【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【まとめ】ボードゲームの種類(メカニクス)12ジャンルを徹底紹介!

【まとめ】ボードゲームの種類(メカニクス)12ジャンルを徹底紹介!

ボードゲームには「ブラフ、正体隠匿、タイル配置、拡大再生産…」など種類(メカニクス)がとてもたくさんあります。(※メカニクスとは、ゲームの根幹部分の仕組みのことです)

ボードゲームを始めたての方からすると、聞きなれない単語や種類の多さにびっくりしてしまうかもしれません。ただ、ボードゲームの種類(メカニクス)を把握しておくと、これから自分の好きなゲームを見つけやすくなると思います。

ということで、今回は、ボードゲーム初心者の方に向けてボードゲームの種類(メカニクス)12ジャンルを分かりやすく紹介していきます。

ボードゲームの種類①『ブラフ』

ブラフ|ボードゲームの種類(メカニクス)

ブラフ系は、相手を騙したり、相手の嘘を見抜いたりするボードゲームです。

ブラフの意味は「ハッタリ」です。お互いの手札などが分からない状況で、ハッタリをかましてうまく相手を騙すことで自分に有利な流れを作ることができます。

相手を騙す|ブラフ系ボードゲーム

嘘を顔に出さない「ポーカーフェイス」や、相手の嘘を見抜く「観察力」が重要です。騙し合いが好きな人におすすめのゲームジャンルです。

▼ブラフゲーム①『コヨーテ』

コヨーテ(ボードゲーム)のルール・遊び方|自分のカードだけ見えない!?
「コヨーテ」は、ハッタリと推理が勝負のカギを握る、心理戦ボードゲームです。 このゲームは『場に出ている数字の合計値を予想する』ゲームですが、その一番の特徴は『自分の数字だけ見えない』ということです!つまり「相手の見えている数字」と「自...

▼ブラフゲーム②『ブラフ』

『ブラフ(Bluff)』のルール&レビュー:5つのダイスを使う心理戦ボードゲーム
「ブラフ(Bluff)」は、ダイスを使ってハッタリをかます心理戦の熱いボードゲームです。 ゲームのタイトルである「ブラフ」の意味は、簡単に言ってしまうと「はったり」。 つまり、適当なことをさも本当のように信じ込ませるゲームです。 ...

▼ブラフゲーム③『ごきぶりポーカー』

『ごきぶりポーカー』のルール&レビュー:嘘を見抜くブラフ系カードゲーム
ごきぶりポーカーは、ゴキブリやカメムシ、ネズミなどの「嫌われ者カード」を押し付け合いながら、相手の宣言が「嘘」か「本当」かを見抜くブラフ系カードゲームです。この記事では『ゴキブリポーカーのルールからレビュー評価』まで詳しく紹介しています。

その他の『ブラフゲーム』をチェックする

ボードゲームの種類②『正体隠匿』

正体隠匿|ボードゲームの種類(メカニクス)

正体隠匿とは、お互いの役職や陣営が分からない中、自分の正体を偽ったり、相手の役職を見破ったりするゲームジャンルです。有名な人狼ゲームも正体隠匿ジャンルに入ります。

自分の役職や陣営を隠しながら勝利を目指す|正体隠匿ゲーム

正体隠匿ゲームの多くは「少数派」と「多数派」の陣営に分かれて、少数派は正体がバレないこと、多数派は少数派を見つけ出すことを目指します。

自分の役職を隠すために相手を言葉巧みに騙したり、相手の正体を推理するというのが特徴です。ドキドキのスリルを味わいたい人や推理が好きな人におすすめのメカ二クスです。

▼正体隠匿ゲーム①『ワンナイト人狼』

【すぐわかる】『ワンナイト人狼』お手軽人狼ゲームを徹底紹介
『ワンナイト人狼』のルール・役職・遊び方のコツまで徹底紹介しています。特に「これからワンナイト人狼を始めたい!」という初心者の方に向けて、分かりやすくルールを解説しました。人狼が遊びやすくなったゲームなので、初めての正体隠匿ゲームとしておすすめです。

▼正体隠匿ゲーム②『レジスタンス:アヴァロン』

【ボドゲ紹介】『レジスタンスアヴァロン』ボードゲームのルール&レビュー
『レジスタンス:アヴァロン』は、アーサー王の元に集う「正義チーム」とそこに潜伏する「邪悪チーム」に分かれて戦う正体隠匿ボードゲームです。 元々あった『レジスタンス』というボードゲームのテーマを「円卓の騎士」に変えて、さらに「新要素」を...

