メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

ボードゲームアリーナ(BGA)のおすすめゲーム26選を徹底紹介

ボードゲームアリーナ(BGA)のおすすめゲーム24選を徹底紹介
  • URLをコピーしました!

最近、ボードゲームアリーナ(BGA)に追加されるゲームが急激に増えていて、現在遊べるボードゲームは500種類以上もあります。

僕は友達と通話しながら遊ぶのがメインでしたが、好きなボードゲームが追加されたので、最近はターンベースでもちょくちょく遊んでいます。

そこで今回は、僕が特に気に入っているボードゲームアリーナ(BGA)のおすすめゲーム26選を紹介します。

記事中では「さくっと遊べるゲーム」「じっくり考えるゲーム」に分けているので、興味のある方がチェックしてみてください。

ボードゲームアリーナはこちら

無料会員の場合、プレミアムゲームでテーブルを作成することはできませんが、他のプレイヤーが作成したテーブルに参加することはできます。

目次

【さくっと遊べる】ボードゲームアリーナのおすすめ

まずは、ボードゲームアリーナ(BGA)の中でもルールが簡単でさくっと遊べるゲームを紹介します。

どれも気軽に遊べるシンプルなゲームばかりなので、僕はオンライン飲み会などでよく遊んでいます。

紹介する順番は「無料会員でもテーブルが作れるゲーム」⇒「プレミアムゲーム」の順です。

①ニムト

ニムト|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~10人
平均プレイ時間18分
難易度簡単
チュートリアルあり

ニムトは、手札から数字カードを1枚ずつ出して、場の4つの列に配置していくカードゲームです。

全員一斉にカード1枚を出して、小さい数字カードから順に、場の4列の決まった位置に昇順で並べていきます。

ニムトのプレイ画像|ボードゲームアリーナ

ただし、1列に置けるカードは5枚まで。各列の6枚目になってしまった人はペナルティとして、その列のカードを全て引き取らなければなりません(引き取ったカードはマイナス点になる)。そのため、みんな6枚目にならないようにカードを出す時には熱い読み合いになります。

友達7人で遊んだ時は、先の展開が読みづらくて、カードをオープンする度に「絶対大丈夫と思ったのに…」「おお、助かった」と盛り上がりました。ルールが簡単ですぐに終わるので、気軽に遊べるのが良いところです。ボードゲームアリーナの無料ゲームの中では特に人気が高くて、卓が立ちやすいです。

>>ニムトのルール&レビューを見る

②ハゲタカのえじき

ハゲタカのえじき|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間4分
難易度簡単
チュートリアルあり

ハゲタカのえじきは、1~15の数字が書かれた手札から一斉に1枚のカードを出して、一番大きい数字の人が得点をゲットするという競り系カードゲームです。

このゲームの面白いところは、他の人と同じ数字を出してしまうと、得点カードの獲得権がなくなるというバッティングシステム。

ハゲタカのえじきのプレイ画像|ボードゲームアリーナ

ゲーム中は「強い数字を出したいけど、他の人と被りそう…」というジレンマが常にあって、バッティングが起こる度に「うわーまた被った」「せっかく最強カード使ったのに…」といった叫び声が絶えず、すごく盛り上がります!

慣れてくると「あえて弱い数字を出す」「裏の裏をかいて、素直に強い数字を出す」といった駆け引きができるようになって、より一層面白くなります。

>>ハゲタカのえじきのルール&レビューを見る

③スカル

スカル|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数3人~6人
平均プレイ時間9分
難易度簡単
チュートリアルあり

スカルは、相手が伏せたカードを読み合う心理戦ボードゲームです。

各プレイヤーの手札は「花3枚」と「ドクロ1枚」のみで、手番ではカード1枚を裏向きで重ねていきます。また、カードを置く代わりに「花を何枚めくれるか」を宣言することもできます。最も多い枚数を宣言したプレイヤーが場のカードをめくっていきます。

スカルのプレイ画像|BGA

途中でドクロがでたら失敗で、自分のカードをランダムで1枚失います。全て花をめくれたら成功で、2回成功したプレイヤーの勝利です。

知らない人と通話なしで遊ぶとあっさり終わってしまうことが多いですが、友達とDiscordなどで通話しながらプレイすると、お互いに心理戦を仕掛け合って、スリリングな展開を楽しめます。特に「バラを置いたと見せかけて相手にドクロをめくらせる」ことでうまくハメた時は快感です!

