Amazonの『ボードゲームランキングTOP100』はこちら>>

【ボドゲ紹介】『コードネーム』1つの単語ヒントから連想して正解を当てるゲーム

【ボドゲ紹介】『コードネーム』1つの単語ヒントから連想して正解を当てるゲーム

コードネーム(Codenames)は、1つの単語をヒントに25枚のカードから正解を当てるボードゲームです。

原版は2015年に発売され、2016年に「ドイツ年間ゲーム大賞」を受賞した人気作です。日本語版は、2016年2月にホビージャパンから発売されました。

今回は、ボードゲーム『コードネーム(Codenames)』のルール&レビューを紹介します。

【追記】2021年6月にコードネームオンラインの遊び方を徹底解説の記事をアップしました!

【全てわかる】ブラウザ版『コードネームオンライン』のルール・設定を徹底解説
最近、コードネームの紹介記事のアクセスがやたら多いので「何事!?」と調べてみたら、どうやらコードネームオンラインが流行っているようです。僕も以前にオンライン飲み会で通話しながら遊んだことがありますが、登録不要でみんながスムーズに参加できたの...

▼ボードゲーム『コードネーム』

商品名コードネーム
プレイ人数2-8人
プレイ時間15分
対象年齢14歳~
ジャンル表現
発売時期2015年
デザイナーヴラーダ・フヴァチル
国内販売ホビージャパン
スポンサーリンク

コードネームの『ゲーム準備』

まずは、コードネームを遊ぶためのゲーム準備です。

①チーム分け

まずは、青チーム赤チームの2チームに分かれます。

各チームごとに、ヒントを出す「スパイマスター」を1人決めます。その他の人は諜報員(回答者)になります。

チーム分け|コードネーム

例えば、6人プレイなら、以下のような内訳になります。

  • 青チーム… スパイマスター1人、諜報員2人
  • 赤チーム … スパイマスター1人、諜報員2人

②コードネーム25枚を並べる

様々なワードが書かれたコードネームカードが200枚あります。

コードネームカード

カード裏面にも別のワードが書いてあるので、なんとお題の種類は400種類もあります!

このコードネームカードをランダムに25枚選び、「縦5枚×横5枚」となるように並べます。

25枚のカードを並べる|コードネーム

③正解を示す「キーカード」を選ぶ

スパイマスターは青チーム・赤チームの正解を示す「キーカード」を1枚引いて、スタンドに立てます。

キーカードを引く|コードネーム

このキーカードは、両チーム共通のカードで、各チームのスパイマスターだけが見ることができます。(諜報員は見てはいけません)

このキーカードには5×5マスが描かれていて、テーブル上の25枚のコードネームカードの配置に対応しています。キーカードの見方は以下の通りです。

  • 赤色マス … 赤チームの正解カード
  • 青色マス … 青チームの正解カード
  • 無色マス … ハズレ
  • 黒いマス … 選んだら即負け(NGワード)

上の通り、キーカードはテーブル上のカードの正解・ハズレ・NGワードを表しています。黒いマスは NGワードとなっており、これを選んでしまったチームは即敗北となるので要注意です!

実際に、キーカードとテーブル上のカードを照らし合わせると、以下のようになります。

キーカードを照らし合わせる|コードネーム

コードネームの『ルール』

ここからは、コードネームのルール・遊び方を紹介します。

ゲームの目的

コードネームのゲームの目的は、相手チームより先に全ての正解カードを当てることです。

正解の数は、先行が9枚、後攻が8枚となっています。

はとまめ
はとまめ

キーカードの4つの辺に先攻チームの色が描かれています。先ほどの写真のキーカードなら4辺が「青」なので、先攻は青チームになります。

①スパイマスターがヒントを出す

まずは先攻チームのスパイマスターから、同じチームの諜報員(回答者)にヒントを出します。

ヒントを出す時のルールは「1つの単語」で伝えること。

そして、大事なポイントは、1つの単語で複数の正解が当てられるようなヒントにすること。1ターンにたくさん当ててもらえたほうがより勝利に近づきます。

例えば、正解ワードに「ジャム」と「森」があるなら、「果物」と言うと両方に共通したヒントになります。

ヒントの出し方|コードネーム

ヒントを言ったら、ヒントの後に「当てて欲しい数」を付け足します。例えば、「果物・2」「夜景・3」といった感じです。

また、下記のようなヒントの出し方はNGです。

こんなヒントはNG!!

  • 正解ワードそのまま
  • 外来語にしただけ(例:リンゴのヒントとしてアップル)
  • 漢字の読み方を変えたもの(例:金のヒントとして、かね・きん)

②諜報員がコードネームを選ぶ

スパイマスターのヒントを聞いたら、同じチームの諜報員(回答者)は相談しながら、正解だと思うコードネームカードを選びます。この時、スパイマスターは声を出したり、表情を変えたりしてはいけません。

正解と思うカードが決まったら、諜報員の1人がそのカードに触れます。

A. 正解の場合

諜報員が選んだカードが正解だった場合、スパイマスターは自分のチームカラーのカードをのせます。

自分のチームカラーのカードをのせる|コードネーム

正解したら、続けて推理することができます。連続で回答できる数は「スパイマスターの当ててほしい数+1回まで」です。スパイマスターのヒントが「果物・2」なら最大で3回まで回答できます。

