【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【2020年】ドイツ年間ゲーム大賞2020は『ピクチャーズ』『ザ・クルー』が受賞!

【2020年】ドイツ年間ゲーム大賞2020の受賞作品&ノミネート作品まとめ

2020年7月20日に『2020年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)』の大賞が発表されました。

2020年5月18日に各部門のノミネート作品が発表されており、その中からドイツ年間ゲーム大賞には『ピクチャーズ(Pictures)』、エキスパートゲーム大賞には『ザ・クルー(The Crew)』が選ばれました。キッズゲーム大賞については、6月15日に発表され『スピーディーロール(Speedy Roll)』が受賞しています。

今回の記事では、『ドイツ年間ゲーム大賞2020の受賞作品・ノミネート作品』をまとめました。

▼歴代のドイツ年間ゲーム大賞のまとめはこちら。

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

祝300人!!いつもありがとうございます!!

【まとめ】2020年ドイツ年間ゲーム大賞2020の受賞作品・ノミネート作品一覧

まずは、2020年ドイツ年間ゲーム大賞の受賞作品・ノミネート作品を一覧にしてまとめました。

※タイトルのリンクを押すと、そのゲームのレビュー紹介記事に飛びます。

2020年ドイツ年間ゲーム大賞
ピクチャーズ(Pictures)【大賞】ピクチャーズ(Pictures)
マイシティ(My City)マイシティ(My City)
ノヴァルナ(Nova Luna)ノヴァルナ(Nova Luna)
2020年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞
ザ・クルー 第9惑星の探索(The Crew)【大賞】ザ・クルー 第9惑星の探索(The Crew)
カートグラファー(Cartographers)カートグラファー(Cartographers)
キングスジレンマ(The King’s Dilemma)キングスジレンマ(The King’s Dilemma)
2020年ドイツ年間キッズゲーム大賞
スピーディーロール(Speedy Roll)【大賞】スピーディーロール(Speedy Roll)
フォトフィッシュ(Foto Fish)フォトフィッシュ(Foto Fish)
Wir sind die RoboterWir sind die Roboter
「キッズゲーム大賞」は2020年6月15日に発表、「ドイツ年間ゲーム大賞」と「エキスパートゲーム大賞」は2020年7月20日に発表。

『2020年ドイツ年間ゲーム大賞』の受賞作品&ノミネート作品

2020年ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)の受賞作品&ノミネート作品3つを紹介します。

【大賞】①ピクチャーズ(Pictures)

ピクチャーズ(Pictures)|ボードゲーム

プレイ人数3-5人
プレイ時間20-30分
対象年齢8歳以上
デザイナーChristian Stöhr
Daniela Stöhr
出版社PD-Verlag

ピクチャーズ(Pictures)は、5つの材料(ブロック、棒や石、アイコンカード、カラーキューブ、紐)の1つで写真を表現するボードゲームです。

ピクチャーズ(Pictures)|ボードゲーム

出題者がお題の写真をブロックなどで表現して、その他のプレイヤーが複数の写真から正解を当てることを目指します。

※ピクチャーズの日本語版は、ホビージャパンから「2020年秋頃」発売予定となっています。

▽ピクチャーズのルール&レビューはこちら。

②マイ・シティ(My City)

マイ・シティ(My City)|ボードゲーム

プレイ人数2-4人
プレイ時間30分
対象年齢10歳以上
デザイナーReiner Knizia
出版社Kosmos

マイシティ(My City)は、建物タイルをパズルのように配置して街づくりしていくタイル配置ボードゲームです。

建物タイルを配置するボードゲーム|マイシティ(My City)

24のエピソード(3ゲーム×8章)で構成されるレガシーゲームでもあり、各章の開始時に「1枚の封筒」を開封し、新しいルールやコンポーネントが追加されます。

封筒|マイシティ(My City)ボードゲーム

「ルールが簡単」「1プレイ20分前後」「妨害要素がない」ので、ファミリー向けのレガシーゲームになっています。

※マイシティ(My City)の日本語版は、アークライトゲームズから発売予定です。(発売日未定)

※マイシティ(My City)の日本語版は、アークライトから発売予定です。(発売時期未定)

▼マイシティのルール&レビューはこちら。

③ノヴァルナ(Nova Luna)

ノヴァルナ(Nova Luna)|ボードゲーム

プレイ人数1-4人
プレイ時間30分
対象年齢8歳以上
デザイナーUwe Rosenberg
Corné van Moorsel
出版社Edition Spielwiese

ノヴァルナ(Nova Luna)の意味は「新月」で、新月から満月に移り変わる月時計を回ってタイルを獲得していくタイル配置ゲームです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Edition Spielwiese(@spielwiese_berlin)がシェアした投稿

※ノヴァルナの日本語版は、2019年12月にホビージャパンから発売されています。

▼ノヴァルナ 日本語版

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)

推薦リスト

ドイツ年間ゲーム大賞2020の推薦リストがこちら。(リンクは、ルール&レビューに飛びます)

注目は、何と言っても日本発のボードゲーム『リトルタウンビルダーズ』です。

リトルタウンビルダーズは、「ワーカー(労働者)を配置して資源を得たり、建物を建てたりする」ボードゲームです。セットアップや説明が簡単でシンプルなので、ワーカープレイスメントゲームの入門にぴったりです。

▽リトルタウンビルダーズのレビューはこちら。

『2020年エキスパートゲーム大賞』の受賞作品&ノミネート作品

2020年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres,KDJ)の受賞作品&ノミネート作品3つを紹介します。

【大賞】①ザ・クルー(The Crew)

ザ・クルー(The Crew)|ボードゲーム

プレイ人数3-5人
プレイ時間20分
対象年齢10歳以上
デザイナーThomas Sing
出版社Kosmos

ザ・クルー(The Crew)は、プレイヤーが宇宙船の乗組員となって、みんなで協力しながらミッションのクリアを目指すトリックテイキングゲームです。

「全員が手札のカードを1枚出す」ことを繰り返して、「あるプレイヤーが特定のカードを獲得すること」などの指令をクリアしていきます。

指令をクリアしていく|ザ・クルー(The Crew)

しかし、プレイヤーがいる場所は宇宙空間…宇宙には空気がないので、お互いの声が届きません…

つまり、このゲームでは会話ができません!

