【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ごきぶりポーカー』のルール&レビュー:嘘を見抜くブラフ系カードゲーム

3.5
『ごきぶりポーカー』のルール&レビュー:嘘を見抜くブラフ系カードゲーム

ごきぶりポーカーは、ゴキブリやカメムシ、ネズミなどの「嫌われ者カード」を押し付け合いながら、相手の宣言が「嘘」か「本当」かを見抜くブラフ系カードゲームです。

ドイツのドライ・マギアから2004年に発売し、日本ではメビウスゲームズが販売しています。

今回の記事では、『ゴキブリポーカーのルールからレビュー評価』まで詳しく紹介します。

▼ゴキブリポーカー

ジャンルブラフ系
プレイ人数2-6人
プレイ時間20分
対象年齢8歳以上
発売時期2004年
デザイナーJacques Zeimet
メーカーメビウスゲームズ
価格
スポンサーリンク

【まとめ】ごきぶりポーカーの評価


個人的評価:3.5

これ以上ないというくらいお手軽なブラフゲーム。

 

負けに近づいてくると周りから集中的に狙われるので、その立場になると緊張感のある読み合いを楽しめます!また、みんなが慣れてくると言葉にしていないのに以心伝心したかのような連携プレイができることがあり、それが決まるとかなり盛り上がります。

 

ルールが簡単なので初心者向けに見えるけど、実はそうでない面もあります。

 

理由は「集中狙い」と「蚊帳の外状態」。

詳しくは最後のレビューに書いていますが、特に「集中狙い」はゲームの性質上ほぼ確実に起きます。自分が遊んだ時は集中狙いされて涙ぐんでいた人がいたほど…かなり気まずい雰囲気を経験したことがあります。かといって勝ちにいかないとそれはそれで微妙なゲームになってしまいます。

 

そのため、遊ぶときは本気で潰し合っても空気が悪くならない間柄で遊びましょう。万人受けゲームではなく、かなり人を選ぶゲームだと思います。

アニメ放課後さいころ倶楽部の2話は『ゴキブリポーカー』

アニメ『放課後さいころ倶楽部』の第2話(2019年10月10日放送)でごきぶりポーカーが登場します。

放課後さいころ倶楽部は漫画も読んでましたが、かなり昔なので全然覚えておらず…どんな展開になるのか楽しみにしています!

ごきぶりポーカーの『内容物』

こちらがパッケージの表面。いじわるそうなゴキブリが映っています。

ごきぶりポーカーの内容物『パッケージ』

この箱に入っているのはカードのみです。

虫や動物などの「8種類の嫌われもの」カードが入っています。

 

まずは、嫌われ者の代表格、ゴキブリ

ごきぶりポーカーのカード『ゴキブリ』

1種類につき8枚あるのですが、どれも絵が違うところが良いですね。

 

次に、クモ。顔が怖い。

ごきぶりポーカーのカード『クモ』

 

そして、カメムシ。これは8種類の中ではかわいい方。

ごきぶりポーカーのカード『カメムシ』

 

その他にも、ネズミ、サソリ、ハエ、コウモリ、カエルのカードがあります。

ごきぶりポーカーのカード『ネズミ・サソリ・ハエ・コウモリ・カエル』

 

また、カードの裏面を見ると「全8種類の嫌われもの」が載っています。こんな感じ↓

ごきぶりポーカー:カード裏面には「8種類の嫌われもの」が載っている

「あれ、あと何がいたっけ?」となっても裏を見ればすぐに分かるようになっているので親切ですね!

ゴキブリポーカーの『準備』

まずは手札となるカードをランダムに配ります。

ごきぶりポーカーの準備:手札を配る他の人に見えないように持ちます

カードは全部で64枚(8種類×8枚)あるので、これらのカードが余らないように各プレイヤーに配りきります。

ごきぶりポーカーの『ルール』

ここから、ごきぶりポーカーのルール・遊び方を詳しく紹介していきます。

①カードを1枚選んで任意の人に渡す

最初のプレイヤーは、手札から「人に押し付けたいカード」を1枚選んで、押し付けたい人に裏向きで渡します。

カードを渡す時は「ゴキブリです」などと生き物の名前を宣言します。

ただこの時、をつくのもアリです!

