メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

【ゲーム紹介】『ウノフリップ(Uno Flip)』裏返るとHARDモードに!?

【ゲーム紹介】『ウノフリップ(Uno Flip)』裏返るとHARDモードに!?
  • URLをコピーしました!

UNOシリーズの第三弾『ウノフリップ(UNO FLIP)』が発売しました!

これ、個人的には「本家越え」の面白さだと思います。

「カードを裏返す」というギミックで、より悩ましく、戦略的なUNOに進化しています。新しいファミリーゲームの定番になるのではないでしょうか。

今回は、そんな新しいUNOの『ウノフリップ』を紹介します。

▼ウノフリップ(UNO FLIP)

マテル(MATTEL)
¥700 (2022/05/20 08:25時点 | Amazon調べ)
商品名ウノフリップ
プレイ人数2~10人
プレイ時間
対象年齢7歳~
ジャンル戦略系

▼おすすめカードゲームランキング

目次

ウノフリップ(Uno Flip)はどんなゲーム?

基本的な遊び方はUNOと同じ

ウノフリップ(UNO FLIP!)の遊び方:基本的な遊び方はUNOと同じ

ウノフリップの基本的な遊び方は、通常版のUNOと一緒です。

場に出ているカードと「同じ数字」or「同じ色」のカードを出していき、全てのカードを出せたらゲーム終了となります。

「UNOの基本ルール」はこちらの記事で紹介しています。

ウノフリップはカードが反転する!?

ゲームタイトルの「FLIP」とは「反転させる」という意味です。

つまり、このUNOでは「カードを反転させて両面使う」という斬新なシステムになっています!

そのため、ウノフリップのカードは「表面」と「裏面」の両方に数字や記号が書かれています。

ウノフリップのカードは「表面」と「裏面」の両方に数字や記号が書かれている

ウノフリップでは、カードのふちが白くなっている表面は「ライトサイド」、黒くなっている裏面は「ダークサイド」と呼びます。

ダークサイドという名の通り、こちらの方がより強力でハードな効果が多くなります。

フリップカードが出たら、全てのカードが反転!

では、どのような時にカードを裏返すかというと…

「フリップカード」というカードが場に出たら、全てのカードを一斉に裏返さなければなりません。

ウノフリップ:フリップカードが場に出たら、全てのカードを一斉に裏返す

このフリップカードがでたら全員手札を反転させて、ダークサイド側にします。

例えば、このような手札が…

ウノフリップ:フリップカードで手札を反転させる

こうなります!

