Amazonの『ボードゲームランキングTOP100』はこちら>>

【BBQ・キャンプ向け】アウトドアにおすすめのゲーム11選

【BBQ・キャンプ向け】アウトドアにおすすめのゲーム11選

今回は、キャンプやBBQなどのアウトドアで遊びやすいボードゲーム11選を紹介します。

気になるゲームがありましたら、各ゲームの詳細記事も書いているのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

BBQやキャンプに向いているゲームとは

BBQ・キャンプの画像

これまでに何度かBBQやキャンプなどのアウトドアにボードゲームを持っていたことがあります。その時にいつも重視しているポイントは以下の3つです。

  1. ルールが簡単
  2. 持ち運びやすい
  3. スペースを取らない

ルールが簡単・持ち運びやすいは言うまでもありませんが、意外に大事なのが「スペースを取らずに遊べる」という点。

屋内で遊ぶ時のように大きなテーブルがない(あっても色んなものが置いてある)場合が多いので、テーブルにカードを並べるようなゲームはキャンプなどのアウトドアには不向きです。

そこで、今回は、この3つのポイントを押さえたアウトドア向きボードゲームを紹介します。

BBQ・キャンプにおすすめのアウトドア向けゲーム

『BBQ・キャンプに持って行きたいアウトドアで遊べるボードゲーム11選』を紹介します。

①ito(イト)

ito(イト)|アウトドアで遊べるゲーム

プレイ人数2~10人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~

ito(イト)は、自分の数字カード(1~100)の大きさを「テーマに沿った言葉」で表現して、数字が小さい順に出していく協力系ボードゲームです。

例えば、テーマが「こわいもの」で自分のカードが「71」だった場合、71は100に近いのでかなり怖いもの(バンジージャンプなど)を表現します。(1は全然怖くないもの、100がめちゃくちゃ怖いもの)

数字の大きさを言葉で表現する|ito(イト)

各プレイヤーの表現を聞いて、自分の数字の方が小さいと思った人から場に出していき、全てのカードを小さい順に出すことができたらゲームクリアです。

40などの微妙な数字がきた時にはどう表現するかが悩ましくて、自分が遊んだ時には「コーラにちょっとだけドリアンを絞ったジュース」「来航前のペリー」などよく分からない個性的な表現が飛び出してとても盛り上がりました。

プレイ中は「1~3枚のカードを持つ」「テーブルにカードを1枚ずつ重ねていく」だけなので、BBQやキャンプでも遊びやすいゲームです。

関連ito(イト)のルール&レビュー

【徹底レビュー】『ito(イト)』数字の大きさを言葉で表現するボードゲーム
ito(イト)は、手札の数字を「テーマに沿った言葉」で表現して、小さい順に出していくというボードゲームです。「完全協力ゲーム」と「強力と裏切りのゲーム」の2つのモードで遊べます。 イラストレーターである326(ナカムラミツル)氏が、イ...

②コヨーテ

コヨーテ|キャンプで遊べるゲーム

プレイ人数2~10人
プレイ時間15~30分
対象年齢10歳~

コヨーテは、みんなが持っている数字の合計値を予想するゲームですが、面白いのが「他の人の数字は見えるのに、自分の数字だけ見えない」というルール。

自分の数字だけ見えない|コヨーテ

順番に「前のプレイヤーよりも大きい数字」を宣言していき、前のプレイヤーの数字がカードの合計値を超えたと思ったら「コヨーテ!」と宣言します。間違っていたプレイヤーがライフを1失い、3ライフ失ったら脱落となります。

ゲーム中は、他のプレイヤーの宣言や表情などをよく観察して、自分の見えない数字を推理していきます。一方で、自分の宣言で、小さい数字の人に大きな数字を持っているように思わせたり、逆に大きい数字の人に小さい数字を持っているように思わせたりして、他のプレイヤーを騙して勝つというのも醍醐味です。周囲を惑わせて勝利した時の快感は格別です!笑

コヨーテはカード1枚を頭にかざしてプレイするだけで全くスペースを必要としないので、アウトドアにも向いているボードゲームです。

関連コヨーテのルール&レビュー

コヨーテ(ボードゲーム)のルール・遊び方|自分のカードだけ見えない!?
「コヨーテ」は、ハッタリと推理が勝負のカギを握る、心理戦ボードゲームです。 このゲームは『場に出ている数字の合計値を予想する』ゲームですが、その一番の特徴は『自分の数字だけ見えない』ということです!つまり「相手の見えている数字」と「自...

③へんなかんじ

へんなかんじ|BBQにおすすめのゲーム

プレイ人数2~4人
プレイ時間15分
対象年齢10歳~

へんなかんじは、お題の言葉をオリジナルの創作漢字1字で表すという大喜利系ボードゲームです。

さっそくですが、下の漢字は何でしょう?

