【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【タイプ別】推理系ボードゲーム10選(数字当て・脱出・謎解きなど)

今回は、『推理系ボードゲームのおすすめ10選』を4タイプ(本格・数字当て・脱出・謎解き)に分けて紹介します。

「じっくり頭を使うゲームで遊びたい!」「謎解きに挑戦したい!」という方は、ぜひ遊んでみてください!

▼ボドゲブロガーおすすめ!ボードゲームランキング

『本格派』推理ボードゲーム

まずは、推理要素の濃い『本格派』の推理ボードゲームを紹介します。

①クリプティッド

タイプ推理
プレイ人数2~5人
プレイ時間30分

クリプティッドは「未確認生物が潜む生息地1マスを見つけ出す」という推理系ボードゲームです。

各プレイヤーはそれぞれ異なる「未確認生物に関する手がかり」を秘密裏に知っています。お互いに生息地に関する質問をして、質問された人はボード上にコマを置いて答えます。

ボード上のヒントを頼りに、たくさんのマスからジワジワと正解の1マスを絞り込んでいく過程がたまらなく楽しいです!パズルがひとつずつ埋まっていくような感覚にワクワクします。

ゲームの終盤には、先に答えを言われるんじゃないか…というドキドキ感と、正解が分かった時のモヤが晴れたような気持ちよさがあって、終わった後の満足度がとても高いです。個人的には今一押しの推理系ボードゲームです!

▼クリプティッドの詳しいルールはこちら。

②ディセプション

タイプ推理
プレイ人数4~12人
プレイ時間15~30分

ディセプションは、法医学者のヒントから、捜査官に紛れ込んでいる殺人犯の「殺害手段」と「証拠」を当てるという推理&正体隠匿系ボードゲームです。

「犯行現場が”キッチン”ってことはスポンジじゃない?」「ヒントに”突然の音”もあるから、ネズミの可能性もあるよね」というように、場に示されたヒントを頼りにみんなで推理していく過程が本当に楽しいです。「殺害手段」と「証拠」を両方当てるのはめちゃくちゃ難しいですが、「証拠は当てられたんだから、次こそは」とつい意地になって何度もプレイしてしまう中毒性があります!

また、ディセプションでは犯人捜しをしなくてもいいので、「正体隠匿要素」よりも「推理要素」の方が強いです。そのため、人狼みたいな攻撃的な会話にならないので、人狼嫌いの人にもおすすめできるボードゲームです!

▼ディセプションの詳しいルールはこちら。

③クルード

タイプ推理
プレイ人数2~6人
プレイ時間45分

クルード(Cluedo)は、「犯人・凶器・殺害現場」を当てる推理系ボードゲームです。

プレイヤーは「6人の容疑者・6つの凶器・9つの部屋」から、正しい3つの組み合わせを当てることを目指します。

※注 クルードのスマホアプリ画像

ただ、単純な推理ゲームではなく、クルードでは「ハッタリ要素」が入ってくるので、すごく混乱します!手札にあるのにそのカードがないように振る舞ってミスリードを誘ったりするなどのプレイスタイルがあり、相手の推理の意図を読み合う奥深さがあります!

『数字当て』推理ボードゲーム

次に、見えない数字を推理する『数字当て』ボードゲームを紹介します。

④タギロン

タイプ数字当て
プレイ人数2~4人
プレイ時間15分

タギロンは、お互いに数字タイルを隠し持ち、質問カードを使って先に相手の「数字」と「色」を順番通りにぴったり当てた人の勝ちという数字当てボードゲームです。

場にある6枚の質問カードから1枚を選んで「7はどこ?」「青の数字タイルは何枚ある?」などの質問をして、その返答をメモ用紙に書き込んで相手の数字を絞り込んでいきます。

「答えが分かった時のスッキリ感」と「接戦でギリギリ負けた時の悔しさ」で、何度も続けて遊んでしまいます。足し算・引き算・偶数・奇数が分かれば子供でもすんなり遊べるので、ファミリーにもおすすめできるボードゲームです!

▼タギロンの詳しいルールはこちら。

⑤ドメモ

タイプ数字当て
プレイ人数2~5人
プレイ時間15分

ドメモは、他のプレイヤーの数字は見えるけど、自分の数字だけ見えないというのが特徴の数字当てボードゲームです。

使うのは1-7の数字だけなので簡単!!

自分の数字を予想して「5!」などと数字1つを宣言し、合っていればその数字タイルを倒すことができます。先に自分のタイル全てを倒した人の勝利となります。

他のプレイヤーの見えている数字やみんなの発言から予想したり、時には周囲を惑わすような答えを言って心理戦をしかけることもできます。使うのは1~7の数字タイルだけなので、誰でもすぐに楽しめる数字当てゲームです。

▼ドメモの詳しいルールはこちら。

⑥コヨーテ

タイプ心理戦
プレイ人数2~10人
プレイ時間15~30分

コヨーテは、数字当てゲームではありませんが、「みんなが持っている数字の合計値を予想する」というゲームです。コヨーテで面白いのが「他の人の数字は見えるのに、自分の数字だけ見えない」というところ!

カードをおでこに当てるので、自分の数字が見えない

順番に「前のプレイヤーよりも大きい数字」を宣言していき、前のプレイヤーの数字がカードの合計値を超えたと思ったら「コヨーテ!」と宣言します。間違っていたプレイヤーがライフを1失い、3ライフ失ったら脱落となります。

ゲーム中は、他のプレイヤーの宣言や表情などをよく観察して、自分の見えない数字を推理していきます。一方で、ハッタリをかまして周囲を騙すというのもこのゲームの楽しみ方。このハッタリで場を混乱させて勝利した時の快感は格別です。「簡単・大人数でできる・子供も大人も一緒に楽しめる」ので、どんな場面でも遊べる万能なボードゲームです!

▼コヨーテの詳しいルールはこちら。

『脱出系』推理ボードゲーム

ここからは、密室から脱出するために謎を解く『脱出系』推理ボードゲームを紹介します。

⑦EXIT 脱出:ザ・ゲーム

タイプ脱出
プレイ人数1~6人
プレイ時間45~90分

EXIT 脱出:ザ・ゲームは、小屋・実験室・調査基地・島など様々な所に閉じ込められたプレイヤーたちが脱出することを目指す、協力型脱出ボードゲームです。2017年に「ドイツ年間ゲーム大賞」のエキスパート大賞を受賞した人気作で、イメージとしては「リアル脱出ゲームがボードゲームになった」ようなゲームです。

コンポーネントには、下の写真のような「本・カード・デコーダー」が入っており、これらを使って謎解きをしていきます。

ただ、このゲーム、他のボードゲームの遊び方と大きく異なるのが「コンポーネントに書いたり、切ったりすること」です。そのため、1度遊んだら2度と遊べないゲームになっています。「もったいない」と感じる人もいると思いますが、それだけの価値があるボードゲームです!脱出ゲームが好きな人・興味がある人はぜひプレイしてみてください。

▼EXITシリーズの難易度を紹介

⑧エスケープルーム ザ・ゲーム

タイプ脱出
プレイ人数1~5人
プレイ時間60分

エスケープルーム ザ・ゲームは、閉ざされた空間から脱出することを目指す謎解き系ボードゲームで、時限装置に4つの鍵を正しく差し込んで脱出することを目指します。

この脱出ゲームの特徴は何と言ってもコンポーネントの「時限装置」です。スタートボタンを押すと、60分のカウントダウンが始まります。目の前でみるみる時間が減っていくのを見るだけでも焦らされますが、謎解きを間違えてしまうと制限時間が1分減ってしまうので、残り数分のときには凄まじい緊張感があります。

ドキドキの臨場感あり・閃いた時の気持ち良さあり・意外なコンポーネントありで面白かったです。個人的には、2人だと作業面で厳しかったので3人以上で遊ぶのがおすすめです!

※EXIT 脱出:ザ・ゲームと同じく、折る・書き込むことがありますが、公式サイトでコンポーネントの一部を印刷して使うこともできます。

▼エスケープルーム ザ・ゲームの遊び方はこちら。

『水平思考系』推理ボードゲーム

最後に、『水平思考系ゲーム』を紹介します。

水平思考ゲームとは、「はい・いいえ・わからない」の解答だけで、物語の真相を突き止める推理ゲームです。

⑨ウミガメのスープ

タイプ水平思考
プレイ人数2人~
プレイ時間10分

水平思考クイズゲーム『ウミガメのスープ』は、謎の真相を解き明かす推理系カードゲームです。

出題者がカードに書かれたストーリーを読んで、その他のプレイヤーが「はい・いいえ・関係ありません」で答えられる質問をくり返しながら、謎の全貌を推理します。

ゲームは以下のような流れになります。

レストランでウミガメのスープを飲んだ男が自殺した。一体、なぜ?

スープに毒が入っていましたか?

いいえ。

順番に質問していくゲームではないので、思いついた人からどんどん質問できます。

出題者がカードを読み、回答者は手ぶらで質問するだけなので、気軽に遊べるのがいいところ!就寝前に夫婦で1問ずつ解いていったり、車で渋滞中に遊ぶのにもぴったりです。問題数は84問もあるのでかなり長く遊べます!

⑩ブラックストーリーズ

ブラックストリーズ|リモート飲み会で遊べるゲーム

ゲームタイプ水平思考
プレイ人数2人~
プレイ時間2~222分

ブラックストーリーズも、先ほど紹介した『ウミガメのスープ』と同じ水平思考ゲームです。

ウミガメのスープとの違いは、ウミガメのスープよりも内容がブラックなこと!どの問題も「窓ガラスが砕けたため、若者は死んだ。」「サンゴ礁の近くに死んだ男と死んだ犬が漂っていた。」など「死」に関わっているものばかりです。

遊び方はウミガメのスープと同じなので、一般的な内容が良い方は『ウミガメのスープ』、ブラックユーモアが好きな方は『ブラックストーリーズ』がおすすめです。こちらもプレイ人数に縛りがないので、少人数でも大人数でも遊べます。

【まとめ】推理系ボードゲーム一覧表

今回紹介した『推理ボードゲームのおすすめ10選』を一覧表にしてまとめました。

※タイトルのリンクから、各ゲームの紹介記事に飛べます。

 

画像紹介記事へのリンクタイプ
クリプティッド本格推理
ディセプションディセプション本格推理
クルード本格推理
タギロン数字当て
ドメモ数字当て
コヨーテコヨーテ数字当て
EXIT 脱出:ザ・ゲーム脱出
エスケープルーム ザ・ゲームエスケープルーム ザ・ゲーム脱出
ウミガメのスープクイズ
ブラックストリーズクイズ

【最後に】おすすめの推理ゲームはコレ!

以上が、『推理ボードゲームのおすすめ10選』のタイプ別紹介でした。

この中でも特におすすめの推理ボードゲームは『クリプティッド』と『ディセプション』です。

クリプティッドは徐々に正解の1マスを絞り込んでいく過程が面白くて、推理ゲームが苦手な奥さんでも「これ、またやりたい!」と言っていたほどです!また、ディセプションは、2つの正解(犯行手段と証拠)を当てるのが本当に難しいですが、終わった後に「もう少しうまくヒントを出せたんじゃないか…」と悔しくてすぐにリプレイしてしまいます!

この2つは本当に好きな推理ゲームなので、まだプレイしていない方はぜひ遊んでみてください!

こちらのボードゲームもおすすめ!

『正体隠匿系』のおすすめボードゲーム

また、推理ゲームが好きな方には、人狼のような少数派を見つけ出す『正体隠匿系』ボードゲームもおすすめです。みんなで議論をして、正体を隠している少数派を見つけ出しましょう。

『心理戦』ができるおすすめボードゲーム

また、お互いの心理を読み合う『心理戦ゲーム』もおすすめです!相手の心理を読みきった時やウソで相手をうまく翻弄できた時の気持ちよさが癖になります!

【ボドゲブロガーが選ぶ】ボードゲームランキング

僕がこれまで遊んできたボードゲームの中で、特に「面白い!」と思ったボードゲームをランキング形式で紹介しています。こちらも見て頂けたら嬉しいです!