【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『バウンス・オフ!』のルール&レビュー:ピンポン玉を投げ入れるボードゲーム

バウンス・オフ!は「ピンポン玉を投げてトレーに入れる」という新しいタイプのアクション系ボードゲームです。

ボールさえ投げられれば誰でもできますし、ハンデもつけやすいので、我が家では友達が子供を連れて遊びに来たときに大活躍してくれました!

一方で「単純な遊びで子供向けなんでしょ…」と侮ってはいけません。ルールは簡単ですが、なかなか狙い通りにはいかないもどかしさがあって、子供と一緒に大人もついつい意地になって熱中してしまう面白さがあります!

今回は、そんな子供ウケ抜群の『バウンス・オフ!』の「基本ルール」から「より面白く遊ぶオリジナルルール」、さらに「4人で個人戦を遊ぶ方法」など、バウンスオフを遊びつくす方法を紹介します。

ジャンルアクション系
プレイ時間15分
プレイ人数2-4人
スポンサーリンク

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

バウンス・オフ!の『内容物』

バウンスオフ!に入っているものは「ピンポン玉」「トレー」「指令カード」の3つです。

①2色のピンポン玉

「青色のピンポン玉」と「黄色のピンポン玉」が8個ずつ入っています。

バウンス・オフ!の内容物「2色のピンポン玉」

「2人プレイのときは8個ずつ」、「4人プレイのときはチームに分かれて4個ずつ」ボールを持ちます。

②トレー

バウンスオフの標的は、このトレーです。

バウンスオフの内容物「トレー」

トレーは「6マス×6マス」に仕切られていて、このマス目を狙ってピンポン玉を投げていきます。

③指令カード

指令カードには「ボールの配置図」が描かれています。

バウンス・オフ!指令カード全種類

この指令カードの通りにボールを配置できれば得点できます。

カードには外側の色が「黄色」と「水色」の2種類あり、「黄色が簡単なお題」、「水色が難しいお題」となっています。

カードに描かれている形になればいいので、どのような向きでもOKです。

例えば、この指令カードの場合。

バウンスオフの指令カード

 

ボールがこのような配置でも指令達成ですし、

バウンスオフ「指令カードの形と向きが違っていてもOK」

 

この配置でも指令達成です。

バウンスオフ「指令カードの形と向きが違っていてもOK」

どちら向きでもいいので、指令カードと同じ形を目指しましょう。

バウンス・オフ!の『ルール』

今回は『4人プレイ時のルール』をご紹介します。

①チーム分け

「青ボールチーム」と「黄色ボールチーム」の2チームに分かれます。

プレイヤーは、自分のチームカラーのボールを4個ずつ持ちます。

バウンス・オフ!「2チームに分かれて、ボールを4個ずつ持つ」

 

机に配置すると、下のようになります。

バウンス・オフ!青ボールと黄色ボール

②「指令カード」を決める

山札から指令カードを1枚オープンにします。

バウンスオフ!:山札から指令カードを1枚オープンにする

これが今回の指令です。

③ピンポン玉を投げる

今回の指令カードが決まったら、チームで交互にピンポン玉を投げていきます。

どのような投げ方でもいいですが「ひとつだけ大事な決まり事」があります。

それは…

ワンバウンドさせること!

 

下のような感じです。

バウンス・オフ!

分かりづらくて申し訳ないのですが、ボールを手前でワンバウンドさせています。ワンバウンド以上であれば、ツーバウンドでもOKです。

ノーバウンドでトレーに入った場合は、トレーからその玉を取り出しましょう。

投げ終わったら、相手チームの番になります。各チームが1人ずつ交互に投げます。

投げる球がなくなったらトレーから好きな玉を取り出します。指令にあまり関わらなさそうな玉を選びましょう。

④指令カード通りになったら得点ゲット!!

指令カードと同じ配置になったら、得点ゲットです。

バウンス・オフ!指令カードと一致

得点したチームは、その「指令カード」を受け取ります。

この「指令カード」を3枚集めたチームの勝ちです。

1ラウンド目が終わったら、全てのボールを回収して、再び山札からカードをめくって、次のラウンドを始めます。

バウンスオフの『オリジナルルール3つ』

自分の好きなようにルールをアレンジできるのがボードゲームの良いところですが、その中でも特にバウンスオフはルールを工夫して遊びやすいゲームです。

ここからは僕が実際にアレンジして遊んだ『オリジナルルール3つ』を紹介します。

オリジナルルール①「たくさん入ったら勝ち」

まず、1つ目は『小さな子供向けに難易度を下げたルール』です。

8個のボールを投げ切った時点で、たくさん入っていたチームの勝ちというルールです。分かりやすいですよね!

