【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

ブロックスシリーズの『全種類』まとめ(デラックス・トライゴン・デュオなど)

ブロックスシリーズの『全種類』まとめ(デラックス・トライゴン・デュオなど)

有名なボードゲーム『ブロックス』には、その人気からシリーズ化していて、今ではたくさんの種類があります!

以下がブロックスシリーズです。

  • 定番の『ブロックス』
  • 大きくなった『ブロックスデラックス』
  • 三角になった『ブロックストライゴン』
  • 2人プレイの『ブロックスデュオ』
  • 外で遊べる『おでかけブロックス』
  • 立体になった『ブロックス3D』

今回はそんな『ブロックスシリーズ全種類』の特徴をまとめて紹介したいと思います!「どのブロックスを買おうか…」と迷っている方の参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

通常版『ブロックス』

ブロックスシリーズを全種類紹介『ブロックス通常版』

プレイ人数 2-4人
プレイ時間 20分

まずは、最もベーシックな『ブロックス通常版』です。

このブロックス、実はamazonのボードゲーム売れ筋ランキングで不動の1位に君臨し続けています!今やオセロや人生ゲームのように、子供と一緒に遊べる定番のファミリーボードゲームとして定着しています。
amazonの「ボードゲーム売れ筋ランキング」を見る

ブロックスの遊び方はとても簡単で「様々な形のピースをたくさん置いた人が勝ち」というシンプルなゲームです。

ブロックスの遊び方「ピースをたくさん置けた人の勝ち」

※詳しいルールは、「ブロックスのルール紹介:大人もハマる!陣取りボードゲーム」で紹介しています。

「すぐに覚えられる簡単なルール」でありながら、意外に「戦略的なゲーム」なので、子供だけでなく大人も夢中になってハマってしまう面白さがあります!

▼『ブロックス通常版』はこちら。

この『ブロックス』はその人気ぶりから様々な種類のブロックスが誕生しています!ここからは、通常版以外の様々なタイプのブロックスを紹介していきます。

大きいサイズの『ブロックスデラックス』

通常版より大きいサイズの『ブロックスデラックス』

<ブロックスデラックス 情報>
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 10-20分

ブロックスシリーズで最初に紹介するのは『ブロックスデラックス』です。

『通常版ブロックス』と『デラックス』の違い

通常版との違いは、盤とピースがやや大きくなっているところです!

少し大きくなったことで、ピースが掴みやすく、盤のマスにもはめやすくなっています。

小さな子供やおじいちゃん・おばあちゃんがいる家庭なら『ブロックスデラックス』の方が遊びやすいと思います!

▼『ブロックスデラックス』はこちら。

進化版『ブロックス トライゴン』

ブロックスシリーズを全種類紹介『ブロックストライゴン』

<ブロックストライゴン情報>
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 20分

次は、より戦略的なブロックスが楽しめるようになった『ブロックストライゴン』です。

ブロックストライゴンの特徴

この『ブロックストライゴン』の特徴は何と言っても、ピースが三角形になったことです!また、ボードの形も「四角形」から「六角形」に変わっています!

ブロックストライゴンの特徴「ピースが三角形になり、ボードが六角形になった」

また、通常版と比べるとピースの数が1つ増えて、形の組み合わせも豊富なので、より戦略的なゲームが楽しめるようになっています!

また、通常版と少しだけ違うのが「スタート位置」です。通常版のブロックスではボードの隅からスタートしますが、『ブロックストライゴン』では真ん中あたりからスタートします!

それ以外は通常版と全く同じで、ピースのつなげ方も「角と角を繋げるだけ」なので、通常版のシンプルさが失われることはありません!

3人プレイが楽しめる!

そして、『ブロックストライゴン』の一番の魅力は「3人プレイが楽しめること」です。

『通常版のブロックス』でも3人で遊べることは遊べるのですが、スタート位置の関係で有利・不利ができてしまい、平等なゲームとは言えませんでした…。

一方、このトライゴンでは、3人が真ん中あたりからスタートできるので平等に遊ぶことができます。これが通常版ではできなかった、トライゴンの一番のメリットだと思います!

そのため、3人で遊ぶことがある人は「ブロックストライゴン」がおすすめです。

▼『ブロックストライゴン』はこちら。

2人で遊べる!!『ブロックスデュオ』

ブロックスシリーズを全種類紹介『ブロックスデュオ』

<ブロックスデュオ情報>
プレイ人数 2人
プレイ時間 10-15分

ブロックスデュオは「ブロックスの2人専用ver」です。

2人用なのでピースが2色で、ボードもやや小さくなっています。

『ブロックスデュオ』も基本的なルールは通常版と同じですが、スタート位置がボードの「隅」ではなく「やや中央寄りの位置」からになっています。

「子供と2人で遊ぶことがある人」や「夫婦・カップルで遊びたい人」に最適なブロックスです!

▼『ブロックスデュオ』はこちら。

<補足>
実は、ブロックスやブロックスデラックスを持っていれば「ブロックスデュオの遊び方」を再現することができます!準備がやや面倒ではありますが、気になる人は下記の記事をチェックしてください。
ブロックスデュオなしで2人で遊ぶ方法

アウトドアでも!『おでかけブロックス』

ブロックスシリーズを全種類紹介『おでかけブロックス』

<おでかけブロックス情報>
プレイ人数 2人
プレイ時間 10-15分

『おでかけブロックス』は先ほど紹介したブロックスデュオと同じ2人用ブロックスですが、「外でも遊べるポータブルタイプ」になっています!

外でも遊べるようにするための工夫として、ピースの真ん中に穴があいていて、ボードの突起部分にはめることでしっかりと固定されるようになっています!

このように、ピースがしっかりと固定されているので、傾いたり、衝撃が加わってもピースが落ちることがありません!そのため、「移動中の車内」や「花見」や「キャンプ」「病院の待合室」など、どこに行っても遊べます!

また、途中で中断してしまっても、ピースが固定されているので、また続きから再開できるのも嬉しいポイントです。

大きさは「20cm×20cm」とかなりコンパクトになっているので、子供のリュックにも入れることができます。

▼『おでかけブロックス』はこちら。

新感覚!?『ブロックス3D』

ブロックスシリーズを全種類紹介『ブロックス3D』

<ブロックス3D情報>
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 20分

ブロックスが立体的になった、新感覚の『ブロックス3D』です。

3Dという名前の通り、ピースが「平面」から「立体的」に変わっています!

また、盤面を回せることができるので、四方八方から全体像を確認できるようになってます。

立体的になっただけですがプレイ感がかなり変わるので、ブロックスに慣れてちょっと飽きてきたな…と感じている人にはとても新鮮な気持ちが遊べます。

子供の立体感覚や自由な発想を育む、知育玩具としても人気の商品です!

▼『ブロックス3D』はこちら。

 

最後に:お気に入りのブロックスを見つけよう!

以上が、『ブロックスシリーズの全種類を紹介』でした!

気になるブロックスはありましたか?

ブロックスシリーズにはそれぞれ特徴があるので、自分の環境に合ったブロックスをひとつ持っておくと、子供とのコミュニケーションの時間だったり、夫婦2人の休日などに熱中して遊ぶことができるのでおすすめです。

「どのブロックスにするか迷う…」という人は、とりあえず『ブロックス通常版』を手に入れれておけば間違いありません!通常版でもデュオのように2人プレイもできます。

▼『ブロックス』はこちら。

▼『ブロックスデラックス』はこちら。

▼『ブロックストライゴン』はこちら。

▼『ブロックスデュオ』はこちら。

▼『おでかけブロックス』はこちら。

▼『ブロックス3D』はこちら。