【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

【コミュニケーションゲーム13選】相談・伝達・表現が勝利のカギ!

【コミュニケーションゲーム12選】相談・伝達・表現が勝利のカギ!

今回は、『コミュニケーションゲームのおすすめ13選』を紹介します。

コミュニケーションゲームには「笑って盛り上がれるゲーム」や「みんなで達成感・一体感を感じられるゲーム」などがあります。僕もよくボードゲーム会の最初に場を温めるゲームとして遊んだり、打ち合わせ前のアイスブレイクに使ったこともあります。

場を温めたい時やグループの仲を深めたい時にぜひ遊んでみてください!

▼個人的おすすめボードゲームランキング

コミュニケーションゲームとは

コミュニケーションゲームとは、自分の考えや感情を言葉などを通して伝えることで、勝利に近づくゲームのことです。言葉や文字といった「言語」だけでなく、表情やジェスチャーなどの「非言語」を使うこともあります。

ゲームを通してコミュニケーションをとることで、「自然と相手の人となりを知ることができる」「場が温まる」「一体感が生まれる」などのメリットがあります。

今回は、そんなコミュニケーションゲームを以下の3タイプに分けて紹介します。

  • 協力系…一体感が生まれる
  • 表現系…笑って盛り上がる
  • 犯人捜し系…活発に議論する

【協力系】のコミュニケーションゲーム

協力系

協力系とは、みんながチームとなって協力してゲームクリアを目指すタイプのコミュニケーションゲームです。ギリギリでクリアできた時の達成感を共有することで一体感が高まるので、「初対面の人と遊ぶ時」や「チームワークを深めたい時」におすすめです。

今回紹介するボードゲームには「戦略を相談する」「自分の意図を伝える」「自分だけが知っている情報を共有する」といったコミュニケーション要素があります。

①ザ・ゲーム

ザ・ゲーム|コミュニケーションゲーム

タイプ協力系
プレイ人数1~5人
プレイ時間15~30分

ザ・ゲームは、具体的な数字を言うのは禁止というルールの中で、各プレイヤーが持っている数字カードを降順の場・昇順の場に出し切ることを目指すという協力系コミュニケーションゲームです。

ザ・ゲームのプレイ画像

具体的な数字が言えないので”まぁまぁ”近いから出していい?」「私は”けっこう”近いよ」「僕も”かなり”近いのあるよ」という感じの会話になり、この曖昧なコミュニケーションで数字を擦り合わせていくのがめちゃくちゃ面白いです。2回・3回と遊んでいくうちに、相手の「表現の仕方」と「数字の大きさ」が一致するようになってくるので、心が通じ合ったような一体感を味わえます。

終盤はすごく息苦しい展開になりますが、「もう次回ってきたらヤバイ」というギリギリの状況で勝利できた時は本当に気持ちいいです!みんなで協力して達成感を味わえるおすすめのボードゲームです。

関連『ザ・ゲーム』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ザ・ゲーム』曖昧な表現で数字を伝える協力ゲーム
ザ・ゲーム(THE GAME)は、みんなで相談しながら「数字カードを大きい順や小さい順に置いていく」協力系カードゲームです。98枚あるカードを9枚以下まで減らすことができればプレイヤーの勝利となります。 2015年に発売し『ドイツ年間...

②ito(イト)

ito(イト)|カードゲーム

タイプ協力系
プレイ人数2~10人
プレイ時間30分

ito(イト)は、自分の数字カード(1~100)の大きさを「テーマに沿った言葉」で表現して、数字が小さい順に出していく協力系コミュニケーションゲームです。

例えば、テーマが「こわいもの」で自分のカードが「71」だった場合、71は100に近いのでかなり怖いもの(バンジージャンプなど)を表現します。(1は全然怖くないもの、100がめちゃくちゃ怖いもの)

数字の大きさを言葉で表現する|ito

数字の大きさを、テーマに沿った言葉で表す

各プレイヤーの表現を聞いて、自分の数字の方が小さいと思った人から場に出していき、全てのカードを小さい順に出すことができたらゲームクリアです。

40などの微妙な数字がきた時にはどう表現するかが悩ましくて、自分が遊んだ時には「コーラにちょっとだけドリアンを絞ったジュース」「ネットがないサッカーゴール」「来航前のペリー」など、よく分からない個性的な表現が飛び出してとても盛り上がりました!

関連ito(イト)のルール&レビュー

『ito(イト)』ボードゲームのルール&レビュー:数字を違った言葉で表現しよう!!
ito(イト)は、手札の数字を「テーマに沿った言葉」で表現して、小さい順に出していくというボードゲームです。「完全協力ゲーム」と「強力と裏切りのゲーム」の2つのモードで遊べます。 イラストレーターである326(ナカムラミツル)氏が、イ...