例えば、下の画像では「黄色6個」「青色8個」で青チームの勝ちです。

バウンス・オフ!たくさん入れた方が勝ち

小さい子供だとまだ狙いを定めて投げるのが難しいので「とにかくたくさん入った方が勝ち!」というシンプルなルールにすることで、小さな子供でもすぐに理解して遊べます。

一見大人にはちょっと物足りないルールにみえますが、裏を返すと「外したら負ける…」というシビアなルールでもあるので、緊迫感のあるゲームを楽しめます!

オリジナルルール②「連鎖が長ければ勝ち」

「隣接するボールの連鎖の長さ」を競います。

隣接とは「縦横に並んだボールの状態」を指し、斜めの場合は隣接には含めません。
連鎖の長さは「ひと筆書き可能なボールの並び」で、分岐している場合は長い方で計算します。

例えば、下の状態では、「黄色6連鎖」「青5連鎖」で黄色チームの勝ちとなります。

バウンス・オフ!オリジナルルール②連鎖が長い方が勝ち

このルールでは「序盤に良いポジションを確保する」のが攻略のカギです。時には、相手の邪魔をしつつ、どのように連鎖を作っていくかを考えながらプレイするのがコツです。

通常のルールとは違った面白さがあるので、バウンスオフに慣れてきた方はぜひ遊んでみてください!

オリジナルルール③「4人で個人戦を遊ぶ」

バウンスオフに入っている玉は2色ですが、さらに2色のピンポン玉を追加することで、4人で個人戦を遊べます。

「バウンス・オフ!」4色のピンポン玉で4人プレイ③

この「4人で個人戦を遊ぶルール」は下記の記事で紹介しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

すぐできる『ハンデのつけ方』

どんなボードゲームにも言えますが、『バウンス・オフ!』はアクション系ボードゲームで技術的な要素が強いので、とくに慣れている経験者が有利になりやすいゲームだと思います。またファミリーゲームなので、子供と大人が一緒に遊ぶシーンも多いはず。

ということで、『バウンスオフですぐできるハンデのつけ方3つ』を紹介します。

ハンデ①「ツーバウンドさせる」

基本ルールでは「ピンポン玉をワンバウンド」させるところを、難易度を少し上げて「ツーバウンド」に変更します。

ワンバウンドの時よりも、より精度の高い投球が求められます!これ、けっこう難しいです。

子供と一緒に遊ぶときは「子供がワンバウンド」「大人がツーバウンド」にすると良いに具合にバランスが取れます。

ハンデ②「遠くから投げる」

次のハンデは、トレーから自分の距離を伸ばします。

子供が「60cm」くらい、大人は「2m」にしましょう。

色々距離を試しましたが、ギリギリなんとかなりそうな距離が「2m」でした。個人の力量にもよるので、色んな距離を試してみてください。

個人的には、ハンデ①の「ツーバウンド」よりも難易度が上がって難しいです。

ハンデ③「障害物を置く」

3つ目は「トレーの前に障害物を置いて、バウンドで障害物を越えなければならない」というハンデです。

例えば、下の画像ではブックエンドを置いています。ちょうどいい高さです。

バウンスオフ!「障害物を置く(ブックエンドの場合)」

この他にも障害物になるものなら、本でもティッシュ箱でも何でもOK。

個人的には、このハンデが一番難しいと思います。障害物ばかりに気を取られればトレーに狙いが定まらず、トレーに集中すれば障害物にひっかかってしまいます。

バウンス・オフ!の『レビュー』

「ボールを投げる」「ルールがシンプル」なので、子供たちが夢中になって遊んでくれます!僕の家では、子連れの友達が遊びに来た時の鉄板ゲームになっています。

初めはなかなか思う通りに狙えませんが、何回か遊んでいると、ある程度狙えるようになります。狙い通りのところに綺麗にはまったときは、なんとも言えない快感があります!これは、頭を捻りながらやる一般的なボードゲームにはない感覚です。

なんとなく狙えるようになると「相手の邪魔をする」という選択肢も増えて、戦略的な要素も楽しめるようになります。

ただ、慣れている人と初心者では、ちょっとテクニック的な差ができてしまいます。そういう時は、今回紹介したハンデの「バウンドを二回以上にする」、「少し遠くから投げる」などを試してみてください。

また、バウンスオフの新バージョン「バウンスオフ ロックン・ロール」もあります。

これの面白いところは「ボールの重みでトレーが色んな方向に傾く」こと!バウンスオフに慣れてきて次のステージで遊んでみたい方におすすめです!