【決定版】人気ボードゲームのおすすめランキングベスト30

【決定版】人気ボードゲームのおすすめランキングベスト30

最近、テレビや雑誌でボードゲームが取り上げられることが多くなってきて、ボードゲーム人口が増えてきています!嬉しいですね!

ただ、これからボードゲームを始めようという人は

人気のボードゲームを知りたい!
ボードゲームの最高傑作はどれ?

と、検索する人が多いようです。

そこで、今回は個人的に気に入っている『おすすめのボードゲーム:ランキングベスト30』を作りました。(個人の趣味嗜好がかなり反映されています)

このランキングが「新しいボードゲームとの出会いきっかけ」になれば嬉しいです!

『新作のボードゲーム』や『未プレイだったボードゲーム』を遊んで「これは面白い!」と思ったものは、随時ランキングを修正していきます。

※記事の途中に飛びたい方は、こちらのリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

30位:ボブジテン

人気ボードゲームのおすすめランキング:ボブジテン

<ボブジテンの情報>
 ジャンル   表現力
プレイ人数 3-8人
プレイ時間 30分以内

ボブジテンは、「ダウンロード」「サンドイッチ」「オリーブオイル」などのカタカナ語のお題を、カタカナを使わずに説明するボードゲームです。

簡単そうなお題でも人によっては難しく感じることもあり、下手な説明をすると「なんであんな説明なの!?」「他に言い方あったでしょ!」と総ツッコミを受けることも!

ルールがとても簡単で、子供も大人も一緒に盛り上がれるおすすめのボードゲームです!

29位:ウボンゴ スタンダード版

人気ボードゲームのおすすめランキング:ウボンゴ

<ウボンゴの情報>
 ジャンル   スピード系
プレイ人数 1-4人
プレイ時間 30分

ウボンゴは、パズルの完成スピードを競うボードゲームです。

冷静になるとピースを回転させたり反転させればちゃんと解ける問題ですが、ゲーム中はつい焦ってしまい「ムリムリムリ!」「この問題、絶対解けないよ!」という叫び声が聞こえてきます。笑

またこのゲームでは、パズルが完成した時に「ウボンゴ!!」と叫ばなければなりません。ゲームが終わった頃にはみんな口癖のようになっていて、一時的にあなたの周りで「ウボンゴ」という言葉が大流行する不思議なゲームです。笑

28位:海底探検

人気ボードゲームのおすすめランキング:海底探検

<海底探検の情報>
 ジャンル   駆け引き
プレイ人数 2-6人
プレイ時間 30分

「海底に眠る財宝を取りに行き、その財宝の得点を競う」というゲームですが、面白いのが『空気タンクをみんなで共有している』というところ。他のプレイヤーが酸素を多く使えば、それだけ自分が使える酸素も減っていきます。

みんなが財宝を回収し始めたら加速度的に酸素が減っていくので、財宝ばかり集めていたら酸素がなくなって海の藻屑になってしまいます…。また、わざと酸素をたくさん消費して、他のプレイヤーが潜水艦に帰還するのを邪魔をするという戦法もあります。そのため、「いつ潜水艦に戻るのか」というタイミングの見極めが勝負のカギとなります。

「高得点の財宝を手に入れるためにもっと奥に進みたい」、「けどこれ以上進んだら酸素がなくなって戻れないかも…」というジレンマに毎回悩ませられる、駆け引きの熱いボードゲームです。

27位:ニューロストレガシー

人気ボードゲームのおすすめランキング:ニューロストレガシー

<ニューロストレガシーの情報>
 ジャンル   手札管理
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 10分以内

ニューロストレガシーは、カードゲームでありながら「持てる手札は1枚のみ」という斬新なシステムを採用しています。

ルールがシンプルで簡単ですが、それでいて勝ち筋が複数あるので、短い時間で「駆け引き」や「読み合い」がしっかり楽しめます。「お手軽に心理戦を楽しみたい」という方にはおすすめのボードゲームです。

26位:ドラスレ

人気ボードゲームのおすすめランキング:ドラスレ

<ドラスレの情報>
 ジャンル   協力系
プレイ人数 2-5人
プレイ時間 30分

ドラスレは、「みんなで協力してラスボスのドラゴンを討伐する」というボードゲームです。各プレイヤーはキャラクターを選び、クエストで経験値を稼いで、キャラクターを成長させたり武器やアイテムなどを揃えて、ドラゴンに立ち向かいます。

このドラゴン討伐は「これ、本当に勝てるの?」と思うくらい難易度が高いです。ただ、負ける度に仲間と相談しながら試行錯誤してようやくドラゴンを倒せた時の達成感といったらもう…。泣

ドラスレはたくさんの拡張版が出ていて、それらには様々な職業のキャラクターが入っています。キャラクターが増えると、「どのキャラクターでパーティーを編成するのか」を考えるところからもう楽しいんですよね。気になる職業があれば、拡張版も一緒に揃えるのがおすすめです!

25位:コードネーム

人気ボードゲームのおすすめランキング:コードネーム

<コードネームの情報>
 ジャンル   表現力
プレイ人数 2-8人
プレイ時間 15分

コードネームは、味方にヒントとなる『1つの単語』を伝えて正解のワードを当ててもらう、というチーム戦形式のボードゲームです。

ヒントを出す側は『単語1つ』しか言えないのでかなり悩みますが、自分の意図した通りに1つの単語から2枚、3枚と当ててもらえた時にはかなりテンションが上がります!

また、ゲームが終わった後にも「あのヒントってどういう意味?」「そのヒントはないわ…」というような振り返りがとても盛り上がります!

24位:ピクテル

人気ボードゲームのおすすめランキング:ピクテル

<ピクテルの情報>
 ジャンル   表現力
プレイ人数 3-6人
プレイ時間 15-30分

ピクテルは、イラストカードを組み合わせてお題を当ててもらうボードゲームです。

例えば、こちらのお題は何でしょう?

そう、答えは「満員電車」です。
ピクテルは、このようにイラストが描かれたクリアカードを重ね合せてお題を表現します。

時には自分では思いつかないような意外なイラストの組み合わせで思わず感心させられたり、時にはよく分からない表現を自信満々に披露されて頭を悩ませられたり…そんなカードの表現で一喜一憂できるボードゲームです。

23位:犯人は踊る

人気ボードゲームのおすすめランキング:ピクテル

<犯人は踊るの情報>
 ジャンル   読み合い
プレイ人数 3-8人
プレイ時間 10-20分

『犯人は踊る』は、「犯人」カードの行方を読み合う推理型のボードゲームです。

自分の役職や正体を隠して遊ぶ「正体隠匿ゲーム」ではプレイ中ずっとひとつの役職を担いますが、このゲームではプレイ中に「犯人役」が次々と変わっていきます。なぜなら、「犯人カード」が次々にプレイヤーの手札を移動していくからです。「さっきまで隣の人が犯人だったと思うけど、今はあの人が犯人?」というように、相手の行動やしぐさ、表情から『犯人役』を推理します。

また、このゲームの良いところは「様々な勝ち方が用意されている」点です。
『探偵役』となって犯人を突きとめるもよし、『犯人役』となって最後まで逃げ切るもよし、『犬役』で犯人に迫るもよし、というように勝ち筋が複数あるので、飽きずに何度も遊ぶことができます!

短時間で遊べてルールも簡単なので、あまりボードゲーム慣れしていない人にウケの良いゲームです!

22位:T.I.M.E ストーリーズ

人気ボードゲームのおすすめランキング:タイムストーリーズ

<タイムストーリーズの情報>
 ジャンル   協力系
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 90分

『タイムストーリーズ』では、仲間と協力して、マップの探索や、謎解きや戦闘をこなしながら、時空の変化の原因を解決していきます。

プレイした感覚としては、「ボードゲーム」と「ゲームブック」を融合させたような、これまでになかった新しいタイプのボードゲームです。ゲーム中にメモを取ったり、相談したりして、真剣に考えて謎を解いていく感覚は、このゲームならではです!

タイムストーリーズの特徴は、何と言っても『1回しか遊べない』というところ。謎を解いてしまえば繰り返し遊べないのは残念ですが、その分、他では味わえないゲーム感を楽しめますし、拡張が充実しているのでまた新たなストーリーを楽しむこともできます。今じわじわと人気が出てきているボードゲームなので、まだプレイしていない方は是非遊んでみてください。

21位:街コロ

人気ボードゲームのおすすめランキング:街コロ

<街コロの情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 30分

「街コロ」は、自分の街を開発して、大都市に発展させていくボードゲームです。サイコロを振って、コインを獲得し、自分の街に新しいお店を追加していきます。

自分が遊んだ中では、この街コロは「ボードゲーム初心者キラー」のゲームです!初心者に人気の理由は「すごろくのようにダイスを振るだけという簡単さ」「街を大きくしていくワクワク感」という点が初心者ウケしているのかなと思います。

街コロを遊ぶときは、拡張の『街コロプラス』も揃えておくと、戦略の幅が広がってグンと面白くなるのでおすすめです!

20位:アズール

人気ボードゲームのおすすめランキング:アズール

<アズールの情報>
 ジャンル   タイル配置
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 30-45分

『アズール』は、プレイヤーがタイル職人となって、宮殿の壁により美しくタイルを配置することを競うボードゲームです。

どのタイルを取るかというドラフト要素がとても悩ましく、他のプレイヤーの状況を見ながら「あっちのタイルが欲しいけど、こっちのタイルを取れば相手の邪魔ができる…どうしよう!」などというジレンマに満ちた熱い駆け引きが楽しめます。

また、このゲームの特徴は何と言っても、コンポーネントの素晴らしさです!鮮やかな見た目に、触り心地の良いタイルの質感…コンポーネントのクオリティーだけでプレイ欲が駆り立てられること間違いなしです!

19位:ダンジョンオブマンダムエイト

人気ボードゲームのおすすめランキング:ダンジョンオブマンダムエイト

<ダンジョンオブマンダムエイトの情報>
 ジャンル   駆け引き
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 30分

『ダンジョンオブマンダムエイト』は、あなたが「6つの伝説の装備を持った冒険者」となり、ダンジョンに挑戦するボードゲームです。

しかし、ゲームのように完璧に装備を整えてダンジョンに挑むのではありません。自分の勇敢さを証明するために、あえて装備を外してダンジョンに挑み、財宝を持ち帰ることができるかということを競います。

「チキンレース」と「ブラフ」の要素がうまく融合した人気のボードゲームです。RPGや冒険ゲームが好きな人なら、世界観だけでワクワクしてしまいます!

18位:ファブフィブ

人気ボードゲームのおすすめランキング:ファブフィブ

<ファブフィブの情報>
 ジャンル   ブラフ系
プレイ人数 3-10人
プレイ時間 20分

「ファブフィブ」は、3枚のカードを回しながら、相手を騙したり、嘘を見抜いたりする王道のブラフ系カードゲームです。隣の人が数字を宣言しながら3枚のカードを回してくるので、その宣言した数字とカードが一致しているのかを見抜きます。

ゲームに慣れてくるとハッタリの応酬になるので、「とりあえずカードを受け取ってから考えよう」という甘えたプレイングをしているとすぐに窮地に立たされてしまいます。

カードを回すだけなのでテーブルに飲み物や食べ物が広がっていても遊べますし、ルールも簡単ですごく盛り上がるので、宅飲みしながら遊ぶ時などにもうってつけです!純度100%のブラフゲームなので、「ハッタリ」や「騙し合い」のゲームが好きな人は持っておいて損はないボードゲームです。

17位:EXIT 脱出:ザ・ゲーム

人気ボードゲームのおすすめランキング:EXIT 脱出:ザ・ゲーム

<EXIT 脱出:ザ・ゲームの情報>
 ジャンル   協力系
プレイ人数 1-6人
プレイ時間 45-90分

『EXIT 脱出:ザ・ゲーム』シリーズは、ある空間(山小屋や実験室など)に閉じ込められたプレイヤーたちが謎を解きながら「脱出」を目指すボードゲームです。

イメージとしては、少し前から流行っている「リアル脱出ゲーム」がボードゲームに移植したようなイメージです。「脱出系のゲームが好きな方」や「皆と協力して謎解きをしたい」という方」にはおすすめのゲームです。

16位:サイズ‐大鎌戦役‐

人気ボードゲームのおすすめランキング:サイズ‐大鎌戦役‐

<サイズ‐大鎌戦役‐の情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 1-5人
プレイ時間 115分

数々の賞を受賞した近年稀に見る重量級ボードゲームの傑作です!日本語版は2017年12月に発売しました。

農業と戦争の時代、自分の帝国を東欧の支配者にまで成長させ、富と名声を得ることを目指すゲームです。

圧倒的な世界観に、美しいイラスト、大量のトークン、精巧なミニチュア…ボードゲーム好きなら遊ぶ前から「神ゲーだ」と感じずにはいられないでしょう!ボードゲームに馴染みのない人にはコンポーネントを見ただけでハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、実際のプレイ感は重量級ゲームの中でもかなりシンプルなので、「初めての重量級ボードゲーム」としてもおすすめです!

サイズが気になる方は、別売りの「メタルコイン」も用意すると、ゲームの雰囲気がグッと高まり、さらにサイズの世界観に没入できます!

15位:センチュリースパイスロード

人気ボードゲームのおすすめランキング:センチュリースパイスロード

<センチュリースパイスロードの情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 2-5人
プレイ時間 30-45分

「宝石の煌きが好きな人は絶対ハマる」と言われている拡大再生産系ゲーム。
テーマは「スパイス貿易」で、プレイヤーはスパイス商人となって、スパイスの入手や交換を繰り返して目当ての商品の獲得を目指します。

一見複雑そうなゲームに感じますが、ルールが簡単で、手番にやることも「4つの行動のうち1つだけ」とシンプルなので、ボードゲームに慣れていない人にもおすすめできます!

また、コンポーネントの質が高いのも魅力の一つです!木製のスパイスや、スパイスを入れるスパイス皿、メタルコインもあり、ゲームの雰囲気を盛り上げてくれます。

スパイスロードは、センチュリーシリーズ3部作の第1弾なので、気に入った人は第2弾、第3弾も要チェックです!

14位:キングドミノ

人気ボードゲームのおすすめランキング:キングドミノ

<キングドミノの情報>
 ジャンル   タイル配置
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 15分

キングドミノは、「好きな土地タイルを配置して、自分だけの美しい王国を作り上げる」ボードゲームです。

このゲームの良いところは「プレイ感の軽さ」です!15分くらいで終わるので、気軽に遊ぶことができて、「もう1回」とリピートしやすいところが気に入っています。

ただ、「お手軽だからゲーム内容も浅いのでは…」と侮ってはいけません。キングドミノはタイル選択がとても悩ましいゲームで、「自分の理想の王国を作り上げるか」「相手の邪魔をするか」「次の手番のために我慢するか」といったジレンマが常にあり、戦略的な要素もしっかり詰まってます。

そのため、キングドミノは「短い時間でさくっと遊べる手軽さ」を備えつつ、「ボードゲーム特有のジレンマ」を存分に楽しめるので、ボードゲーム入門としておすすめの作品です。また、「自分だけの王国を作りあげていく感覚」や「パズルを組み立てるような面白さ」があるので、子供もすんなり入り込めるゲームだと思います!

13位:カタン

人気ボードゲームのおすすめランキング:カタン

<カタンの情報>
 ジャンル   交渉
プレイ人数 3-4人
プレイ時間 60分
ボードゲーマーなら知らない人はいない、超人気ボードゲーム「カタン」。カタンという無人島を舞台に、様々な資源を集めながら、島を開拓していくゲームです。

カタンの醍醐味は、何と言っても「交渉」です。相手の状況を観察して、「今相手がどの資源を欲しているのか」を見抜いて、うまく交渉を進められるかが勝負のカギとなります。また、適度にダイス運も絡むので、ボードゲーム慣れしていない人とも一緒に楽しめます!

よく「カタンでボードゲームにハマった」という人が多く、ボードゲームの入口のような認識となっているので、まだ遊んだことがない方はぜひプレイしてみましょう。ただ、交渉が苦手な人にはとても辛いゲームなので、遊ぶ相手はしっかりと見極めるようにしてください。

12位:あやつり人形

人気ボードゲームのおすすめランキング:あやつり人形

<あやつり人形の情報>
 ジャンル   正体隠匿系
プレイ人数 2-7人
プレイ時間 40分

あやつり人形は、正体隠匿型のカードドラフトゲームで、推理・読み合いが熱いボードゲームです。

プレイヤーは中世の権力者となって、「王様」や「司教」「暗殺者」などを裏で操って、街の発展を目指します。具体的には、ドラフト形式で、順番に8人の中から1人を選び、そのキャラクターを操ってお金を稼ぎ、建物を建築していきます。

よくある正体隠匿ゲームではゲーム中ずっとその役職を担当しますが、このゲームの面白いところは「手番ごとに操るキャラクターが変わる」点です。毎ターン操るキャラクターを選び直すので、その都度相手が何を選んだかを予想して、攻撃を仕掛けたり、攻撃を回避したりしなければならないので、「いかに相手の思惑を察知して出し抜くか」という読み合いが深いゲームになっています。

心理戦や正体隠匿系が好きな方にはおすすめのゲームです!

11位:レジスタンスアヴァロン

人気ボードゲームのおすすめランキング:レジスタンスアヴァロン

<レジスタンスアヴァロンの情報>
 ジャンル   正体隠匿系
プレイ人数 5-10人
プレイ時間 30分

よく人狼と比較される人狼系ボードゲーム「レジスタンス:アヴァロン」。

人狼の弱点である「大人数必要」「GM必須」「途中で脱落者がでる」という点がうまく解消されたゲームで、人狼がとても遊びやすくなったという印象です。

特に、ゲームからの脱落を恐れてムキになる、ということがなくライトな感覚で楽しめるので、人狼ほどギスギスした感じにはならないのもいいですね。

僕は、コンポーネントの一部を差し替えて自作するほど好きなゲームです。ボードゲームとしてはプレイ人数の幅も広く遊び勝手がいいので、正体隠匿系が好きな方なら持っておいて損はないと思います。

10位:シャドウレイダーズ

人気ボードゲームのおすすめランキング:シャドウレイダーズ

<シャドウレイダーズの情報>
 ジャンル   正体隠匿系
プレイ人数 4-8人
プレイ時間 40-60分

「シャドウレイダーズ」は、3つの陣営に分かれて争う正体隠匿系ボードゲームです。

プレイヤーが属する3つの陣営には、邪悪な存在『シャドウ』、シャドウ討伐のために集まった『レイダー』、そしてその戦いに巻き込まれてしまった一般人『シチズン』という勢力があり、誰がどの陣営なのか探りながら戦っていきます。

このシャドウハンターズが面白いのは、人狼のような正体隠匿ゲームでありながら、自分の操るキャラクターに「HP」があり、キャラクターを強化する「装備」があり、さらにキャラクター固有の「特殊能力」まであるところです。デジタルゲームが好きな人たちには、この情報を聞くだけでグッと心を掴まれちゃいますよね。

個人的には、旧版の『シャドウハンターズ』の時からよく遊んでいる思い入れの強いボードゲームです。友達6、7人で夜通し遊び続けて、本当に止め時が難しかったのを覚えています。仲の良い友達同士なら、大盛り上がり必至の人気ボードゲームです!

9位:ハゲタカのえじき

人気ボードゲームのおすすめランキング:ハゲタカのえじき

<ハゲタカのえじきの情報>
 ジャンル   心理戦
プレイ人数 2-6人
プレイ時間 10分

「ハゲタカのえじき」は、手札から一斉にカードを1枚出して、数字の一番大きい人が得点をゲットする、というボードゲームです。

このゲームの面白いところは、「他の人と数字が被ったらアウト」となるバッティングシステムです。そのため、「高い得点を取りにいきたいけど、素直に大きい数字を出すと他の人と被りそう…」というジレンマを抱えながら、お互いに心理を読み合い、相手の裏をかいて得点をゲットすることを目指します。

ゲーム中はカードを出す度に盛り上がり、「わー、数字被ったー!」「そんなに小さな数字で得点するのはズルい!」というような言葉が飛び交います!また、他のプレイヤーが数字被りをして、自分が最弱のカードで高得点カードをゲットした時の優越感は最高です。笑

ルールがとても簡単でとっつきやすく、大人も子供も一緒になって盛り上がれるので、特にファミリーなら1つは持っておきたいおすすめのボードゲームです。

8位:ミラリス(Miraris)

人気ボードゲームのおすすめランキング:シャドウレイダーズ

<ミラリスの情報>
 ジャンル   心理戦
プレイ人数 3-6人
プレイ時間 15分

そして、先ほど紹介した『ハゲタカのえじき』のバッティングシステムを採用して、さらに新たな独自要素を加えて進化したゲームが、この『ミラリス』です!もともと『ハゲタカのえじき』のバッティングシステムがすごく気に入っていたので、ミラリスも個人的にクリーンヒットなゲームです!

『ハゲタカのえじき』にはない独自要素というのは『キャラクターの特殊効果がある』こと!

ハゲタカのえじきのように単純に「大きい数字を取れば勝ち」というわけではなく、選んだキャラクターによって強い数字が変わります!そのため、選んだキャラクターによって毎回戦略が大きく変わるので、何度やっても飽きることなく楽しめます!

『ミラリス』は、『ハゲタカのえじき』が面白いと思う人なら絶対ハマるゲームです!まず『ハゲタカのえじき』で遊んでから『ミラリス』をやると、初めての人でもミラリスにすんなり入り込めるのでおすすめです!ミラリスに慣れてしまうと、もうハゲタカのえじきには戻れなくなります!

7位:ディクシット

人気ボードゲームのおすすめランキング:あやつり人形

<ディクシットの情報>
 ジャンル   想像力・表現力
プレイ人数 3-6人
プレイ時間 30分

ディクシットは、「不思議なイラストが描かれたカード」を言葉や歌、踊り、ジェスチャーなどで自由に伝えて、複数のカードの中から自分が表現したカードを当ててもらうというゲームです。

ただ、難しいのは「全員に当てられてもダメ」という点で、具体的すぎず抽象的すぎない伝え方を考えなければならないので、それが本当に悩ましくて面白いです。

これまでディクシットを何度も遊んでいますが、誰とやっても鉄板のおすすめゲームです。特に、子供ウケ抜群で、子供も大人も一緒に大笑いしてすごく盛り上がれます!終わった後も「なんであの表現でこのカードなの!?」「なるほど、そういうことね!」というように、答え合わせでも会話が弾みます!

ボードゲーム会などで場を盛り上げたい時の1番手で遊ぶのにうってつけのゲームです!

6位:ブラフ

人気ボードゲームのおすすめランキング:ブラフ

<ブラフの情報>
 ジャンル   ブラフ系
プレイ人数 2-6人
プレイ時間 30分

『ブラフ』は複数のダイスを転がしてハッタリをかます心理戦ボードゲームです。

各プレイヤーは自分にしか見えないように5つのダイスを振って、場に出ている出目の数を予想して宣言していきます。ただ、その宣言でハッタリを織り交ぜることで周りを騙すことができます。自分に「3」の出目が全くなくても「自分は3がたくさん出ているぞ!」というような宣言をして周囲を騙すことができれば、自分に有利な展開を作れます。

「ブラフ」「確率」「運」が絶妙に絡み合っているので、この類のゲームが好きな人には本当に刺さるボードゲームです。

5位:ワンナイト人狼 モンスターver

人気ボードゲームのおすすめランキング:ワンナイト人狼モンスターver

<ワンナイト人狼モンスターverの情報>
 ジャンル   正体隠匿系
プレイ人数 3-5人
プレイ時間 10分

ランキング5位は、人気の正体隠匿ゲーム『ワンナイト人狼』。短時間で遊べることもあり、おそらくこれほど回数を遊んだボードゲームは他にないというくらい、一時期「居酒屋」や「宅飲み」「旅行先」などで何回も遊んでいました。

『モンスターver』の良いところは何と言っても、全員に特殊能力があること!通常版を遊んでいて慣れてくると、能力を持たない「村人役」になると少し残念に感じることもありますが、モンスターverではそれがありません!また、情報量が多くなるので、会話がまったく停滞しないのも嬉しいポイント。

今回のランキングには「モンスターver」を載せていますが、『モンスターver』は人狼初心者には少しハードルが高いので、初めての方はまず「ワンナイト人狼」から始めて、慣れてきたら「モンスターver」に手を出すのがおすすめです。

<ワンナイト人狼を知らない方はこちら>
ワンナイト人狼のルールを詳しく紹介

4位:モダンアート

人気ボードゲームのおすすめランキング:モダンアート

<モダンアートの情報>
 ジャンル   競り
プレイ人数 3-5人
プレイ時間 40分

ランキング4位は、ボードゲームの中では数少ない「競り」系ゲームの『モダンアート』。その内容は『プレイヤーが画商となって、絵を安く仕入れて高値で売って、最もお金を稼いだ人が勝ち』というもの。

うまく自分の思惑通りにカードの価値がコントロールできた時は、自分で流行を操作しているような感覚になれて、それがたまらなく気持ちいいんですよね!

特にモダンアートは大人がハマるゲームだと思います。子供には少し難しいタイプの内容ですが、何度かボードゲーム会(大人のみ)でモダンアートを遊んだところ、毎回大絶賛でした!「競りと言うジャンル」「損得勘定が働くシビアなゲーム」というのが大人ウケするようです!まだ競り系を遊んだことがない方は、是非モダンアートから遊んでみてください。

3位:コヨーテ

人気ボードゲームのおすすめランキング:コヨーテ

<コヨーテの情報>
 ジャンル   ブラフ系
プレイ人数 2-10人
プレイ時間 15-30分

ランキング3位は、軽ゲーの中では一番気に入っている「コヨーテ」で、ハッタリと推理力が勝負のカギを握る「心理戦ボードゲーム」です。

コヨーテは『場に出ている数字の合計値を予想する』というゲームですが、このゲームの面白いところは『自分の数字だけ見えない』という点です!つまり「他のプレイヤーの見えている数字」と「自分の見えない数字」があり、その合計値を予想します。

これだけ聞くと「そんなの無理だよ…」と思われるかもしれませんが、『他のプレイヤーの宣言する数字』や『周りの表情』などをよく観察することで自分の数字を推理することができます!一方で、ハッタリをかまして周囲を騙したりすることもできます!このハッタリがうまく決まったときの快感といったら…これはやめられないんですよね!笑

とにかく「ルールが簡単」「プレイ人数が幅広い」「短時間で終わる」「子供も大人も一緒に楽しめる」という点ですごく使い勝手もいいので、持っておくと重宝するボードゲームです。

2位:宝石の煌き

人気ボードゲームのおすすめランキング:ドミニオン第二版

<宝石の煌きの情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 30分

ランキング2位は、宝石の煌き!
このゲームにはたくさんのカードが入っており、一見「難しそう」と思うかもしれませんが、実際には「手に入れた宝石で得点カードを購入するだけ」というとてもシンプルなゲームです!

ただそんなシンプルなルールを面白くしているのは、「購入したカードに次の買い物から使える割引ボーナスがついている」ところ!はじめは手が届かなかった得点カードも、割引ボーナスが増えるにつれて「これ、宝石1個で買えちゃう!」「これなんてタダだよ!」と格安で買えたり無料で貰えたりするようになります。このボーナスを効率よく集めていくことが重要で、後半でボーナスを使っていかに高得点カードを取れるかが勝負のカギとなります。

プレイ感はどちらかというと黙々と考えるタイプのゲームなので、みんなでワイワイ盛り上がりたいという人には不向きですが、「じっくりと戦略を考えるゲームが好きな人」には絶対におすすめできるボードゲームです。

▼ゲームの雰囲気を高める『宝石トークン』はこちら▼

1位:ドミニオン 第二版

人気ボードゲームのおすすめランキング:ドミニオン第二版

<ドミニオンの情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 30分

ランキング1位は、言わずと知れた超人気ボードゲーム「ドミニオン」です。お金を払って好きなカードを購入し、自分のデッキを強くしていくというゲームです。

ドミニオンの良いところは『プレイの多様性』です。人によって作るデッキは様々で、「お金が豊富なデッキ」「アクションカードのコンボを狙うデッキ」「周りを妨害するデッキ」など、自分で考えて色んな方向性のデッキを作ることができます。

そして、もう1つの良いところが『負けても充実感があること』。勝てなかったとしても「狙い通りのコンボができたときの達成感」や、「ゲーム後半にデッキが強くなっていることを実感したときの満足感」があるので、負けても意外に嫌な気分になることがありません。笑

僕はこのドミニオンを、年に1回は必ず友人と集まって夢中で何回もプレイしてしまいます。ゲームが終わる度に「やっぱりあのカード買っておいた方が良かったかも…もう1回!」と、終わってもまたすぐにもう1プレイしたくなる異常な中毒性があります。ドミニオンを遊んでいる時だけは誰も「そろそろ止めようか」「他のゲームしない?」と発言しないので、本当に止め時が分からないゲームです。僕の中では「最高傑作のボードゲーム」だと思っています!

ドミニオンに興味が湧いた人は『第二版』を購入しましょう。2017年12月に『第二版』が発売され、新規にいくつかのカードが追加されています。

※ドミニオンのスリーブについて※
ドミニオンはカードゲームなので、カードに傷や汚れが付かないように『スリーブ』で保護するのがおすすめです。対応スリーブなどは、こちらで詳しく紹介しています。
ドミニオンにぴったりの『スリーブ』を紹介

以上が、『人気ボードゲームのおすすめランキングベスト30』の紹介でした!

もし気になるボードゲームがあれば、ルール紹介の記事を書いているものもあるので、関連記事から飛んでみてください。