メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

【レビュー】ラブレター(第2版)|1枚の手札を読み合うボードゲーム

【レビュー】ラブレター(第2版)|手札1枚を読み合う人気ボードゲーム
  • URLをコピーしました!

ラブレター(Love Letter)は、日本のボードゲームデザイナーであるカナイセイジ氏が作った日本産のボードゲームです。ゲームの内容は「姫に恋する若者となって、お城に仕える者にラブレターを託して届けてもらう」というもの。

ラブレターの第1版は2012年に発売されましたが、10周年を迎えた2022年8月にリニューアル版の『ラブレター第2版』が発売されました。

今回は、『ラブレター第2版』のルール&レビュー・第2版の違い・カード効果などを徹底紹介します。

第2版が発売したので、記事全体の内容を更新しました。

▼ラブレター 第2版

▼ラブレターに合うスリーブ

ゲーム名ラブレター(第2版)
プレイ人数2~5人
プレイ時間5分
対象年齢10歳~
ジャンル読み合い
発売時期2022年8月
デザイナーカナイセイジ
販売元アークライトゲームズ
価格2,035円(税込)
目次

ラブレターはどんなボードゲーム?

手札1枚を読み合うカードゲーム

ラブレターは、お互いの手札1枚を読み合うカードゲームです。

手番でやることは、山札からカードを引いて〈手札〉か〈引いたカード〉のどちらかを出して、カード効果に従うだけ。

ボードゲーム『ラブレター』

カード効果は、相手の手札を見たり、交換したり、脱落させるなど様々。他のプレイヤーを脱落させて自分だけ残るか、ゲーム終了時に一番強いカードを持っていたプレイヤーの勝利となります。

序盤は情報がないので運頼りになりがちですが、中盤になって「誰がどの順番でカードを使ったのか」といった情報が出てくると、読み合いが回りだして、そこから一気に面白くなります。1ゲーム5~10分で終わるので、短時間で深い読み合いに到達できるのがラブレターの魅力です。

国内外で高評価で多くの賞を受賞

ラブレターはもともと、カナイセイジ氏が2012年のゲームマーケットで発表した同人ゲームです。購入者が手に取りやすいワンコイン(500円)で販売できるゲームを作ろうという企画“500円ゲームズ”で生まれました。

その後、アメリカのアナログゲーム出版社AEGから海外版が発売され、日本では2014年にアークライトゲームズから製品版が発売されました。

発売後は国内外での評価が高く、2012年~2014年にかけて様々な賞を受賞しています。

ラブレターの受賞歴

  • 2012年日本ボードゲーム大賞
  • 2012年ダイスタワー賞:2部門受賞
  • 2013年ゴールデン・ギーク賞:4部門受賞
  • 2014年ドイツ年間ゲーム大賞 推奨リスト入り
  • 2014年ドイツゲーム賞4位 など。

その後も、毎年のように『ラブクラフト・レター』『ラブレター-恋文-』『ラブレター ケン・ニイムラ版』など様々な派生作品やコラボ作品が登場しています。

2022年には、全世界でのシリーズ累計販売数が300万部を突破しました。

2022年に『ラブレター第2版』が登場

2022年8月に、リニューアルした『ラブレター第2版』が発売しました。

ラブレター第1版と第2版

新規カードの追加・プレイ人数の増加・カード等のデザイン変更など、より遊びやすくリニューアルされています。

※ラブレター第2版の違いについては、記事の後半にまとめています。

10周年を記念した『ラブレター10周年記念版』が登場

また、10周年を記念した作品『ラブレター10周年記念版』のクラウドファンディングも開始されました。

これまで発売したラブレターの派生作品やコラボ作品から、16種類のバリエーションルールが詰め込まれた特別版です。

ラブレターでお馴染みのキャラクターに加えて、巫女・妖精・魔神・忍者といった、新キャラクターたちが100枚近く加わります!

10周年記念版は限定販売となっており、クラウドファンディングでの支援期間は8月4日~8月14日です。

ラブレター10周年記念版の支援ページはこちら

ラブレターの『内容物』

ラブレター(第2版)の内容物がこちら。

ラブレター第2版の内容物

《内容物》
ゲームカード38枚(基本16枚・拡張22枚) / 一覧カード10枚 / ルールカード4枚 / トークン12枚 / 羽ペンタイル1個 / オマケのハートトークン1個

カードには「強さ(0~8)」「効果」が記載されています。

強さと効果|ラブレター第2版

ラブレターの『ゲーム準備』

まずは、ラブレターのゲーム準備です。今回の記事では、基本カード16枚を使うことにします。

1枚だけ裏向きで置いておく

まずは16枚のカードをシャッフルして、山札を作ります。

山札から1枚引いて、裏向きのまま山札の隣に置いておきます。このカードは今回のゲームから除外するので使用不可です。

カード1枚を除外する|ラブレターのルール

プレイ中に見ないようにするために、脇によけておきます。

全員カードを1枚引く

各プレイヤーは山札からカードを1枚引いて、手札とします。

全員カード1枚を引く|ラブレターのルール

スタートプレイヤーを決める

羽ペンタイルを上から落として、ペン先の方向にいる人が最初のプレイヤーとなります。

羽ペンタイルでスタートプレイヤーを選ぶ|ラブレター

ラブレターの『ルール』

ここからは、ボードゲーム『ラブレター』のルール・遊び方を紹介します。

①カードを1枚引く

手番がきたら、山札からカードを1枚引いて手札に加えます。

カード1枚を引く|ラブレターのルール

手札が2枚になります。

②カードを1枚出す

2枚になった手札から1枚を選んで、表向きで場に出します。

カード1枚を出す|ラブレターのルール

③出したカードの効果を発動する

カードの効果を確認します。

場に出したカードの能力欄に「使用:~」と書いてあれば、その能力を必ず実行します。(書いてなければ、個々の処理に従う)

例えば、兵士なら「他のプレイヤーを1人選び、「兵士」以外のカード名を1つ言う。それが手札と一致する場合、そのプレイヤーは脱落する」という効果。

兵士のカード効果|ラブレター

カードの種類によっては、相手の手札を見たり、手札を交換したり、カード効果を無効化したりすることができます。(各カード効果については、記事後半にまとめています)

④出したカードは捨て札にする

使ったカードは自分の前に捨て札としておきます。出した順番が分かるように重ねて並べます。

捨て札は順番が分かるように並べる|ラブレター

捨て札は他のプレイヤーが手札を推理するヒントになります。

⑤脱落した場合

カード効果などで脱落してしまった人は、手札を表にして捨て札に加えます。

⑥ゲーム終了

以下のどちらかの条件が満たされると、ゲーム終了です。

  • 1人を残して、他全員が脱落した
  • 山札がなくなった

ほかのプレイヤーが脱落して、1人だけ残った場合は、残ったプレイヤーの勝利です。

山札がなくなった場合は、カードの強さで勝負します。

脱落していないプレイヤー全員が手札を公開して、カードの強さが最も大きい人の勝ちです。

数字が1番大きい人の勝ち|ラブレターのルール

上の状況なら、場で一番大きい数字の8(姫)を出した人の勝利です。

⑦3点先取した人の勝ち

ゲームに勝ったプレイヤーは、トークン1個を獲得します。(引き分けなら、引き分けたプレイヤーが1個ずつ獲得)

勝つとトークン1個がもらえる|ラブレター

また、ゲームに勝ったプレイヤーの手札の強さが8だった場合、そのプレイヤーは2点獲得します。

トークンは1個=1点です。先に3点獲得した人の勝利となります。

3点先取は選択ルールですが、ラブレターではあっさり負けてしまうことがあるので、3点先取にするのがおすすめです。

ラブレターの『カード効果一覧』

ラブレター第2版に入っている基本カードと拡張カードの効果をまとめました。

基本カードの効果

ラブレター第2版の基本カード8種類がこちら。

基本カード|ラブレター第2版

【】内は強さ、()内は同じカードの枚数

画像カード内容・効果
兵士|ラブレター ボードゲーム【1】兵士(5枚)
手札を当てたら脱落させる
道化|ラブレター ボードゲーム【2】道化(2枚)
手札を見る
騎士|ラブレターのキャラクター【3】騎士(2枚)
強さを比べて小さいほうが脱落
僧侶|ラブレターのキャラクター【4】僧侶(2枚)
次の手番まで効果無効
魔術師|ラブレターのキャラクター【5】魔術師(2枚)
手札を捨て(させ)て新しく引く
将軍|ラブレターのキャラクター【6】将軍(1枚)
手札を交換する
大臣|ラブレターのキャラクター【7】大臣(1枚)
手札の合計が12以上なら脱落
姫|ラブレターのキャラクター【8】姫(1枚)
捨て札にしたら脱落