④お邪魔者

お邪魔者|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~12人
平均プレイ時間31分
難易度簡単
チュートリアルあり

お邪魔者は、みんなで坑道を掘り進めて、金塊を見つけるというカードゲームです。プレイヤーは通路カードを出していき、金塊のある3つのゴールへの道を作っていきます。

しかし、プレイヤーの中には裏切り者の『お邪魔者』が紛れ込んでいて、穴掘り道具の破壊・落石による進路妨害・嘘などで、金塊堀りの邪魔をします。

お邪魔者のプレイ画像|ボードゲームアリーナ

3枚のゴールカードのうち1枚だけある金塊を見つけたら金鉱堀の勝ち、最後まで金塊にたどり着けなかったらお邪魔者の勝ちです。

お邪魔者をボードゲームアリーナで遊ぶ時は通話しながらプレイするのがおすすめです。「ここに金があったよ!」「いや、それただの石ころだったけど」という真逆の言葉が飛び交って、誰を信用していいのか分からなくなります!読み合い・騙し合いが好き人におすすめの正体隠匿ゲームです。

>>お邪魔者のルール&レビューを見る

⑤ルーム25

ルーム25|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)※ベータ版
プレイ人数1人~6人
平均プレイ時間21分
難易度やや簡単
チュートリアルなし

ルーム25は、5部屋×5部屋で区切られた空間から制限時間以内に脱出することを目指すボードゲームです。

部屋は色んな種類があり、2人目が入ってきたら先にいたプレイヤーが死亡する酸のプールや、アクション回数が減る極寒部屋、入ったら即脱落する即死部屋など恐ろしい部屋もあります。

ルーム25のプレイ画像|ボードゲームアリーナ

最初は隣の部屋がどのような部屋か分かりませんが、手番でできるアクション(移動する・隣を覗く・誰かを押し出すなど)を実行することで、部屋を探索していきたった1つの脱出部屋を探し出します。

ゲームの種類は「協力モード」や「対立モード」などもありますが、一番のおすすめはプレイヤーの中に裏切り者が潜んでいる「疑念モード」です。仲間だと思っていたら、いきなり部屋から押し出されて即死部屋に叩き込まれることもあります…。気軽にドキドキハラハラのスリルを味わいたい方におすすめです!

>>ルーム25のルールを見る

⑥ザ・クルー

ザ・クルー|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間32分
難易度普通
チュートリアルあり

ザ・クルーは、プレイヤーが宇宙船の乗組員となって、みんなで協力しながらミッションのクリアを目指すカードゲームです。「トリックテイキングが協力ゲームになった」という点が革新的で大きな話題となり、2020年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞しました。

ザ・クルーでは「全員が手札のカードを1枚出す」ことを繰り返して、「あるプレイヤーが特定のカードを獲得すること」などの指令をクリアしていきます。

ザ・クルーのプレイ画像|ボードゲームアリーナ

他プレイヤーのヒントや出したカードの意図をしっかり考えるのでカードプレイに重みがあり、「ゲームを台無しにしないように…」というヒリヒリとした緊張感があります。その分、クリアできた時の達成感はひとしおです!

