『クリスマスプレゼント』におすすめのゲームはこちら>>

【ボドゲ紹介】『アズール(Azul)』綺麗なタイルの奪い合いゲーム

4.5
『アズール(Azul)』ボードゲームのルール&レビュー:王宮の壁にタイルを貼るゲーム

アズール(Azul)は「王宮のタイル貼り」をテーマにした、見た目がとても美しいボードゲームです。

「なんだ、見た目重視のゲームか…」

と思った方…
僕も最初はそんなイメージでしたが、少し遊ぶと気づきます。

オシャレさはおまけで、かなりガチなボードゲームであると。

「このタイルを取りたいけど、相手にあのタイルを渡したくない」というジレンマに毎回悩まされたり、「邪魔し邪魔される」という妨害要素が強めなので、「これぞボードゲーム!!」といった濃厚なプレイ感を楽しめます。(ワイワイガヤガヤなゲームではありません)

ちなみに、アズールは「2018年ドイツ年間ゲーム大賞」を受賞した、世界的にも評価の高いボードゲームです。今回はそんな人気ボードゲーム『アズール(Azul)』のルール&レビューを紹介します。

▼アズール(Azul)

商品名アズール
プレイ人数2-4人
プレイ時間30-45分
対象年齢8歳以上
ジャンルタイル配置
発売時期2018年
デザイナーMichael Kiesling
国内メーカーホビージャパン

▼第2弾『アズール:シントラのステンドグラス』

▼第3弾『アズール:サマーパビリオン』

▼ボドゲブロガーが選ぶ!ボードゲームランキング

アズール(Azul)はどんなボードゲーム?

アズールは「プレイヤーがタイル職人となって、王宮の壁をキレイに装飾する」というボードゲームです。

王宮の壁、というとこんなイメージでしょうか。

アズール(Azul)は「タイル職人となって、王宮の壁をキレイに装飾する」というボードゲーム

アズールの世界観とズレている気もしましたが、気のせいでしょう。こんな感じの美しい壁を作るのが目的です。

ゲームでは「 タイルの購入 ⇒ 図案作り ⇒ 完成したタイルを壁に貼る 」という流れでプレイして、その美しい壁の完成度を競います。

アズール(Azul)のゲームの流れ「タイルの購入⇒図案作り⇒タイルを壁に貼る」

 

実際のプレイでは、下のようにボード上の壁にタイルを次々と貼っていきます。

ボードゲーム『アズール』壁にタイルを次々と貼っていく

ゲーム終盤では、たくさんのタイルを敷き詰めてキレイな壁が出来上がります!

アズール(Azul)の『内容物』

アズール(Azul)に入っているものがこちら。

ボードゲーム『アズール(AZUL)』に入っているもの

<アズールの内容物>
アズール袋 / 個人ボード4枚 / タイル類 / 丸皿 / 得点マーカー

美しいタイルがたくさん!

宮殿の壁を装飾するゲームなので、メインのコンポーネントは「大量のタイル」です。

ボードゲーム『アズール』には大量のタイルが入っている

5種類のタイルが全部で100個も入っています!

