Amazonの『ボードゲームランキングTOP100』はこちら>>

【ボドゲ紹介】『プロジェクトL』ピースがどんどん増える拡大再生産系パズルゲーム

【ボドゲ紹介】『プロジェクトL』ピースがどんどん増える拡大再生産系パズルゲーム

今回は、拡大再生産系パズルゲーム『プロジェクトL』のルール&レビューを紹介します。

他のパズルゲームにはない斬新さがありつつ、シンプル&スピーディーで遊びやすいボードゲームです。2021年5月にホビージャパンから多言語版が発売しました。

はとまめ
はとまめ

こんにちは、はとまめ(@boku_bodo)です。
プロジェクトLは、拡大再生産とパズルの気持ちよさを両方味わえるので、勝っても負けても満足度が高いゲームです!サクッと20~30分で遊べるライトな感じも含めてめちゃくちゃ気に入っています。

プロジェクトL

商品名プロジェクトL
プレイ人数1~4人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~
ジャンルパズル・拡大再生産
発売時期2020年
デザイナーJan Soukal
Michal Mikeš
Adam Španěl
版元Boardcubator s.r.o.
日本語版販売ホビージャパン
価格4,400円(税込)
スポンサーリンク

プロジェクトLはどんなボードゲーム?

プロジェクトL『拡大再生産』×『パズル』の新感覚ボードゲームです。

独特なポイントは、パズルを完成させると「新しいピースの獲得&使用済みピースの再利用」ができるところ。

プロジェクトL|ボードゲーム

最初は手持ちがピース2個だけなので簡単なパズルにしか挑戦できませんが、中盤~後半にはたくさんのピースを所持しているのでより高難易度のパズルに挑戦できるようになります。

はとまめ
はとまめ

ルールが簡単・見た目が良い・インタラクション弱めなので、ボドゲ初心者に紹介しやすいボードゲームだと思います!

プロジェクトLの『内容物』

プロジェクトLの内容物がこちら。

内容物|プロジェクトL

【内容物】
ピース90個 / 白パズル32枚 / 黒パズル20枚 / プレイヤーガイド4枚 /

プロジェクトLの『ゲーム準備』

まずは、プロジェクトLのゲーム準備からです。

最初の手持ちのピースとして「レベル1のピース」「レベル2のピース」を1個ずつ受け取ります。

ゲーム準備|プロジェクトL

「レベルの数=埋められるマスの数」なので、レベル1は1マス分、レベル2は2マス分のピースです。

「白パズル」と「黒パズル」の山札をテーブルの中央に置いて、4枚ずつオープンにします。

パズルを4枚ずつ公開する|プロジェクトL

はとまめ
はとまめ

白は簡単で低得点黒は複雑で高得点のパズルです!

プロジェクトLの『ルール』

ここからは、プロジェクトLのルール・遊び方を紹介します。

手番でできる5つのアクション

手番でできるアクションは以下の5種類です。

  1. パズルの獲得
  2. レベル1ピースの獲得
  3. ピースのアップグレード
  4. 全てのパズルにピースを1個ずつ配置(1回のみ)
  5. 1つのパズルにピースを1個配置

手番では、この5種類のアクションを3回実行できます。同じアクションを複数回行ってもOKです。

ここからは、各アクションを紹介していきます。

アクション①|パズルの獲得

まずは、場の8枚のパズルから好きなパズル1枚を獲得して、自分の前に置きます。

パズルを取る|プロジェクトL

支払うコストなどはないのでどれを選んでOKですが、最初は簡単な白パズルから取りましょう。パズルを取ったら、対応する山札から場のパズルを補充します。

自分の前に置けるパズルは最大で4枚までです。

自分の前に置けるのは4枚まで|プロジェクトL

アクション②|レベル1ピースの獲得

場から「レベル1のピース」を獲得して、自分の手持ちのピースに加えることができます。

レベル1のピースを獲得する|プロジェクトL

アクション③|ピースのアップグレード

自分の手持ちのピース1個を1レベルアップさせることができます。

例えば、「レベル2のピース」なら「レベル3のピース」にアップグレードできます。

ピースのアップグレード|プロジェクトL

また、アップグレードする代わりに、現在のレベル以下のピースに交換することもできます。

【補足】レベル1~レベル4のピース全種類ピースの種類|プロジェクトL

アクション④|全てのパズルにピースを1個ずつ配置

プロジェクトLで最も重要なのがこのマスターアクションで、1手番に1回のみできます。

自分の前にある全てのパズルに手持ちのピースを1個ずつまで置くことができます。

例えば、自分の前にパズルが3枚ある場合は、3枚のパズル全てにピースを1個ずつ置くことができます。

全てのパズルにピースを1個ずつ置く|プロジェクトL

ちなみに、一度置いたピースは動かせないので、よく考えてから配置しましょう。

ピースを配置してパズルの白い枠が全て埋まったら完成です!完成したパズルに書いてある「点数」と「報酬」を獲得します。(点数は左上の数字、報酬は右上に書いてあるピース)

