ドメモ(Domemo)のルール紹介:相手の心を読んで数字を推理!

DOMEMO(ドメモ)

やることは、見えない自分の数字を当てるだけ―

ドメモ(Domemo)は、〈見えない自分の数字〉を読み当てる、推理系のボードゲームです。

『場でオープンになっている他プレイヤーの数字』や『周りの言動』をヒントに推理して、「自分の手札をすべて言い当てたら勝ち!」というルールです。

遊び方はとてもシンプルですが、相手を騙すための動きをしたり、相手の思惑を読んだりと、奥深い心理戦を楽しめます!

僕はドメモを購入した当初、なんとなく「子供用の知育ゲーム」のような気がして棚に眠らせていましたが、実際に遊んでみたら、これがめちゃめちゃ面白い!今まで棚に眠らせていたのを後悔させられたくらいです!

ルールもとてもシンプルで数字さえ分かればできるので、小学生の子供でもすぐに遊べます。

今回はそんな『ドメモ(Domemo)』のルールを紹介します。

※追記
現在では、この記事で紹介している『プラスチック製のドメモ』が廃版となり、新たに『紙製』と『木製』が販売されています。ただ、コマの材質が変わっただけなので、ルールについてはこちらの記事を参考にしていただいて大丈夫です。

<ドメモ(Domemo) 情報>
 ジャンル   推理
プレイ人数 2-5人(おすすめ人数 3人4人5人
プレイ時間 15分
 その他  ボードゲーム初心者におすすめ子供のいるファミリーにおすすめ

スポンサーリンク

ドメモの内容物

まずは外箱の写真です。

ドメモの箱

箱に入っているのは『1から7までの数字タイル』です。

ドメモの数字タイル

数字タイルの数は、『タイルに書かれている数字と同じ数だけ』入ってます。

『1なら1個』、『5なら5個』といった感じ。

ドメモの準備

まずは、裏向きにしてかき混ぜます。

麻雀みたいにじゃらじゃらさせて、どこに何があるのか分からないようにします。

ドメモ タイルを裏向きにして混ぜる

そして、そこからランダムに自分のタイルをとります。

このとき、タイルは自分から数字が見えないように立てます。

ドメモ 自分のタイルを見えないように置く

いくつかのタイルが余るので、余ったタイルは「オープンにするタイル」「伏せておくタイル」に分けます。

これらの数は、プレイ人数によって変わります。たとえば、4人プレイなら下の写真のようになります。

ドメモ 場のセッティング

このように、自分の数字は見えませんが、その他の数字は見ることができます。

この「限られた数字の情報」と「他プレイヤーの宣言」などから、自分の数字を推理していきます。

ドメモのルール・遊び方

最初のプレイヤーは、自分が持っていると思う数字をひとつ宣言します。

たとえば、下の画像のような状況だとします。

ドメモ 例

(5は5枚あるはずだけど、見えているのは2枚だけ。残りの3枚が見えていないから、1枚くらい自分が持っていそうだな)

というように考えて「5」と宣言したとします。

もし、自分のタイルに宣言した数字があれば、右隣の人がその数字を1枚倒してあげます。

ドメモ 正解なら隣の人がその数字のタイル倒してあげる

倒したタイルは、場の中央にまとめるようにします。

ちなみに、宣言した数字が複数枚あったとしても、倒すのは1枚のみです。

もし、宣言した数字がなければ「ありません」と教えてあげます。

そして、次の人の順番に移ります。

ゲームを進めていくと、他の人の宣言から自分の数を読むこともできます。

たとえば、下の画像のような場合です。

ドメモ 相手の言動から自分の数字を読む

この場合、〈3〉がまだ2枚隠れているのに、周りが〈3〉を避けて宣言しているので、自分の手札に〈3〉があるということが予想できます。

また、すごくいやらしい人がいたら、他の人をはめようとするかもしれません。

ドメモ プレイの例

上の場合は、かなりいじわるな例です。笑

誰かが〈1〉を宣言するということは、その人から〈1〉が見えていないということなので、自分の手札には〈1〉がないんだと騙されてしまいます。。

これを仕掛けられた側は、どつぼに嵌ると、最後まで自分の手札を当てることができなくなります。。

ただしこれをやってしまうと、仕掛ける方も1ターン捨ててしまい、共倒れになりかねないので注意です。

このように、見えているタイルや他プレイヤーの宣言から、自分の数字を推理していき、一番初めにすべての手札を当てた人が勝ちとなります。

ドメモのレビュー

正直、知育ゲームと思って期待していませんでしたが、これは傑作の面白さでした!棚に放置していてごめんなさい。。

ドメモはとてもルールが簡単ですが、簡単なわりに熱い駆け引きや読み合いが楽しめます。慣れてきて周りがブラフを混ぜ始めると「相手がなぜその数字を言ったのか」「もしかして嵌められてるんじゃないか?」などと疑心暗鬼にさせられます。笑

1回のミスが命取りになるので、数字を言うだけですがかなり緊張感あります。

ドメモはファミリーで遊ぶことも多いと思いますが、子供の年齢によってはハンデが必要な場合があると思います。そのときは「子供だけ正解すると続けてプレイできる(大人は正解しても失敗しても次の人に交代)」とするといいバランスになります。

また、唯一不満点を挙げるとすると、「準備するときに裏を向けてジャラジャラと混ぜるところ」です。気を抜くとすぐひっくり返っちゃうんですよね。。これがスムーズにできるようになって初めてドメモプレイヤーを名乗れます!笑

廃版になったプラスチック製ドメモ

この記事で紹介している『プラスチック版』のドメモは、現在「廃版」となってしまいました。(amazonでもまだ商品が買うことができますが、かなり値上がりしています)

新たにリニューアルして『紙製』になりましたが、少し不評のようです。

僕は「新版の紙製ドメモ」も組み立てましたが、作るのがちょっと面倒ではありますが、その分価格が安いので値段相応のように感じました。遊んでいる中で破れたりしてしまうのは、紙製ボードゲームの宿命なので仕方ないと思います。

※追記
紙製が不評だったためか、新たに別の会社から『木製のドメモ』が発売されました。『木製ドメモ』に興味がある方は、こちらの記事で紹介しています。
ドメモの新版『木製』が登場!プラスチック製⇒紙製の歴史を振り返る

◆『プラスチック製』ドメモはこちら。

◆『紙製』ドメモはこちら。

◆『木製』ドメモはこちら。