メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

>>AmazonのボードゲームランキングTOP100を見る

【ニュース】BGGで注目度No.1のレース系ボードゲーム『ヒート』が発売!

ヒート ボードゲーム
  • URLをコピーしました!

昨日ホビージャパンさんから『ヒート 日本語版』の発売アナウンスがありました!

世界最大のボードゲームサイトBGGのホットネスで1位になっていて、海外での注目度はトップクラス!

個人的にも、レースゲームというテーマにめっちゃ惹かれるし、仲間内でも絶対に盛り上がりそう。そして、ゲーム内容はハンドマネジメント系なのでかなり好きな部類。さらに6人で遊ぶことがちょくちょくあるので、ベストが5~6人というのも自分の中では熱い!

今回は、めちゃくちゃ気になるボードゲーム『ヒート(Heat: Pedal to the Metal)』について調べたので、どんなボードゲームなのかを紹介します!

予約始まりました

ホビージャパン(HobbyJAPAN)
ゲーム名ヒート
プレイ人数1~6人
プレイ時間60分
対象年齢10歳~
発売時期2023年1月
デザイナーDaniel Skjold Pedersen
Asger Harding Granerud
版元Days of Wonder
日本語版販売ホビージャパン
価格9,350円(税込)
関連ページホビージャパンの公式ページ
Board Game Geek
目次

ヒートはどんなボードゲーム?

ヒートは、1960年代の熱いレースシーンを舞台にした、ハンドマネジメント系ボードゲームです。

ボードゲーム『ヒート』

ギアをシフト(1速~4速)して、手札からカードをプレイすることで車の速度をコントロールして、誰よりも速くゴールすることを目指します。

レースに勝つためにはスピードが重要ですが、スピードを出し過ぎるとコーナーを曲がり切れずにスピンしてしまうこともあります。時には、スピードを抑えて、クールダウンするのも大事です。

また、上級モードでは天候や路面状況が変化して、通常とは違った状況でのレースをプレイすることもできます。また、自動運転ドライバーを追加することで、ソロプレイをしたり、人数追加することもできます。

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

ヒートのルール・遊び方

ルールブックに一通り目を通したので、ヒートのルール・遊び方を簡単に紹介します。

ゲームの目的

ゲームの目的は、誰よりも速く既定の回数を周回する(2周 or 3周)こと。

周回回数は、4種類あるコースのうちどれを選ぶかで変わります。

ギアを変えて、カードを出す

手番の最初にギアをシフトできます。

ギアは1速~4速まであり、1つ上げたり、1つ下げたりできます。(一気に2段階の上げ下げもできますが、デッキにお邪魔要素のヒートカードが追加される)

個人ボード右側の数字(1~4)がギア

参考:BGG

ギアの数値は、その手番中にプレイできるカード枚数です。1速なら1枚、4速なら4枚プレイできます。

手札からギアに応じた枚数のカードを場に出します。

カードには0~5までのスピード(数値)があり、その合計値分を進めます。

引用:BGG

プレイヤーはカードの数値でスピードをコントロールして、1位を目指します。

ただ、デッキの中には何マス進むか分からないストレスカードというものも混ざっています。ストレスカードを出した場合は、デッキの一番上から引いて、出てきた数値がこのカードのスピードになります。

使ったカードは捨て札にして、手札は手番の最後に7枚になるように補充します。

コーナーではスピードの出しすぎ注意!

コーナーでスピードを出し過ぎるとスピンしてしまう可能性があります。

コーナーには制限速度(2とか3とか)が設定してあります。

コーナーの数字が制限速度(上の画像は5)

引用:BGG

コーナーを通過した時に合計スピードが制限速度を超えてしまっていたら、ペナルティーとしてお邪魔要素のヒートカードをデッキに加えなければなりません。

さらに、既にデッキにヒートカードが一定枚数入っていてそれ以上加えられない場合は、スピンしてしまいます。スピンしたら、コーナーよりも手前に戻り、1速にして、さらにストレスカードを手札に加えなければなりません。

手番中に1回だけブーストできる

また、手番中に1回だけ、自分のスピードを上げるためにブーストすることもできます。

ブーストする場合は、ヒートカード(お邪魔要素)をデッキに加える代わりに、デッキからカードを引いて、カードに書かれているスピードの分だけ進めます。

クールダウンでヒートカードを取り除く

先ほどからお邪魔要素と言っているヒートカードは、何の役にも立たないカードで、デッキの回転率が低下してしまいます(ドミニオンでいうところの呪い)。ゲーム開始時にはデッキに1枚入っていて、最大で6枚追加される可能性があります。

このヒートカードをデッキから取り除くためには、クールダウンする必要があります。

クールダウンすることで、手札のヒートカードを1枚取り除くことができます。クールダウンは低速ギアにすることで実行できて、2速ギアにすることで1枚除外、1速ギアにすることで3枚除外できます。

ゲームの終了

規定のラップ数を終えて、最初にフィニッシュラインを通過したプレイヤーの勝利です。

複数のプレイヤーが同じラウンドにフィニッシュラインを通過した場合は、より前に進んでいるプレイヤーの勝ちです。

ヒートの上級モード

ヒートの上級モードでは、レースカーをカスタマイズできたり、天候・路面状況が変化したりします。

①レースカーをカスタマイズできる

参考:BGG

上級ルールでは、自分のレースカーをカスタマイズすることができます。

ゲーム開始前にドラフトで改良カード3枚を手に入れて、自分のデッキに組み込めます。

四輪駆動・冷却システム・ウイング・サスペンションなど様々な改良カードがあり、通常カードにはないハイスピードのカード、特殊効果付きのカードなどがあります。

②天候・路面状況が変わる

参考:BGG

ゲーム開始前に、6枚の天候トークンから1枚引いて、その効果が適用されます。天候カードは、各プレイヤーのデッキにヒートカードやストレスカードを追加するなどの効果があります。

また、各コーナーに路面状況トークンを1枚ずつ置いて、路面状況を変化させて遊ぶこともできます。これにより、特定のコーナーやセクターに、制限速度の変更や永続的な効果が加わります。

最後に:

以上が、ボードゲーム『ヒート(Heat: Pedal to the Metal)』の紹介でした。

価格は9,350円と高めだけど、テーマもゲーム内容も好みだし、5~6人で遊ぶ中量級として手に入れておきたいボードゲームです!これは、今年初めて買うボードゲームになりそう。

今のところ、ヒート日本語版の発売予定日は1月下旬です。

また、この他の新作ボードゲームについては『新作ボードゲームの発売予定一覧表』にまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

実際に遊んで余裕があったら、またレビューを更新したいと思います。

【追記】予約しました!届くのが楽しみ!

ホビージャパン(HobbyJAPAN)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次