【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ドブル(Dobble)』カードゲームのルール&レビュー:同じ絵を素早く見つけよう!

『ドブル(Dobble)』カードゲームのルール&レビュー:同じ絵を素早く見つけよう!

ドブル(Dobble)は、カード同士を見比べて同じ絵柄を見つけるカードゲームです。2009年にフランスで発売され、アメリカでは「スポットイット!(Spot It!)」というタイトルで販売されています。

ルールがとても簡単なので、小さい子供でもすぐに遊べます。

今回は、カードゲーム『ドブル(Dobble)』のルール&レビューを紹介します。

▼ドブル(Dobble)日本語版

商品名ドブル
プレイ人数2-8人
プレイ時間15分
対象年齢6歳以上
ジャンルスピード系
発売時期2009年
デザイナーDenis Blanchot、Guillaume Gille-Naves、Igor Polouchine
国内メーカーホビージャパン

▼ドブル・キッズ

▼ドブル ドラえもん

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

ドブル(Dobble)はどんなカードゲーム?

1枚のカードに8種類の絵柄がある

ドブル(Dobble)には、丸い形のカードがたくさん入っていて、1枚につき8種類の絵柄が載っています。

1枚のカードに8種類の絵柄が載っている|ドブル(Dobble)

サングラス・月・ピエロなど様々な絵柄が描かれています。

見比べると、1つだけ同じ絵柄がある!

ドブルのカードで不思議なのが、2枚のカードを見比べると必ず1つだけ同じマークがあることです。

カードは全部で55枚ありますが、どの2枚を選んでも絶対に同じ絵が1つあります。

例えば、ランダムに選んだこの2枚を見比べてみると…

同じ絵柄が1つある|ドブル(Dobble)

それぞれのカードに8種類のイラストが描かれていますが、共通しているのは「チーズ」だけです!

このように、ドブルではどのカードを比べても必ず共通の絵柄が1つだけ存在します。いやー不思議です!

ドブルの外箱は「金属ケース」

ちなみに、ドブルの外箱は金属ケースに入っています。

ドブルの金属ケース

紙製だと子供に潰されたり、破られることがあるので、この缶タイプならとても安心です!また、大きさがコンパクトなので、旅行などにも持って行きやすくなっています。

ドブル(Dobble)の基本ルール

ドブル(Dobble)では5種類のゲームが遊べますが、全てのゲームにも共通しているルールがあります。

その共通ルールとは「カードを比べて同じマークを素早く宣言する」ことです。

同じ絵柄を宣言する|ドブルのルール

どのゲームも「全員が同時に行動するスピードバトル」なので、いち早く同じマークを見つけられるかが勝負のカギです。

この基本ルールが分かったところで、今回はドブルの遊び方を2種類紹介します。

全5種類あるゲームのうち、個人的におすすめの遊び方『①タワーリングインフェルノ』と『②アツアツポテト』です。

ドブルの遊び方①:タワーリングインフェルノ

各プレイヤーにカードを裏向きで1枚だけ配り、残りは「表向きの山札」にします。

タワーオブインフェルノ|ドブル(Dobble)

全員一斉に、自分のカードを表向きにしてゲームスタート!

「自分のカード」と「山札のカード」で共通するマークを探します。

先に共通するマークを宣言した人は、山札の一番上のカードを獲得し、自分のカードの上に重ねます。

山札の一番上のカードを獲得|ドブル(Dobble)

カードが獲得されたら、山札の上に新しいカードが現れるので、先ほどと同じように「自分のカード」と「山札」で共通するマークを探します。カードを獲得した人は、目の前の「獲得したカード」と「山札」を見比べて共通のマークを探すことになります。

山札が全てなくなったらゲーム終了で、最後に一番多くカードを獲得した人の勝ちです。

一番多くのカードを獲得した人の勝ち|ドブル(Dobble)

誰かが共通するマークを見つける度に山札のカードが変わっていくので、とてもスピーディーなゲームになります!

以上が、ドブル(Dobble)のタワーリングインフェルノの遊び方でした。

ドブルの遊び方②:アツアツポテト

全員片手を出し、手の上にカードを1枚裏向きで配ります。(残ったカードは次のラウンドで使います)

アツアツポテト|ドブル(Dobble)

全員がカードを表にしたらゲームスタート!

