『街コロ』のルール:運と戦略が絡み合う初心者キラーのボードゲーム

街コロ」は、自分の街を開発して、大都市に発展させるボードゲームです。

色んなサイトで書かれている通り、街コロは「ボードゲーム初心者」に向いています。自分の周りの友達や家族にも評判がよく、帰省して両親と一緒に遊ぶときの鉄板ボードゲームのひとつになっています!

親戚の集まりで街コロを遊んだときにも、次の日にボードゲームに無関心だった叔父さんが「俺、昨日テレビ局建てちゃったよ~」「またやりたいわ~!」と言ってくれたのを聞いて、初心者キラーのボードゲームであることを確信しました。笑

初心者に人気の理由として「すごろくのようにダイスを振るだけという簡単さ」「街を大きくしていくワクワク感」というのがとっつきやすいのかなと思います。

ちなみに、街コロは、2015年に「ドイツ年間ボードゲーム大賞」にもノミネートされており、世界でも認められているボードゲームです。その人気ぶりから拡張も充実していて、「街コロプラス」「街コロシャープ」という拡張セットも発売しています。

さらにはボードゲームから派生して、「街コロマッチ!」というスマホアプリゲームにもなっていたり、漫画化されていたりもします!

今回は、そんな人気ボードゲーム『街コロ』のルールからレビューまでご紹介します。

<街コロ 情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ人数 2-4人(3人4人
プレイ時間 30分
 その他  ボードゲーム初心者におすすめ

街コロシリーズの記事はこちらから

スポンサーリンク

街コロで使うもの

施設カード

街を大きくしていくために、コインを集めて施設を購入します。

施設カードには様々な種類があります。

街コロ 施設カード

施設カードの見方です。

街コロ 施設カード説明

左下の数字は『建設コスト』です。

上部の数字は、サイコロを振ったときにその数字が出たら、その効果が受けられます。

たとえば、上の画像の「森林」なら、5がでたときに「誰のターンでも銀行から1コイン受け取る」ことができます。

ランドマークカード

ゲームの目的は「4つのランドマークを完成させる」ことです。

ランドマークとは「 その土地の象徴となるような大きな建物」のことで、街コロでは下の画像のように「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」の4つの建物を指します。

街コロ ランドマークカード

この『ランドマーク』は、通常の施設とは異なり、始めから手元に裏向きで置いておきます。

左下のコスト支払うことで、ランドマークを完成させる(表向きにする)ことができます。

街コロ ランドマークカード 初めは裏向き

ランドマークはコストが高いものが多いですが、得られる効果も別格です。

たとえば、「駅」を建設すると「ダイスを2個振れる」ようになります!

街コロの準備

初期配置

初めは、小さな町からスタートです。

手元に「裏向き(工事中)のランドマーク施設4枚」「麦畑」「パン屋」を配置します。

街コロ 初期配置

購入できる施設の配置

※拡張ルールがおすすめなので、そちらのルールで説明します。

施設カードの山札から「施設の種類が10種類になるまで」中央にオープンにしていきます。

もし同じカードがでてきた場合は、同じカードに重ねてください。

場にオープンになった10種類の施設のみ購入することができます。

<購入できる10種類の施設カードを配置>

街コロ サプライカード

場の施設が購入されて9種類に減ったら、再度山札から施設カードをめくり、常に10種類の施設が並ぶようにします。

街コロの『ルール』

街コロのルールはとてもシンプルです。
下の①~③を順に行うだけです。

①ダイスを振る
②ダイスの目に一致した「自分の施設の効果」を受ける
③コインを払って、「施設の購入」か「ランドマークの建設」を行う

プレイ風景を例に見てみます。

①ダイスを振る

街コロ ダイスを振る

サイコロの目は「4」です。

②ダイスの目に一致した「自分の施設の効果」を受ける

(※すでに施設をいくつか買っている状態です。)

ダイス目に一致している自分の施設カードを確認します。

街コロ 施設カードの効果

出目の「4」に対応する施設カードを探すと、「コンビニ」がありました。

このカードの効果は「自分のターンなら銀行から3コイン受け取る」です。

街コロ コイン受け取る

3コイン受け取りました。

③コインを払って「施設の購入」・「ランドマークの完成」

「施設の購入」か「手元のランドマークの完成」のどちらかができます。

ここでは、場に並んでいる施設カードの中から「りんご園」を購入することにします。

リンゴ園の建設コスト「3コイン」を支払います。

街コロ 施設カードの購入

購入したカードは手元に置きます。

終わったら次のプレイヤーに移ります。

ゲームの終わり

様々な施設を建ててコインを貯めていき、一番初めにランドマークをすべて完成させた人の勝ちです。

街コロの『拡張シリーズ』

街コロには、さらなる施設カードを追加できる拡張セットがあります。

拡張第一弾に『街コロプラス』、拡張第二弾に『街コロシャープ』が発売しています。

拡張第1弾「街コロプラス」

「役所」や「港」「空港」など、新たに13種類の施設が追加されて、戦略度もアップ!

「街コロプラス」は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

街コロプラス (拡張)|さらに大きな街づくり

拡張第2弾「街コロシャープ」


街コロプラスと同じく「13枚の新施設」が入っています!

そしてさらに、新しい「休業」システムが追加されて、さらに戦略の幅が広がる拡張セットです!

「街コロプラス」は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

街コロシャープ(拡張)|新施設や「休業」システムでより戦略的に!

街コロに対応した『スリーブ』

街コロはカードメインのボードゲームなので、カードに傷や汚れが付かないようにスリーブを装着するのがおすすめです。

街コロのカードには、こちらのスリーブがぴったりサイズです。

このスリーブは「50枚入り」です。
街コロには全部で「108枚」のカードが入っているので、50枚入りのスリーブセットが3つ必要となります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
街コロに「ぴったりのスリーブ」を紹介

街コロの『レビュー』

ボードゲーム初心者の人と軽めのゲームで遊んだ後、「もう少し重めのゲームも遊んでみたい!」となった時におすすめのボードゲームです。

街コロは「ルールが簡単」「街を拡大させていく楽しさ」「適度にサイコロ運が絡むので経験者にも勝てる」という点で、初心者が入り込みやすいゲームだと思います。

しかし、ボードゲーム慣れしている人だと、時間がかかる割には物足りなさを感じる人もいるかもしれません。サイコロ運に大きく左右されるので、人によっては運ゲーにしか見えないということも…。

ただ、僕の周りの「ボードゲーム初心者」の人は本当に楽しんでくれるので、普段をボードゲームをあまりやらない人と遊ぶ時の鉄板ゲームになっています。

ちなみに、遊ぶときは、拡張セット込みでプレイするのがおすすめです!拡張を入れると、戦略の幅が一気に広がって、ゲームの充実度が全く変わってきます。街コロを楽しむためには必須級の拡張だと思います!

初めての人と遊ぶときは「街コロプラス」、慣れた人で遊ぶときは「街コロシャープ」を加えるのがおすすめです!

※【注意】街コロは「海外版」もあるので間違えないようにしましょう。

▼『街コロ(日本語版)』はこちら。

▼街コロを遊びやすくする『専用プレイマット』

▼拡張第1弾『街コロプラス』はこちら。

▼拡張第2弾『街コロシャープ』はこちら。

街コロシリーズの記事はこちらから