拡張カードの効果

ラブレター第2版の拡張カード14種類がこちら。

拡張カード|ラブレター第2版

【】内は強さ、()内は同じカードの枚数

画像カード内容・効果
町娘|ラブレターのキャラクター【0】町娘(1枚)
終了時に7になる
使用人|ラブレターのキャラクター【1】使用人(5枚)
選んだ2人が手札を交換する
占い師|ラブレターのキャラクター【2】占い師(2枚)
山札の一番上を見て交換
商人|ラブレターのキャラクター【3】商人(2枚)
手札が3以下なら脱落させる
執事|ラブレターのキャラクター【4】執事(2枚)
手札の強さに+2
学者|ラブレターのキャラクター【5】学者(2枚)
強さを比べて大きい方が脱落
犬|ラブレターのキャラクター【6】犬(1枚)
出せない
王太后|ラブレターのキャラクター【7】王太后(1枚)
捨て札の合計が5以上なら脱落
女侯爵|ラブレターのキャラクター【7】女侯爵(1枚)
手札の合計が12以上ならこのカードを出す
伯爵夫人|ラブレターのキャラクター【8】伯爵夫人(1枚)
出せない / 山札がなくなったら脱落
姫(次女)|ラブレターのキャラクター【8】姫(次女)(1枚)
脱落時に復帰
姫(三女)|ラブレターのキャラクター【8】姫(三女)(1枚)
捨て札にしたら脱落 / 即ゲーム終了
王子|ラブレターのキャラクター【8】王子(1枚)
捨て札にしたら脱落
王|ラブレターのキャラクター【×】王(1枚)
引いたら脱落

ラブレター第2版の『違い』

ラブレター第2版の主な違いをまとめました。

  • 8種類の新規カードが追加
  • プレイ人数が2~5人に変更
  • カードやトークンなどのデザイン変更
  • テキストレスカードの廃止
  • オマケのハートトークン付き

カードのデザインについては、旧版と新版で比較してみました。

第1版と第2版のカードデザインの違い|ラブレター

イラストは顔のアップから上半身全体に変わっています。

デザインがすっきりしていて見やすいので、個人的には第2版の方が好みです。

ラブレターに合う『スリーブ』

ラブレターのカードサイズは63㎜×88㎜なので、『ホビーベースのTCGサイズ・ハードタイプ(91.5×66㎜)』がちょうどいい大きさです。

ラブレターに合うスリーブ

厚み0.1㎜のハードタイプなので、傷などのダメージに強いのが良いところ。

ラブレター第2版には52枚(一覧カード&ルールカード含む)のカードが入っているので、このスリーブ(50枚入り)が2個あればOKです。

ラブレターの『レビュー』

最後は、ラブレター(第2版)のボードゲームレビューです。

5分で深い読み合いを楽しめる!

ラブレター第2版

ラブレターは「使うカードが16枚のみ」「手札から1枚出すだけ」と超シンプルで、無駄なものが削ぎ落されたようなカードゲームです。とにかく簡単なので、自分がボードゲームを始めたての頃は何度も遊んでいました。

初めて遊んだ時は「速攻で死ぬ運ゲーじゃん…」と思いましたが、ラブレターの面白さは1回遊んだだけでは分かりません。

何回か遊んで慣れてくると、他のプレイヤーのカードの出し方を見て「ここであのカードを出したということは…」と相手の手札を推理できるようになります。遊べば遊ぶほど読み合いが回ってどんどん面白くなってくるので、遊ぶときは最低4~5回は遊んでみてほしいゲームです。

ラブレター第2版のカード

また、1ゲームが5~10分ほどで終わるのも魅力です。情報のない序盤は運頼りになりがちですが、捨て札が出そろった中盤からは一気に熱い心理戦に変わります。たった5分の短い時間で深い読み合いに到達できるのがラブレターの良いところです!

ちなみに、「相手を指定してカード効果を発動する」「途中脱落あり」という攻撃的な要素もありますが、数分でゲームが終わるのでそこまで気になりません。

まとめ:ラブレターの個人的評価

ラブレター|カードゲーム

最後に、ラブレターの個人的評価と良かった点/微妙だった点をまとめました。

ボードゲーム評価

おすすめ度 (3.0)
簡単さ (4.5)
盛り上がり度 (3.0)
考える要素 (3.5)
運要素 (4.5)
良かった点微妙だった点
手番でカードを1枚出すだけなので超簡単
短時間で深い読み合いを楽しめる
第2版からプレイ人数の増加・新規カードの追加でより遊びやすくなった
1回遊ぶだけだと面白さを感じづらい
途中脱落あり
引き運の影響が強い

以上が、心理戦ボードゲーム『ラブレター』のルール&レビューでした。

1回遊んだだけだと、いきなり脱落させられて「ラブレター…つまらない…」と感じてしまうことがあるのがネックですが、複数回遊ぶとどんどん読み合いが面白くなります!

第2版からは5人まで遊べるようになり、新規カードも増えたので、遊びやすさとリプレイ性が上がっています。手に入れるなら、絶対にラブレター第2版を選びましょう。

▼ラブレター 第2版

▼ラブレターに合うスリーブ

カードゲームの関連記事

▽カードゲームのおすすめランキング

▽ラブレターの派生ゲーム『XENO』

▽マグノリアのルール&レビュー

▽宿命の旅団のルール&レビュー

▽オリフラムのルール&レビュー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次