「自分のカード」と「他の人のカード」で共通するマークを探します。共通マークを見つけたらそのマークを宣言して、手元のカードを相手のカードの上に重ねます。

カードを重ねる|ドブル(Dobble)

マークを宣言した人はゲームから抜けますが、他のプレイヤーはそのままゲームを続行します。

カードが置かれたプレイヤーは一番上に置かれたカードが自分のカードになり、他のプレイヤーと共通するマークを探すことになります。

共通マークを宣言したプレイヤーの手元に複数枚のカードがある場合は全てのカードを相手の手元に置きます。

ドブルの遊び方

 

全てのカードが置かれたプレイヤーはそのラウンドに敗北して、それらのカードを自分の前に置いておきます。

負けたプレイヤーはカードを手元に置く|ドブル

最初に決めておいたラウンド回数のゲームを繰り返し、最後に一番多くのカードを持っていた人の負けとなります。

以上が、ドブル(Dobble)のアツアツポテトの遊び方でした。

▼『ドブル』はこちら。

ドブル(Dobble)の絵柄の種類

ドブル(Dobble)のカードの絵柄は50種類以上あります!

絵柄の一部ですが、10種類だけまとめてみました↓

ドブルの絵柄の種類

幼児にもすぐに分かるイラストばかりです!ちなみに、左下のキャラクターの名前はドブルくんです。

ただ中には、子供に説明しづらい絵柄もあります。それがこの3つ!

ドブルの説明しづらい絵柄

陰陽・南京錠・照準の3種類の絵柄が、子供からすると「?」という感じになります。この馴染みのないイラストが、子供向けゲームとして少し残念ですね。

そのため、我が家では呼び方を少し変えて、「陰陽⇒白黒」、「南京錠⇒カバン」、「照準⇒マルバツ」と言っています。カバンは子供たちが名づけました。笑

ドブルの幼児向け『ドブルキッズ』

ドブルの種類|ドブルキッズ
ドブルには、『ドブルキッズ』というより幼児向けに特化したゲームもあります。

ドブルキッズの大きな違いは「絵柄が動物ばかり」になっているところ。全て動物なので、マークを宣言する時に、名前を知らなくて困ってしまう…ということがありません。

また、1枚のカードにあるマークの数は「ドブルが8つ」「ドブルキッズが6つ」となっており、数が少なくてより簡単になっています。

ドブルキッズのその他の違いがこちら。

ドブルドブルキッズ
カード枚数55枚30枚
プレイ人数2人-8人2人-5人
カードの絵柄8つ6つ
対象年齢6歳~4歳~

どちらを買うかは好みですが、我が家の子供が2歳の時にドブル通常版で同じ絵柄を見つけて指差すことができたので、個人的には「幼児だからと言ってドブルキッズにする必要はないかも…」と思います。

ドブルは2歳の幼児でも遊べる

また、ドブルキッズにするとプレイ人数が「5人まで」になってしまうので、皆でワイワイ盛り上がれるというパーティー系ゲームの醍醐味が薄まってしまいます。ドブルの方が人数的にも年齢的にも長期間遊べるので、迷ったら「ドブル」で間違いないと思います。

▼ドブルキッズ

ドブルの新作『ドブル ドラえもん』

2020年4月30日にドブルのドラえもん版が発売します。

ドブルドラえもん引用:https://www.projectcore.jp/product/189477

絵柄が全てドラえもん関連になって、のび太・しずかちゃん・ドラミちゃんやスモールライトなどの秘密道具が載っています。

子供たちが毎晩のように遊んでいるドブルのイラストが、大好きなドラえもんになるので、めちゃくちゃ喜びそうです!僕はこれを見た瞬間、即予約しました。届くのが楽しみです。

▼ドブル ドラえもん

ドブル(Dobble)のゲームレビュー

ドブルのゲームレビュー

我が家の双子は2歳の時から「同じ絵柄を見つけるだけ」という簡単な遊び方にして遊んでいますが、「もう1回!もう1回!」とドハマりしています。笑

3歳になってからは、「山札から2枚引いて、同じ絵柄を見つける」⇒「見つけたら、新たに2枚引く」を繰り返して、たくさんカードを集めた人の勝ちという遊び方で楽しんでいます!

本当に毎日毎日「ドブルやるー!」と言いながら缶を持ってくるので、かなり気に入っているようです。

また、友達の子供(4歳)が家に遊びに来た時にもドブルで遊んでみましたが、「あった!あった!」と大盛り上がりで、友達は帰ってからドブルを購入したそうです。単純なゲームですが、子供ウケはかなり良いと思います!

ルールが簡単・盛り上がる・多人数対応なので、特に子供の人数が多い時に力を発揮してくれます!幼児・子供のいるファミリーなら、雨の日や就寝前に家族で楽しめるので、一家にひとつは持っておきたいカードゲームです。

▼ドブル(Dobble)日本語版

▼ドブルキッズ

▼ドブル ドラえもん

『子供向けボードゲーム』ならこちらもおすすめ!

ドブルのような幼児・子供向けゲームは他にもたくさんあります。下記の記事で『おすすめの子供向けボードゲーム』を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!