【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【ボドゲ紹介】『雲の上のユニコーン』幼児がハマるすごろくゲーム

『雲の上のユニコーン』幼児向けすごろくボードゲームのルール&レビュー

雲の上のユニコーンは、ユニコーンが雲の上を進んで、キラキラな宝石を集めていくすごろく系ボードゲームです。

幼児向けおもちゃで有名なHABA社(ドイツ)の作品です。対象年齢は3歳~、プレイ人数は2~4人なので、幼児のいるファミリーで楽しめます。

今回は、我が家の3歳児もよく遊んでいるボードゲーム『雲の上のユニコーン』のルール&レビューを紹介します。

▼雲の上のユニコーン

商品名雲の上のユニコーン
プレイ人数2~4人
プレイ時間10分
対象年齢3歳~
ジャンルすごろく
デザイナーKristin Mückel
メーカーハバ(HABA)

▼幼児向けのおすすめボードゲーム

雲の上のユニコーンはどんなゲーム?

雲の上のユニコーンは、ユニコーンが雲の上を進んで、キラキラな宝石を集めながらゴールを目指すすごろく系ボードゲームです。

キラキラな宝石を集めながらゴールを目指す|雲の上のユニコーン

ピンクのマスに止まったら、宝石用のサイコロを振って、出目の数だけキラキラの宝石が貰えます。また、虹を通って近道したり、お友達に宝石をプレゼントしたり、おやつ休憩で一回休みになるなど、すごろくの基礎が詰まっています。

かわいい見た目&キラキラの宝石で、我が家の3歳児たちが夢中で遊んでいる幼児キラーなボードゲームです!

雲の上のユニコーンの『内容物』

雲の上のユニコーンの内容物がこちら。

内容物|雲の上のユニコーン

ゲームボード / ユニコーンコマ4個 / クリスタル60個 / サイコロ2個 /

雲の上のユニコーンの『ルール』

雲の上のユニコーンの画像

雲の上のユニコーンのルール・遊び方を紹介します。

①水色のサイコロを振る

まずは、水色のサイコロを振ります。

水色のサイコロを振る|雲の上のユニコーン

水色のサイコロには1~3つの雲の絵が描かれています。雲の数と同じだけ、自分のユニコーンを移動させます。

コマの移動|雲の上のユニコーン

ちなみに、既に他のプレイヤーのユニコーンが止まっているマスにも止まることができます。(1つの雲の上に複数のユニコーンが止まれる)

マフィン|雲の上のユニコーン水色のサイコロの出目には「マフィン」もあります。

マフィンが出たらおやつ休憩で1回休みです。

②止まったマスの内容に従う

ユニコーンを移動させたら、マスの内容に従います。マスの種類は全部で4種類あります。

白い雲

白い雲マス|雲の上のユニコーン

白い雲に止まっても、何も起こりません。

虹のかかった雲

虹のかかったマス|雲の上のユニコーン

虹のかかった雲に止まったら、虹の先まで進むことができます。すごろくでよくあるワープです。(虹で移動できるのは前進する時だけで、後ろに下がることはありません)

ピンクの雲

ピンクの雲マス|雲の上のユニコーン

ピンクの雲に止まったら、ピンクのサイコロを振ります。ピンクのサイコロには「1~3個のクリスタル」が描かれていて、出た目の数だけクリスタルを獲得することができます。

ピンクのサイコロを振る|雲の上のユニコーン

上の場合、ピンクのサイコロで3が出たので、クリスタルを3個貰います。

プレゼントがある雲

プレゼントがあるマス|雲の上のユニコーン

プレゼントがある雲に止まったら、ストック用のクリスタルを1個取り、他のプレイヤー1人にプレゼントすることができます。

③ゲームの終了

誰か1人のユニコーンがゴールした時点で、ゲーム終了です。

ゴールにはぴったり止まらなくてもOKです。ゴールした人は4つのクリスタルが貰えます。

④クリスタルの数を比べる

最後に、自分のクリスタルの数を数えます。

ボードを裏返し、各自のクリスタルを並べて数比べします。

ゲームの終了|雲の上のユニコーン

一番たくさんのクリスタルを集めた人の勝ちです。

雲の上のユニコーンの『デラックス版』

雲の上のユニコーンの『デラックス版』

雲の上のユニコーンには『デラックス版』があります。

デラックス版では、赤ちゃんユニコーンのロザリーちゃんの誕生日を祝うために、みんなで協力してクリスタルと友達を集める協力ゲームです。少し要素が増えているので、デラックス版の対象年齢は「4歳~」となっています。

ゲーム内容が変わっただけでなく、ボードやクリスタルが大きなっていたり、ルーレットも付属しています。

▼雲の上のユニコーン デラックス

雲の上のユニコーンの『ゲームレビュー』

最後は、雲の上のユニコーンのゲームレビューです。

かわいい&キラキラで幼児の心を鷲掴み!

雲の上のユニコーンのイメージ画像

雲の上のユニコーンは、かわいいユニコーンとキラキラの宝石で、幼児心をわしづかみにするボードゲームです。我が家の双子(3歳)は特にキレイな宝石に大興奮で、なかなか止めさせてもらえませんでした…笑

見た目は女の子向けのボードゲームですが、すごろくの基本的な要素がシンプルにまとまっているので、3~4歳の男の子にもおすすめです。

「プレゼントマス」と「マフィンで1回休み」が良い!

雲の上のユニコーンのゲームレビュー

個人的に面白いと思ったのは「プレゼントマス」「マフィンが出たら1回休み」というところ。

プレゼントマスに入ったら、子供たちは「ハイ、どうぞ~」「ありがとう!」というやり取りをしています。「友達(親)にあげる・お礼を言う」という流れをゲームで体験できるのがとても良かったです。

また、1回休みで子供が悔しい気持ちにならないように、1回休みの出目がマフィン(おやつ休憩)になっているのもニクイ仕掛けです。我が家では「パクパクパク~、おいしい~!」と言って、1回休みだけど美味しいマフィンを食べれたからいっか、という感じです。とても子供にやさしい工夫だと思います。

数字に親しみながら遊べる

また、雲の上のユニコーンでは、サイコロの出目を読んでその数だけ進んだり、出目分のクリスタルを取ったり、ゴール後に宝石の数を数えたりするので、数字に親しみながら遊べます。

我が家では、最後に獲得した宝石を並べたら、みんなで「1・2・3・4…」と数えるようにしていたら、そのせいか自然と10以上も数えられるようになりました。数字覚えのゲームとしてもおすすめです。

最後に:幼児がハマるすごろくゲーム!

以上が、ボードゲーム『雲の上のユニコーン』のルール&レビュー紹介でした。

完全にダイス運で勝ち負けが決まるゲームなので、子どもも大人もフェアに遊べます。また、プレゼントマスやマフィンで1回休みなど、子どものためのゲームとしてよく考えられていると思います。

うちの子供たちは、朝食後や、お昼寝後、就寝前などによくリクエストしてきて、何度も何度も飽きずに遊んでいます。幼児を惹きつける魅力のあるおすすめのすごろくゲームです!

▼雲の上のユニコーン

▼雲の上のユニコーン デラックス

幼児(3歳・4歳)向けのおすすめゲーム

雲の上のユニコーンの他にも、幼児向けのボードゲームはたくさんあります。下記の記事で、『幼児(3歳・4歳)向けのおすすめボードゲーム』を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

子供(5~10歳)向けのおすすめゲーム

また、「5歳~10歳」の子供向けボードゲームなら、下記の記事で年齢別に紹介しています。