このタイルは付属の袋に入れて、ランダムに取り出せるようにしておきます。

アズール:タイルは袋に入れて、ランダムに取り出せるようにしておく

1人1枚ある「個人ボード」

個人ボードには「得点表」「図案ライン」「王宮の壁」「床ライン」という4つのエリアがあります。

アズール(Azul)の個人ボード

アズール(Azul)の『ゲーム準備』

テーブルの中央に数枚の丸皿を置き、袋からランダムに取り出したタイルを4個ずつのせます。

アズール(Azul):丸皿の上にタイル4枚を展示する

アズール(Azul)の『ルール』

ここからは、アズールのルール・遊び方を詳しく紹介します。

①タイルの獲得

まずは「タイルの獲得」です。獲得方法は「①丸皿から取る」「②中央から取る」という2つの方法があります。

A.「丸皿」からタイルを獲得

1つの丸皿を選び、そのお皿にある1色全てのタイルを獲得できます。

アズール(Azul)のタイルの獲得方法:丸皿から獲得する例:黒のタイル2個を獲得して、残りの2つのタイルを場の中央に置く

選んだ色以外のタイルは「場の中央」に置きます。

B.「中央」からタイルを獲得

場の中央にあるタイルから1色全てのタイルを獲得できます。

アズール(Azul)のタイルの獲得方法:中央から獲得する例:場にあるオレンジのタイル3個を獲得

②図案ラインに配置

獲得したタイルを、個人ボードの左側の「図案ライン」に配置します。

下の画像のように、図案ラインには5つの段があり、それぞれ1~5個のタイルが置けるようになっています。

アズール:図案ラインには1~5個のタイルが置ける

タイルは任意の段に「右詰め」で置いていき、1つの段のすべてのスペースにタイルが配置されたら、その段は完成です。できるだけ多くの段をタイルで一杯にすることを目指します。

ただし、タイルの置き方には大事な2つのルールがあります!

ルール①:同じ段には同じ色しか置けない

既にタイルが置かれている段には「同じ色」しか置けません。

アズールのルール①:タイルが置かれている段には「同じ色」しか置くことができない

上のように、既に「オレンジ」のタイルが置かれている場合、続けて置けるのは同じ「オレンジ」のタイルだけです。水色など、その他の色のタイルは置けません。

ルール②:置けないタイルは床ラインへ

複数のタイルを置いている途中で1つの段が一杯になってしまった場合、置けずに余ったタイルは「床ライン(ボード下部)」に置かなければなりません。

アズールのルール②:置けずに余ったタイルは床ラインに置く例:水色タイル2個を獲得し、1個を4段目の残り1つのスペースに置き、余った1個は床ラインに置く

「床ラインに置く」=「タイルを床に落としてしまった」ということで、床ラインに置いたタイルはマイナス点となってしまいます。

できるだけ余らないように、計画的に獲得しましょう。

③全てのタイルがなくなったら購入終了

手番では、「①タイルの獲得」⇒「②図案ラインに配置」を終えたら、次のプレイヤーの手番になります。

①・②を繰り返し、場の全てのタイルがなくなったら、獲得フェイズ終了です。

『アズール』場の全てのタイルがなくなったら購入フェイズ終了

④タイルを壁に貼る

タイルの獲得&図案ラインへの配置が終わったら、次は「壁の装飾」です。

完成したタイルを壁に貼る

先ほどの図案ラインの中で横一列タイルで埋まっている段は「図案が完成したタイル」です。

『アズール』横一列埋まっている段は「図案の完成したタイル」横一列埋まっている1・2・4段目が完成している

図案が完成したタイルは、右側の壁エリアに貼っていきます。

完成したタイルを1つ取り、「同じ段の同じ色の壁」に配置します。

アズール(Azul):完成した段のタイル1つを「同じ段の同じ色」の壁に移動させる

上のように、完成したタイル1個を横に移動させて、同じ色のマスに置きます。違う色のマスに移動させることはできません。

残ったタイルはゲーム外へ

完成したタイルを移動させた後、同じ段に残ったタイルはゲーム外に除外します。

アズール:残ったタイルはゲーム外に除外

未完成の段は、次のラウンドに引き継ぐ

未完成の段は、何もせずに次のラウンドに引き継ぎます。

アズール:未完成の段は次のラウンドに引き継ぐ

⑤得点マーカーを動かす

壁にタイルを配置したら点数が入るので、個人ボード上の得点マーカーを動かします。

点数は「配置状況」で変わる!

基本的にタイル1枚を壁に貼ることで「1点」獲得となります。

アズールの得点:タイル1枚貼ることで「1点」獲得

しかし、これだけではありません!

アズールの醍醐味は「タイルの配置状況で点数が変わる」ところです。

どいうことかと言うと…

置いたタイルの上下・左右に繋がっているタイルがあれば「繋がっている枚数分の点数」がもらえます!!

アズールの得点:タイルが上下・左右に繋がっていれば「繋がっている枚数分の点数」がもらえる

上のように、上下に3枚繋がれば「3点」、左右に4枚繋がれば「4点」が入ります。もちろん、上下・左右ともに繋がれば大量得点も可能です!

このように、タイルの置き方で点数が変わるので、タイルをどのように配置していくかがとても重要です。

⑥ラウンドの終了

タイルを壁に貼って得点計算が終わったら、ラウンド終了です。

ゲーム開始時と同じように、丸皿の上にタイルを4個ずつ置いて、①~⑤を繰り返します。

⑦ゲームの終了

誰かが壁のタイルを横一列に5枚並べると、ゲーム終了です。

ボードゲーム『アズール』:誰かが壁のタイルを横一列に5枚並べるとゲームの終了

ゲーム終了時には、以下の「得点ボーナス」があります。

  • 壁のタイルが「横一列に5枚」並んだら2点
  • 壁のタイルが「縦一列に5枚」並んだら7点
  • 「同じ色のタイルを5枚」配置したら10点

これらの得点ボーナスを計算して、最後に点数が最も高い人の勝利となります。

アズールの拡張『クリスタルモザイク』が発売

アズールの拡張セット『クリスタルモザイク』が2020年2月28日に発売します。

個人ボードに被せることでタイルをきっちりはめ込むことができる『アクリル製カバー』と、新たな課題や得点が加わった『新しい個人ボード(裏・表)』が入っています。

より遊びやすく、より難易度アップすることができる拡張セットです。

▼アズール拡張『クリスタルモザイク』

アズールシリーズは第3弾まである!

アズールシリーズは3部作

アズール(Aul)はシリーズ化していて、現在では「第3弾」まであります。

【第2弾】アズール:シントラのステンドグラス

アズールシリーズの2作目『アズール:シントラのステンドグラス』
アズールの2作目は『アズール:シントラのステンドグラス』というボードゲームです。

この作品はその名の通り、「ステンドグラス職人」になって王宮の窓をステンドグラスで装飾する、という内容です。ゲーム性はアズールよりも複雑化してより戦略的な要素が増えています。アズールが気に入ったらこちらも遊んでみましょう!

ちなみに、この作品はアズールの拡張版ではないので、アズールなしでも遊ぶことができます。

【第3弾】アズール:サマーパビリオン

アズールの3作目『アズール:サマーパビリオン(azul:summer pavillion)』

そして新作となる3作目は『アズール:サマーパビリオン(azul:summer pavilion)』です。

自分も先日遊びましたが、「タイルの形がひし形」になり、新要素として「どんな色としても使えるワイルドカラー」「特定の配置にすると獲得できるボーナスタイル」などが追加されていました。

アズール:サマーパビリオン

サマーパビリオンは、アズールよりもプレイ感が「マイルド」になり、より万人向けの仕様になったという印象です。個人的には、優しい・遊びやすいという点で、アズールよりも好きです。

日本語版は、2020年2月28日に発売します。アズールを遊んだことがある人にも、ない人にもぜひ遊んでもらいたい作品です。

▼サマーパビリオンの詳しいルールはこちら。

アズール(Azul)の『レビュー』

アズール(Azul)のボードゲームレビュー

文章にすると長くなってしまいますが、実際のプレイは「好きなタイルを取って並べるだけ」ととても簡単です!さらに、「見た目の美しさ」と「タイル配置がパズル的で面白い」というのもあって、ボードゲーム初心者にも好印象なボードゲームです。初心者同士で「自分の盤面だけをみて軽く遊ぶ」という楽しみ方もアリだと思います!

一方で、ボードゲーマーでも「自分の欲しいタイルを取るか」「相手の妨害をするか」というジレンマに悩まされ続けるので、シンプルだけどしっかりとした遊び応えがあります。特に慣れてくるとマイナス点の押し付け合いになり、かなりシビアなゲームになります。

我が家では休日の夜に妻とボードゲームをするのですが、「2人ともじっくり考えるゲームが好み」&「片付けが楽なのがいい」ということで、アズールの登場頻度が高めです。2人で遊ぶゲームを探している人にもおすすめです。(2人プレイ時のほうがより戦略的なゲームになります)

▼アズール(Azul)

▼アズール:シントラのステンドグラス

▼アズール:サマーパビリオン

▼サマーパビリオンの詳しいルールはこちら。

ボドゲブロガーが選ぶ!ボードゲームランキング

僕がこれまで遊んできたボードゲームの中で、特にお気に入りのボードゲームをランキング形式で紹介しています。面白いボードゲームを探している方はぜひチェックしてみてください!