③パンデミック:新たなる試練

パンデミック|ボードゲーム

タイプ協力系
プレイ人数2~4人
プレイ時間45分

「協力ゲームの定番と言ったらパンデミック!」というくらい有名なボードゲームです。ゲーム内容は、世界に蔓延する4種類のウイルスから世界を救うというもの。

パンデミックでは世界中に「4色の病原体コマ」が蔓延しているので、プレイヤーは各病原体に対応した4種類の治療薬を作ることを目指します。

4種類の治療薬を作る|パンデミック

パンデミックは軽量級の協力ゲームよりも選択肢が豊富な分、綿密なコミュニケーションが重要になります。「自分はあっちの病原体を処理してくるから、そっちお願い」「カード渡したいから、こっちで合流できる?」などと相談したり役割分担しながら進めていくので、本当にチームで仕事をしているような感覚になるのが面白いところです。

また、最後までクリアできるか分からない緊張感があるのも良いところ。難易度は3段階ありますが、中級でも結構負けます…。ただ、プレイを振り返って反省点を見つけやすいので、ゲームに負けても「次は、こういう作戦でいこう」とすぐにもう1度挑戦したくなります。

関連パンデミックのルール&レビュー

【ボードゲーム紹介】パンデミック:新たなる試練(Pandemic)のルール&レビュー
パンデミック:新たなる試練は「世界に蔓延していくウイルスから世界を守れるか」という協力系のボードゲームです。原版は2008年に発売し、2013年にホビージャパンから新版が発売しました。 今回は、名作ボードゲーム『パンデミック:新たなる...

④メンタルブロックス

メンタルブロックス|ボードゲーム

タイプ協力系
プレイ人数~人
プレイ時間

メンタル・ブロックスは、みんなで協力してブロックを積み上げて立体パズルの完成を目指すボードゲームです。

各プレイヤーはそれぞれ、自分だけ見ることができる「1方向から見た完成図」を持っています。

1方向から見た完成図を持っている|メンタルブロックス

それぞれが正解の一部分だけを知っているので、その情報を共有しながらブロックを積み上げていきます。

「こっちは良い感じ」「えっ、これだと私がダメだけど…」「これをこうしてこっちから見たらどう?」「あっいいね」「いや、それだとこっちがダメだわ」というように、ああでもないこうでもないと喋っている時間が楽しいです。また、全員がテーブルの周りをぐるぐる回って色んな方向から見るという独特なプレイ感も気に入っています。

関連メンタルブロックスのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『メンタル・ブロックス』断片的情報を教え合うパズルゲーム
メンタル・ブロックス(Mental Blocks)は、みんなで協力しながら3Dパズルに挑戦するボードゲームです。各プレイヤーはそれぞれ「1方向側から見た完成図」を知っているので、みんなで話し合って制限時間内にパズルの完成を目指します。 ...

【表現系】のコミュニケーションゲーム

表現系

表現系とは、お題を言葉で表現するタイプのコミュニケーションゲームです。プレイヤーの個性が出やすく、面白い表現や予想外の回答が飛び出すたびに大爆笑して盛り上がれます。そのため、「場を温めたい時」におすすめのゲームです。

ここからは「イラストを言葉で表現する」「感情を表現する」「カタカナ禁止で表現する」など、少し変わったコミュニケーションゲームを紹介します。

⑤ディクシット

ディクシット|コミュニケーションゲーム

タイプ表現系
プレイ人数3~6人
プレイ時間30分

ディクシットは、抽象的なイラストを「言葉・歌・踊り・ジェスチャー」などで自由に表現して、自分のカードを当ててもらうというボードゲームです。

下の画像のように、手番のプレイヤーはカードを自由に表現して、他のプレイヤーに複数のカードの中から自分のカードを当ててもらいます。

イラストを自由に表現する|ディクシット

他のプレイヤーに当ててもらうと言いましたが、実は「全員に当てられてはダメ」という絶妙なルールがあります。そのため、「ズバリこれ!!」というバレバレの表現ができません。何人かにだけ伝わるように具体的すぎず抽象的すぎない”あいまい”な表現をするのがこのゲームの肝です。

そのあいまいさの加減が悩ましくて、毎回みんなの微妙な表現に笑わせてもらっています。正解を発表した後にも「なんであのタイトルをつけたの?」「さすがに分からん」などと会話が弾みます!