お題を創作漢字1字で表す|へんなかんじ

答えは「ハンモック」です。これは、木と木の間に「寝」という字をハンモックのように繋げた創作漢字です。こんな感じで、各プレイヤーは自分のお題をムリヤリ作った漢字で表現します。

他のプレイヤーに当ててもらえれば得点になりますが、それだけでなく、最後に「最も良い感じの漢字」をみんなで選び、その漢字を作ったプレイヤーに高得点が入ります。そのため、ただ伝わりやすいだけでなく、独創的な発想・上手い表現でみんなが認める漢字を作ることが重要なゲームです。

へんなかんじも、手元にミニホワイトボードとペンを持つだけでできるので、BBQやキャンプでも遊びやすいゲームです。

関連へんなかんじのルール&レビュー

【徹底レビュー】『へんなかんじ』オリジナル漢字を創作するゲーム
へんなかんじは、自分のお題を漢字1字で表現するボードゲームです。 ただし、書くのはみんなが知っている漢字ではなく、自分が作り出したオリジナル漢字です。プレイヤーの柔軟な頭・発想力が試されます。 今回は、創作漢字ゲーム『へんなかん...

④ボブジテン

ボブジテン|アウトドアで遊びやすいゲーム

プレイ人数3~8人
プレイ時間30分
対象年齢10歳~

ボブジテンは、カタカナ語のお題を”カタカナを一切使わず”に説明して当ててもらうというゲームです。

出題者はお題カードをめくって、そのお題をカタカナを使わずに説明しなければなりません。例えば、お題が「ダウンロード」の場合、「パソコン」や「インターネット」などの言葉を使いたくなりますが、どちらもカタカナなので使えません!

ボブジテンはカタカナ禁止

出題者以外のプレイヤーは、お題が分かった時点で当てることができ、最初に正解した人が点数を獲得できます。

カタカナを使わずに伝えようとすると、面白い発言や意味不明な言葉が飛び出したりして、終わったら「なんであんな説明なの!?」「他に言い方あったでしょ!」と総ツッコミを受けることも。子供も大人も一緒に遊べるので、キャンプなどのアウトドアにおすすめです!

関連ボブジテンのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ボブジテン』カタカナ禁止でお題を説明するゲーム
ボブジテンは、『カタカナ語を日本語だけで説明する』というカタカナ禁止カードゲームです。 「チョコレート」や「キャンプ」といったカタカナ語のお題を説明するのにカタカナを使用することができません。この制限の中でお題を表現しようとすると、面...

⑤みんなでぽんこつペイント

みんなでぽんこつペイント|キャンプで遊びやすいゲーム

プレイ人数2~12人
プレイ時間10分
対象年齢6歳~

みんなでぽんこつペイントは、お題を「直線」と「正円」だけで描いて伝えるお絵描き系パーティーゲームです。回答役以外のプレイヤーは共通のお題を与えられて、一斉に線と丸だけで絵を描きあげます。

直線と円だけで描く|みんなでぽんこつペイント

このゲームの面白いポイントは「少ない画数の人から順に回答役に見せることができる」というルールです。回答役が当てた時点でゲーム終了となるので、「少ない画数で先に当ててもらうか、多い画数で確実に分かる絵に仕上げるのか」が悩みどころです。

少ない画数の絵を発表して「これじゃ絶対伝わらないでしょ!」とみんんからツッコミを受けたりして盛り上がります。このゲームも、手元にホワイトボードとペンがあればできるので、屋外でも遊びやすいボードゲームです。

関連みんなでぽんこつペイントのレビュー

【徹底レビュー】『みんなでぽんこつペイント』線と円だけのお絵描きゲーム
みんなでぽんこつペイントは、お題のイラストを「直線」と「正円」だけで描いて伝えるボードゲームです。 オリジナル版は2011年に『ぽんこつペイント』として発表され、2018年にホビージャパンからリメイク版として発売されました。(2020...

⑥ワードバスケット

ワードバスケット|BBQで遊びやすいゲーム

プレイ人数2~8人
プレイ時間10分
対象年齢10歳~

ワードバスケットは、誰でも知っている”しりとり”がベースの簡単なゲームです。

使うのは「ひらがな1文字のカード」だけ。「場の文字」から始まって、「手札の文字」で終わる言葉を宣言しながらカードを出します。

「場の文字」から始まって、「手札の文字」で終わる言葉を宣言する|ワードバスケット

上の画像では、場のカードが「は」で、手札に「い」があるので、「くさ」と言ってカードを出すことができます。

ただ、普通のしりとりと大きく違うのが、思いついたら誰でもすぐにカードを出せるというところ。そのため、カードを出そうとした瞬間に他の人に出されてしまい、「えっ今出そうとしたのに!!」と何度も悲鳴があがります。シンプルだけど、想像以上に盛り上がるカードゲームです。

手持ちのカードを出すときは箱に入れていくだけでテーブルのスペースを取らないので、BBQやキャンプにうってつけです!

