【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『エバーデール(Everdell)』ボードゲームのルール&レビュー:動物たちの街を作ろう!!

『エバーデール(Everdell)』ボードゲームのルール&レビュー:動物たちの街を作ろう!!

エバーデールは「森の小動物たちが街を作る」という、ワーカープレイスメント系のボードゲームです。日本語版は「2020年1月9日」に発売しました。

今回は『エバーデール(Everdell)』のルール&レビューを紹介します。「エバーデールってどんなゲーム?」という方の参考になれば嬉しいです!

※ちなみに、日本語版の読み方は「エバーデル」ではなくて「エバーデール」となっています。

▼エバーデール(Everdell)完全日本語版

商品名エバーデール
プレイ人数1-4人
プレイ時間40-80分
対象年齢13歳以上
ジャンルワーカープレイスメント
発売時期2018年
デザイナーJames A. Wilson
国内メーカーアークライト

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

エバーデールはどんなボードゲーム?

資源を手に入れて、街を作っていくゲーム

エバーデール(Everdell)は、「森に住む動物たちが、建設したり仲間を迎えたりしながら、自分たちの街を開発していく」ボードゲームです。

エバーデール(Everdell)は、動物たちの街を作っていくボードゲーム

 

ボードゲームのジャンルで言うと「ワーカープレイスメント」にあたり、自分のワーカー(労働者)コマをマスに配置して資源を獲得していきます。

エバーデール(Everdell)は、自分のワーカーコマを配置して、資源を獲得していくボードゲーム

 

そして、手に入れた資源を使って、カードをプレイしてコンボを作り、資源や得点を増やしていきます。

ボードゲーム『エバーデール』:カードコンボを作って、資源や得点を増やしていく

最終的に、最も多くの勝利点を稼いだ人の勝利です!

人によって季節(ラウンド数)が違う!!

エバーデールでは、冬から始まって『冬⇒春⇒夏⇒秋』という流れで1年を過ごします。(各季節が1ラウンド目・2ラウンド目…のようなものです)

そのため、数ターン過ぎたら「では春(第2ラウンド)になります」というようにみんな一斉に季節が切り替わる、と思いきや…

人によって季節が違うことがあります!!

ボードゲーム『エバーデール』:プレイヤーによって季節が違う

季節を進めるかは自分の判断で決められるので、Aさんは「夏」だけど、Bさんは「秋」という状況が生まれます。

少し混乱してしまいそうですが、そういうものだと思ってプレイしましょう。笑

季節を進ませることで、使用したワーカーコマが手元に戻ってきて再び配置できるようになります。ただ、ワーカーを手元に戻すことで、そのマスを他のプレイヤーが使えるようになります。季節を進ませるタイミングもひとつの悩みどころです。

エバーデールの『内容物』

エバーデールにどんなものが入っているのかを一部紹介します。

まず圧倒的な存在感を放つのが、この大樹!

エバーデール(Everdell)に入っている「立体的な大樹」

この立体的な大樹がとてもキャッチ―で、写真映え抜群です!(ただ、毎回組み立てるのは結構面倒です…)

そして、プレイヤーのために働いてくれる「労働者コマ」。

ボードゲーム『エバーデール』:「リス・ねずみ・カメ・ハリネズミ」のワーカーコマどれも形がかわいらしい!

左から「リス・ねずみ・カメ・ハリネズミ」です。自分のワーカー駒になるので、好きな動物を選びましょう。

さらに、こちらがエバーデールに登場する「資源」。

エバーデール(Everdell)の資源は、小枝・樹液・小石・果実の4種類

「小枝・樹液・小石・果実」の4種類があります。それぞれが分かりやすい形になっているので良い感じ!

カードのイラストもとても綺麗です!

