『クリスマスプレゼント』におすすめのゲームはこちら>>

【ボドゲ紹介】『ブロックス(Blokus)』カラフルな陣地取りゲーム

4.0
【ボドゲ紹介】『ブロックス(Blokus)』カラフルな陣地取りゲーム

ブロックス(Blokus)は、プレイヤーが順番に自分の色のブロックを配置していき、手持ちのブロックをたくさん置いた人が勝ちという陣地取りボードゲームです。

ブロックスはフランスで2000年に発売し、その後世界50ヶ国以上に広がっています。現在、日本ではマテル・インターナショナルより販売されています。

今回は『ブロックス(Blokus)』のルール&レビューを詳しく紹介します。

商品名ブロックス
プレイ人数2~4人
プレイ時間20分
対象年齢8歳~
ジャンル陣取り
発売時期2000年
ゲームデザインBernard Tavitian

▼『ブロックスシリーズ全種類』を紹介!

ブロックスはどんなボードゲーム?

ブロックをたくさん置いたら勝ち!!

ブロックスは、配置ルールに従って、手持ちのブロックを1個ずつ置いていきます。

ブロックスは、手持ちのブロックを1個ずつ置いていく

 

これ以上誰もブロックを置けない状態になったらゲーム終了。

ブロックス:これ以上誰もブロックを置けない状態になったらゲーム終了

 

最後に「手元に残ったブロック数が少ない人の勝ち」です。

ブロックス:手元に残ったブロック数が少ない人の勝ち

amazonランキング1位のボードゲーム

amazonランキング1位のボードゲーム『ブロックス』

実はこのブロックス、「amazonの売れ筋ボードゲームランキング」でよく1位になっています!

僕は最初「子供向けのパズルゲームかな…」とあまり期待していなかったのですが、一度やってみると「コレはかなり戦略的で面白い!!」と一時期かなりハマっていました。今でも、うちの実家や奥さんの実家に置いてあるので、いつでも家族・親戚で遊べるようになっています。

子供もすぐにルールを理解して遊べるし、大人同士でも頭を悩ませながらバチバチ遊べるので、「どの世代が遊んでもハマれる」というのが人気の理由だと思います。

ブロックスに『入っているもの』

これがブロックスの外箱です。

ブロックスの外箱

 

中に入っているのは盤面となる「ボード」です。

ブロックスで使うボード

マス目状になっていて、ピースがパチッとハマるようになっています。

 

そして、こちらがブロックスで使う「ピース」です。「赤・青・黄色・緑」の4色入っています。

ブロックスで使う『ピース』※赤・青・黄色・緑の4人分あり

 

ピースの形は様々で、1色につき「21種類」のピースがあります!

ブロックスのピースの形は全部で21種類

それぞれピースのマス目の数が違っていて、「5マス」「4マス」「3マス」「2マス」「1マス」があります。

ブロックスの『ルール・遊び方』

ここからは、ボードゲーム『ブロックス』のルール・遊び方を紹介します。

とても簡単で、子供でもすぐにルールを理解して遊べます!

最初は「ボードの角」からスタート

最初は、「ボードの角」に好きなピースをひとつ置きます。

最初のプレイヤーから順番に置いていき、1人1つずつ置いた状態がこちら↓

ブロックスのルール・遊ぶ方「最初はボードの角からスタート」

 

【配置ルール】ピースの角と角をくっつける

二順目からも同じようにピース1個を配置するのですが、その時の『配置ルール』があります。

ピースを置くときは「自分のピースの角と角がくっつくように配置」します。

ブロックスの配置ルール:自分のピースの角と角がくっつくように置く角と角がくっつけばOK!

ただし、自分のピースの「辺」と「辺」が接触するのはNGです。

ブロックスの配置ルール:自分のピースの「辺」と「辺」が接触するのはNG

 

また、「他プレイヤーのピース」の辺と接触するのはOKです。

ブロックスの配置ルール:「他プレイヤーのピース」の辺と接触するのはOK

 