点数と報酬|プロジェクトL

そして、完成したパズルは手元から取り除くので、手元のパズル枠が1つ空いて新たに1枚のパズルが置けるようになります。

また、完成したパズルに使ったピースは回収して再使用できるようになります。

アクション⑤|1つのパズルにピースを1個配置

先ほどのアクションは1手番1回のみですが、さらにピースを置きたい場合は、1つのパズルにピースを1個だけ置くことができます。

ピースを1個置く|プロジェクトL

ゲームの終了

黒パズルの山札がなくなったら、ゲーム終了条件が満たされます。

ゲームの終了|プロジェクトL

黒パズルの山札がなくなったターンの次のターンが終わったら、ゲーム終了です。

最後の仕上げ

ゲーム終了後に、自分の手元にパズルが残っている場合は、手持ちのピースを好きなだけ置いて、パズルを完成させることができます。

ただし、ペナルティーとして「配置するピース1個につき-1点」となります。

最後の仕上げ|プロジェクトL

得点計算

完成させた全てのパズルの点数を合計して、そこから最後の仕上げに使ったピースの数を減点したのが、そのプレイヤーの最終得点になります。

得点計算|プロジェクトL

合計点を比べて、最も点数が高い人の勝利です。

プロジェクトLの『改訂版ルール』

ここまではプロジェクトL多言語版の説明書通りのルールを紹介しましたが、実は海外のボードゲームサイトBGGには公式の改訂版ルールがアップされています。

公式によると、プロジェクトLを遊んだ多くの人たちからフィードバックをもらったことで、より面白くなるように微調整を加えたそうです。

改訂版ルールでは、以下の6つの変更点があります。

プロジェクトLの改訂版ルールの変更点まとめ

場に欲しいパズルがないときの新アクションや、パズルを取り過ぎた時のペナルティなどの良調整が入っているので、詳しくは『プロジェクトLの改訂版ルールを紹介』をチェックしてみてください。

【改訂版ルール】プロジェクトLの新スタンダードルール(6つの変更点)を紹介
現在、BGGにはプロジェクトLの改訂版ルールブックがアップされています。 公式によると、プロジェクトLを遊んだ多くの人たちからフィードバックをもらったことで、より面白くなるように微調整を加えてルール改訂を行ったそうです。 現在ホ...

プロジェクトLの『バリアントルール』

また、プロジェクトLには、公式サイトでいくつかのバリアントルールが公開されています。

  • スコアリング…特定のピースが追加得点になる。
  • ピース・アンロック…ロック解除したら新しいピースが使えるようになる。
  • アグレッシブデュエル…2人用。パズルを完成させて攻撃、完成したパズルで防御する。

自分用に翻訳しましたが、ついでにブログ用にもまとめたので、プロジェクトLを持っている方はぜひ遊んでみてください。

関連プロジェクトLのバリアントルール3種類

【バリアントルール】『プロジェクトL』の追加ルール3種類を紹介
今回は、プロジェクトLのバリアントルール3種類を紹介します。 バリアントルールは説明書に載っていませんが、プロジェクトLを制作したBoardcubatorの公式サイトで確認できます。自分用に翻訳しましたが、せっかくなのでブログ用にもま...

プロジェクトLの『レビュー』

最後は、プロジェクトLのボードゲームレビューです。

拡大再生産×パズルの融合!

プレイ画像|プロジェクトL

まだプロジェクトLを数回しか遊んでいませんが、パズル系ゲームの中では一番好きかも、くらい気に入っています!

プロジェクトLの特徴は、何と言っても「パズルに拡大再生産要素が加わっている」こと。最初の手持ちはピース2個だけですが、パズルを完成させる度に新しいピースが増える上に使ったピースも再利用できるので、徐々に高難易度のパズルが解けるようになっていきます。ウボンゴなどの定番パズルゲームにはない要素なので、とても新鮮でした!

プロジェクトLの良いところは「パズルを完成させる気持ちよさ」と「ピースがどんどん増えていく気持ちよさ」が合わさって、手番の度に気持ちよくなれる瞬間があること。パズルと拡大再生産の良い部分がしっかり味わえます。そして特に爽快だったのが、4枚のパズルを一気に完成させて大量のピースを一度に手に入れられた時!ゲーム後に心地いい感じが残って、負けても後味の良いゲームでした。

高得点(黒パズル)を取りに行くタイミングが重要

プロジェクトL

プロジェクトLで大事だと思ったのは、高得点パズル(黒パズル)を取りに行くタイミングです。

奥さんと2人で初見プレイした時、僕は序盤に簡単なパズルでピースを集めてから高得点パズルに取り掛かろうという方針でプレイ。ただ、奥さんは「えっ、もう取るの?」って思わずつっこんでしまうくらいの序盤から黒パズルを獲得。「さすがに序盤で取るのは悪手では…」と心の中で思いつつ、自分はピースが溜まった中盤から黒パズルに手を伸ばしていく。中盤~終盤も圧倒的優位と思っていましたが、終わってみると20対22でまさかの負け…。

黒パズルに手を出すのがちょっと遅かったかも…と反省。黒パズルの残り枚数がゲーム終了のトリガーになっているので、相手の動向に合わせてタイミングを見計らうのが大事そうです…。

はとまめ
はとまめ

ピースの取り過ぎは要注意…たくさんあっても使わなくなるので…

【最後に】ファミリーゲームやボドゲ入門にぴったり!