エバーデール(Everdell)のカードは、イラストがとても綺麗

この他にも、小さいカードやタイル、トークンなどが入っています。

エバーデールの『準備』

ゲームボードのセッティング

エバーデールを遊ぶ前のセットアップは、下の写真のようになります。

エバーデール(Everdell)のゲームボードのセッティング丸いボードに大樹を置いて、カードや資源を配置

なんと、大樹の根元には「山札」がセットできるようになっています。

ボードゲーム『エバーデール』:大樹の根元には「山札」がセットできるゲーム中はここからカードを引く

ボードの中央には山札から引いた「カード8枚」を並べておきます。

ボードゲーム『エバーデール』:ボードの中央にカード8枚を並べる

この他にも、「ボードの端」「大樹の上」「川沿い」などにカード・タイル・資源などをセットします。

「手札」と「コマ」を配る

各プレイヤーに「手札」と「自分のコマ2個」を配ります。

ボードゲーム『エバーデール』:各プレイヤーに手札とコマを配る

最初の冬に使える自分のコマは「2個だけ」ですが、季節(ラウンド)が進むごとに自分の使えるコマが増えていきます。

エバーデールの『ルール』

ここからは、エバーデール(Everdell)のルール・遊び方を詳しく紹介していきます。

手番でできる「3つ」のこと

手番にやることは「3つのアクションのうち1つだけ」です。

エバーデール(Everdell)のルール「手番にできる3つのこと」

「①コマを配置する」「②カードをプレイする」「③季節を変える」のどれか1つのアクションを行います。

1つのアクションを実行したら、次の人の番になります。

①コマを配置する

エバーデールのアクション①「コマを配置する」

自分のコマをボード上に配置することで「資源の獲得」や「カードの補充」などができます。

置けるところは「足跡マーク」

コマが置ける場所は「動物の足跡マーク」があるところです。下のように、足跡マークはボード上のいたるところにあります。

ボードゲーム『エバーデール』:コマを置けるところは「足跡マーク」

ただ足跡マークをよく見ると、「丸で閉じられている所」と「線が途切れてオープンになっている所」の2種類があります。

丸で閉じられている方は「コマを1つしか置けない所」、オープンになっている方は「コマを複数置ける所」です。

エバーデール:「コマを1つしか置けない所」と「コマを複数置ける所」

丸で閉じられているところは1つしか置けないので早い者勝ちです!どこから先に置くかが悩みどころです。

また、アクション②「カードをプレイする」で手元にカードがプレイされている場合、カードに「足跡マーク」があればそこに置くこともできます。

その場所のアクションを実行

コマを足跡マークに配置したら、その近くに書かれている指示に従います。

例えば、「ベリー」と「カード」が描かれた看板があるマスなら、「ベリー1つ」と「カード1枚」をゲットできます!

ボードゲーム『エバーデール』:「ベリー」と「カード」が貰えるマス

 

また、「小枝3本」が描かれた看板のあるマスなら、「小枝3本」が手に入ります。

ボードゲーム『エバーデール』:小枝3本が貰えるマス

コマは置いたままにする

労働者コマを置いてアクションを実行したら、そのコマはそこに置いたままにします。

エバーデール(Everdell):労働者コマは置いたままにする

配置したコマは「アクション③:季節を変える」を実行することで手元に戻ってきます。

②カードをプレイする

エバーデールのアクション②「カードをプレイする」

コストを払ってカードをプレイして、そのカードを自分の街に配置します。

「手札」か「場のカード」のどちらでも使える

カードをプレイするというと「手札」をイメージしてしまいがちですが、エバーデールでは「手札」でも「場にある8枚のカード」でもどちらを使ってもOKです。

エバーデール(everdell)『カードのプレイは手札でもいいし場のカードでもいい』

言い換えると、ボード上のカードはみんなの手札ということになります。

カードのコストを支払う

カードをプレイする時には「コスト」を支払わなければなりません。コストは、カードの左側に書かれています。

例えば、下の2枚のカードの場合。

ボードゲーム『エバーデール』のルール:カードのコストを支払う

左側の農場なら「小枝×2」「樹液×1」、右側の教師なら「果実×2」を払うことでプレイできます。

ただ、コストを払わずにプレイできることもあります!

左上に『施設名』が書いてあるカードは、その施設カードが自分の街にあれば(プレイ済みなら)、コストを支払うことなく出すことができます。

下のカードなら、既に「宿屋」を出していればコストなしでプレイできます。

ボードゲーム『エバーデール』:コストを払わずにプレイできるカード

コストがタダになるのはかなりお得なので、積極的に狙っていきたいところ!

カードには「カード効果」と「勝利点」が書いてあります。

ボードゲーム『エバーデール』:カードには「カード効果」と「勝利点」が書いてある

プレイしたカードの効果は様々で「即効果を発揮するカード」や「カードの上にコマを置いたときに効果を受けられるカード」、「ゲーム終了時にボーナス点となるカード」などがあります。

5×3の街を作ろう

プレイしたカードで、自分の手元に街を作ります。自分の街に配置できるカード枚数は「15枚まで」です。

エバーデル「プレイできるカード枚数は15枚まで」

自分の手元に「5×3の街」を作りましょう。

15枚のカードすべて置くと、手元は下のようになります。

ボードゲーム『エバーデール』:5×3の街を作る

③季節を変える

エバーデールのアクション③「季節を変える」

季節を変えるアクションは「手元にコマがない状態」なら実行できます。

この季節アクションをすると、ボード上に配置したコマが全て手元に戻ってきます。

エバーデール:ボード上に配置したコマが全て手元に戻る

 

さらに、次の季節から使える「新しいコマ」が追加されます。大樹の上にあるストックコマ取りましょう。

エバーデール(Everdell):次の季節から使える「新しいコマ」が追加される

ゲーム開始時の冬ではコマが「2個」だけでしたが、最後の秋では「6個」まで増えます。

エバーデールの『ゲーム終了』

最後の季節「秋」を迎えて、どのアクションもできない状態になったら、その人はゲーム終了です。最終的に、全プレイヤーがゲーム終了になったら終わり。

ゲームが終わったら、全ての勝利点を合計します。

ボードゲーム『エバーデール』:勝利点を計算する

各カードの勝利点・勝利点トークンなどを全て加算して、一番点数が高い人の勝利です!

エバーデールに合う『スリーブ』

通常サイズのカードに合うスリーブ

エバーデールの通常サイズのカードは「63×88mm」なので、『エポックのカードスリーブ トレーディングカードサイズ対応(66×92mm)』がおすすめです。

エバーデールの通常サイズのカードに合うスリーブ

このサイズのカードは129枚入っているので、この80枚入りスリーブが「2袋」必要です。

小さいカードに合うスリーブ

エバーデールの小さいカードのサイズは「63×44mm」なので、『ホビーベースのTCGハーフサイズスリーブ(66×46mm)』がおすすめです。

エバーデールの小さいサイズのカードに合うスリーブ

このサイズのカードは27枚だけなので、この100枚入りスリーブが「1袋」でOKです。

エバーデールの『レビュー』

エバーデール(Everdell)のボードゲームレビューです。(まだ回数を遊んでいないので、また何度かプレイしたら更新したいと思います)

エバーデールを遊んだ感想

ワーカープレイスメント&カードコンボ!

エバーデール(Everdell)のボードゲームレビュー:ワーカープレイスメント&カードコンボが面白い

エバーデールは「見栄えのインパクト」と「動物の街づくり」というテーマで強烈に惹かれたボードゲームですが、見た目だけなく「ワーカープレイスメント」と「カードコンボ」の面白さがしっかり詰まっていました。

勝つためには、いかにカードコンボできるか。コンボが良い感じに構築できるとかなり気持ちいいです!一方で、カード運に見放されると、欲しいカードが全然来なくて点数が伸びないことも…(カード運の影響は大きそう)。そのため、「見えている手札と場のカードから堅実な戦略を立てるか」「カード運に賭けて、コンボの土台を作っておくか」の判断が悩ましくも面白いところです。

やることはシンプルだけど、慣れるまではちょっと大変

エバーデール(Everdell)のレビュー:やることはシンプル

手番にやることは「コマを置く」か「カードを出す」だけなので、とてもシンプル。慣れてきたらサクサク遊べると思います。

ただ、その一方で「見る部分が多い」です。「ワーカーを置ける場所」がボード上の至る所にあるだけでなく、他プレイヤーの街(手元のカード)にもあることや、「使えるカード」が手札だけでなく場にも8枚あることから、色々と把握するのが大変で、最初はどこを見たらいいのか分かりづらいです…。1回遊ぶと慣れてきますが、かわいさに惹かれて遊んでみたボードゲーム初心者だと最初で「うっ…」となってしまうかもしれません…。

手番にやることは簡単だけど、把握するまでにちょっとしたハードルを感じたので、個人的には「重量級ボードゲームへのステップアップ」くらいにちょうどいい良いゲームだと思います。

ツリーの不満点

エバーデールのボードゲームレビュー:ツリーの不満

立体的なツリーは雰囲気の演出が素晴らしいけど、個人的には「組み立てが面倒」「ツリーの裏側に座れない」という部分が不満です…。この立体構造がゲームに必要なわけではないので、同じメンバーで遊ぶならツリーは組み立てないでいいかなぁと…。

ただ、エバーデールの一番の入口はこのツリーの圧倒的な見栄えだと思うので、初めてプレイする人がいる時だけ組み立てようと思います。

まとめ:カードコンボが楽しいゲーム!

以上が、エバーデール(Everdell)のルール&レビューでした。

不満点も書きましたが、普通にカードコンボを作っていくのが面白くて、新しいコンボを発見するのが楽しみなボードゲームです!プレイ回数を重ねて理解が進むほど面白くなるのは間違いなさそうなので、もっと遊んでからレビューを更新したいと思います!

また、エバーデールは拡張も面白そうなので、日本語版待ってます!

▼エバーデール(Everdell)完全日本語版

エバーデールが好きな人におすすめのボードゲーム

エバーデールが好きな人におすすめのボードゲーム『ウイングスパン』

エバーデールが好きな方は、動物テーマで中~重量級のボードゲームの『ウイングスパン』がおすすめです!エバーデールよりもウイングスパンの方が「ボードゲーム初心者向け」のゲームだと思います。