簡単なミッション1から少しずつ難易度がアップしていくようになっているので、トリックテイキング初心者でもチュートリアルで練習しながら理解していける感じがGOODです。

>>ザ・クルーのルール&レビューを見る

⑦キューバーズ

キューバーズ|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間7分
難易度簡単
チュートリアルあり

キューバーズは、鳥の群れを集めていくセットコレクション系のボードゲームです。

場には様々な鳥カードが4列に配置されています。手番では、手札からカード1枚を選んで、好きな列の左右どちらかに配置します。その時に「自分の鳥カード」と「場の同じ種類の鳥カード」で他の鳥を挟むことができたら、挟んだ鳥カードを全て手札に獲得できます。

キューバーズのプレイ画像|BGA

手札に規定枚数の鳥カードを集めると「群れ」が完成して、その鳥1~2匹を手元に獲得できます。7種類の鳥を集めるか、2種類の鳥を各3匹以上集めたら勝ちです。

ルールがとてもシンプルなので、BGAのチュートリアルをプレイすればすぐに遊べます。

⑧タギロン

タギロン|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間6分
難易度簡単
チュートリアルあり

タギロン(TAGIRON)は、お互いに数字タイルを隠し持ち、質問カードを使って先に相手の「数字」と「色」を順番通りにぴったり当てた人の勝ちという数字当てボードゲームです。

タギロン|BGA

場にある6枚の質問カードから1枚を選んで「7はどこ?」「青の数字タイルは何枚ある?」などの質問を交互にして、その返答をヒントに相手の数字を絞り込んでいきます。

「答えが分かった時のスッキリ感」と「接戦でギリギリ負けた時の悔しさ」で、何度も続けて遊んでしまう頭脳戦ゲームです!

>>タギロンのルール&レビューを見る

⑨ラッキーナンバー

ラッキーナンバー|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間5分
難易度簡単
チュートリアルあり

ラッキーナンバーは、1~20のクローバータイルを縦列・横列に昇順になるように配置して、全てのマスを先に埋めた人が勝ちというボードゲームです。

ラッキーナンバー|BGA

数字の入れ替えや他のプレイヤーが捨てた数字をうまく使って盤面を整えて、最終局面で広く受けられる状況を作るのがポイント。盤面が徐々に整っていく過程は気持ちいいですし、最後に待っていた数字を神引きした時は快感です!

運と戦略のバランスがいいので、負けると「次やったら絶対にうまくできるはず」と思って、すぐにもう1プレイしたくなる中毒性があります。ルールがシンプルなので、ボードゲーム初心者でも気軽に遊べる良作です!

>>ラッキーナンバーのルール&レビューを見る

⑩花火

花火|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間11分
難易度やや簡単
チュートリアルあり

花火は、プレイヤーが花火師となって、数字カードを小さい順に出していくことで、綺麗な花火をたくさん打ち上げようという協力系ボードゲームです。

このゲームの独特なポイントは周りのプレイヤーの手札は見えるけど、自分の手札だけ見えないというところ!

花火のプレイ画像|ボードゲームアリーナ

そのため、他のプレイヤーから「コレとコレが黄色だよ」「コレだけ1ね」というように1種類の色か数字のどちらかを教えてもらいます。ただし、ヒントを出す時は限られたヒントトークンを使わなければなりません。

この厳しい状況の中、ヒントの意図を読み取ってドンピシャで当てた時は、ヒントを出した側も読み取った側も最高に気持ちよくなれます!

>>花火のルール&レビューを見る

⑪ポイントサラダ

ポイントサラダ|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム※ベータ版
プレイ人数2人~6人
平均プレイ時間8分
難易度簡単
チュートリアルあり

ポイントサラダは、野菜を集めてサラダを作るというテーマのカードゲームです。

野菜カードを手に入れて、その組み合わせでポイントを獲得していき、高得点を目指します。

ポイントサラダの画像|BGA

ポイントサラダの特徴は「カードの両面を使う」ところで、表面には「野菜の種類」、裏面には「サラダレシピ(得点方法)」が載っています。どちらの面で獲得するのかで、カードの役割が変わるところがユニークです!

