【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ハゲタカのえじき』のルール&レビュー:バッティングが面白いカードゲーム

5
『ハゲタカのえじき』のルール&レビュー:バッティングが面白いカードゲーム

ハゲタカのえじきは「全員で手札の数字カードを1枚出し、その数字の大きさを比べる」カードゲームです。

作者はドイツボードゲーム作家の巨匠であるアレックス・ランドルフ氏。1988年に発売し、その年のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた名作です。

今回は、『ハゲタカのえじき』のルールからレビューまで詳しく紹介します。

▼ハゲタカのえじき

ジャンルバッティング
プレイ人数2-6人
プレイ時間20分
対象年齢8歳以上
発売時期1988年
デザイナーアレックス・ランドルフ
海外メーカーラベンスバーガー
国内メーカーメビウスゲームズ
スポンサーリンク

【まとめ】ハゲタカのえじきの評価


個人的評価:5

ハゲタカのえじきは、ルールが子供でもすぐに覚えられるほど簡単で、盛り上がるシーンも多いので、普段ボードゲームをやらない人と遊ぶ時に重宝しています。

 

このゲームの好きなところは「他の人と同じ数字を出したらアウト!」というバッティングルール。カードを出す度に「うわーまた被った!」「せっかく最強カード使ったのに…」という叫び声が上がって、ゲーム中に何度も盛り上がります!

 

また、真の面白さは「2~3回遊んだ後」です。だんだん「相場観」が分かってきて、相手が出すカードを予想できるようになります。そうなってからは「いかに相手の裏をかけるか」という読み合いに発展してさらに面白くなります!読み合い・駆け引きが好きな人には溜まらないお気に入りのカードゲームです。

※詳しくは最後のレビューに書いています。

ハゲタカのえじきを遊ぶ『準備』

手札(1~15の数字)を配る

最初に、各プレイヤーに「1~15」の数字カードが手札として配ります。

ハゲタカのえじきを遊ぶ準備:手札を配る全員同じ15枚の手札でスタート

山札を作る

山札には「-5~10」までの15枚の得点カードがあります。

ハゲタカのえじき:山札を作る黄色がプラス点、青がマイナス点

得点カードに書かれている数字は「点数」を表しています。

この15枚の得点カードをシャッフルして、裏向きの山札としてテーブルの中央に置きます。

ハゲタカのえじきの『ルール』

ここからは、ハゲタカのえじきの詳しいルール・遊び方を紹介します。

①山札から1枚めくる

まずは、山札からカードを1枚めくります。

ハゲタカのえじきのルール:山札からカード1枚をめくる今回は7の得点カード

手に入れると得点になるので、各プレイヤーで競り合います。

②手札を1枚選んで、全員同時にオープン

全員、手札からカードを1枚選びます。

選んだら、自分の手元に裏向きで置きます。

ハゲタカのえじきのルール:カード1枚を選んだら、自分の手元に裏向きで置く

全員が裏向きでカードを置いたら一斉にオープンします。

ハゲタカのえじき:全員が裏向きでカードを置いたら一斉にオープンする

③「一番大きい数字」を出した人がカードを獲得

カードを公開したら、その数字の大きさを比べます。

得点カードを獲得できるのは「一番大きい数字を出した人」だけです。

『ハゲタカのえじき』のルール:一番大きい数字を出した人がカードを獲得一番大きい「13」を出した人が得点カードを獲得

上の場合は、一番大きい「13」を出した人が得点カード(7点)をゲットできます。

出したカードは手札に戻さず、捨て札になります。

【重要】バッティングしたら獲得権なし

ただし、単純に「高い数字を出しておけば大丈夫」というわけではありません。

なぜなら、他の人と数字被り(バッティング)したら、カードの獲得権がなくなってしまうからです。

バッティングが起こった場合、数字被りした人を除いたうえで一番大きい数字を出した人がカードを獲得できます。

ハゲタカのえじき:カードがバッティングしたら獲得権なし

上の場合なら、「15」を出した2人は獲得権なしとなり、残った人の中で最も大きい数字の「11」を出した人がカードを獲得できます。

このように、高得点カードが出たら、一番大きい「15」を出したくなりますが、被ってしまうと獲得権がなくなり貴重な「15」が失われてしまうので注意しましょう。

【注意】マイナスカードが出た時

一方で、マイナス得点カードが場に出たときは「一番小さいカードを出した人」が引き取らなければなりません。

ハゲタカのえじきでマイナスカードが出た時は、「一番小さいカードを出した人」が引き取る

上の場合では、最も小さい数字が「7」なので、7を出した人が「-5」の得点カードを引き取ります。

ゲームの終わり

山札が全てなくなったら、ゲーム終了です。ちょうど手札も山札と同じ枚数しかないので、全てなくなります。

ゲーム終了時点で、各プレイヤーが獲得した得点カードを合計します。

ハゲタカのえじき:山札が全てなくなったらゲーム終了この場合は12点

得点カードの合計値が最も高い人の勝利です。

ハゲタカのえじきに合う『スリーブ』

ハゲタカのえじきはカードメインのゲームなので、カードに傷や汚れが付かないように『スリーブ』で保護するようにしましょう。

ハゲタカのえじきのカードサイズは「56mm×87mm」なので、『ホビーベースのボードゲームサイズ(58.5mm×90mm)』がおすすめです。

このスリーブに入れた写真がこちら。

ハゲタカのえじきのカードサイズに合うスリーブ

ハゲタカのえじきにはカードが105枚入っているので、この50枚入りスリーブが「3袋」あれば大丈夫です。

※ハゲタカのえじきに合う『スリーブ』はこちらでも紹介しています。

ハゲタカのえじきの『スリーブ』と『カードサイズ・カード枚数』
人気ボードゲーム「ハゲタカのえじき」は『カードメイン』のゲームなので、ゲームを始める前に「カードを傷や汚れから守るスリーブを付ける」のがおすすめです。 スリーブを装着することで傷付くことなく長い期間遊ぶことができるので、ボードゲームを...

【レビュー】ハゲタカのえじきの総合評価

ハゲタカのえじきを遊んだ感想

カードゲーム『ハゲタカのえじき』のレビュー

手軽に心理戦が楽しめる

「高得点を取りにいきたいけど、素直に大きい数字を出すと他の人と被りそう…」というジレンマを抱えながら、お互いの心理を読み合うゲーム。

最初は「このくらいの数字かな」と探り探りのプレイになりますが、数回プレイすると「この得点にはこのくらいの数字を出せば勝てそう」という相場観がなんとなく分かってきます。この相場観が分かってからが本番です!お互い、相手のカードが予想できる中、「いかに裏をかけるか」という深い読み合いに発展してさらに楽しくなります!

バッティングが盛り上がる!

ハゲタカのえじきの面白いところはやっぱり『バッティング(数字被り)』です。バッティングする度に「せっかく最強カード出したのに!」「小さな数字で勝つのはズルい!」という叫び声が飛び交います。笑

特に、高得点カードの時に、他のプレイヤーの数字被りに賭けて「1」などの低い数字で勝った時の気分は最高です!

ボードゲーム初心者におすすめ

我が家に普段ボードゲームをやらないお客さんが来た時に「ちょっとゲームでもやります?」といってよく遊ぶゲームのひとつです。

ルール説明を始めて数十秒後には遊び始められるくらい簡単で、誰とやっても鉄板で盛り上がれます!

人数が多いほど醍醐味であるバッティングが起こりやすいので、特に「5~6人」で遊んだ時に真価を発揮します。大好きなボードゲームのひとつです!

ハゲタカのえじきの総合評価

5段階評価

個人的評価5
難易度1
戦略性3
運要素4
盛り上り度5
メリット
  • ルール説明が数十秒で終わる
  • バッティングが盛り上がる!
  • ボードゲーム初心者に好評
デメリット
  • 特になし

▼ハゲタカのえじき

※絵柄の違うドイツ語版もあります。

【その他】こっちも面白い!ハゲタカ系ゲーム

また、ハゲタカのえじきが好きな人は、ハゲタカのえじきのゲーム性を発展させた『ミラリス(miraris)』もおすすめです。

ハゲタカのえじきと同じバッティングシステムを採用したカードゲーム『ミラリス(miraris)』

このゲームはハゲタカのえじきの遊び方に『キャラクターの特殊効果』という要素が加わったカードゲームです。

ハゲタカのえじきのように単純に「大きい数字を取れば勝ち」というわけではなく、選んだキャラクターによって必要な数字が違うので、毎回戦略が変わって何度やっても飽きることなく楽しめます。

ミラリスは下記の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

『ミラリス(Miraris)』のルール:バッティングが熱い名作ボードゲーム
ミラリス(Miraris)は、有名ボードゲーム『ハゲタカのえじき』と同じバッティングシステムを採用したゲームで、『ハゲタカのえじき』に新たな要素を追加して進化したようなボードゲームです! 『ハゲタカのえじき』にはない面白い要素は『キャ...

▼ミラリス(Miraris)

タイトルとURLをコピーしました