ウノフリップ:手札を反転させたら、これ以降は裏面のダークサイド側でプレイする

これ以降、裏面のダークサイド側でプレイすることになります。

反転することで、ただの数字カードが「ドロー5」などの強力なカードに変わることもあります。

ウノフリップ「反転することで強力なカードに変わることもある」

そのため、表面がただの数字カードでも反転した時のことを考えて「裏面が強いカードを取っておく」というのもこのゲームでの戦略となります。

「ダークフリップ」を出したらライトサイドに戻る

ダークサイド側にも、ライトサイドと同様のフリップカード「ダークフリップ」があります。

ウノフリップ:「ダークフリップ」を出したらライトサイドに戻る

この「ダークフリップカード」を出すことで、再度全員のカードを反転させて、ライトサイドに戻すことができます。

『ダークでHARDなカード』を紹介

ウノフリップ(UNO FLIP!)で追加された、強力な効果のカードをいくつか紹介します。

5枚引かせる!!『ダークドロー5』

僕らの知っている最強のカード「ドロー4」を超えるのが、この「ダークドロー5」です。

ウノフリップ(UNO FLIP!)で追加された強力なカード『ドロー5』

このカードがでたら、次の人はカードを「5枚」引かなければなりません。

ライトサイドでプレイしている時でも、カードの裏面を確認して、ダークドロー5があれば温存しておくのがいいでしょう。

全員スキップ!!『ダークスキップ』

通常のスキップは「次の人の順番を飛ばす」ですが、ダークスキップは「自分以外の全員を1回飛ばす」という効果になります。

ウノフリップ(UNO FLIP!)で追加された強力なカード『ダークスキップ』

つまり、このカードを出した人は、全員の順番を飛ばして、すぐにまた自分がプレイできます。

いつまで引くの!?『ダークカラーワイルド』

『ダークカラーワイルド』を出した人は好きな色を宣言して、次の人は宣言された色のカードが出るまでカードを引き続けなければなりません。

ウノフリップ(UNO FLIP!)で追加された強力なカード『ダークカラーワイルド』

場合によっては、ドロー5よりもひかされてしまう可能性も…なんとも恐ろしいカードです…。

マテル(MATTEL)
¥700 (2022/05/20 08:25時点 | Amazon調べ)

ウノフリップにおすすめの『スリーブ』

ウノフリップではカードを「引く」だけでなく「裏返す」ことも多いので、カードにダメージが入りやすいです。そのため、遊び始める前にスリーブをつけてカードを保護するのがおすすめです。

ウノフリップのカードサイズは87×56㎜なので、「ホビーベースのボードゲームサイズ スリーブ(90×58.5㎜)」がぴったりです。

ウノフリップにおすすめのスリーブ

カードは112枚あるので、この50枚入りスリーブが「3袋」あれば足りるようになっています。

ホビーベース(HOBBY BASE)
¥330 (2022/05/19 19:20時点 | Amazon調べ)

UNOの新作『ウノオールワイルド』が登場!

ウノオールワイルド|UNOシリーズの種類

2022年に発売した『ウノ(UNO)オールワイルド』は、全部のカードがワイルドカードになったUNOです。

ワイルドカードというと、場に関係なく出すことができて、色を指定できるという特別なカードでしたが、このゲームでは、リバース・スキップ・ドロー2など全てのカードがワイルド化してます。

全てのカードがワイルド化したUNO|ウノ オールワイルド!

全部がワイルドカード化していることで、色と数字の概念がなくなって、パスすることなく必ずカードが出せるようになっています。誰かの手札が残り1枚になったら、「2人の順番を飛ばす」「相手を指名するドロー2」「手札の強制入れ替え」などの効果カードであがるのを阻止します。

通常版のウノと比べると、考えどころが減って、思いっきりパーティーゲーム寄りになっています。一発ネタとしてはインパクト大です!

楽天ブックス
¥935 (2022/05/24 10:10時点 | 楽天市場調べ)

最後に:通常版のUNOよりもおすすめ!

以上が、『ウノフリップ(UNO FLIP!)』の徹底紹介でした。

個人的には、UNOよりも「ウノフリップ」のほうが断然おすすめです!

「フリップカードを使うタイミング」や「フリップカードを使われても大丈夫なようにカードを出していく」などの新しい悩ましさ・戦略が増えて、より面白くなっていると感じました。

また、「カードを裏返して効果が変わる」というゲームの方が展開が大きく変わって、子供的にも通常版よりもこちらのほうが楽しめると思います!新しいファミリーゲームとしておすすめです。

▼ウノフリップ(UNO FLIP)

マテル(MATTEL)
¥700 (2022/05/20 08:25時点 | Amazon調べ)

▼UNO(通常版)の正しいルールを徹底紹介

▼ウノオールワイルドのレビュー記事

こちらのボードゲームもおすすめ!

子供(5~10歳)向けのおすすめゲーム

ウノフリップのような、子供が楽しめるボードゲームはたくさんあります。下記の記事で『子供(5~10歳)向けのおすすめボードゲーム』を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめカードゲームランキング

僕がこれまで遊んだカードゲームの中で、特に「面白い!」と思ったゲームをランキング形式で紹介しています。こちらも見て頂けたら嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる