【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『ラブレター』ボードゲームのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!

4
『ラブレター』ボードゲームのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!

ラブレター(Love Letter)は、日本のボードゲームデザイナーであるカナイセイジ氏が作った日本産のカードゲームです。

ゲームの内容は「姫に恋する若者となって、お城に仕える者にラブレターを託して届けてもらう」というもの。

2012年に『日本ボードゲーム大賞』を受賞し、2014年に『ドイツゲーム賞』の4位に入選しており、国内外で評価の高いカードゲームです。

今回は『ラブレター』のルール&レビューを紹介します。

▼ラブレター(Love Letter)カードゲーム

ジャンル推理系
プレイ人数2-4人
プレイ時間20分
対象年齢10歳以上
発売時期2012年
デザイナーカナイセイジ
メーカーアークライト
価格1,850円

▽オリラジ中田氏考案のラブレター『XENO』はこちら↓

『XENO ゼノ』カードゲームのルール&レビュー:オリラジ中田版のラブレター
XENO(ゼノ)は「18枚のカードを使い、相手の手札を読み合う」カードゲームです。オリラジの中田敦彦氏が名作カードゲーム『ラブレター』をアレンジしたゲームです。この記事では、『XENOのルール&レビュー』を詳しく紹介しています。
スポンサーリンク

【まとめ】ラブレターの評価

 個人的評価:4

「使うカードは16枚だけ」「数分で終わる」とビックリするくらいシンプルなので、普段ボードゲームを遊ばない人でも手軽に読み合いを楽しめるのが良いところ!僕もボードゲームにハマり始めた頃に何度も遊びました。

 

最初遊んだ時は「これ運ゲーじゃん…」と思いましたが、数回遊ぶと「短時間で深い読み合いに到達できる」面白いゲームだと気づきます。

 

序盤は情報がないので運頼りになりますが、中盤の状況から読み合いができるようになるのでそこからジワジワ面白くなるゲームです。

ラブレターはどんなボードゲーム?

お姫様にラブレターを届けるゲーム

ラブレターのストーリーは「プレイヤーが姫に恋する若者となって、お姫様にラブレターを届ける」という内容。

ラブレターはお城にいる様々な身分の人に渡すことができますが、最終的に「お姫様により近い身分の人にラブレターを託した人の勝利」となります。

ラブレターは「姫に恋する若者となって、姫にラブレターを届ける」というボードゲーム

 

実際にやることは「2枚のカードのうち1枚を出す」だけなので、とても簡単です。

カードゲーム『ラブレター』の遊び方:2枚のカードのうち1枚を出すだけ

ラブレターの『内容物』

ラブレターに入っているものがこちら↓

ボードゲーム『ラブレター』に入っているもの

  • 基本カード 16枚
  • 追加カード 6枚
  • テキストレスカード 22枚
  • 一覧カード 4枚
  • トークン
  • 羽ペンタイル

ラブレターを遊ぶときの「基本カード」がこの16枚です。

ラブレターの基本カード16枚

「兵士・道化・騎士・僧侶・魔術師・将軍・大臣・姫」の8種類があります。

 

カードには、カードの「強さ」と「効果」が載っています。

ラブレターカードには「強さ」と「効果」が載っているカードの強さは「1~8」まで

また、テキストなしの「テキストレスカード」も入っています。

ラブレターには、テキストなしの「テキストレスカード」がある全面にイラストが載っている

全員がカード効果を覚えたら、デザイン重視でこちらで遊ぶのもいいでしょう。

 

さらに、全てのカードの内容が分かる「一覧カード」もあります。

カードゲーム『ラブレター』に入っている一覧カード

初めて遊ぶ人はこの一覧カードを手元に置いておくとすぐに確認できるので安心です。

ラブレターの『ゲーム準備』

1枚だけ裏向きで置いておく

まずは16枚のカードをシャッフルして、山札を作ります。

山札から1枚引いて、裏向きのまま山札の隣に置いておきます。

ラブレターのゲーム準備:山札から1枚引いて、裏向きのまま山札の隣に置く

この1枚のカードはプレイ中に決して見ることはできません。

全員カードを1枚引く

全員、山札からカードを1枚引いて「手札」とします。

ラブレターのゲーム準備:全員山札から1枚引いて手札にする

スタートプレイヤーを決める

羽ペンスタイルを上から落として、ペン先の方向にいる人が最初のプレイヤーとなります。

ラブレターのゲーム準備:羽ペンタイルを上から落として、スタートプレイヤーを決める

ラブレターの『ルール』

ここからは、ボードゲーム『ラブレター』のルール・遊び方を紹介します。

①山札からカードを1枚引く

山札からカードを1枚引いて手札に加えます。手札が2枚になります。

ボードゲーム『ラブレター』のルール:山札からカードを1枚引く

②カードを1枚出す

2枚になった手札から1枚を選んで、場に出します。

ラブレターのルール:手札を1枚出す

③出したカードの効果を発動する

カードの効果を確認します。

例えば、兵士なら「対象のプレイヤーに兵士以外のカード名1つを宣言し、手札と一致したら脱落させる」という効果。

ラブレターのカード『騎士』:「対象のプレイヤーに兵士以外のカード名1つを宣言し、手札と一致したら脱落させる」という効果

誰か1人に対して、相手が持っていそうなカード名(役職)を宣言します。

ラブレターで騎士を使った時:誰か1人に対して、相手が持っていそうなカード名を宣言する上のように簡単には当たりません。

当たっていれば即脱落ですが、当たらなければそれで終わりです。

 

