【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『街コロ』のルールを徹底紹介:街が大きくなるワクワク感がたまらない!!

『街コロ』のルールを徹底紹介:街が大きくなるワクワク感がたまらない!!

街コロは「自分の街を開発して、大都市に発展させていく」というボードゲームです。サイコロを振って、コインを獲得し、自分の街に新しいお店を作っていきます。

この街コロ、実はかなりの「ボードゲーム初心者キラー」です。その理由はダイスを振るだけという簡単さ」「街を大きくしていくワクワク感」という部分が初心者ウケしているのかなと思います。

ちなみに、街コロは日本産でありながら、2015年に「ドイツ年間ゲーム大賞」にもノミネートされており、世界でも認められているボードゲームです。その人気ぶりから拡張も充実していて、「街コロプラス」「街コロシャープ」も発売しています。

今回は、そんな人気のボードゲーム『街コロ』のルール・遊び方を詳しく紹介します。

▼街コロ

商品名街コロ
プレイ人数2-4人
プレイ時間30分
対象年齢7歳~
ジャンル拡大再生産
発売時期2012年
デザイナー菅沼 正夫
販売元グランディング

 ▼街コロの『専用プレイマット』

▼拡張1弾『街コロプラス』

▼拡張2弾『街コロシャープ』

▼新作『街コロレガシー』

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

祝300人!!いつもありがとうございます!!

街コロはどんなゲーム?

街コロは、自分の街を大都市に発展させるのが目的です。

最初は「麦畑」と「パン屋」しかない小さな街ですが、コツコツとお金を貯めて施設を増やしていき、最終的には誰よりも発展した大都市を作り上げます!

街コロは「自分の街を大都市に発展させる」ボードゲーム

 

では、どうやったら大都市になるのかというと、それは自分の街に「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」の4つを建てることです。ゲーム中ではこの4つの大型施設を「ランドマーク」と言います。

4つのランドマークを建てる|街コロ

最初にこのランドマーク(大型施設)を4つ完成させたプレイヤーの勝利となります。

施設カードの読み方

まず、最初に街コロに入っているカードの読み方を説明します。

自分の街に施設を建てた時に手に入るのが「施設カード」です。施設カードは全部で15種類あります。

施設カード15種類|街コロ

これらの施設カードには「建設コスト」「施設効果」「施設効果を受けられる出目」が書かれています。

カードの読み方|街コロ

上の森林カードの場合は、「建設時に3コイン必要」で、サイコロを振って「5」が出た時に、施設効果「誰のターンでも銀行から1コインをもらう」を受けられる、という意味です。

カードの情報量は少ないので、少し遊ぶとすぐに慣れます。

街コロを始める『準備』

まず最初に場のセッティングをします。

①手元に「自分の街」を作る

まずは「自分の街」を作ります。

最初は、「麦畑」と「パン屋」しかない小さな町からスタートです。

手元に「麦畑カード」と「パン屋カード」を並べます。さらに「ランドマークカード4枚」を裏向きにして「工事中」の状態にしておきます。下のような感じです↓

ゲーム準備|街コロ

②場の施設カードをセッティング

※拡張ルールの方が断然面白いので、今回はそちらのルールで説明します。

裏向きでシャッフルした施設カードの山札から「施設の種類が10種類になるまで」中央にオープンにしていきます。もし同じカードがでた場合は、同じカードの上に重ねてください。