会話できない|ザ・クルー(The Crew)

唯一できるのは「無線」を使って、自分の手札の状況を知らせることのみ。

そんな限られたコミュニケーションしかできない状態で、困難なミッションの数々を協力しながらクリアしていくカードゲームです。

※ザ・クルー第9惑星の探索(The Crew)の日本語版は、GPから「2020年秋頃」に発売予定です。

▼ザ・クルーのルール&レビューはこちら。

②カートグラファー(Cartographers)

カートグラファーズ(Cartographers)|ボードゲーム

プレイ人数1-8人
プレイ時間30-45分
対象年齢10歳以上
デザイナーJordy Adan
出版社Pegasus Spiele

『カートグラファー もうひとつのロールプレイヤー物語(Cartographers: A Roll Player Tale)』は、シートに地形を書き込んで地図を作る紙ペンゲームです。

カートグラファーズ(Cartographers)|ボードゲーム

プレイヤーは王室の地図製作者となって、シーズンごとにマップシートに絵を描き、シーズンが終わる前に女王の命令を実行していきます。4シーズンプレイして、最も勝利点を獲得したプレイヤーの勝利となります。

※『カートグラファー もうひとつのロールプレイヤー物語』は、アークライトゲームズから発売予定です。(発売日未定)

▼カートグラファーのルール&レビューはこちら。

③キングスジレンマ(The King’s Dilemma)

キングスジレンマ(The King’s Dilemma)

プレイ人数3-5人
プレイ時間45-60分
対象年齢14歳以上
デザイナーLorenzo Silva
Hjalmar Hach
出版社Horrible Games

キングスジレンマ(The King’s Dilemma)は、プレイヤーがアンキスト王国の政治を司っている様々な貴族家となり、王国の歴史を作り上げていく、レガシー要素のある物語体験ボードゲームです。

プレイヤーは「ジレンマデッキ」から1ラウンドごとに1枚ずつカードを引き、ゲームのストーリーを体験していきます。それぞれのカードには、王に代わって評議会が解決しなければならない問題が描かれています。王の側近として、あなたの決断が物語の進行と王国の運命を決定していきます。

※キングスジレンマの日本語版は、ホビージャパンから2020年8月下旬に発売予定です。

推薦リスト

ドイツ年間ゲーム大賞2020「エキスパート部門」の推薦リストがこちら。

  • アンダーウォーターシティーズ(Underwater Cities)
  • レスアルカナ(Res Arcana)
  • 西フランク王国の聖騎士(Paladins of the West Kingdom)

『2020年キッズゲーム大賞』の受賞作品&ノミネート作品

2020年ドイツ年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)の大賞作品&ノミネート作品3つを紹介します。

【大賞】①スピーディーロール(Speedy Roll)

スピーディーロール(Speedy Roll)

プレイ人数1-4人
プレイ時間20分
対象年齢4歳以上
デザイナーUrtisŠulinskas
出版社Piatnik / Livestyle Boardgames

②フォトフィッシュ(Foto Fish)

フォトフィッシュ(Foto Fish)|キッズゲーム

プレイ人数2-4人
プレイ時間15-20分
対象年齢4歳以上
デザイナーMichael Kallauch
出版社 Logis

③Wir sind die Roboter

Wir sind die Roboter

プレイ人数2-6人
プレイ時間15分
対象年齢4歳以上
デザイナーReinhard Staupe
出版社NSV

推薦リスト

ドイツ年間ゲーム大賞2020「キッズ部門」の推薦リストがこちら。

2019年ドイツ年間ゲーム大賞はこちら

昨年の『ドイツ年間ゲーム大賞2019』を受賞した作品がこちらです。

2019年ドイツ年間ゲーム大賞『ジャストワン』

ジャストワン|ドイツ年間ゲーム大賞

プレイ人数3-7人
プレイ時間20分
対象年齢8歳以上
デザイナーLudovic Roudy
Bruno Sautter
出版社Repos Production

ジャストワンは、1人だけお題を知らない回答者が、みんなが書いたヒントから連想してお題を当てるという協力系のボードゲームです。

created by Rinker
アークライト(Arclight)

▼ジャストワンのルール&レビューはこちら。

2019年エキスパート大賞『ウイングスパン』

ウイングスパン|ドイツ年間ゲーム大賞

プレイ人数1-5人
プレイ時間40-70分
対象年齢10歳以上
デザイナーElizabeth Hargrave
出版社Stonemaier Games

ウイングスパンは、鳥の愛好家となったプレイヤーが「餌を集める・鳥を呼び寄せる・卵を産ませる」などして、鳥類の繁栄を目指すボードゲームです。

created by Rinker
アークライト(Arclight)

▼ウイングスパンのルール&レビューはこちら。

過去のドイツ年間ゲーム大賞はこちら

過去のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)は下記の記事でチェックできます。(1979年から2019年までまとめています)

▼歴代のドイツ年間ゲーム大賞をまとめています。