B. 相手チームの正解だった場合

誤って相手チームの正解を選んでしまった場合は、スパイマスターが相手のチームカラーのカードをのせます。

相手のチームカラーのカードをのせる|コードネーム

この場合、相手チームが答えなければならない正解ワードが1つ減ってしまいます。サッカーで言うところのオウンゴールです…。

自分チームのターンが終了し、相手チームのターンになります。

C. ハズレの場合

ハズレの場合は、スパイマスターが「一般人カード」をのせます。

一般人カードをのせる|コードネーム

自分チームのターンが終了し、相手チームのターンになります。

D. NGワードだった場合

NGワードを当ててしまった場合は、スパイマスターが「暗殺者カード」をのせます。

暗殺者カードをのせる|コードネーム

その時点で、暗殺者を選んでしまったチームの負けとなります。

③ゲームの終了

ゲームの終了|コードネーム

自分のチームの正解をすべて当てたら、その時点でチームの勝ちとなります。

コードネームの『シリーズ作品』

コードネームのシリーズ作品4種類を紹介します。

①コードネーム:ピクチャーズ


コードネーム:ピクチャーズは、コードネームカードが文字から「イラスト」に変わっています。通常版だと子供の知らない文字があったりしますが、イラストなら子供も一緒に楽しめるのが良いところです!

②コードネーム:デュエット

コードネーム:デュエットは、2人で遊べる協力系ゲームになっています。カップルや夫婦でボードゲームをやる時にピッタリです!

③コードネーム XXL版


コードネームXXL版は、なんとカードの大きさが4倍にもなったビックバージョンです!イベントなどで活躍してくれそうですね。

④コードネーム:ディズニーエディション


コードネーム:ディズニーエディションは、コードネームのディズニーverで、400種類のディズニーキャラクターが登場します。2021年6月に日本語版が発売します。

ブラウザ版で遊べる『コードネームオンライン』

コードネームオンライン

コードネームには、公式が出している『コードネームオンライン』もあります。

登録不要・無料・日本語対応なので、友達を招待すればすぐに遊べます。オンライン飲み会などで、みんなで通話しながら遊ぶのがおすすめです。

別記事で、コードネームオンラインの遊び方や設定方法を解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【全てわかる】ブラウザ版『コードネームオンライン』のルール・設定を徹底解説
最近、コードネームの紹介記事のアクセスがやたら多いので「何事!?」と調べてみたら、どうやらコードネームオンラインが流行っているようです。僕も以前にオンライン飲み会で通話しながら遊んだことがありますが、登録不要でみんながスムーズに参加できたの...

コードネームの『ボードゲームレビュー』

初めて箱を開けた時にびっくりしたのが、カードの多さです!カードバリエーションが凄まじく豊富なので、何度も遊べるようになってます。

すごく悩むのは、スパイマスター役の時。どんなヒントなら複数枚のカードを当ててもらえるかでめちゃくちゃ考え込んでしまうので、コンポーネントに砂時計が入っているのも納得です。ただ、自分が意図した通りに4枚抜きしてもらえた時には、思わずハイタッチしてしまうほど気持ちよかったです!

また、ゲームが終わってからは「あのヒントってどういう意味?」「この単語からこの3枚を連想できるでしょ!」「そのヒントはないわ…」という感じでヒントへのダメ出しなどで盛り上がれます。

以上が、コードネームのルール&レビューでした。深い戦略性や心理戦といった要素はありませんが、ルールが簡単&ワイワイ盛り上がれるので、万人ウケするタイプのボードゲームだと思います。

▼コードネーム

▼コードネーム:ピクチャーズ

▼コードネーム:デュエット

▼コードネームXXL版

関連コードネームオンラインを徹底解説

【全てわかる】ブラウザ版『コードネームオンライン』のルール・設定を徹底解説
最近、コードネームの紹介記事のアクセスがやたら多いので「何事!?」と調べてみたら、どうやらコードネームオンラインが流行っているようです。僕も以前にオンライン飲み会で通話しながら遊んだことがありますが、登録不要でみんながスムーズに参加できたの...

表現系ゲームならこちらもおすすめ!

コードネームのような表現系ボードゲームは他にもたくさんあります。

ディクシット

ディクシットは、お題のイラストを「言葉・歌・ジェスチャー」などで表現するボードゲームです。こちらも2010年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞している人気作です。

『ディクシット Dixit』イラスト表現ボードゲームのルール&レビュー
『ディクシット(Dixit)』はラテン語で「彼は言いました」という意味で、そのタイトルの通り「抽象的なイラストを言葉で表現する」ボードゲームです。 2008年にフランスで発売し、2010年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。日本語...

ito(イト)

ito(イト)は、数字の大きさを「テーマに沿った言葉」で表現するカードゲームです。お互いの感性のズレに大笑いできます。

【徹底レビュー】『ito(イト)』数字の大きさを言葉で表現するボードゲーム
ito(イト)は、手札の数字を「テーマに沿った言葉」で表現して、小さい順に出していくというボードゲームです。「完全協力ゲーム」と「強力と裏切りのゲーム」の2つのモードで遊べます。 イラストレーターである326(ナカムラミツル)氏が、イ...

ボブジテン

ボブジテンは、「チョコレート・ベルト・キャンプ」などのカタカナ語を、カタカナを使わずに表現するボードゲームです。カタカナ禁止なので、簡単そうなお題でもおかしな説明になってしまい、皆から総ツッコミを付けることがあります。笑

【ボドゲ紹介】『ボブジテン』カタカナ禁止でお題を説明するゲーム
ボブジテンは、『カタカナ語を日本語だけで説明する』というカタカナ禁止カードゲームです。 「チョコレート」や「キャンプ」といったカタカナ語のお題を説明するのにカタカナを使用することができません。この制限の中でお題を表現しようとすると、面...