『クリスマスプレゼント』におすすめのゲームはこちら>>

【ボドゲ紹介】『ゲスクラブ(Guess Club)』推測ボードゲームを徹底紹介

【ボドゲ紹介】『ゲスクラブ(Guess Club)』推測ボードゲームを徹底紹介

下衆クラブ…?

違います!!

最初見た時は僕も「下衆クラブ」と勘違いしてしまいましたが、このゲスは「guess=推測」という意味でした。

ゲスクラブは「みんながどんな答えを書くのか」を予想して賭けをするボードゲームです。元々は、台湾で発売されたボードゲームで、2019年4月にグループSNE/cosaicから日本語版が発売されました。

例えば、「朝食のおかず」「無人島に持っていくもの」「ネバネバするもの」といったお題が与えられて、その答えを自分のカード6枚に書き込みます。他の人と答えが同じなら得点、自分1人だけなら失点、という感じです。

しかし、誰でも思いつくようなありきたりの答えを書けばいい、というわけではありません。先に他のプレイヤーに同じ答えを言われてしまうと賞金がもらえません。そのため、このゲームで勝つためは「少人数の人しか書かなさそうな絶妙な答え」を考えることが重要です。

また、それに加えて「正解が何回出るかを予想して賭ける」のもこのゲームの面白いところ。「みんなの回答を推測する」「正解の数を推測する」という2つの推測が掛け合わさった、まさにguess(推測)ゲームです!

今回は、ボードゲーム『ゲスクラブ(Guess Club)』のルール・遊び方を紹介します。

※ゲスクラブはデザインが一新した「第二版」が2020年8月7日に発売します。

▼ゲスクラブ(第二版)

商品名ゲスクラブ
プレイ人数2~8人
プレイ時間20~30分
対象年齢8歳~
ジャンルアクション
発売時期2017年
デザイナーSky Huang
販売元cosaic

ゲスクラブの『内容物』

ゲスクラブのコンポーネントは超豪華です!

ゲスクラブのコンポーネント

「木製マーカー」「ペン8本」「ガラス製トークン」「プラスチック製の賞金ボウル」など、アイテムがとても充実しています。

そして、一際目を惹く半円状の物体は『カードホルダー』です。

 

どのように使うのかというと…

まず、回答カードにペンで答えを書きこみます。

ゲスクラブ:回答カードにペンで回答を書き込む

 

書き込んだら、カードホルダーに差し込みます!

ゲスクラブ:回答カードをカードホルダーに差し込む

 

ホルダーを持つと、他の人からは書いた内容が見えません。

ゲスクラブ:カードホルダーを持つと、他の人からは書いた内容が見えない

 

ペンで書いたり、カードホルダーで持ったりするだけで「いまボードゲームやってるぞ」という感じがあって、ゲーム前からワクワクしてしまいます!

ゲスクラブの『ルール・遊び方』

ここからは、ゲスクラブ(Guess Club)のルール・遊び方を紹介します。

①お題を決める

ゲスクラブのルール:お題を決める

お題カードには、「食」「旅行」「カップル」「もの」などのテーマにまつわるお題が書かれています。お題の数は全部で144個もあります!

今回は「無人島に持っていくもの」にします。

②回答を書く

お題が決まったら、自分のカード6枚に回答を書き込みます。

このときのポイントは「少数の人しか書かなそうな答え」にすることです。全員が思いつくようなありきたりな答えばかり書いてしまうと、なかなか得点することができなくなります。

ゲスクラブのルール:回答を書いてカードホルダーに差し込む

周りの人に見られないように書きこんだら、カードホルダーに差し込みます。

③手番でやることは「2つのどちらか」

自分の手番でやることは、以下の2つのうち1つです。

A. 回答カードを出す
B. 賭けをする

どちらかのアクションを1つ行って、終わったら次の人の番になります。時計回りでプレイしていき、誰かの回答カードが全てなくなったらラウンド終了です。

A.回答カードを出す

手番プレイヤーは、手札のうち1枚のカードを出します。

他のプレイヤーで手札に同じ回答がある人は、そのカードを手札から出します。他のプレイヤーと回答が一致していたら、手番プレイヤーだけ賞金をゲットできます。

ゲスクラブのルール:他のプレイヤーと回答が一致したら、手番プレイヤーは賞金をゲット

 

逆に、他のプレイヤーと答えが被らなかったら、手番プレイヤーは罰金となります。自分のお金を没収されてしまいます…。

ゲスクラブのルール:他のプレイヤーと答えが被らなかったら罰金

 

ここまでを見ると、「じゃあ、みんなが書きそうな答えを書いた方がいいじゃん」と思ってしまいますが、そうではありません。

なぜなら「同じ答えを先に言われてしまうと賞金が貰えない」からです。多くの人が書きそうな答えを書いてしまうと、先に言われてしまい得点することができなくなってしまいます。

そのため、「少数の人だけが書きそうな答えを書く」のがこのゲームのポイントです。

B.賭けをする

また、回答カードを出す代わりに「賭けをする」こともできます。

ラウンド中に「何回、回答の一致が起きるか」を予想してその回数を賭けます。

下の写真のように、ボードには0~13までの数字が書かれていて、回答が一致する度に「ガラストークン」を0から1つずつ進めていきます。そのため、ガラストークンの場所で「回答の一致数」を確認できます。

ゲスクラブ:ガラストークンが回答の一致数を表す

 

回答の一致する数に賭ける時は、お金チップを$10払って「自分の色のマーカー」を数字の横に置きます。

例えば、ラウンド終了時に「回答の一致が6回起こる」ことに賭けるなら、「6」の横に自分の色のマーカーを置きます。もしラウンド終了時にガラストークンが6に止まっていれば、ボーナス賞金を獲得できます。

賭けのポイントは、全員が同じ場所に賭けられるわけではなく「早い者勝ち」というところです。

もちろん、ゲーム終盤に賭けた方が正解する可能性が高くなりますが、遅ければ他のプレイヤーにその数字を取られてしまう可能性も高くなります。そのため、いつ賭けに出るのかというタイミングを見極めるのが重要です。

④ラウンドの終了

誰かの回答カードが全てなくなったら、そこでラウンド終了です。

賭けに成功したら「ボーナス賞金をゲット」

賭けに成功している人がいれば、その人はボーナス賞金が受け取れます。

ゲスクラブ:ラウンド終了時、賭けに成功した人はボーナス賞金をゲット

上の写真の場合は、回答の一致数を示すガラストークンが「5」で、そこに書けていたシロ色のプレイヤーがボーナス賞金をゲットできます。

手札が残っている人はペナルティー

また、手札が残っているプレイヤーは、ペナルティーとして、カード1枚につきお金チップを支払わなければなりません。

⑤3ラウンドでゲーム終了

3ラウンドプレイして、最後にお金を最も稼いだ人の勝利です。

▼ゲスクラブ(第二版)

ゲスクラブの『第二版』が発売

2020年8月7日に、デザインを一新した『ゲスクラブ 第二版』が発売します。

日本ではしばらく絶版状態でしたが、作者と版元の間で版権問題があったようで、日本語版を刷ることができなかったようです。

版権問題により、第二版からはゲームデザイナーのSky Huang氏が出版した「台湾版」が元になっています。

第一版と第二版の違いは「アートワークとお題カードのデザイン変更」「お題カードの枚数アップ」「第二版はカードスタンドなし」です。また、昨年末から募集されていた「オリジナルお題」も第二版に追加されています。

▼ゲスクラブ(第二版)

【まとめ】大人数でワイワイ盛り上がれる!

以上がボードゲーム『ゲスクラブのルール・遊び方』紹介でした。

「多くの人が書かないけど、少数の人が書きそうな絶妙な答え」を考えるのがとても面白いゲームです!

また、カードを出す度に「その回答はさすがにないでしょ…」「それ書いちゃうの!?」「一人は書いてると思ったのにー」などと皆が口々に喋って一喜一憂して、ゲーム中も終了後もワイワイしながら盛り上がれます!

個人的には、6人~8人で遊ぶ機会が多いので、待ち望んでいたパーティーゲームです。大人数で遊べてゲーム性も高くて最高に面白いので、これからもヘビーにプレイしていきたいと思います。

▼ゲスクラブ(第二版)

おすすめのボードゲームはこちら。

おすすめの『パーティーゲーム』

ゲスクラブ(Guess Club)のようなみんなで盛り上がれるパーティーゲームは他にもたくさんあります。下記の記事で『おすすめのパーティーゲーム』をジャンル別に紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

個人的な『ボードゲームランキング』

僕がこれまで遊んだボードゲームの中で、おすすめのボードゲームをランキング形式で紹介しています。面白いボードゲームを探している方は、こちらもチェックして頂けると嬉しいです!