また、道化なら「対象のプレイヤーの手札を見る」という効果。

ラブレターのカード『道化』:「対象のプレイヤーの手札を見る」という効果

このように、カードによって効果は様々です。その他のカード効果については記事後半でまとめています。

脱落したら…

カードの効果で脱落してしまった人は、そこで終了です。

手札を公開して、捨て札にします。

④出したカードは捨て札にする

使ったカードは自分の前に捨て札としておきます。出した順番が分かるように、重ねて置くようにしましょう。

カードゲーム『ラブレター』の遊び方:出したカードは捨て札にする

⑤最後は「手札の強さ」で勝負!

山札がなくなったらゲーム終了です。

脱落していないプレイヤー全員が手札を公開して、カードの強さが最も高い人の勝利となります。

ボードゲーム『ラブレター』:プレイヤー全員が手札を公開して、カードの強さが最も高い人の勝利となる

上の場合なら、最も大きい数字「8」の姫を出した人の勝利です。

⑥3点先取した人が勝ち

ゲームに勝つと「トークン1個」が貰えます。

ラブレター:ゲームに勝つとトークン1個が貰える

トークンは1個=1点です。先に3点獲得した人の勝利となります。

 

3点先取は選択ルールですが、ラブレターではあっさり負けてしまうこともあるので、3点先取にするのがおすすめです。

ラブレターの『全カード』を紹介

ラブレターに入っている『全カードの効果』をまとめました。

基本カードの効果(8種類)

まずは、ラブレターの基本カード8種類の効果です。(強さ順)

①兵士

ラブレターの兵士カード:効果:プレイヤー1人の役職を当てたら、その人を脱落させる

効果:プレイヤー1人の役職を当てたら、その人を脱落させる

強さだけ見ると最も弱いカードですが、その効果はとても強力!

中盤から捨て札の状況などで相手のカードが読みやすくなるので、後半になればなるほど強力になります。

②道化

ラブレターの道化カード:誰か1人の手札を見る。

効果:誰か1人の手札を見る。

カード内容が見られたら、その後に兵士で脱落させられる可能性があるので、見られたカードを捨てざるを得なくなります。

③騎士

ラブレターの騎士カード:誰か1人と自分の手札を比べて、強さの小さい方が脱落する。

効果:誰か1人と自分の手札を比べて、強さの小さい方が脱落する。

手札の数字比べをして、小さい方が脱落するというカード。

脱落した方はカードを捨て札にして公開するので、生き残った方も他のプレイヤーにカードを推測されやすいというリスクがあります。

④僧侶

ラブレターの僧侶カード:次の順番まで、あなたへの効果を無効にする

効果:次の順番まで、あなたへの効果を無効にする

ラブレター唯一の防御系カードです。

⑤魔術師

ラブレターの魔術師カード:誰か1人(自分含む)の手札を捨て札にし、山札から1枚引く

効果:誰か1人(自分含む)の手札を捨て札にし、山札から1枚引く

手札のカードを山札と交換する、という効果。道化や騎士の効果などで「相手のカードが強い」と分かっている時に使いたいカードです。

⑥将軍

ラブレターの将軍カード:誰か1人と手札を交換する。

効果:誰か1人と手札を交換する。

こちらは「プレイヤー同士が手札を交換する」という効果ですが、かなりリスキーなカード。

交換相手に「自分のカードがバレている」ので、次の相手の番で「兵士で脱落させられる可能性」があります。将軍は使わずに温存しておくのがいいでしょう。

⑦大臣

ラブレターの大臣カード:手札の強さが合計12以上の場合、あなたは脱落する

効果:手札の強さが合計12以上の場合、あなたは脱落する

数字自体は強いですが、カードを引いた瞬間に脱落してしまう可能性のある恐ろしいカードです。

⑧姫

ラブレターの姫カード:このカードが捨て札に置かれた時、あなたは脱落する

効果:このカードが捨て札に置かれた時、あなたは脱落する

最も数字の大きいカードですが、捨てたら即脱落となります。

道化の効果で手札を見られても捨てることができないので、その後兵士で脱落させられることや、魔術師の効果で強制的に捨てさせられて脱落することもあります。

追加カードが6種類ある

ラブレターには基本カードと差し替えられる「追加カード」があり、これらを加えることでまた新鮮なゲームを楽しむことができます。

ラブレターの追加カード6種類:王・王子・姫(ショート)・女侯爵・伯爵夫人・姫(メガネ)

左から『王・王子・姫(ショート)・女侯爵・伯爵夫人・姫(メガネ)』という役職です。

ラブレターにぴったりの『スリーブ』

ラブレターのカードに傷がつくとそれがマークとなって、カードの内容がバレてしまいます。そうなると遊べなくなってしまうので、スリーブを付けるのがおすすめです。

ラブレターのカードサイズは「63mm×88mm」なので、『ホビーベースのTCGサイズ・ハードタイプ』のスリーブが合います。

ラブレターのカードサイズに合うスリーブ

ゲームに使うカード枚数はテキストレスカードを含めて「44枚」なので、このスリーブ(50枚入り)が1個あればOKです。

ラブレターは『種類』がたくさん!

ラブレターはその人気から様々なバージョンのカードゲームが出ています。

ラブレター ケン・ニイムラver

2016年に発売した、ケン・ニイムラ氏が描いたかわいい絵のラブレター。

ルールは同じ。通常版よりも箱がコンパクトになっているので、持ち運びに便利です。

おそ松さんラブレターボードゲーム

おそ松さんラブレターボードゲーム

2016年に発売した、おそ松さんとコラボした『おそ松さんラブレターボードゲーム』。

基本的な遊び方は同じですが、少しだけアレンジされています。6人までプレイ可能。

created by Rinker
ブシロードクリエイティブ(bushiroad creative)

ラブレター -恋文-

カードゲーム『ラブレター-恋文-』

2018年に発売した、和風のラブレター。

日本らしく、役職も「侍・女中・陰陽師」などに変わっています。新規カードもアリ。

ラブクラフトレター

クトゥルフ神話のデザインになった「ラブクラフトレター」。

ラブレターのゲームシステムにクトゥルフらしい追加要素のあるカードゲームです。

カードゲーム 有野課長のLove Letter

カードゲーム 有野課長のLove Letter

2019年に発売した最新版が『カードゲーム 有野課長のLove Letter』。

ゲームバラエティ番組「ゲームセンターCX」の公式カードゲームです。

オリラジ中田版ラブレター『XENO』

『XENO(ゼノ)』はオリエンタルラジオの中田敦彦さんがルールをアレンジしたラブレターです。2019年10月に発売。

遊んでみると「脱落しにくくなったラブレター」という印象で、「序盤に脱落させられてゲームに参加できない」という事態になりづらいので良い調整が施されたゲームだと思います。

▽XENOのルール&レビューは下記で紹介中↓

『XENO ゼノ』カードゲームのルール&レビュー:オリラジ中田版のラブレター
XENO(ゼノ)は「18枚のカードを使い、相手の手札を読み合う」カードゲームです。オリラジの中田敦彦氏が名作カードゲーム『ラブレター』をアレンジしたゲームです。この記事では、『XENOのルール&レビュー』を詳しく紹介しています。

【レビュー】ラブレターの総合評価

ラブレターを遊んだ感想

ボードゲーム『ラブレター』のレビュー

深い読み合いに短時間で到達できる

最初に遊んだ時は「速攻で死ぬ運ゲーじゃん…」と思いましたが、このゲームの面白さは1回遊んだだけでは分かりません。もう少し遊ぶと、相手のカードの出し方を見て「ここであのカードを出したということは…」と推理できるようになります。この「深い読み合いに短時間で到達できる」のがラブレターの良さだと思います。

ボードゲーム初心者にうってつけ!

ラブレターは「カードは全部で16枚」「手札から1枚出すだけ」と超簡単。このシンプルさがあるおかげで、自分がボードゲームを始めたての頃は何度も遊んでいましたし、今だに初めてボードゲームをやる人と遊ぶときによく出しています。

「相手を指定して攻撃する」「途中脱落あり」という初心者向きでない要素はありますが、数分でゲームが終わるので他のボードゲームほど気になりません。

まとめ:後半戦が面白い!

初めて遊んだ人は「これ運ゲー…」となることが多く、1回だけではゲームの面白さが分かりづらいのがネックですが、ゲームが5分で終わるので、気軽に2回、3回と遊べて、じわじわと読み合いが回って面白くなっていくゲームです。

情報のない序盤は運頼りですが、中盤からは熱い心理戦に変わります!この後半にかけての読み合いが大好きなカードゲームです。

ラブレターの総合評価

5段階評価

個人的評価4
簡単さ4
戦略性3
運要素4
盛り上り度3
メリット
  • 読み合い・心理戦が面白い
  • ボードゲーム初心者が遊びやすい
デメリット
  • 最初は「運ゲー」に感じる

▼ラブレター カードゲーム

▽オリラジ中田版ラブレター『XENO』はこちら↓

『XENO ゼノ』カードゲームのルール&レビュー:オリラジ中田版のラブレター
XENO(ゼノ)は「18枚のカードを使い、相手の手札を読み合う」カードゲームです。オリラジの中田敦彦氏が名作カードゲーム『ラブレター』をアレンジしたゲームです。この記事では、『XENOのルール&レビュー』を詳しく紹介しています。