関連『ディクシット』のルール&レビュー

『ディクシット Dixit』イラスト表現ボードゲームのルール&レビュー
『ディクシット(Dixit)』はラテン語で「彼は言いました」という意味で、そのタイトルの通り「抽象的なイラストを言葉で表現する」ボードゲームです。 2008年にフランスで発売し、2010年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。日本語...

⑥ウェーブレングス

ウェーブレングス|コミュニケーションゲーム

タイプ表現系
プレイ人数2~12人
プレイ時間30~45分

ウェーブレングスは、出題者のヒントを頼りに隠された目盛りの位置を当てるというコミュニケーションゲームです。

出題者は「熱い⇔冷たい」などの相反する2つの言葉がテーマとして与えられて、目盛りの位置を“テーマに沿った言葉”で表現します。

目盛りの位置を表現する|ウェーブレングス

上の写真は「左側ほど熱い・右側ほど冷たい」というテーマの場合で、目盛りの範囲が左側寄りなので、わりと熱いものとして「サウナ」というヒントを出したところです。目盛りの位置が分からない回答者たちは「サウナだったらかなり左だよね」「けど太陽の熱さに比べたらそこまでじゃない?」などと話し合って目盛りの位置を予想して当てることを目指します。

ヒントの強弱について話し合う時間が楽しくて、個性的なヒントや価値観のズレに大笑いできます。個人的には、コミュニケーションゲームの中でトップクラスに好きなゲームです!

関連ウェーブレングスのルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ウェーブレングス』隠された目盛りを当てるゲーム
ウェーブレングス(Wavelength)は、出題者のヒントを頼りに目盛りの位置を推理するパーティーゲームです。 2019年にPalm Courtから発売され、2020年10月にホビージャパンから日本語版が発売しました。 今回は、...

⑦はぁって言うゲーム

はぁって言うゲーム|コミュニケーションゲーム

タイプ表現系
プレイ人数3~8人
プレイ時間15分

はぁって言うゲームは、〈はぁ〉〈にゃー〉〈好き〉といった短い言葉だけで「感心・怒り・失恋」などの感情を伝えて当ててもらうというコミュニケーションゲームです。

お題カードには、お題となる8つの感情が書かれています。各プレイヤーはそのうちの1つのお題を短い言葉だけで表現しなければなりません。

感情を短い言葉で表現する|はぁって言うゲーム

伝える時は「ジェスチャー禁止」というルールが絶妙に難しく、普段しないような表情や苦しい演技に何度も笑わされます!

また、ゲームが終わった後も「今のは”怒り”にしか見えなかったよ」「この大根役者!」というような会話(非難?)ですごく盛り上がれます!

関連はぁっていうゲームのルールはこちら

【ボドゲ紹介】『はぁって言うゲーム』短い言葉から感情を当てるゲーム
はぁって言うゲームは、与えられたお題を「はぁ」などの短い言葉と表情だけで演じて当て合うパーティーゲームです。ルールが簡単で、お手軽に盛り上がれます。この記事では『はぁって言うゲーム』のルールからレビュー評価まで詳しく紹介しています。

⑧ボブジテン

ボブジテン|ボードゲーム

タイプ表現系
プレイ人数3~8人
プレイ時間30分

ボブジテンは、カタカナ語のお題を”カタカナを一切使わず”に説明して当ててもらうという表現力が試されるボードゲームです。

出題者はお題カードをめくって、そのお題をカタカナを使わずに説明しなければなりません。例えば、お題が「ダウンロード」の場合がこちら↓

カタカナを使わずに説明する|ボブジテン

ダウンロードなら「パソコン」や「インターネット」などの言葉を使いたくなりますが、どちらもカタカナなので使えません!出題者以外のプレイヤーは、お題が分かった時点で当てることができ、最初に正解した人が点数を獲得できます。

カタカナを使わずに伝えようとすると、面白い発言や意味不明な言葉が飛び出したりして、終わったら「なんであんな説明なの!?」「他に言い方あったでしょ!」と総ツッコミを受けることも!すぐに遊べてみんなで盛り上がれるコミュニケーションゲームです。

関連『ボブジテン』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ボブジテン』カタカナ禁止でお題を説明するゲーム
ボブジテンは、『カタカナ語を日本語だけで説明する』というカタカナ禁止カードゲームです。 「チョコレート」や「キャンプ」といったカタカナ語のお題を説明するのにカタカナを使用することができません。この制限の中でお題を表現しようとすると、面...

⑨キャット&チョコレート

キャット&チョコレート|コミュニケーションゲーム

タイプ表現系
プレイ人数3~6人
プレイ時間20分

キャット&チョコレートは、「ピンチな状況を限られたアイテムを使って切り抜ける」パーティーゲームです。

自分の手番では、3つのアイテムカードを使って、そのピンチを回避するストーリーを発表します。例えば、ピンチのお題が「両親がケンカ、仲直りさせたい!」の場合。

アイテムカードを使ってピンチを回避する|キャット&チョコレート

例:ラーメンにほれ薬を盛って、両親へのラブレターを渡す

他のプレイヤーはそのストーリーを聞いて、「ピンチを乗り越えられたか」をジャッジします。

ピンチとは全く関係なさそうなアイテムカードを使いどうやって切り抜けるのかという「発想力」や「アドリブ力」が試されます!また、ストーリーを聞いた他のプレイヤーから「こうした方が面白くない?」などとダメだしが入ることもあり、勝敗関係なく盛り上がるカードゲームです。

関連キャット&チョコレートのレビュー

キャッチョコこと『キャット&チョコレート日常編』のルール&レビュー
キャッチョコの愛称で親しまれているカードゲーム『キャット&チョコレート 日常編(cat&chocolate)』のルール&レビューです。また、「キャット&チョコレートシリーズの全種類」や「回答の例文」も紹介しています。

【犯人捜し系】のコミュニケーションゲーム

犯人捜し系

犯人捜し系とは、メンバーの中に紛れ込んでいる少数派を見つけ出すため、活発な議論が必要となるタイプのコミュニケーションゲームです。ボードゲームジャンルで言うところの「正体隠匿ゲーム」にあたり、有名なゲーム『人狼』もこのジャンルです。

犯人(少数派)を見つけ出すために「攻撃的な会話」になることもあるので、仲がいいグループで遊ぶのがおすすめです。

⑩ワードウルフ

ワードウルフ|コミュニケーションゲーム

タイプ正体隠匿系
プレイ人数~人
プレイ時間

ワードウルフは、あるお題について話し合いをする中で、微妙に違うお題を配られた少数派(ワードウルフ)を見つけ出すパーティーゲームです。

例えば、プレイヤーの多くが「砂糖」というお題を与えられた場合、「塩」というお題を与えられた少数派がワードウルフ、ということになります。(下図参照)

少数派のワードウルフを見つけるゲーム

最初、自分のお題を確認した段階では、自分が多数派なのか、少数派なのか分かりません。話し合いをしているうちに、自分が多数派だと思ったらワードウルフを見つけ出しましょう。もし自分がワードウルフかも…と思ったら、話を合わせたり、ウソをついたりして自分の正体がバレないようにします。

家族・親戚で健全なお題で盛り上がるのも良し、友人とちょっとアダルトなお題ではしゃぐのも良し!最近では、オンライン飲み会で遊ばれることも多い人気のコミュニケーションゲームです!

関連⇒ワードウルフのルール&レビュー

ワード人狼こと『ワードウルフ』のボードゲーム版(幻冬舎)を紹介
ワードウルフは、会話から少数派を見つけ出す正体隠匿系ボードゲームです。 ワードウルフはスマホアプリで大人気のパーティーゲームですが、そのボードゲーム版が幻冬舎から2020年4月25日に発売しました。 今回は、ワード人狼こと『ワー...

⑪インサイダーゲーム

インサイダーゲーム|正体隠匿ゲーム

タイプ正体隠匿系
プレイ人数~人
プレイ時間

インサイダーゲームは、クイズ&正体探しのボードゲームです。

お題当てゲームで質問と回答を繰り返しながら、1人だけ答えを知っている『内通者(インサイダー)』を見つけ出さなければなりません。

1人だけ答えを知っているインサイダー役を見つける

ゲーム前半は「お題当て」、ゲーム後半は「インサイダー探し」という2部構成になっていて、1回のゲームで「クイズ」と「正体隠匿」の要素が楽しめます。

個人的に気に入っているのは、みんなが喋りやすいところです。「それは食べ物ですか?」「温かいですか?」などのシンプルな質問から始まり、後半のインサイダー探しでも「あの質問、怪しかったよね?」というくらいの簡単な会話でOKです。ハードな騙し合いや脱落がなく、簡単な会話だけで遊べる「ライトな正体隠匿ゲーム」です。

関連インサイダーゲームのルール&レビュー

『インサイダーゲーム』のルール&レビュー:内通者を捜し出すボードゲーム
インサイダー・ゲームのルール&レビューを紹介しています。このゲームは「メンバーの中に1人だけいるインサイダー役(内通者)を見つけ出そう」という正体隠匿系ボードゲームです。「前半戦は協力パート」「後半戦は対決パート」という2部構成になっています。

⑫レジスタンスアヴァロン

レジスタンスアヴァロン|ボードゲーム

タイプ正体隠匿系
プレイ人数5~10人
プレイ時間30分

レジスタンスアヴァロン「正義チーム」と「邪悪チーム」に分かれて戦う正体隠匿系ボードゲームです。

このゲームでは、アーサー王の家来となったプレイヤーが任務を成功に導くことを目指します。ただし、メンバーの中には、クエストを妨害しようとする「邪悪な存在」が紛れ込んでいるので要注意!

邪悪な存在が潜んでいる|レジスタンスアヴァロン

正義側のプレイヤーは、クエストの達成度・投票・会話などから、誰が邪悪側なのかを推理していきます。一方で、邪悪側は、正義側のフリをして怪しまれないようにプレイします。

このゲームで気に入っているのは『一発逆転できる要素(暗殺者)』があるところ!このおかげで、正体がバレてしまっても最後まで諦めずに楽しめて、ラストのドラマチックな展開で大盛り上がりできます。純粋な正体隠匿ゲームを楽しみたい方におすすめです。

関連『レジスタンスアヴァロン』のレビュー

【ボドゲ紹介】『レジスタンスアヴァロン』ボードゲームのルール&レビュー
『レジスタンス:アヴァロン』は、アーサー王の元に集う「正義チーム」とそこに潜伏する「邪悪チーム」に分かれて戦う正体隠匿ボードゲームです。 元々あった『レジスタンス』というボードゲームのテーマを「円卓の騎士」に変えて、さらに「新要素」を...

⑬ディセプション

ディセプション|ボードゲーム

タイプ推理・正体隠匿
プレイ人数4~12人
プレイ時間15~30分

ディセプションは、法医学者のヒントから、捜査官に紛れ込んでいる殺人犯の「殺害手段」と「証拠」を当てるという推理&正体隠匿系ボードゲームです。

殺害手段と証拠を当てる|ディセプション

「犯行現場が”キッチン”ってことはスポンジじゃない?」「ヒントに”突然の音”もあるから、ネズミの可能性もあるよね」というように、場に示されたヒントを頼りにみんなでワイワイ推理していく過程が本当に楽しいです。殺害手段と証拠を両方当てるのはめちゃくちゃ難しいですが、「証拠は当てられたんだから、次こそは!」とつい意地になって何度もプレイしてしまい、かなり中毒性が高いゲームだと感じました。

また、ディセプションでは犯人捜しをしなくてもいいので、「正体隠匿要素」よりも「推理要素」の方が強いです。そのため、人狼みたいな攻撃的な会話にならないので、人狼嫌いの人にもおすすめできる正体隠匿系ボードゲームです。

関連『ディセプション』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ディセプション』犯行手段と証拠を当てる推理ゲーム
推理&正体隠匿系ボードゲーム『ディセプション-香港殺人事件-』のルール&レビューを紹介しています。法医学者のヒントから殺人犯の「犯行手段」と「証拠」を当てるという推理好きにはたまらないゲームです!

【まとめ】コミュニケーションゲームの一覧表

今回紹介した『コミュニケーションゲーム13選』を一覧表にしてまとめました。

画像タイトルタイプ
ザ・ゲームザ・ゲーム協力
ito(イト)ito(イト)協力
パンデミックパンデミック協力
メンタルブロックスメンタルブロックス協力
ディクシットディクシット表現
ウェーブレングスウェーブレングス表現
はぁって言うゲームはぁって言うゲーム表現
ボブジテンボブジテン表現
キャット&チョコレートキャット&チョコレート表現
ワードウルフワードウルフ犯人捜し
インサイダーゲームインサイダーゲーム犯人捜し
レジスタンスアヴァロンレジスタンスアヴァロン犯人捜し
ディセプションディセプション犯人捜し

【最後に】ゲームで遊びながらコミュニケーションをとろう!

以上が、『コミュニケーションゲームのおすすめ13選』のタイプ別紹介でした。

コミュニケーションゲームなら遊びながらにして親睦を深めることができます。グループの一体感を高めたい時は「協力ゲーム」、初対面の人との仲を深めたい時は「表現ゲーム」、仲間と活発な議論をしたい時は「犯人捜しゲーム」がおすすめです。

【個人的】おすすめゲームランキング

僕がこれまで遊んできたボードゲームの中で、特に「面白い!」と思ったボードゲームをランキング形式で紹介しています。こちらも見て頂けたら嬉しいです!