『放課後さいころ倶楽部』に登場する全ボードゲームをまとめて紹介!!

『放課後さいころ倶楽部』に登場する全ボードゲームまとめて紹介!!

放課後さいころ倶楽部に登場するゲームをもっと知りたい!!

という方に向けて、放課後さいころ倶楽部の各巻で登場する「ボードゲーム」と「詳しく紹介している記事」をまとめました。

※テレビアニメ化も決定しました!どこまで放送されるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

放課後さいころ倶楽部「1巻」


放課後さいころ倶楽部の1巻で紹介されるボードゲームは「マラケシュ」「ごきぶりポーカー」「ねことねずみの大レース」「ハゲタカのえじき」「ミラーズホロウの人狼」の5つです。

 3話. マラケシュ

ジャンル陣取り
プレイ人数2‐4人
プレイ時間20分

マラケシュは「鮮やかな絨毯を敷き詰めて資金を稼ぐ」という陣取りボードゲームです。コンポーネントに「布」が入っているという斬新さが素敵です。

▼紹介記事(ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記)

マラケシュ(Marrakech) リプレイ! 絨毯が素敵なボドゲ♪ : ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記
都市マラケシュを舞台に、絨毯を敷いてお金を稼ぐボードゲーム『マラケシュ』を2人でプレイした時のリプレイ(プレイ記録)です。

4話. ごきぶりポーカー

ジャンルブラフ系
プレイ人数2‐6人
プレイ時間20分

「ごきぶり」「カメムシ」「ねずみ」など嫌われ者の動物たちを押し付け合う、ブラフ系ゲームです。終わった後は、もう誰の言葉も信じられなくなります…。

▼紹介記事

『ゴキブリポーカー』のルール:嘘か?本当か?誰も信じられなくなるゲーム!?
『ごきぶりポーカー』は、「嘘」と「真実」が飛び交って、最後には「誰も信じられなくなる」ほど騙し合いの激しいカードゲームです。 ごきぶりポーカーは、「ゴキブリ」や「カメムシ」、「ネズミ」、「コウモリ」といった嫌われ者のカードを、裏向きで...

7話. ねことねずみの大レース

ジャンルブラフ系
プレイ人数2‐4人
プレイ時間20分

ねことねずみの大レースは、「追いかけてくるネコ」から「自分のネズミ」を逃がしながら、集めたチーズの得点を競うボードゲームです。家族みんなでサイコロを振るたびにキャーキャー言いながら盛り上がれます!

▼紹介記事(たっくんのボードゲーム日記)

ねことねずみの大レース/Viva Topo! - ボードゲームレビュー
ねことねずみの大レース/Viva Topo!のレビュー

8話. ハゲタカのえじき

ジャンル心理戦
プレイ人数2‐6人
プレイ時間10分

はげたかのえじきは、1~15の数字カードを使って、得点カードを取り合うカードゲームです。「他の人と同じ数字を出したらアウト!!」というバッティングシステムが盛り上がります。

▼紹介記事

『ハゲタカのえじき』のルール:バッティングが面白すぎる!!カードゲーム
『ハゲタカのえじき』の遊び方はとても簡単です! 15枚の手札からカードを1枚選んで、全員同時にオープン。 一番大きい数字の人が得点カードを獲得できます。ただし、周りと数字が被ってしまったらアウト! 「高い得点を取りにいきたいけど、素直...

10話. ミラーズホロウの人狼

ジャンル正体隠匿系
プレイ人数8‐18人
プレイ時間20-30分

「村人陣営」と「人狼陣営」に分かれて会話で戦う、正体隠匿ゲームの定番です。人数を集めるのが難しいときは、3人から遊べる「ワンナイト人狼」もおすすめです。

▼紹介記事(すごろくや)

ゲーム紹介:ミラーズホロウの人狼 / The Werewolves of Miller's Hollow
村人に潜む狼男を相談推理で特定 ミラーズホロウの人狼 / The Werewolves of Miller's Hollow メーカー: Lui-même(ルイメメ, フランス), 発売年: 2001年 国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2019年 作者: He...

放課後さいころ倶楽部「2巻」


放課後さいころ倶楽部2巻で紹介されるボードゲームは「ガイスター」「インカの黄金」「カタン」「テレストレーション」「ファウナ」の5つです。

12話. ガイスター

ジャンル心理戦
プレイ人数2人
プレイ時間10-20分

ガイスターは、ボードに配置した「良いオバケ」と「悪いオバケ」を動かして、お互いのオバケを将棋のように取り合うボードゲームです。「演技やハッタリで相手を騙せるか」が勝負のカギです!!