この配置ルールさえ守れば、後は順番にピース1個ずつを繋げて置いていくだけです。

ゲーム中盤の様子

ブロックス:ゲーム中盤の様子

上の画像はゲーム中盤の様子です。先ほどの「配置ルール」に従って、どんどん配置していきましょう。

ゲームが進むにつれてスペースがなくなっていきますが、「どうしたら自分がより多く置けるのか」を考えながら、ひとつでも多くのピースを置くことを目指します。

誰も置けなくなったら「ゲーム終了」

ピースをこれ以上置けなくなった人はそこで脱落となります。

最終的に誰も置けない状態になったら、ゲーム終了です。

ブロックスのルール「誰もピースを置けない状態になったらゲーム終了」

上の写真のように手元に数枚のピースが残ることが多いですが、うまくいけば全部置くこともできます。

余ったピースで『得点計算』

ブロックスの得点計算は「手元に残ったピース」で計算します。

残ったピースの「マス目分」がマイナス点となります。

例えば、下の画像の場合、13マス分残っているので「-13点」となります。

ブロックスの得点計算「残ったピースのマス目分がマイナス点」

このように得点計算をして、「最もマイナス点が小さい人の勝ち」となります。

 

以上が『ブロックスのルール・遊び方』です。

ブロックスで『勝つための3つのコツ』

ここからは『ブロックス初心者のための3つのコツ』を紹介します。必勝法や攻略法のようなものではありませんが、初めての人が最初に抑えておくべき戦略です。

コツ①『先に5マスから使っていく』

ブロックスで勝つための戦略・コツ①『先に5マスから使っていく』

序盤は必ず「5マス」から使うようにしましょう。

後半になればなるほど空きスペースがなくなり、5マスが置けなくなってしまいます。マス目の多いピースは後半に「お荷物状態」になってしまうので、必ず序盤に使い切るようにします。

1~3マスのピースは、小さなスペースを使って切り抜けていくときに大活躍してくれるので、必ず後半に温存しておきましょう。

コツ②『まずは中央を目指す』

ブロックスで勝つための戦略・コツ②『まずは中央を目指す』

序盤はとにかく「中央に向かって一直線」です!

真ん中にいけばどの方向にも伸ばすことができて、それだけで選択肢がぐんっと広がります。最終的に「たくさん置けた方が勝ち」というルールなので、置ける場所をどんどん増やしていく戦略が得策です。

「自分の陣地を囲って中央にいかない」という攻略法では確実に負けます。ブロックスでは、どれだけ囲っても、隙間から他色に侵入されてしまいます。自陣を確保するのではなく、置ける場所を増やすことを第一に考えましょう。

コツ③『妨害を優先しない』

時には妨害することも必要ですが、「妨害するよりも前に進んだ方が勝てる」場合が多いです。

相手の進路の邪魔を優先することは、「前に進まずに、置ける場所を増やすことを手放している」のと同じです。結果的に、ゲーム後半に自分が苦しむことになります。

また、1人の進路を妨害している間に他の2人にどんどん進軍されてしまい、結果「共倒れ」になることがあります。邪魔を優先するのはやめておいたほうがいいでしょう。

ブロックスを『2人』で遊ぶ方法

ブロックスをブロックスデュオなしで2人で遊ぶ方法

ブロックスを2人で遊ぶときは、2人専用の『ブロックスデュオ』というボードゲームがあります。2人で遊ぶ機会が多い人は『ブロックスデュオ』を手に入れましょう。

ただ、実は「ブロックスを使ってブロックスデュオと同じように遊ぶ方法」があります。

少し準備が面倒ですが、「ブロックスで2人プレイしたい」という人は下記の遊び方を試してみてください!

▽ブロックスデュオと同じように遊ぶ方法

【凄い】ブロックスデュオなしで『2人』でプレイする遊び方
ブロックス、かなり気に入っています!ルールがとても簡単で、それでいてゲーム性もしっかりしているので、とても重宝しているボードゲームのひとつです。 amazonの「ボードゲームランキング」でもずっと1位に君臨し続けています。 ⇒amazo...

『ブロックスシリーズ』は種類がたくさん!!

ブロックスシリーズは6種類もある!!

ブロックスシリーズは6種類もある

上で紹介したブロックスデュオ以外にも、ブロックスシリーズは現在6種類もあります!