関連ワードバスケットのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ワードバスケット』早い者勝ちのしりとりゲーム
ワードバスケットは、ひらがなカードを使った、ハイスピードしりとりゲームです。誰もが知っているしりとりがベースなので、子供からお年寄りまで一緒にプレイできます。ボードゲーム初心者の方におすすめです。

⑦ワードウルフ

ワードウルフ|屋外でも遊びやすいゲーム

プレイ人数2~8人
プレイ時間5~10分
対象年齢8歳~

ワードウルフは、あるお題について話し合いをする中で、微妙に違うお題を配られた少数派(ワードウルフ)を見つけ出すパーティーゲームです。

例えば、プレイヤーの多くが「砂糖」というお題を与えられた場合、「塩」というお題を与えられた少数派がワードウルフ、ということになります。(下図参照)

少数派のお題を与えられた人がワードウルフ

最初、自分のお題を確認した段階では、自分が多数派なのか、少数派なのか分かりません。話し合いをしているうちに、自分が多数派だと思ったらワードウルフを見つけ出しましょう。もし自分がワードウルフかも…と思ったら、話を合わせたり、ウソをついたりして自分の正体がバレないようにします。

「ワードウルフだとバレるかも…」というちょっとしたドキドキ感が味わえるコミュニケーションゲームなので、BBQやキャンプで盛り上がるのにぴったりです!

関連ワードウルフのルール&レビュー

『ワードウルフ』のボードゲーム版(幻冬舎)を徹底レビュー
ワードウルフは、会話から少数派を見つけ出す正体隠匿系ボードゲームです。 ワードウルフはスマホアプリで大人気のパーティーゲームですが、そのボードゲーム版が幻冬舎から2020年4月25日に発売しました。 今回は、ワード人狼こと『ワー...

⑧インサイダーゲーム

インサイダーゲーム|アウトドアで遊びやすいゲーム

プレイ人数4~8人
プレイ時間15分
対象年齢9歳~

インサイダーゲームは、クイズ&正体探しのボードゲームです。

お題当てゲームで質問と回答を繰り返しながら、1人だけ答えを知っている「内通者(インサイダー)」を見つけ出さなければなりません。

ゲーム前半は「お題当て」、ゲーム後半は「インサイダー探し」という2部構成になっていて、1回のゲームでクイズと正体探しが両方楽しめます。

個人的に気に入っているのは、みんなが喋りやすいところです。「それは食べ物ですか?」「温かいですか?」などのシンプルな質問から始まり、後半のインサイダー探しでも「あの質問、怪しかったよね?」というくらいの簡単な会話でOKです。ハードな騙し合いや脱落がなく、簡単な会話だけで遊べるライトな正体隠匿ゲームです。

関連インサイダーゲームのルール&レビュー

『インサイダーゲーム』のルール&レビュー:内通者を捜し出すボードゲーム
インサイダー・ゲームのルール&レビューを紹介しています。このゲームは「メンバーの中に1人だけいるインサイダー役(内通者)を見つけ出そう」という正体隠匿系ボードゲームです。「前半戦は協力パート」「後半戦は対決パート」という2部構成になっています。

⑨クアルト・ミニ

クアルトミニ|キャンプで遊びやすい2人用ゲーム

プレイ人数2人用
プレイ時間15分
対象年齢6歳~

クアルトは、五目並べのように「2人で交互にコマを配置して一列揃えた方が勝ち」という2人用ボードゲームの定番です。

ただ、独特なのが駒の見た目がどれも違うところ!コマは「色・高さ・形・穴のありなし」と様々な要素が異なっていて、このうちどれか”1つの要素”を一列揃えた人の勝ちとなります。

また、「駒は自分で選べずに相手が選ぶ」というルールも面白くて、先の展開をしっかりと読む必要があります。

ルールが簡単なのでオセロのような気軽さですぐに遊べるところが気に入っています。少人数でキャンプに行くときにおすすめです。

クアルトは通常サイズとミニサイズがありますが、持ち運びを考えるとクアルトミニがおすすめです。

関連クアルトのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『クアルト(Quarto)』変則4目並べゲームのルール&レビュー
クアルト(Quarto)は、交互にコマを置いていき、色・高さ・形・穴の有無のいずれかの要素で一列揃えたら勝ちという2人専用のボードゲームです。 フランスのギガミック(Gigamic)社から1991年に発売され、数々の賞を受賞しています...