▼正体隠匿系ゲームの『おすすめランキング』はこちら!

『正体隠匿系ボードゲームのおすすめ12選』人狼みたいなゲームを徹底紹介!
今回は、僕が特に気に入っている『正体隠匿系ボードゲームのおすすめランキング12選』を紹介します。 正体隠匿ゲームは「誰が犯人か分からないドキドキ感」や「少数派を推理するワクワク感」があって、個人的には大好きなゲームジャンルです。ただ、...

ボードゲームの種類③『タイル配置』

タイル配置|ボードゲームの種類(メカニクス)

タイル配置は、地形などのタイルを場に配置していくタイプのボードゲームです。ゲームごとに様々な配置ルールがあり、「配置済みのタイルと繋がるように置く」などの制約があります。

タイル配置系ボードゲーム

場の配置状況から、今どこに置くのがベストなのかという判断が悩ましくも面白いジャンルです。じっくり考える戦略的なボードゲームが好きな方におすすめです。

▼タイル配置ゲーム①『キングドミノ』

『キングドミノ』のルール&レビュー:自分の王国を作るタイル配置ボードゲーム
キングドミノは、「好きな土地タイルを配置して、自分だけの美しい王国を作り上げる」ボードゲームです。 このキングドミノ、実は今年の〈ドイツ年間ゲーム大賞2017〉を受賞した話題作です。もともと2016年に原版が発売されており、その後、2...

▼タイル配置ゲーム②『アズール』

【ボドゲ紹介】『アズール(Azul)』綺麗なタイルの奪い合いゲーム
アズール(Azul)は「王宮のタイル貼り」をテーマにした、見た目がとても美しいボードゲームです。 「なんだ、見た目重視のゲームか…」 と思った方… 僕も最初はそんなイメージでしたが、少し遊ぶと気づきます。 オシャレさはお...

その他の『タイル配置ゲーム』をチェックする

ボードゲームの種類④『拡大再生産』

拡大再生産|ボードゲームの種類

拡大再生産は、初期資源を投資することで資産を獲得し、その資産を使ってさらに投資して、どんどん資産を拡大していくという種類のボードゲームです。

拡大再生産系ボードゲーム手に入れた資源を使って領土を広げ、さらに資源を得やすくしていく

序盤にできなかったことが後半になるにつれてできるようになるので、ゲーム中に”成長”を感じられるジャンルです。じっくり考えて遊びたい人、戦略を立てるのが好きな人におすすめです。

▼拡大再生産ゲーム①『カタン』

【ボドゲ紹介】『カタン(Catan)』無人島で開拓競争ゲーム
カタンの開拓者たち(Catan)は、無人島で開拓競争するボードゲームです。開拓地や道を作って、無人島の繁栄を目指します。 カタンの開拓者たちは1995年にドイツで発売され、同年に「ドイツ年間ゲーム大賞」を受賞しました。現在では「世界で...

▼拡大再生産ゲーム②『宝石の煌き』

『宝石の煌めき(Splendor)』宝石商人ボードゲームのルール&レビュー
宝石の煌めき(Splendor)は、プレイヤーが宝石商になって、宝石を支払って鉱山や職人を手に入れて、莫大な資産を築くというボードゲームです。 2014年に発売し、ドイツ年間ゲーム大賞2014にノミネートされたことのある人気作です。日...