最近では、1人で遊べる『ブロックスパズル』が2019年6月末に発売しました。

  • 大きくなった『ブロックスデラックス』
  • 三角になった『ブロックストライゴン』
  • 2人プレイの『ブロックスデュオ』
  • 外で遊べる『おでかけブロックス』
  • 立体になった『ブロックス3D』
  • 1人遊びができる『ブロックスパズル』※2019年6月末発売

各ブロックスシリーズには特徴があるので、詳しくは下記の記事でまとめています。

ブロックスシリーズの『全種類』まとめ(デラックス・トライゴン・デュオなど)
有名なボードゲーム『ブロックス』には、その人気からシリーズ化していて、今ではたくさんの種類があります! 以下がブロックスシリーズです。 定番の『ブロックス』 大きくなった『ブロックスデラックス』 三角になった...

おすすめは『ブロックストライゴン』

ブロックスシリーズのおすすめは『ブロックストライゴン』

個人的なおすすめは『ブロックストライゴン』です!

というのは、ブロックストライゴンなら『3人プレイも平等に楽しめる』からです。

通常のブロックスでも3人で遊べますが、スタート位置の関係で有利・不利ができてしまいます…。ただ、ブロックストライゴンなら「スタート位置が真ん中あたり」から始められるので、3人でも4人でも平等に遊ぶことができます!

そのため、3人でも遊ぶ機会がある方は、迷わず「ブロックストライゴン」を買うことをおすすめします!!

▼ブロックストライゴン

ブロックスが遊べる『アプリ版』

また、ブロックスが遊べる『Freebloks 3D』という無料アプリもあります。(android版のみ)

ブロックスのボードゲームアプリ『Freebloks 3D』

ブロックスのアプリでは、CPU戦やオンライン対戦を手軽にプレイすることができるので、ブロックスの練習用や暇つぶしにぴったりです。

無料アプリなのに、動作も軽く、広告もほとんどないので、とても良いボードゲームアプリだと思います。(ただ、CPUは弱いですが…)

▽ブロックスアプリはこちらで紹介中!

【アプリ紹介】ブロックスが1人でもオンラインでも遊べる『Freebloks 3D』
今回は、ブロックスが遊べるボードゲームアプリ『Freebloks 3D』を紹介します。ブロックスは、自分の色のブロックをボードに配置していく陣取り系ボードゲームです。 アプリ版『Freebloks 3D』では、CPU戦やオンライン対戦...

【番外編】我が家の子どもの遊び方

先日、2歳10ヶ月の子どもにブロックスを渡したら「パズル」として遊んでいました。

ピースを全部置くと完成のようで、最後は自分が手伝ってなんとか全置きに成功!

幼児のいる方はぜひブロックスをパズルとして遊ばせてあげてみてください。カラフルでハマること間違いなしです!

ブロックスの『レビュー』

ブロックスのレビュー

ブロックスはルールがとても簡単なので、僕はよく、年末年始に親戚一同で集まる時にこのブロックスで遊んでいます。ゲームが終わっても「次はこうしよう!」「あの時こうしておけば…」と盤面を見ながらの反省会で盛り上がります!(ちなみに、ブロックスは帰省した時の恒例となったので、両親・義両親にプレゼントしました)

ゲーム内容は、冒頭でも触れた通り、見た目以上に戦略的なゲームです。相手の進路を妨害することがあるので、お互いが邪魔し合っているとギスギスすることもあるので注意しましょう。笑

また、何度も遊んで気になったのは「先手がやや有利」ということ。

みんな序盤に中央を目指すことが多いのですが、先手のプレイヤーが1歩先に中央に到着して周りの進路を邪魔することができます。この競り合いで抑え込まれてしまった人はゲームがかなり苦しくなることがあります…。そのため、「1番手は順番に回す」「前回のゲームで最低得点だった人から始める」などの工夫をするといいと思います。

▼ブロックス(Blokus)

▼ブロックストライゴン

▼ブロックスデュオ

▼ブロックスデラックス

▼おでかけブロックス

▼ブロックス3D

▼ブロックスパズル

▽ブロックス関連の記事はこちら。

こちらのボードゲームもおすすめ!

子供(5~10歳)向けのおすすめゲーム

ブロックスのような、子供が楽しめるボードゲームはたくさんあります。下記の記事で『子供(5~10歳)向けのおすすめボードゲーム』を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【個人的】おすすめゲームランキング

僕がこれまで遊んできたボードゲームの中で、特に「面白い!」と思ったボードゲームをランキング形式で紹介しています。こちらも見て頂けたら嬉しいです!