▼紹介記事(親子ボードゲームで楽しく学ぶ。)

14話.インカの黄金

ジャンルチキンレース
プレイ人数3‐8人
プレイ時間20-40分

危険な遺跡にもぐって、「進むか、戻るか」を選択するチキンレース系ゲームです。「そろそろ引き返すか…いや、もう少しだけ進もう…いやいや…」と引き際が本当に悩ましいです。

▼紹介記事(ルルイエ屋根裏堂)

『インカの黄金 新版』リニューアルされた2択の大冒険!
『インカの黄金』はとてもメジャーなタイトルに育っていて、ボードゲーマーさんに愛されているだけでなく、障害児療育 ...

15話. カタンの開拓者たち

ジャンル拡大再生産
プレイ人数3‐4人
プレイ時間60-90分

無人島「カタン」を舞台に、資源を使って道や町などを作って、開拓競争をします。「ボードゲーマーでカタンを知らない人はいない」と言ってもいいくらい世界的に有名なボードゲームです。

▼紹介記事(親子ボードゲームで楽しく学ぶ。)

17話. テレストレーション

ジャンル想像力・表現力
プレイ人数4‐8人
プレイ時間30分

テレストレーションは、イラストでお題を伝える「伝言ゲーム」です。絵が下手な人がいるととても盛り上がります!!

▼紹介記事(たっくんのボードゲーム日記)

テレストレーション/Telestrations - ボードゲームレビュー
テレストレーション/Telestrationsのレビュー

18話. ファウナ

ジャンルクイズ系
プレイ人数2‐6人
プレイ時間45-60分

カードに描かれた動物を見て、「生息地・体重・体長などを推測して当てる」というボードゲームです。子供のいるファミリーにおすすめです!

▼紹介記事(たっくんのボードゲーム日記)

ファウナ/Fauna - ボードゲームレビュー
ファウナ/Faunaのレビュー

放課後さいころ倶楽部「3巻」


あ放課後さいころ倶楽部3巻で登場するボードゲームは「ニムト」「キングオブトーキョー」「ごいた」「ドブル」「バトルライン」の5つです。

20話. ニムト

ジャンル心理戦
プレイ人数2‐◆人
プレイ時間20-◆分

 牛の絵が描かれたカードを4つの列に置いていく、定番カードゲームです。</strong>とても簡単でインストも楽ちんなので、手軽に遊べます!

▼紹介記事(親子ボードゲームで楽しく学ぶ。)

22話. キングオブトーキョー

ジャンル戦略系
プレイ人数2‐6人
プレイ時間30分

キングオブトーキョーは、怪獣や巨大ロボットなどがトーキョーを舞台に大暴れするボードゲームです。「気に入らないダイスだけ振り直せる」という点がこのゲームの魅力の一つです!

▼紹介記事

キングオブトーキョーのルール紹介|ダイスの振り直しが熱いボードゲーム!
「キングオブトーキョー」は、自分が巨大なモンスターとなって戦うボードゲームです。 たくさんのサイコロを振って、攻撃したり、回復したり、カードを購入しながら戦います。 このゲームは、「子供が携帯ゲームばかりして困っているファミリー」に...

23話. ごいた

ジャンル心理戦
プレイ人数4人
プレイ時間30分

ごいたは、石川県鳳珠郡能登町の伝統ゲームです。2人対2人で勝負し、先に手札を出し切ったプレイヤーがいるチームの勝利となります。

▼紹介記事(ハンドマンのボードゲーム紹介)

【ルール】 ごいた  | ハンドマンのボードゲーム紹介
写真を多く用いてルールの概略を説明し、分かり易い構成を心掛けています。購入前の判断材料にしたり、購入後に大まかな流れを把握したい時などに役立てて下さい。│ごいた/Goita

24話. ドブル

ジャンルスピード系
プレイ人数2‐8人
プレイ時間15分

ドブルは「カードに描かれた同じ絵柄を言うだけ」ととても簡単で、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで一緒に遊べるファミリーゲームです。全部で5つのミニゲームができます。

▼紹介記事

『ドブル』のルール・遊び方:同じ絵を見つけた者勝ちの瞬発系カードゲーム
ドブルは、老若男女が一緒に楽しめるカードゲームです。 遊び方が「同じ絵柄を言うだけ」ととても簡単なので、幼児でもおじいちゃんおばあちゃんでもすぐに遊べます。そのため、「親戚の集まり」や「友達が子供を連れてくる時」によくドブルが大活躍し...

25話. バトルライン

ジャンル戦略系
プレイ人数2人
プレイ時間30分

バトルラインは、ポーカーのように「カードの組み合わせの強さを競う」ゲームで、3枚の役を作って9つあるフラッグを取り合います。「2人用で一番好きなボードゲーム」に挙げる人も多い名作です。

▼紹介記事(FUTARIASOBI)

バトルラインを徹底解説!これぞ傑作!2人用対戦カードゲーム! | FUTARIASOBI
商品名:バトルライン・作者:Reiner Knizia・発売年:2000年・プレイ人数:2人専用・プレイ時間:30分程度・対象年齢:10歳以上・メーカー:GMT・発祥国:ドイツ・箱サイズ:23.5cm×15.5cm×4cm・カードサイズ:89mm×64mm・定価:¥2,500(税別)

 

※記事が長くなりすぎるため、4巻以降は簡略化して紹介しています。

放課後さいころ倶楽部「4巻」


放課後さいころ倶楽部の4巻で登場するボードゲームは「ラブレター」「もんじろう」「アイランド」「ケルト」の4つです。

27話. ラブレター

28話. もんじろう

29話. アイランド

30話. ケルト

放課後さいころ倶楽部「5巻」


放課後さいころ倶楽部の5巻に掲載されているボードゲームは「ピット」「オニリム」「エルフェンランド」「パンデミック」の5つです。

31話. ピット

32話. オニリム

33話. エルフェンランド

35話. パンデミック

放課後さいころ倶楽部「6巻」

放課後さいころ倶楽部の6巻で登場するゲームは「アクワイア」「ブロックス」「レディース&ジェントルメン」「バルバロッサ」「カルカソンヌ」の5つです。

36話 アクワイア

37話 ブロックス

38話 レディース&ジェントルメン

39話 バルバロッサ

40話 カルカソンヌ

放課後さいころ倶楽部「7巻」

放課後さいころ倶楽部の7巻で登場するボードゲームは「プエルトリコ」「ダンシングドラゴン」「ナンジャモンジャ」の3つです。

43話 プエルトリコ

44話 ダンシングドラゴン

45話 ナンジャモンジャ

放課後さいころ倶楽部「8巻」

放課後さいころ倶楽部の8巻に出てくるゲームは「ヘックメック」「ファミリア」「クアルト」「チャオチャオ」「魔法のラビリンス」の5つです。

46話 ヘックメック

47話 ファミリア

48話 クアルト

49話 チャオチャオ

50話 魔法のラビリンス

放課後さいころ倶楽部「9巻」

放課後さいころ倶楽部の9巻で登場するボードゲームは「お邪魔者」「アンドールの伝説」「コードネーム」「ディクシット」の5つです。

51話 お邪魔者

53話 アンドールの伝説

54話 コードネーム

55話 ディクシット

放課後さいころ倶楽部「10巻」


放課後さいころ倶楽部の10巻で登場するボードゲームは「禁断の砂漠」「セレスティア」「パッチワーク」「カルバ」「アグリコラ 牧場の動物たち」の5つです。

56話 禁断の砂漠

57話 セレスティア

58話 パッチワーク

59話 カルバ

60話 アグリコラ 牧場の動物たち

放課後さいころ倶楽部「11巻」

放課後さいころ倶楽部11巻で紹介されるボードゲームは「クワークル」「それはオレの魚だ!」「スティッキー」「ドデリド」の4つです。

62話 クワークル

63話 それはオレの魚だ!

64話 スティッキー

65話 ドデリド

放課後さいころ倶楽部「12巻」

放課後さいころ倶楽部の12巻で登場するボードゲームは「カヤナック」「ブラフ」「ナイアガラ」「バロニィ」の4つです。

67話 カヤナック

68話 ブラフ

70話 ナイアガラ

71話 バロニィ

放課後さいころ倶楽部「13巻」

放課後さいころ倶楽部の13巻で登場するボードゲームは「ブラックストーリーズ」「カロム」「ベストフレンドS」「ウェンディゴのこわい話」「くるりんパニック」の5つです。

72話 ブラックストーリーズ

73話 カロム

74話 ベストフレンドS

75話 ウェンディゴのこわい話

76話 くるりんパニック

放課後さいころ倶楽部「14巻」

放課後さいころ倶楽部の14巻で登場するボードゲームは「バックギャモン」「ラビリンス」「ウボンゴ」の3つです。

77話 バックギャモン

78話 ラビリンス

81話 ウボンゴ

 

 

以上が、『放課後さいころ倶楽部』に登場するボードゲームの紹介でした。

また、新刊がでたら、紹介されたボードゲームを追加して更新していきます。