何回か遊んでみて、ポイントサラダの良いところは、戦略ゲームに寄り過ぎない遊びやすさだと思いました!カード運の影響は大きいですが、それでも毎ターンの最善を尽くして、得点を伸ばしていくのが面白いカードゲームです。

>>ポイントサラダのルール&レビューを見る

⑫ドラフトザウルス

ドラフトザウルス|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間5分
難易度やや簡単
チュートリアルあり

ドラフトザウルスは、恐竜をドラフトして素晴らしい恐竜動物園を作ろうというドラフト系ボードゲーム。

全員同時に複数の恐竜コマから好きなものを1つ選び、余った恐竜を隣の人に渡すことを繰り返します。選んだ恐竜は、ダイスを振って決められたエリアのいずれかのケージ(檻)に配置します。最終的に出来上がった恐竜動物園の状態で点数をつけて、最も点数の高い人の勝利です。

ドラフトザウルスの画像|BGA

欲しいコマが回ってきた時の期待感の高まり、そこからのダイスで置きたい場所に置けなかった時のガッカリ感…このダイス運に左右されて思い通りにならないもどかしさがドラフトザウルスの面白いところ!シンプルなルール・分かりやすい盤面・待ち時間なしなので、特にボードゲーム初心者が遊びやすいドラフト系ゲームです。

ボードゲームアリーナでは、ボード面を「サマーサイド」「ウィンターサイド」「サマー/ウィンターモード」から選べます。

>>ドラフトザウルスのルール&レビュー

⑬ラマ

ラマ|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~6人
平均プレイ時間9分
難易度簡単
チュートリアルあり

ラマは、「いつ降りるか」という引き際を見極めるのが重要なカードゲームです。

手番では、場のカードと「同じ数字」か「1大きい数字」を手札から出していくだけです。また、手札を出す代わりに「カードを1枚引く」or「ゲームから降りる」こともできます。

ラマの画像|BGA

誰かの手札がなくなるか、全員がゲームから降りたらラウンド終了で、残った手札の数字がマイナス点になります。そのため、手番の度に「リスクがあるけどもう少し続けるか」「これ以上マイナス点を増やさないためにゲームから降りるか」という選択に悩まされます。

シンプルなルールに、程よいジレンマと運要素があって、王道感のあるカードゲームです。斬新さはありませんが、誰でも楽しめる安定感があります!

>>ラマのルール&レビューを見る

【じっくり考える】ボードゲームアリーナのおすすめ

次に、ボードゲームアリーナ(BGA)でじっくり考えるタイプのおすすめゲームを紹介します。

中にはルールが複雑なゲームもあるので、初めて遊ぶ友達とプレイするときはトレーニングモードでインストしてあげましょう。

紹介する順番は「無料会員でもテーブルが作れるゲーム」⇒「プレミアムゲーム」の順です。

⑭オリフラム

オリフラム|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数3人~5人
平均プレイ時間10分
難易度普通
チュートリアルなし

オリフラムは、場の「左端に置くか・右端に置くか」を選択してカードを配置していく心理戦カードゲームです。

手番の度に、場のカード列の「左端」か「右端」に裏向きで手札を配置していきます。配置したカードは「公開するか・しないか」を選択することで、勝利点を貯めたり、カード効果を発動したりすることができます。

オリフラムの画像|BGA

10種類のカードはどれも効果がシンプルですが、「左か右のどっちに置く?」「カードを公開する?しない?」という判断がとても悩ましいです。伏せられているカードが何かを予想しながら、コンボを考えてカードを配置したり、破壊される前に勝利点をギリギリまで貯められるよう公開するタイミングを見計らったりします。

1ゲームの20分という軽さでありながら濃密な読み合いができるので、個人的にはこの系統で一番気に入っている作品です!

>>オリフラムのルール&レビューを見る

⑮アルナックの失われし遺跡

アルナックの失われし遺跡|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間41分
難易度難しい
チュートリアルなし

アルナックの失われし遺跡は、未知の遺跡探索がテーマで、デッキ構築・ワーカープレイスメント要素のあるリソースマネジメントゲームです。

2個のワーカーコマを遺跡に向かわせて資源を手に入れたり、守護者の撃退や研究などをして勝利点を獲得していきます。5ラウンドプレイして最も勝利点が高いプレイヤーの勝利です。