施設カードを並べる|街コロ

ゲーム中に、施設が購入されて種類が減ってしまったら、再度山札から施設カードを引いて、常に10種類の施設が並ぶようにします。

街コロの『ルール』

街コロのルールはとてもシンプルです。

自分の手番でやることは以下の3つだけです。

手番でやること|街コロのルール

では、プレイ画像を例に見てみます。

①ダイスを振る

まずはダイスを振ります。

街コロのルール①:ダイスを振る

ダイスの出目は「4」でした。

ちなみに、序盤はダイス1個だけですが、ゲームが進んでランドマークの「駅」を建てるとダイスを2個振れるようになります。

②出目に一致した「施設の効果」を受ける

次に、自分の街に「ダイスの出目に一致する施設」があれば、その施設効果を受けることができます。

下の画像は、既にいくつか施設を購入している状態です。先ほどのダイスの出目が「4」だったので、対応する施設を探すと…

施設の効果を受ける|街コロ

「コンビニ」がありました。

「コンビニ」のカード効果は「自分のターンなら銀行から3コイン受け取る」なので、3コイン受け取ります。

コインを受け取る|街コロ

③「施設の購入」か「ランドマークの建設」

手番の最後には、建物を建てることができます。

具体的には、「A.場の施設カードの購入」か「B. ランドマークの建設」のどちらかです。

A. 場の「施設カード」を購入

場に並んでいる10種類の施設カードから1枚を選び、カードの左下に書かれている「建設コスト」を支払います。

例えば、場から「りんご園」を買う場合は「3コイン」を支払います。

街コロ:場の施設カードを購入する

購入したカードは自分の街(手元)に並べましょう。

B. ランドマークの建設

手元にある4つのランドマーク(大型施設)は最初「工事中(裏向き)」ですが、コストを払うことで建設することができます。

街コロ:ランドマークの建設

ランドマークを建設したら「工事中の裏面」から「建設済みの表面」にします。

ランドマークはコストがかなり高いですが、それに見合った強力な効果を持っています。

ゲーム終了

様々な施設を建ててコインを貯めていき、一番初めに4つのランドマークをすべて建設した人の勝ちです。

街コロのゲーム終了:4つのランドマークをすべて建設した人の勝ち

街コロの『拡張シリーズ』

街コロには「2種類の拡張セット」があり、新しい施設を増やすことができます。

拡張第1弾『街コロプラス』

拡張第1弾は『街コロプラス』です。「役所」や「港」「空港」など新しい施設が13種類も追加されました!

僕は、街コロを遊ぶときには必ず街コロプラスも加えて遊んでいます。これがあると戦略の幅がぐんっと広がってさらに面白くなるので「街コロには必須級」の拡張です!おすすめ!

▼『街コロプラス』の紹介はこちら。
街コロプラス|街コロに必須級の拡張第1弾を紹介

拡張第2弾「街コロシャープ」

拡張第2弾は『街コロシャープ』。街コロプラスと同じく「新施設が13種類」入っています。

そしてさらに、この拡張から「休業システム」が追加されました!これまでとはまた違ったゲーム展開を楽しめます。

▼『街コロシャープ』の紹介はこちら。
街コロシャープ|新施設や「休業」システムでより戦略的に!

街コロのレガシー版『街コロ・レガシー』

街コロのレガシー版『街コロ レガシー』が2020年2月に登場しました。

レガシーゲームとは「遊ぶごとにルールやカードの状況が変化していくゲーム」のことです。街コロレガシーでも、ゲームを進めることで、新しいストーリー、新しいカード、そして何が入っているか分からない「玉手箱」などが追加されていきます。

玉手箱|街コロレガシー

この玉手箱は「1の玉手箱を開けてください」などの指示が入るので、開けてはいけません。開ける瞬間はめちゃくちゃワクワクします!

全10回のゲームが終わったら、自分たちのプレイが反映した自分だけの街コロレガシーが出来上がります。

▽街コロレガシーのルール&レビューはこちら。

街コロの第二弾『街コロ通(ツー)』

街コロ通(ツー)

街コロの姉妹作品にあたる『街コロ通(ツー)』が発売予定です。(発売日未定)

街コロとの主な違いがこちら。

  • 施設を20種類に厳選
  • ランドマークが20種類ある
  • ランドマークはランダムに並べたものから選択して建設できる
  • 最初からダイス2個振りを選択できる
  • 5人プレイ対応 など

街コロ通(ツー)の情報は、街コロの販売元である「グランディング(Grounding)」の公式サイトでチェックすることができます。

グランディング(Grounding)の公式サイトをチェックする

街コロに対応した『スリーブ』

街コロにはカードがたくさん入っているので、カードに傷や汚れが付かないようにスリーブを装着するようにしましょう。

街コロのカードサイズには「青雲商店のぴったりスリーブ(60mm×92mm)」がちょうどいい大きさです。

街コロには全部で「108枚」のカードが入っているので、100枚入りのスリーブセットが2つ必要となります。

※詳しいカードサイズなどは下記の記事で紹介しています。

街コロの『レビュー』

街コロは「ルールが簡単」「街が大きくなっていくワクワク感がある」「サイコロ運が絡むので初心者でも勝てる」という点で、ボードゲーム初心者でものめり込みやすいゲームです。

実際に普段ボードゲームをやらない友人と街コロで遊ぶと、毎回かなり盛り上がって自然と2ゲーム目が始まります。微妙な空気になったことがないので、個人的にはボドゲ初心者と遊ぶときの鉄板ゲームだと思っています。

ちなみに、街コロを遊ぶときは『街コロプラス』を入れるのがおすすめです!この拡張を入れると、戦略の幅が一気に広がって、ゲームの充実度が全く変わってきます。街コロを全力で楽しむためには必須級の拡張です!

▼街コロ

▼街コロの『専用プレイマット』

▼拡張第1弾『街コロプラス』

▼拡張第2弾『街コロシャープ』

▼新作『街コロレガシー』

▽街コロの関連記事