2列目は先ほど出した「27」のカードと比べることになります。

つまり、次に配置する「31」のカードは、各列の最後尾のカードの中で先ほどの条件に合うのが「27」なので27の隣に置きます。

ニムト:カードを配置する時は「列の最後尾のカードと比べなければならない」

 

同じように、残りのカードも順番に並べていきます。

ニムト:残りのカードも順番に並べていく

 

ゲームが進むと、4つの列にカードが溜まっていきます。

ニムト:ゲームが進むと4つの列にカードが溜まっていく

③一列には5枚しか置けない!!

ここがニムトの最も重要で面白いところです!

一列には5枚までしか置けません。

6枚目を置いてしまった人はアウトです!!

ニムト:一列には5枚しか置けない

 

ペナルティーとしてその列にある全てのカードを「マイナス点」として手元に引き取らなければなりません…。

ニムト:6枚目を置いてしまった人はペナルティーとしてその列にある全てのカードを「マイナス点」として引き取る

 

そして、6枚目として出してしまったカードはその列の先頭(1枚目)に移動します。

ニムト:6枚目として出してしまったカードはその列の先頭に移動

 

ペナルティーとして手元に引き取ったカードは「マイナス点」となります。カードに書かれている「牛マークの数=マイナス点」です。

ニムト:「牛マークの数=マイナス点」

上のように、牛マークが1個なら「-1点」、牛マークが2個なら「-2点」という感じです。

「どの列にも置けない…」という時

カードを出した時に「どの列にも置けない…」ということがあります。

どういうケースかというと「出した数字がどの列よりも小さい」という場合。下のような状況です↓

ニムトで「どの列にも置けない時」

 

置けない時は、好きな列のカードを全部引き取って、その列に出したカードを置かなければなりません。

ニムト:カードが置けない時は、好きな列のカードを引き取って、その列にカードを置く

もちろんマイナス点になるので、4つのうちできるだけマイナス点の低い列を取りましょう。

ゲームの終了

手札が全てなくなったら、1ラウンド終了です。

ここまでの流れと同じように、2ラウンド目をスタートします。

何ラウンドか遊んで、誰かが「-66点」を超えたらゲーム終了となります。その時点で一番マイナス点の低い人の勝利です!

ニムトにぴったりの『スリーブ』

ニムトはカードメインのゲームなので、遊び始める前にスリーブを付きましょう。

ニムトのカードサイズは「56×87mm」なので、『ホビーベースのボードゲームサイズ(58.5×90mm)』がぴったりです。

ニムトのカードサイズにぴったりのスリーブ『ホビーベースのボードゲームサイズ』

実際にスリーブをつけた写真↓

ニムトのカードにスリーブをつけた写真

ホビーベースのスリーブは、しっかりとした硬さがあってシャッフルもしやすいので、おすすめのスリーブです!

このスリーブは50枚入りなので、104枚のカードに装着するためには「3袋」必要となります。

ニムトの『シリーズ作品』

11ニムト


2010年にニムトの姉妹作として発売したのが『11ニムト』。

ただ、ニムトとはプレイ感が大きく違い、11ニムトでは、カードを一斉に出すのではなく、1人ずつ出していきます。ニムトのような盛り上がりはありませんが、じっくりと考える戦略的なゲームになっています。

Xニムト


Xニムトは基本的ルールがニムトと同じですが、カードを引き取る時の処理が変わっています。

こちらも、通常版のニムトよりも戦略性が高いゲームです。

ニムト 25周年記念


ニムトの25周年記念で、2019年に発売しました。

「スペシャルカード28枚」が付いていて、「5列目を作る」「7枚目が取る」などで失点を回避することができます。

【レビュー】ニムトの総合評価

ニムトを遊んだ感想

ニムトは予測不能な展開で盛り上がる!

予想外の展開が盛り上がる!

「この数字なら大丈夫だろう」と思ってカードを出しても、他の人が出すカードによってなかなか思うようにいかないのがニムトの面白いところ!

特に、ニムトが真価を発揮するのは「人数が多い時」。8人前後にもなると、先の展開が読めなくて、カードをオープンする度に「絶対大丈夫と思ったのに…!」「おお、助かった!」と盛り上がります! この予測不能なハラハラする展開がすごく楽しいです。

人数で楽しみ方が変わる

ニムトは、遊ぶ人数が「大人数」と「少人数」で面白さの質が変わります!

上で書いたように、8人前後だと予想外の展開に大盛り上がりするパーティーゲームになりますが、4~5人ならカードの出す順番を考えたり、相手の出方を予想するなど、戦略・読み合いの要素が濃くなります。自分の読み通りに、6枚目を回避できた時はかなり気持ちいいです!

まとめ

ニムトは適度な戦略・読み合いの要素がありつつ、カード運や勢いにも左右されるので、初めて遊ぶ人でも経験者と一緒に楽しめる、初心者に優しいゲームです。

「ルールが簡単」で「プレイ人数が10人までと幅広い」ので、大人数で集まる時に頼りになる万能ボードゲームです。

ニムトの総合評価

5段階評価

個人的評価4
簡単さ5
戦略性3
運要素4
盛り上り度5
メリット
  • ルールが簡単
  • 以心伝心の連携プレイが面白い
デメリット
  • 集中狙いされる
  • 蚊帳の外になることがある

▼ニムト(6 nimmt!)

▽ニムトに興味がある人は『ハゲタカのえじき』もおすすめ!

『ハゲタカのえじき』のルール&レビュー:バッティングが面白いカードゲーム
ハゲタカのえじきは「全員で手札の数字カードを1枚出し、その数字の大きさを比べる」カードゲームです。 作者はドイツボードゲーム作家の巨匠であるアレックス・ランドルフ氏。1988年に発売し、その年のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた...