『ハゲタカのえじき』のルール:バッティングが面白すぎる!!カードゲーム

『ハゲタカのえじき』のルール・遊び方:心理戦が楽しいボードゲーム

『ハゲタカのえじき』の遊び方はとても簡単です!

15枚の手札からカードを1枚選んで、全員同時にオープン。
一番大きい数字の人が得点カードを獲得できます。ただし、周りと数字が被ってしまったらアウト!
「高い得点を取りにいきたいけど、素直に大きい数字を出すと他の人と被りそう…」そんなジレンマを抱えながら、お互いに心理を読み合い、相手の裏をかいて得点をゲットする、というボードゲームです。

特にカードを一斉にオープンする時には、「ちょっと、数字被りすぎなんだけど?!」「そんなに小さな数字で得点するのはずるい!」というような言葉が飛び交い、すごく盛り上がります!

ゲーム時間は10分ほどと短時間で遊べますが、それでいて深い心理戦が楽しめて盛り上がれる、鉄板のボードゲームです。

また、ルールが小学生低学年でもすぐに覚えられるほど簡単なので、誰でもとっつきやすく、「小さい子供」や「普段ボードゲームをしない人」と遊ぶ時に重宝しています。

『ハゲタカのえじき』は、大人も子供も一緒になって盛り上がれるので、特にファミリーなら1つは持っておきたいおすすめのボードゲームです。

今回の記事では、カードゲーム『ハゲタカのえじき』のルールやレビューをご紹介します。

※注意※
ハゲタカのえじきはドイツ語版もあるので、間違えないようにしましょう!

▼はげたかのえじき(日本語版)はこちら▼

<ハゲタカのえじき 情報>
 ジャンル   心理戦
プレイ人数 2-6人
プレイ時間 10分
スポンサーリンク

ハゲタカのえじき:内容物

ハゲタカのえじきで使うものは「カードだけ」です。

手札となる「数字カード」

最初に、各プレイヤーに「1」~「15」までの15枚の数字カードが手札として配られます。

ハゲタカのえじき「1~15の15枚のカードが手札として配られる」

山札となる「得点カード」

場の中央に置く山札には「-5」から「10」までの15枚の得点カードが入っています。

ハゲタカのえじき「山札となる得点カード」

プレイヤーは、これら15枚の手札を使って、山札に入っている15枚の得点カードを競り落としていきます。

ハゲタカのえじきのルール・遊び方

ここから、はげたかのえじきの詳しいルール(遊び方)を紹介します。

①山札から1枚めくる

まずは、山札からカードを1枚オープンにします。

ハゲタカのえじきのルール・遊び方「山札から1枚めくる」

上の写真では、山札から「7」の得点カードが出てきました。

②手札を1枚選んで、全員同時にオープン

場に出た得点カードを「誰が手に入れるのか」ということを競います。

手札からカードを1枚選び、全員同時に公開します。

③「一番大きい数字」の人が得点カードを獲得

全員同時にカードを公開したら、その数字の大小を見比べます。

得点カードを獲得できるのは、「一番大きい数字を出した人」だけです。

ハゲタカのえじきのルール・遊び方「一番大きい数字の人が得点カードを獲得する」

上の写真の場合は、最も大きい数字の「13」を出した人が「7点」の得点カードをゲットできます。

他の人と数字が被ったら「獲得権なし」!

ただし、単純に「高い数字を出しておけば大丈夫!」いうわけではありません。

それは、他のプレイヤーと数字カードが被ったら、そのプレイヤーたちは獲得する権利を失ってしまうからです。その場合、数字が被った人を除いた上で、一番大きい数字の人が得点をゲットできます。

山札から高得点カードが出たからといって、素直に大きい数字を出してしまうと、他のプレイヤーも同じように考えているはずなので、数字が被ってしまう可能性が高くなります。

たとえば、場に最高得点の「10」が出たとします。
誰しもが欲しい得点カードなので、手札で最も大きい数字の「15」を出そうとすることがあります。下の写真は、3人が最も大きい数字「15」を出したとき。

ハゲタカのえじきのルール・遊び方「数字が被ったら、獲得権なし」

数字が被った3人は「獲得権なし」です。
そして、被った人を除いたなかで最も大きい数字の人がカードを獲得できるので、この場合だと「3」を出した人が得点カードを獲得できます。

このように、他のプレイヤーの裏をかいて、小さい数字で高得点を獲得することもできます。ちょっと極端な例に見えるかもしれませんが、実際にこういうシーンはよくあります。

「マイナス得点カード」が場に出たとき

マイナス得点カードが場に出たときは、「一番小さいカードを出した人」が引き取ることになります。

例えば、下の写真では、山札から「-5」の得点カードが出たところ。

ハゲタカのえじき

写真では、最も小さい数字が「7」なので、7を出した人は「-5」の得点カードを引き取らなければなりません。

ゲームの終わり

15枚の山札をすべて競り終わったら、ゲーム終了です。ちょうど手札も15枚なので、全てなくなります。

ゲーム終了時点で、各プレイヤーは得点カードの数を合計して、その合計値が最も高い人の勝利です。

ハゲタカのえじきにぴったりの『スリーブ』

ハゲタカのえじきはカードメインのゲームなので、カードに傷や汚れが付かないように『スリーブ』で保護するようにしましょう。スリーブを付けておくだけで、カードがきれいな状態で長い期間遊ぶことができます!

ハゲタカのえじきにぴったりの『スリーブ』はこちらで紹介しています。
ハゲタカのえじきにぴったりの『カードスリーブ』を紹介

「ハゲタカのえじき」のレビュー

ハゲタカのえじきは、本当にルールが簡単なので、1分もあればみんなすぐに理解して遊べます!しかも、すごく簡単だけど、ボードゲームの醍醐味である「読み合い」「心理戦」がしっかり楽しめる点もGOODです!

3回ほどプレイすると、「この得点にはこのくらいの数字カードを出せば取れそう」という相場観が分かってきます。そうすると、相手のカードを予想できるようになってくるので、ここからが本番です!さらに深い読み合いが楽しめるようになります!

また、「相手の数字と被ったらアウト」というバッティングシステムがすごく盛り上がります。カードをオープンにした瞬間に「えーせっかく15使ったのに」「うわっ、こんな小さな数字で得点できた!」といった叫び声が飛び交います!

特に、高得点カードが場に出ている時に、他のプレイヤーと被らないように「1」などの低い数字を出して、自分以外の数字が被った時の優越感は最高です!笑

説明が楽ちん、読み合いが楽しい、盛り上がるシーンもたくさん!
『ハゲタカのえじき』は、僕がボードゲーム初心者に本当におすすめしたいゲームの1つです。価格もお手頃ですし、プレイ人数も幅広いので、買っておいて損はないボードゲームです!

※注意※
ハゲタカのえじきはドイツ語版もあるので、間違えないように注意しましょう。

▼ハゲタカのえじき(日本語版)はこちら▼

こっちも面白い!ハゲタカ系ゲーム

また、ハゲタカのえじきが気に入っている人は、ハゲタカのえじきと同じ「バッティングシステム」を採用した『ミラリス(miraris)』というゲームもおすすめです。

ハゲタカのえじき系カードゲーム「ミラリス(miraris)」

このゲームはハゲタカのえじきの遊び方に「キャラクターの特殊効果」といった独自要素を加えたもので、ハゲタカを進化させたようなカードゲームです。

ハゲタカのえじきのように単純に「大きい数字を取れば勝ち」というわけではなく、選んだキャラクターによって必要な数字が違うので、毎回戦略が変わって何度やっても飽きることなく楽しめます。

本当におすすめのゲームです!
こちらの記事で詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。
『ミラリス(Miraris)』のルール紹介:バッティング熱い名作ゲーム

▼ミラリス(Miraris)はこちら▼