【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ピットデラックス(Pit Deluxe)』ボードゲームのルール&レビュー

3.5
『ピットデラックス(Pit Deluxe)』ボードゲームのルール&レビュー

ピットデラックスは「穀物取引」がテーマのボードゲームです。交換したい穀物の枚数を宣言して、交換相手が見つかれば自由なタイミングで即交換できる、というスピーディーな展開が特徴です。

モノポリーを作ったパーカーブラザーズ社から1904年に発売されて、100年以上経った今もなお遊ばれ続けています。

今回は、『ピットデラックス(Pit Deluxe)』のルール&レビューを紹介します。

▼ピットデラックス(日本語版)

商品名ピットデラックス
プレイ人数3-8人
プレイ時間30分
対象年齢7歳以上
ジャンルセットコレクション
発売時期1904年
デザイナーEdgar Cayce
国内メーカーアークライト

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

祝300人!!いつもありがとうございます!!

ピットデラックスはどんなボードゲーム?

ピットデラックス(Pit Deluxe)は「1種類の産物を誰よりも速く独占する」というゲームで、9枚の手札を同じ種類にすれば勝ちです。

ピットデラックス(Pit Deluxe)は「1種類の産物を誰よりも速く独占する」というボードゲーム

ただ、面白いのは「カードの交換方法」です。

交換したいカードがあれば、自由なタイミングで「3枚!3枚!」などとカード枚数を叫びます。

ピットデラックス(Pit Deluxe):交換したいカードがあれば、自由なタイミングでカード枚数を叫ぶ

同じ枚数を叫んだ人がいれば、その枚数分のカードを交換できます。

また、このカード交換は順番制ではなく、好きなタイミングでできます。みんなが「2枚!」「4枚!4枚!」「3枚お願い!」などと口々に叫ぶので、ゲーム中はすごく騒がしいです。戦略性はあまりないですが、「場を盛り上げたい時」や「人数が多い時」に活躍してくれるカードゲームです!

ピットデラックスの『内容物』

ピットデラックスで使う産物カードがこちら。

ボードゲーム『ピットデラックス』には、8種類の産物カードが入っている1種類につき同じカードが9枚ある

「小麦・大麦・コーヒー豆・トウモロコシ・砂糖きび・オート麦・オレンジ・大豆」の8種類です。

また、ゲームの開始・終了を告げる「ベル」が付属しています。

ピットデラックスには「ベル」が付属している

これは、テーブルの中央に置いておきます。

ピットデラックスの『基本ルール』

ピットデラックスには「基本ルール」と「上級ルール」がありますが、まずは「基本ルール」から紹介します。

ゲームの準備

プレイヤーの数と同じ種類数の産物カードを用意します。

ピットデラックスのゲーム準備:プレイヤーの数と同じ種類数の産物カードを用意する6人なら6種類のカードを用意する

5人プレイなら5種類のカード(9枚×5種類=45枚)、8人プレイなら8種類のカード(9枚×8種類=72枚)です。どの種類のカードを使うかは、プレイヤー同士で話し合いましょう。

用意したカードをシャッフルして作った山札から、各プレイヤーに9枚ずつ配ります。

ピットデラックスのゲーム準備:手札9枚を配る全員手札は9枚

他のプレイヤーに見られないように持ちましょう。

ベルを鳴らしたら、取引スタート!

全員が自分の手札を確認したら、ゲームスタートの合図としてベルを鳴らします。

ピットデラックス:ベルを鳴らして、ゲームスタート

「交換したいカード枚数」を叫ぶ

取引がスタートしたら、「交換したいカード1種類を1~4枚」選びます。

そして、交換したいカードを頭にかざして「カード枚数」を宣言します。

ピットデラックスのルール:交換したいカードを頭にかざして「カード枚数」を宣言する

この宣言時には「1度に複数種類の産物を選ばない」「産物の種類を言わない」ことだけ注意しましょう。

また、この宣言は順番制ではなく、誰でも好きな時に叫べます。そのため、あっちから「1枚!」こっちから「4枚お願い!」などと、同時多発的に叫び声が上がるので、めちゃくちゃ騒がしくなります!

同じ枚数の人同士で交換する

同じ枚数を提示したプレイヤー同士は、そのカードを交換することができます。

ピットデラックスのルール:同じ枚数を提示したプレイヤー同士は、そのカードを交換できる

上のように、「2枚」と宣言した人同士で交換できます。

また、交換が終わったプレイヤーは、新たにカードを選んで、交換したいカード枚数を宣言することができます。

交換相手が見つからなかった場合は、いつでもカードを選び直して、宣言を変えられます。

1種類のカードを独占したら、ベルを鳴らす

カード交換を何度も繰り返して、「1種類の産物カード9枚」を揃えたら、ベルを鳴らして合図します。

ピットデラックス(Pit Deluxe):1種類の産物カード9枚を揃えたら、ベルを鳴らして合図する

このベルの音が勝利のゴングです!

ベルを鳴らしたプレイヤーは「産物カードに書いてある点数」を獲得します。

ピットデラックス:「産物カードに書いてある点数」を獲得する砂糖きびを独占したら「65点」を獲得

ここまで終わったら、再び山札を作り直してから手札9枚を引いて、繰り返しプレイします。

ゲームの終了

誰かが「500点以上」を獲得したら、そのプレイヤーの勝利です。

また、短時間で遊びたい時は「250点以上」などに変更するのがおすすめです。

ピットデラックスの『上級ルール』

牛カード・熊カードを加える

上級ゲームでは、ゲームに使う産物カードを決めた後に、「牛カード」と「熊カード」を加えます。

ピットデラックスの『上級ルール』:牛カード・熊カードを加える

そのため、プレイヤーのうち2人が「手札10枚」になります。

手札が10枚のプレイヤーは、「同一の産物カードが9枚」あれば、残りの1枚が何であろうとベルを鳴らしてOKです。

牛・熊カードは産物と同じように取引できる

「牛カード」と「熊カード」は、他の産物カードと同じように取引に出せます。

ピットデラックスの『上級ルール』:牛・熊カードは産物と同じように取引できる

どちらか1枚で出したり、両方を2枚セットで出しても良いですし、産物カードに混ぜて出すのもOKです。

牛カード・熊カードの効果

牛カードは「ボーナス」か「ペナルティ」のどちらかになり、熊カードは「ペナルティ」になるカードです。

「牛カード」はどの産物の代わりにもなる!

牛カードは「どの産物カードの代わりにもなる」便利なカードです。

つまり、「同一の産物カード8枚」と「牛カード」があれば、終了のベルを鳴らすことができます。

ピットデラックスの『上級ルール』:牛カードはどの産物の代わりにもなる

この場合、その産物カードに書いてある点数を獲得します。

また、手札が10枚の人のみ、「同一の産物カード9枚」と「牛カード」でベルを鳴らすと、その産物カードの点数の「2倍」を獲得できます。

ベルが鳴らされた時に、牛・熊を持っていたらペナルティ

他のプレイヤーの手札が揃ってベルが鳴らされた時に、「牛カード・熊カード」を持っていたプレイヤーは「マイナス点」が与えられます。

ピットデラックスのペナルティ:牛カード・熊カードを持っていたプレイヤーは、マイナス点が与えられる

マイナス点は、牛カード・熊カードを何枚持っているかで変わります。

  • どちらか1枚を持っていた人は、マイナス20点
  • 両方持っていた人は、マイナス40点

ピットデラックスに合う『スリーブ』

ピットデラックスではかなり激しくカード交換をするので、よくカードが傷ついてしまうことがあります…。気になる方はスリーブにいれて保護するのがおすすめです。

ピットデラックスのカードサイズは「57×88mm」なので、『ホビーベース ボードゲームサイズ』のスリーブ(58.5×90mm)がピッタリです。

実際に、カードスリーブをつけたのがこちら↓

ピットデラックスのカードサイズに合うスリーブ

このスリーブは「1袋50枚入り」なので、ピットデラックスの全カード(74枚)を収納するには『2セット』あれば足ります。

▼ホビーベース ボードゲームサイズスリーブ

ピットには『ベルなしバージョン』がある

現在、『ピットデラックス(Pit Deluxe)』は手に入りにくいですが、『ピットのベルなしバージョン』なら比較的入手しやすいです。


このゲームでは、ベルがない代わりに「Pit Conrner!」というベルの代わりに叩く台が付属しています。ただ、ベルがあったほうが取引らしさがあって盛り上がるので、「卓上ベル」だけ別で購入する人も多いです。

▽ピット ベルなしバージョン

▽卓上ベル

ピットデラックスの『レビュー』

ピットデラックスを遊んだ感想

ピットデラックス(Pit Deluxe)のボードゲームレビュー

ピットデラックスには、一般的なボードゲームにはない「ドタバタとした激しさ」があります!僕は海外のプレイ動画を見て、その激しさに圧倒されて「これは買うしかない!」と思って即購入を決意しました。

ゲーム中は「2枚!誰かお願い!」「ハイ!3枚、3枚!」「頼む!4枚交換して!」と、四方八方から声が飛んできて、ゲーム中はうるさいくらいに賑やかです!終わった後には、叫びすぎてストレス発散したかのような満足感があります。

ボードゲーム『ピットデラックス』のレビュー

慣れてくると、交換の最中に「あいつは小麦を集めているようだから流さないようにしよう」というような冷静な判断もできるようになってきます。ゲームがあまりにスピーディーで騒がしいのでなかなか判断が難しいですが、そこまで状況を読めるようになると別の面白さも出てきます。

立て続けに何度も遊ぶゲームではありませんが、「ボードゲーム会で場を盛り上げたい時」や「重量級ゲームをやって疲れている時」にちょうどいいゲームです!

注意したいのは、白熱しすぎるあまりカードが乱雑に扱われやすいので、「ハードタイプのスリーブ」に入れるのがおすすめです。あと、近所迷惑にならないように気をつけましょう!笑

ボードゲームの総合評価

5段階評価

お気に入り度3.5
簡単さ5.0
戦略性2.0
運要素5.0
盛り上り度5.0
メリット
  • ルールがとても簡単
  • サクッと盛り上がれる
  • 大人数で遊べる
デメリット
  • 戦略性があまりない

▼ピットデラックス(日本語版)

▽ピット ベルなしバージョン

▽卓上ベル