ごきぶりポーカーのルール:生き物の名前を宣言して、カード1枚を渡す

上のように、カメムシを渡しながら「ゴキブリです!」と言ってもOKです。

②渡された人は「本当かウソかを当てる」か「他の人に渡す」

カードを渡された人は、次の2つのどちらかを行います。

  • 本当かウソかを当てる
  • 他の人に渡す

A. 本当かウソかを当てる

カードを渡してきた相手の宣言が「本当」か「ウソ」かを答えます。

ごきぶりポーカーのルール:カードを渡してきた相手の宣言が「本当」か「ウソ」かを答える

答えたら、カードを表にして答え合わせをします。

その結果、答えが

  • 合っていたら、宣言した人のミス
  • 間違っていたら、答えた人のミス

となります。

ミスした人は、ペナルティーとして、そのカードを自分の手元に置きます。

ごきぶりポーカー:ミスした人は、ペナルティーとしてカードを自分の手元に置く手元にカードが溜まると負けてしまいます

手元にカードを置いたら、ミスした人が手札から1枚選んで同じようにプレイを続けます。

B. 他の人に渡す

また、本当かウソかを当てずに「カードを他の人に渡す」こともできます。

カードを渡す場合は、カードの内容を自分だけこっそり確認します。

ごきぶりポーカー:カードを他の人に渡す場合は、カードの内容を自分だけこっそり確認する

そして、まだこのカードを見ていない人に、「嫌われ者の名前」を宣言しながら裏向きで渡します。

この宣言も、前の人と同じことを言っていいし、変えても大丈夫です(本当でもウソでもOK)。

ごきぶりポーカー:他の人にカードを渡す時は前の人と同じことを言っていいし、変えてもOK

上のように「ゴキブリです」と言って渡されたカードを、他の人に「ハエでした」と宣言を変えても構いません。

 

次に渡されたプレイヤーも、同じように「A.本当か嘘かを当てる」か「B.他の人に回す」のどちらかを行います。

カードを他の人に渡すときは、カードをまだ見ていない人にしか渡せません。つまり、まだカードを見ていない人が自分だけの時は必ずウソか本当かを当てなければなりません。

 

このような流れでプレイを続けていくと、次第に各プレイヤーの前にペナルティーのカードが溜まっていきます。

ゲームの終了

ゲームが進んで手元に「同じカードが4枚溜まった人の負け」となります。

ごきぶりポーカーのゲーム終了『同じカードが4枚溜まった人の負け』

一人負けが決まった時点でゲーム終了です。

 

また、バリエーションルールですが、手元に「8種類全てのカードが溜まったら負け」というルールもあります。

ごきぶりポーカーのバリエーションルール:手元に8種類全てのカードが溜まったら負け」

このルールを追加した方が絶対に面白いです。自分が遊ぶときは必ず採用しています!

 

以上が、『ごきぶりポーカーのルール紹介』でした。

要約すると「カードを渡して、渡された人は答えるか、他の人に渡すかを選択するだけ」というとてもシンプルなルールです。ゲームをやりながらルール説明すれば、初めての人でもすぐに理解できます。

ごきぶりポーカーに合う『スリーブ』

ごきぶりポーカーのカードサイズに合うスリーブ

ごきぶりポーカーのカードに傷や汚れが付くと、それが目印となってカード内容がバレてしまうかもしれないので、スリーブをつけて保護するのがおすすめです。

ごきぶりポーカーのカードサイズは「59mm×91mm」なので、『ホビーベースのユーロサイズスリーブ(61mm×94mm)』が対応しています。

詳しくは、こちらの記事『ゴキブリポーカーにぴったりのスリーブを紹介』でも紹介しています。

【レビュー】ごきぶりポーカーの総合評価

ごきぶりポーカーのレビュー

ごきぶりポーカーを遊んだ感想

簡単なブラフゲーム

ごきぶりポーカーはルールがとても簡単で、これ以上ないというくらい簡単なブラフゲームです。

負けに近づくと周りがトドメを刺そうと集中的に狙ってくるので、その立場になるとかなり緊張感のある読み合いを楽しめます!

また、みんながゴキブリポーカーに慣れてくると「狙っている人にダイレクトにカードを渡さずに、何人かを経由して送りこむ」といった連携プレイができることがあります。決して言葉には出しませんが、ゲーム状況から察して意思の疎通ができるんですよね。これが決まるとかなりテンション上がります!

「集中狙い」が起こる

「1人が負けたらゲーム終了」なので、少しでも手元にカードが溜まったら、みんなから集中狙いされます。

自分が遊んだ時は涙ぐんでしまった人がいてとても気まずい雰囲気になりました…。その後、集中狙いを避けたプレイになったのですが、手加減しているような感じになってかなり微妙な空気でした…。

ごきぶりポーカーは万人受けしそうなゲームに見えて、かなり人(間柄)を選ぶゲームです。「集中狙いカモン!」くらい言えて潰し合える間柄で遊びましょう。

「蚊帳の外」問題

これも集中狙いに関係しますが、「1人が狙われやすいゲーム性」で「ミスした人から始まる」ので、人数が多いと全くカードが回ってこない人もいて、蚊帳の外になることがあります。

ゲームが終わったら「いやー今の読み合いは熱かったね!」と周りが盛り上がってる中、(自分は何もしてないんだけどな…)というような温度差が生まれることも…。

人数が多くなるとその傾向が顕著になるので、遊ぶなら4人前後がおすすめです。

ごきぶりポーカーの総合評価

5段階評価

個人的評価3.5
難易度1
戦略性2
運要素2
盛り上り度2
メリット
  • ルールが簡単
  • 以心伝心の連携プレイが面白い
デメリット
  • 集中狙いされる
  • 蚊帳の外になることがある

▼ごきぶりポーカー(日本語版)

タイトルとURLをコピーしました