アルナックの失われし遺跡|BGA

限られたワーカーや資源をどう使うのかが本当に悩ましいです。

手番の選択肢が多いので、ボードゲーマー向け。実際のボードゲームだとセットアップが少し大変なので、個人的にはボードゲームアリーナで遊びたいゲーム。

⑯ブルゴーニュの城

ブルゴーニュの城|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間39分
難易度難しい
チュートリアルあり

ブルゴーニュの城は、ダイス2個を振って、その出目を使って領地を広げていくボードゲームです。

様々なタイルを獲得して個人ボードに配置していきますが、面白いのはタイル獲得もタイル配置もダイスの出目次第という点。獲得も配置もダイス次第なので運要素が強いですが、ダイスの出目を1ずらせる労働者チップをうまく使うのが大事。

ブルゴーニュの城のプレイ画像|BGA

タイルには様々な効果があるので、それらをうまく繋げてコンボになると気持ちいい!とはいえ、ダイスの出目に振り回されてうまく構築できないことも…。

ダイス運と戦略性のバランスが良いタイル配置ボードゲームの名作です!

⑰ダイスフォージ

ダイスフォージ|ボードゲームアリーナ
テーブル作成誰でもできる(無料)
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間15分
難易度普通
チュートリアルあり

ダイスフォージは、ダイスの面を強化していくという珍しいタイプのボードゲームです。

各プレイヤーは2個のダイスを振り、その出目に従ってお金や資源を獲得していきます。お金を使ってダイスの面を購入したら、ダイスの面を付け替えて、より強力なダイスにアップグレードできます!

ダイスフォージのプレイ画像|BGA

これを繰り返すことで、自分好みの強力なダイスを作って、より効率よく資源や勝利点を集めることができるようになります。

実際のボードゲームだと面の付け替えに時間がかかるので、ボードゲームアリーナだとサクサク遊べて快適でした!

⑱カタン

カタン|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数3人~4人
平均プレイ時間43分
難易度普通
チュートリアルあり

カタンは、カタン島と呼ばれる無人島を誰よりも早く開拓しようというボードゲームです。世界中に有名で、販売数が2000万個を超える超ロングセラー作品です。

ダイスを2個振って、出た目の土地から資源(木材・レンガ・小麦・羊毛・鉱石)を獲得し、その資源を使って街道や開拓地を作っていきます。開拓地を建設すると1点、都市を建設すると2点が入り、最初に10点に到達したプレイヤーの勝利です。

カタンのプレイ画像|BGA

カタンの一番の醍醐味といえば”交渉”です。お互いが納得すれば自由なレートで資源を交換できます。相手が欲しそうな資源を察して、「小麦2個あげるから、レンガ1個ちょうだい」などと相手も自分も喜ぶ提案ができるかが交渉成立のカギです。

戦略性・ダイス運・交渉・資源管理など、アナログゲームの面白さがギュッと詰まった王道感のあるボードゲームです。

>>カタンのルール&レビューを見る

⑲ウイングスパン

ウイングスパン|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間61分
難易度やや難しい
チュートリアルなし

ウイングスパンは、鳥の愛好家となったプレイヤーが鳥類の繁栄を目指すボードゲームです。2022年9月にボードゲームアリーナに追加されました。

手番では「鳥カードを出す・餌の獲得・産卵・鳥カードの獲得」のうち1つを実行するだけなので、遊び方はかなりシンプル。多種多様な鳥カードには様々な能力があり、カード同士のコンボを組み立てるのが楽しいゲームです。

ウイングスパンのプレイ画像|BGA

また、ウイングスパンの良いところは遊び心地がとても穏やかなこと。相手を邪魔する妨害要素がないので、他の人のプレイを気にせず自分がやりたいことだけに集中できるので遊びやすいです。攻撃的なゲームが苦手な方には特におすすめです。

カードのイラストが綺麗なので、ボードゲームアリーナでも美しい見た目は健在。ただ、情報量が多めで、カーソルを合わせるまで日本語が表示されないので、初めての人がリアルタイムモードでいきなり遊ぶのは少し難しいと思います。

>>ウイングスパンのルール&レビューを見る

⑳アズール

アズール|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間12分
難易度普通
チュートリアルあり

アズール(Azul)は、プレイヤーがタイル職人となって、宮殿の壁に美しくタイルを配置することを目指すボードゲームです。2018年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞して以来、年々アズールシリーズ作品が増え続けています。

手番の度に共通の場にあるタイルから1色を獲得して、色ごとに自分のボードに並べていきますが、余ったタイルはマイナス点になってしまいます。

アズールのプレイ画像|BGA

タイルを余らせないように計画的にタイルを獲得しつつ、いかに相手にマイナス点を押し付けるかを考えるゲームです。手番の度に「自分の欲しいタイルを取るか」「相手の妨害をするか」というジレンマに悩まされ続けるので、シンプルだけどしっかりとした遊び応えがあります。

2人でプレイしても面白いので、ボードゲームアリーナのホットシートモード(1台のデバイスで遊ぶモード)を使って、カップルや夫婦で遊ぶのもおすすめです!

>>アズールのルール&レビューを見る

㉑宝石の煌き

宝石の煌き|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間17分
難易度普通
チュートリアルあり

宝石の煌き(Splendor)は、宝石商となって集めた宝石でカードを購入していくというボードゲームです。

手番でできるのは、2~3枚の宝石を獲得するか、宝石を支払って場のカードを購入するかです。

宝石の煌きのプレイ画像|BGA

購入したカードには、勝利点のほかに次の手番から使える割引ボーナスも付いています。割引ボーナスが増えるにつれてコストが下がっていくので、ゲーム後半にかけて購買力がぐんぐんアップしていきます。計画通りに効率よく購入できた時はすごく気持ちいいです!

また、このゲームの醍醐味は「相手の欲しいカードをとらせないようにしつつ、自分が欲しいカードを手に入れる」という駆け引きです。宝石がなくても場のカードを予約することもできるので、「相手の狙いを妨害するのか」「自分の戦略を優先するのか」で悩みます。欲しかった宝石が目の前で取られた時は本当に悔しい気持ちになります。

>>宝石の煌きのルール&レビューを見る

㉒パークス(PARKS)

パークス(PARKS)|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間62分
難易度普通
チュートリアルあり

PARKS(パークス)は、プレイヤーがハイカー(ハイキングをする人)となって、アメリカ国立公園を巡るボードゲームです。

プレイヤーは2つのハイカーコマを持ち、国立公園に続く小道を移動していきます。旅の道中で、水筒を手に入れたり、写真撮影したり、様々なハイキンググッズを購入しながら、4シーズンに渡って旅を続けます。

パークスのプレイ画像|BGA

PARKSの悩ましいところは、何と言っても「ハイカーの移動」。小道はいつも混雑していて、とにかく皆のハイカーが邪魔…。後ろに戻れない・同じマスに入れないという制限があるので、同じマスに入れるようになる「キャンプファイヤー」の使いどころにはかなり悩まされます。

キャンプファイヤー以外にも、「水筒集める?」「写真撮りまくる?」「ギア多め?」「パークメインでいく?」など戦略の幅も広くて、何を重視するかも悩ましくて面白いです。

>>PARKSのルール&レビューを見る

㉓リビングフォレスト

リビングフォレスト|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~4人
平均プレイ時間23分
難易度やや難しい
チュートリアルなし

リビングフォレストは、森の精霊になって、悪しき鬼火に対抗するために、鬼火を消火したり、木を植えたり、守護獣を目覚めさせたりするデッキ構築系ボードゲームです。

面白いのは、デッキからカードを引くたびに「さらに引くか・やめるか」を選択できるところ。カードをたくさん引けばアクションの強度が高まっていきますが、3枚目の黒丸カードが出たらバーストして、その後のアクション回数が減ってしまいます。

リビングフォレストのプレイ画像|BGA

ドロー時は常に「バーストしないようにここでやめるか、より強力なアクションができるように強気に引くか」というジレンマに悩まされます。ドキドキしながらも大量のカードをめくることができた時はかなり気持ちいいです!