▼拡大再生産ゲーム③『街コロ』

『街コロ』のルールを徹底紹介:街が大きくなるワクワク感がたまらない!!
街コロは「自分の街を開発して、大都市に発展させていく」というボードゲームです。サイコロを振って、コインを獲得し、自分の街に新しいお店を作っていきます。 この街コロ、実はかなりの「ボードゲーム初心者キラー」です。その理由は「ダイスを振る...

その他の『拡大再生産ゲーム』をチェックする

ボードゲームの種類⑤『ドラフト』

ドラフト|ボードゲームのメカニクス

ドラフトとは「選び取る」という意味で、ボードゲームでは好きなカードやタイルを選び取るというメカニクスです。

好きなカードを選び取る|ドラフトゲームカード1枚を選んで、残りを隣の人に回す

ドラフトの方式は「共通の手札から順番に1人ずつ好きなカード1枚を取って、残りを隣に渡す」方式や「全員にカードを配り、全員同時に1枚抜き取って、残りを隣に渡す」という全員同時ドラフト方式などがあります。

ドラフトの度に「Aが欲しいけど、Bは他の人に渡したくない」というジレンマに悩まされるのが特徴です。

▼ドラフトゲーム①『カーニバルモンスターズ』

【ボドゲ紹介】『カーニバル・モンスターズ』怪物園作りゲーム
今回は、壮大な怪物園を作るボードゲーム『カーニバル・モンスターズ(Carnival of Monsters)』を紹介します。 マジック:ザ・ギャザリングを生み出したリチャード・ガーフィールド氏の新作で、ゲーム内容は「カードドラフト型ボ...

▼ドラフトゲーム②『ドラフトザウルス』

『ドラフトザウルス(Draftsaurus)』ボードゲームのルール&レビュー
ドラフトザウルス(Draftsaurus)は、恐竜をドラフトして人気の恐竜動物園を作るというドラフト系ボードゲームです。 フランスゲーム大賞2020にもノミネートされた作品で、Jelly Jelly Gamesから日本語版の発売が決ま...

▼ドラフトゲーム③『あやつり人形』

『あやつり人形』の新版|9人の新キャラクターが追加!(ボードゲーム)
ボードゲーム「あやつり人形」が新版になりました!あやつり人形はプレイ人数の幅が7人までと広くかなり重宝して遊んでいました。なので、カードがちょっと劣化してきていたので、思い切って買い換えようと思った次第です。いやー、それにしても、箱大きくな...

ボードゲームの種類⑥『ワーカープレイスメント』

ワーカープレイスメント|ボードゲーム

ワーカープレイスメントは、ワーカー(労働者コマ)をマスに配置して、そのマスのアクションを実行していくというメカニクスのボードゲームです。

ワーカーをマスに配置して、そのマスのアクションを実行する

ワーカープレイスメントゲームの多くは、既に他のコマが入っているマスには入れないという「早い者勝ち」のルールが採用されています。そのため、「Aのマスに入りたいけど、他のプレイヤーに使われたくないBのマスに先に入ろうか」といったジレンマが常にあります。

▼ワカプレ①『エバーデール』

『エバーデール(Everdell)』ボードゲームのルール&レビュー:動物たちの街を作ろう!!
エバーデールは「森の小動物たちが街を作る」という、ワーカープレイスメント系のボードゲームです。日本語版は「2020年1月9日」に発売しました。 今回は『エバーデール(Everdell)』のルール&レビューを紹介します。「エバーデールっ...

▼ワカプレ②『リトルタウンビルダーズ』

『リトルタウンビルダーズ』のルール&レビュー:シンプルで面白いワカプレの入門書!
リトルタウンビルダーズは、「ワーカー(労働者)を配置して資源を得たり、建物を建てたりする」ボードゲームです。ジャンルで言うと、ワーカープレイスメントに当たります。 もともと「ゲームマーケット2017秋」で販売されていた人気作で、202...