⑩コリドール・ミニ

コリドールミニ|キャンプで遊びやすいゲーム

プレイ人数2人・4人
プレイ時間20分
対象年齢6歳~

コリドールは、自分のコマを1マスずつ動かしてゴールまで進むことを目指すという簡単なゲームです。

手番でやることは「コマを進める・壁で相手の進路を塞ぐ」のどちらかで、特に重要なのは壁を使って相手の進路をブロックすることです!

相手をできる限り遠回りさせるために、どこに・どのタイミングで置くかが重要です。

運要素が一切ない頭脳と頭脳のぶつかり合いになるので、負けた時は本当に悔しくてすぐに再戦を申し込んでしまいます。2人キャンプで戦略的なゲームをじっくり遊びたい方におすすめです。

こちらも持ち運びを考えるとコリドールミニがおすすめです。

関連コリドールのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『コリドール』壁でブロックしながらゴールを目指せ!!
『コリドール(Quoridor)』のルール&レビューを紹介しています。相手の進路を壁でブロックしながら、自分のコマをゴールに到達させることを目指すボードゲームです。

⑪ゴブレットゴブラーズ

プレイ人数2人用
プレイ時間5分
対象年齢5歳~

ゴブレットゴブラーズは、自分のコマを縦・横・斜めのいずれか一列に並べたら勝ちという簡単な2人用ゲームです。プレイヤーはそれぞれ大・中・小のコマを持っていて、そのコマを3マス×3マスの盤面に置いていきます。

このゲームの面白いのは、コマを配置する・動かすだけでなく、既に置かれているコマの上に自分のコマを被せることもできること!

上のように、自分が置こうとしているコマよりも、配置済の相手のコマが小さければ上から被せることができます。そのため、毎手番で「どの大きさをどこに置くのか」が本当に悩ましいです!

さらに、コマの配置の仕方以外にも、実は「記憶力」も重要です!ゲーム終盤で手元にコマがなくなったら盤面のコマを動かさなければなりませんが、移動させたことで下のコマが出てきて、相手のコマが一列そろって負け…なんてこともよくあります。

関連ゴブレットゴブラーズのレビュー

【ボドゲ紹介】『ゴブレットゴブラーズ』移動アリ・被せアリの〇×ゲーム
ゴブレットゴブラーズ(Gobblet Gobblers)は、3×3マスにコマを配置していき、先に一列揃えた方の勝ちという2人用ボードゲームです。〇×ゲームに似ていますが、「移動」や「被せ」という独特の要素があります。 日本では、人気番...

【まとめ】アウトドア向けボードゲームの一覧表

最後に、今回紹介した『BBQ・キャンプに持って行きたいアウトドアにおすすめのゲーム』を一覧表にしてまとめます。

画像タイトルプレイ人数
ito(イト)ito(イト)2~10人
コヨーテコヨーテ2~10人
へんなかんじ2~4人
ボブジテンボブジテン3~8人
みんなでぽんこつペイントみんなでぽんこつペイント2~12人
ワードバスケットワードバスケット2~8人
ワードウルフワードウルフ2~8人
インサイダーゲームインサイダーゲーム4~8人
クアルトクアルト・ミニ2人用
コリドールコリドール・ミニ2人・4人
ゴブレットゴブラーズゴブレットゴブラーズ2人用

 

以上が、『アウトドアで遊びやすいボードゲーム11選』でした。

どれもルールが簡単・スペースが必要ない・短時間で遊べるので、キャンプやBBQで遊びやすいゲームばかりです。気になるボードゲームがあれば、ルールやレビューを詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

こちらのボードゲームもおすすめ!

『子ども』におすすめのボードゲーム

【2021年版】子供と遊べるおすすめボードゲーム29選
『子供におすすめのボードゲーム』を年齢別(3歳~10歳)に紹介しています。ボードゲームは知育要素以外にも、親と子どものコミュニケーションの場にもなるので、ファミリーならいくつか持っておきたいゲームです。

『パーティーゲーム』のおすすめ作品

【盛り上がる】みんなでできるパーティーゲームのおすすめ30選
盛り上がるゲームが知りたいという方に向けて『おすすめのパーティーゲーム』をジャンル別に紹介します。「簡単&大人数&子供も大人もみんなで遊べる」ゲームばかりで、ホームパーティーや宅飲みで盛り上がること間違いなしです!

『家族』で遊べるおすすめボードゲーム

【家族で遊べるゲーム26選】親子で楽しめるボードゲームをジャンル別に紹介
【家族で遊べるゲーム26選】親子でできるボードゲームを5つのジャンル(幼児向け・心理戦・戦略・協力・アクション)に分けて紹介中。大人も子供も一緒に楽しめるゲームばかりなので、ぜひ遊んでみてください!