また、勝利条件は「火を消す・木を植える・花を集める」の3つがあるので、どれを狙うかでデッキ構築・タイル配置・トークン集めの動きが変わるのも面白いポイント。特にデッキ構築とバースト系が好きな人におすすめの中量級ボードゲームです。

>>リビングフォレストのルール&レビュー

㉔タペストリー

タペストリー|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数1人~5人
平均プレイ時間49分
難易度難しい
チュートリアルあり

タペストリーは、「科学・技術・探求・軍事」という4つの分野を進歩させる文明発展系のボードゲームです。

タペストリーのプレイ画像|BGA

「タイル配置による領土拡大」「ミニチュアでマップを埋めていくパズル要素」など色んなことができますが、手番中の選択肢は「4つの分野のうち1つを選んで発展させる」という4択だけです。重量級ボードゲームの中でも特にシンプルなので、初めて遊ぶ重量級ゲームとしてもおすすめです!

ボードゲームアリーナなら自動処理なのでサクサク遊べます。

>>タペストリーのルール&レビューを見る

㉕ニダヴェリア

ニダヴェリア|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~5人
平均プレイ時間24分
難易度普通
チュートリアルあり

ニダヴェリアは、ドラゴン討伐のために優秀な傭兵を競りあって、最強の師団を作ることを目指す競り系ボードゲームです。

場に提示されているドワーフたちをコインで競り合いますが、面白いのが5枚のコインをグレードアップさせていくところ。ゲーム中は常に5枚だけのコインしか持つことができず、そのコインをより価値の高いコインに変えることができます。

ニダヴェリアのプレイ画像|BGA

コインのグレードアップをするためには競りで負けることになるので、「コインの強化を優先するか、強力な傭兵を優先するか」という判断が悩ましい!

相手が何を集めているか、今何を取ろうとしているのかを察知して、どのくらいの大きさのコインで勝負するのかという判断が重要なボードゲームです。

>>ニダヴェリアのルール&レビューを見る

㉖キング・オブ・トーキョー

新キングオブトーキョー|ボードゲームアリーナ
テーブル作成プレミアムゲーム
プレイ人数2人~6人
平均プレイ時間16分
難易度普通
チュートリアルあり

キングオブトーキョーは、自分が巨大なモンスターとなって戦う怪獣バトルボードゲームです。サイコロを振って、「攻撃・回復・カード購入」をしながら戦います。

キングオブトーキョーの面白いところは「ダイスの振り直し」です。6個のダイスを振り、振り直したいダイスを選んで2回まで振り直せます。

キングオブトーキョーのプレイ画像|BGA

どのダイスを振り直すかという選択が本当に悩ましく、単純な運ゲーではないところが面白いです!

>>キングオブトーキョーのルールを見る

最後に:BGAで世界中のプレイヤーや友達と遊ぼう!

ボードゲームアリーナ

以上が、ボードゲームアリーナ(BGA)で遊べるおすすめゲーム26選の紹介でした。

無料ゲームとプレミアムゲームの両方を紹介しましたが、無料会員だからといってプレミアムゲームを遊べないというわけではありません。無料でできないのはプレミアムゲームのテーブル作成なので、無料会員でも誰かが作ったプレミアムゲームのテーブルに参加することはできます。

そのため、自分が友達と遊ぶときは持ち回りでプレミアム会員になっていました。誰か1人がプレミアム会員になれば、他の友達は無料会員のまま遊べます。

まだ遊んだことがないけど興味がある方は『ボードゲームアリーナの始め方・遊び方』の記事で詳しい使い方を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。ぜひ1度遊んでみてください!

また、お気に入りのボードゲームが増えたら追記していきます。

ボードゲームアリーナはこちら

関連記事

▽ボードゲームアリーナの始め方・遊び方

▽BGAで遊べる無料ゲームのおすすめ

▽BGAが違法でない理由と無料で遊べる理由を解説

▽ボードゲームのおすすめランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次