▼ワカプレ③『アグリコラ 牧場の動物たち』

【ボドゲ紹介】『アグリコラ 牧場の動物たち』2人用の牧場経営ゲーム
先日、『アグリコラ 牧場の動物たち THE BIG BOX』を手に入れたので、今回は”フタリコラ”とも呼ばれるアグリコラの2人用版『アグリコラ 牧場の動物たち』のルール&レビューを紹介します。 ちなみに、ビッグボックス版とは、2人用ア...

ボードゲームの種類⑦『陣取り』

陣取り|ボードゲームの種類(メカニクス)

陣取り(エリアマジョリティ)は、ボード上のエリアにコマやタイルを置いていき、陣地を取り合うというメカニクスのゲームです。

陣地を取り合うボードゲーム各エリアにコマを置いていき、数を競う

上の写真のように「各エリアで最もコマの多い人が点数を獲得できる」というゲームや、「ボード上に手持ちのタイルをどれだけたくさん置けるかを競う」ゲームなどがあります。

▼陣取りゲーム①『天下鳴動』

『天下鳴動』ボードゲームのルール&レビュー:3つのダイスで全国の城を奪い合う!!
天下鳴動は、「戦国武将となって全国の城を奪い合う」というテーマの陣地取りボードゲームです。 2018年に「ゲームマーケット大賞」を受賞しており、2019年11月にホビージャパンから商品化されました。 今回はボードゲーム『天下鳴動...

▼陣取りゲーム②『ブロックス』

【ボドゲ紹介】『ブロックス(Blokus)』カラフルな陣地取りゲーム
ブロックス(Blokus)は「手持ちのピースをたくさん置いた人が勝ち」というシンプルな陣地取りボードゲームです。この記事では、ブロックスの「ルール・遊び方」から「初心者が抑えておくべきコツ・戦略」まで徹底紹介しています。

ボードゲームの種類⑧『デッキ構築』

デッキ構築|ボードゲームの種類

デッキ構築というジャンルは、山札を自分の好きなように構築・カスタマイズできるというメカニクスです。代表的なボードゲームは『ドミニオン(Dominion)』です。

山札を自分の好きなように構築・カスタマイズできるボードゲーム

デッキ構築の醍醐味は、デッキ全体のバランスやコンボを考えるところです。また、他の人とは被らない自分だけのデッキが作れるところも魅力で、ゲームでオリジナリティを発揮できるジャンルでもあります。

構築系のボードゲームは勝ち筋の幅が広いので、戦略を考えるのが好きな人におすすめです。

▼デッキ構築①『ドミニオン』

【ボドゲ紹介】『ドミニオン』デッキ構築がたまらなく面白い!!
ドミニオンは「銅貨などで好きなカードを購入して、自分のデッキを強化していく」デッキ構築型ボードゲームです。「ドイツ年間ゲーム大賞2009」の大賞を受賞しています。この記事では、ドミニオンのルールからレビュー評価まで詳しく紹介しています。

▼デッキ構築②『エルドラドを探して』

【ボドゲ紹介】『エルドラドを探して』デッキ構築型すごろくゲーム
『エルドラドを探して(The Quest for Eldorado)』は、黄金都市エルドラドを目指すデッキ構築型すごろくゲームです。 ボードゲーム界の巨匠「ライナー・クニツィア氏」の作品で、2017年にドイツ年間ゲーム大賞にノミネート...

▼デッキ構築③『イーオンズエンド』

【ボドゲ紹介】『イーオンズエンド』シャッフル禁止のデッキ構築ゲーム
イーオンズ・エンド(Aeon's End)は、「デッキをシャッフルしない」というのが特徴の協力型デッキ構築ボードゲームです。プレイヤーは魔法使いとなって協力して、敵であるネメシスを倒すことを目指します。 原版は2016年に発売され、日...

ボードゲームの種類⑨『競り』

競り|ボードゲームのメカニクス

競りは、各プレイヤーが資源(コイン)の数を提示して、最も多くの数を提示した人がその資源を支払って品物を獲得するというメカニクスです。代表的な競り系ボードゲームは『モダンアート(Mondern Art)』です。

競りの種類は、全員が自由に金額を宣言して価格をつり上げていく方法や、全員が硬貨を握って一斉に公開する方法などがあります。

競りゲーム|全員が自由に金額を宣言できる公開競り全員が自由に金額を宣言できる公開競り

最初は「どのくらいの値段をつけたらいいんだろう」と困惑するかもしれませんが、次第に相場観が分かってくると、読み合いや駆け引きが生まれ、一気に面白くなります!

▼競りゲーム①『モダンアート』

『モダンアート』人気の競り系ボードゲームのルールを詳しく紹介!
モダンアート(modern art)は、ボードゲームでは数少ない、競り、オークションを楽しめる人気のボードゲームです! 競りゲームって聞くと、「なんか難しそう…」と思った方、そんなことはありません! 「10!」「12!」「15!...

▼競りゲーム②『ファフニル』

『ファフニル』のルール&レビュー:ニワトリが生む宝石を競るボードゲーム
ファフニルは「ファフニルという名前のニワトリが生む宝石を競る」ボードゲーム。ただし、新しい宝石を得るためには手持ちの宝石を捨てなければなりません。 このファフニルはオインクゲームズの最新作で、ゲームマーケット2019秋(2019年11...

▼競りゲーム③『ゲシェンク』

『ゲシェンク』のルール紹介:引き取りたくない…マイナス点を競るカードゲーム
ゲシェンクは「マイナス得点カードを引き取るか」「チップを払ってパスするか」というジレンマのある二択を続けて、最後にマイナス点が少ない人が勝ちというゲームです。 内容は「競りゲーム」ですが、少し変わっている点が「良いものを競るのではなく...

ボードゲームの種類⑩『協力』

協力|ボードゲームの種類

協力ゲームは、プレイヤーがチームとなって協力してゲームクリアを目指すタイプのことです。「RPGのようにパーティーを組んでモンスターを倒すゲーム」や「全員のカードを全て出し切ることを目指すゲーム」「謎解きをして脱出を目指すゲーム」などがあります。

パーティーを組んでモンスターを倒す|協力ボードゲーム

協力ゲームの一番の魅力は「チームがひとつになったような一体感」です。

ギリギリの状況で勝利した時はみんなで喜びを分かち合えますし、ゲームに負けた時は悔しさを共有して再挑戦できます。また、次のアクションを相談したり、経験者が初心者にアドバイスしやすいので、自然とコミュニケーションが増えます。このように、ゲームで手軽に団結感を感じられて、仲が深まりやすいのが協力ゲームの特徴です。

また、プレイヤーに順位がつかないので他人と競い合う対人ゲームのストレスがなく、負けても嫌な気分にならないのも良いところです。

▼協力ゲーム①『パンデミック』

【ボードゲーム紹介】パンデミック:新たなる試練(Pandemic)のルール&レビュー
パンデミック:新たなる試練は「世界に蔓延していくウイルスから世界を守れるか」という協力系のボードゲームです。原版は2008年に発売し、2013年にホビージャパンから新版が発売しました。 今回は、名作ボードゲーム『パンデミック:新たなる...

▼協力ゲーム②『ザ・マインド』

【ボドゲ紹介】『ザ・マインド(The Mind)』無言協力カードゲームのルール&レビュー
ザ・マインド(The Mind)は、「コミュニケーション禁止の中、協力して数字カードを小さい順に出していく」というカードゲームです。 2018年にドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた作品で、2018年11月にアークライトから日本語版...

▼協力ゲームの『おすすめランキング』はこちら。

『協力ボードゲームのおすすめランキング12選』ドラゴン討伐~脱出系まで一挙紹介!!
協力系ボードゲームは、みんなで達成感や悔しさを共有して、まるでチームになったような一体感を感じられる魅力的なゲームジャンルです。 ただ、協力ゲームと一口に言っても「無言で協力するゲーム」や「ドラゴンを退治するRPG風のゲーム」「謎解き...

ボードゲームの種類⑪『表現』

表現|ボードゲームの種類

表現系は、お題を言葉などで表現して、相手にうまく伝えるというタイプのボードゲームです。

お題を表現して相手に伝える|表現系ゲーム

ボードゲームの種類によっては、「全員に正解されたらダメなもの」「短い言葉で表現する」「カタカナ禁止」などの制限があります。

このような各ゲームのルールによって、みんなの面白い表現や意外な言葉が飛び出して、とても盛り上がるゲームジャンルです。

▼表現系ゲーム①『ディクシット』

『ディクシット Dixit』イラスト表現ボードゲームのルール&レビュー
『ディクシット(Dixit)』はラテン語で「彼は言いました」という意味で、そのタイトルの通り「抽象的なイラストを言葉で表現する」ボードゲームです。 2008年にフランスで発売し、2010年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。日本語...

▼表現系ゲーム②『はぁって言うゲーム』

【ボドゲ紹介】『はぁって言うゲーム』のルール&レビュー
はぁって言うゲームは、与えられたお題を「はぁ」などの短い言葉と表情だけで演じて当て合うパーティーゲームです。ルールが簡単で、お手軽に盛り上がれます。この記事では『はぁって言うゲーム』のルールからレビュー評価まで詳しく紹介しています。

▼表現系ゲーム③『ボブジテン』

『ボブジテン』カタカナ禁止カードゲームのルール&レビュー
ボブジテンは、『カタカナ語を日本語だけで説明する』というカタカナ禁止カードゲームです。 「チョコレート」や「キャンプ」といったカタカナ語のお題を説明するのにカタカナを使用することができません。この制限の中でお題を表現しようとすると、面...

ボードゲームの種類⑫『アクション』

アクション|ボードゲームの種類

アクション系は、手を使ってバランスを取ったり、コマを素早く掴んだりするなど、身体の動作を必要とするボードゲームです。

体の動作を必要とするボードゲームレバーを押すことでボードを傾けてコマをゴールに導くゲーム

戦略的な要素が少ないので、子供と大人が一緒に遊びやすいジャンルです。

▼アクションゲーム①『スライドクエスト』

【ボドゲ紹介】『スライドクエスト』4本のレバーで騎士を導くバランスゲーム
ボードゲーム『スライドクエスト』のルール&レビューを紹介しています。このゲームは「みんなでレバーを動かしてボードを傾けながら、騎士を目的地に運ぶ」というもの。なかなか思う方向に行かなかったり、動きすぎたりして、かなり苦戦しますが、とても盛り上がります!

▼アクションゲーム②『おばけキャッチ』

【ボドゲ紹介】『おばけキャッチ』正解コマを掴みとる早取りゲーム
おばけキャッチは「カードのイラストを見て、素早く正しいコマを掴みとる」早取り系ボードゲームです。 遊び方は子供でもすぐに理解できるくらい簡単ですが、これが大人でもついつい間違えてしまうんですよね。笑 今回は『おばけキャッチ』のル...

▼アクションゲーム③『バウンスオフ』

【ゲーム紹介】『バウンス・オフ!』ピンポン玉投げアクションゲーム
バウンス・オフ!は「ピンポン玉を投げてトレーに入れる」という新しいタイプのアクション系ボードゲームです。 ボールさえ投げられれば誰でもできますし、ハンデもつけやすいので、我が家では友達が子供を連れて遊びに来たときに大活躍してくれました...

【まとめ】気になるジャンルからゲームを探そう!

以上が、ボードゲームの種類(メカニクス)12ジャンルの紹介でした。

ボードゲームを始めたての方は、ゲームの種類から調べるのがおすすめです。気になる種類が見つかれば、そのジャンルを調べることで自分の好きなタイプのボードゲームに出会える確率が上がります。それがお気に入りのゲームになったら、一生遊ぶことだってできます!

ぜひ自分の気になるジャンルから、ボードゲームを探してみてください!

ボードゲームランキングも紹介中!

僕がこれまで遊んで面白かったボードゲームをランキング形式で紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

▼おすすめボードゲームランキングはこちら。