レビュー|プロジェクトL

以上が、プロジェクトLのルール&レビューでした。

プロジェクトLはパズルと言っても早解きじゃないし、パズル自体は超簡単なので、ウボンゴなどの早解きパズルが苦手な人でも楽しめる間口の広いゲームだと思います。

また、ルールが簡単・20~30分で遊べる・見た目が良い・インタラクションが弱いので、ボードゲームの入門にぴったりです。皆がイメージするパズルゲームとは違った斬新さを体験できるので、ボドゲ初心者がボードゲームの面白さに気づくきっかけにもなると思います。

僕はまだプロジェクトLを2人プレイしかしていませんが、夜中に奥さんとサクッとできるライトな感じがちょうど良かったです。個人的にかなり刺さるゲームだったので、そのうちソロゲームや公式で公開しているバリアントルールも遊んでみようと思います!

プロジェクトL

関連プロジェクトLの改訂版ルールを紹介

【改訂版ルール】プロジェクトLの新スタンダードルール(6つの変更点)を紹介
現在、BGGにはプロジェクトLの改訂版ルールブックがアップされています。 公式によると、プロジェクトLを遊んだ多くの人たちからフィードバックをもらったことで、より面白くなるように微調整を加えてルール改訂を行ったそうです。 現在ホ...

関連プロジェクトLのバリアントルール3種類

【バリアントルール】『プロジェクトL』の追加ルール3種類を紹介
今回は、プロジェクトLのバリアントルール3種類を紹介します。 バリアントルールは説明書に載っていませんが、プロジェクトLを制作したBoardcubatorの公式サイトで確認できます。自分用に翻訳しましたが、せっかくなのでブログ用にもま...

【関連記事】パズル系ボードゲーム

【ボドゲ紹介】『メンタル・ブロックス』断片的情報を教え合うパズルゲーム
メンタル・ブロックス(Mental Blocks)は、みんなで協力しながら3Dパズルに挑戦するボードゲームです。各プレイヤーはそれぞれ「1方向側から見た完成図」を知っているので、みんなで話し合って制限時間内にパズルの完成を目指します。 ...
『タイニータウン(Tiny Towns)』ボードゲームのルール&レビュー:小さな町作りパズルゲーム
タイニータウン(Tiny Towns)は、小さな町に様々な建物を建てることで、4マス×4マスのボードを埋めていくパズル系ボードゲームです。 2019年にアメリカのAEGから発売され、2020年にケンビルから日本語版が発売されました。 ...
【ゲーム紹介】『ウボンゴ』パズルの完成スピードを競う定番ゲーム
ウボンゴ(Ubongo)は「パズルの完成スピードを競う」という定番のパズル系ボードゲームです。スタンダード版を中心に、「3D版」「ミニ版」など様々な種類があります。 最近では、「モヤモヤさまーず」や「ダウンタウンのガキの使いやあらへん...
【ボドゲ紹介】『ウボンゴ3D』鬼畜レベルに進化した立体パズルゲーム
定番パズルゲームの進化版『ウボンゴ3D』の日本語版が2020年9月にGPから発売しました。 ウボンゴ3Dの特徴は、その名の通り「パズルが立体的になっている」ところです。3D化したことで、これまでのウボンゴよりもめちゃくちゃ難しくなって...
【パズル紹介】『カタミノ(Katamino)』カラフルブロックの知育パズルゲーム
カタミノ(Katamino)は、カラフルなブロックをボード上に隙間なく埋めたら完成、という知育玩具パズルゲームです。1人用のパズルとしても、2人対戦ゲームとしても遊べます。 フランスのギガミック社(Gigamic)から1992年に発売...
【ボドゲ紹介】『ナインタイル』タイル9枚の早解きパズルゲーム
ナインタイルは「9枚のタイルを動かして、一番早くお題通りに並べるだけ」というボードゲームです。一時期テレビ番組「今夜はナゾトレ」で紹介されて、売り切れ状態になり価格が高騰してなかなか手に入らなくなったほどの人気ゲームです!いまでは普通に買え...
【パズル系ボードゲーム10選】早解き・3D・協力系などを徹底紹介
『パズル系ボードゲーム』のおすすめ作品を紹介しています。最近では、定番の「早解きゲーム」以外にも、「協力系」「立体系」「バランス系」などの新しい要素が組み合わさった新鮮なパズルゲームが増えています。