【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『XENO ゼノ』カードゲームのルール&レビュー:オリラジ中田版のラブレター

4
『XENO ゼノ』カードゲームのルール&レビュー:オリラジ中田版のラブレター

XENO(ゼノ)は「18枚のカードだけを使い、相手の手札を読み合う」カードゲームです。

オリエンタルラジオの中田敦彦氏が名作カードゲーム『ラブレター』をアレンジしたゲームで、2019年10月に発売しました。

今回は、カードゲーム『XENO(ゼノ)のルール&レビュー』を徹底紹介します。

▼カードゲーム『XENO(ゼノ)』

ジャンル読み合い
プレイ人数2-4人
プレイ時間3-10分
対象年齢
発売時期2019年10月
ゲーム原案カナイセイジ
発売元NIRVA
価格700円

▽XENOの元となった『ラブレター』はこちら↓

『ラブレター』ボードゲームのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!
カードゲーム『ラブレター(Love Letter)』のルール&レビューです。このゲームは、日本のボードゲームデザイナーであるカナイセイジ氏が作った日本産のゲーム。「使うカードは16枚だけ」「数分で終わる」ので、特にボドゲ初心者におすすめです!
スポンサーリンク

【まとめ】XENOの評価

個人的評価:4

ラブレターで引っかかっていた「初めて遊んだ人がいきなり脱落することでゲームの印象が悪くなる」という部分が解消されているので、個人的にはとても良い調整が施されたラブレターだと思います!

 

ゲーム内容はほぼラブレターなので「後半戦の読み合いが面白い」のはそのままに、「700円という安さ」と「カッコいいイラスト」でより間口の広いゲームになっています。

 

ただ、唯一気になるのは「カードからテキストを省いている」こと。カードにテキストが一切ないので、慣れるまではいちいち確認しなければならないので大変です…。ここだけ敷居が高くなっているのがちょっと残念。

【追記】カード効果をまとめた『一覧カード』を作りました。記事後半からダウンロードできます。

XENOはどんなカードゲーム?

XENO(ゼノ)のストーリーは「皇帝の圧政に苦しむ国に、不老不死の英雄が現れた」というもの。

XENO(ゼノ)は「皇帝の圧政に苦しむ国に、不老不死の英雄が現れた」というストーリーのカードゲーム

「力で支配する者は必ず滅ぶ」という教えを説いて回る『英雄』と、その英雄を処刑したい『皇帝』。

さらに、国が変わることを願う『少年』、英雄の逮捕を命じられた『兵士』、国の未来を占う『賢者』など10人の人物が登場します。

最終的に生き残った人物の中で「最も強い力を持っている人の勝利」となります。

XENOはオリラジ中田敦彦版のラブレター!

オリラジのあっちゃんこと中田敦彦さんが色んなカードゲームを買い漁った中で面白いと思ったのが『ラブレター』だったそうです。

XENOは、ラブレターのルールをアレンジしたカードゲーム これが元となったラブレター

ただ、遊んでいるうちに「メルヘンチックなストーリーをカッコ良くしたい」「もうちょっと長く戦えるようにしたい」と思い、ルールをアレンジして、ラブレターの原作者であるボードゲームデザイナーの「カナイセイジさん」にお話しして、XENOが実現したそうです。

※詳しくは下記の動画で話されています。

中田考案のカードゲーム「XENO」が始動!

▽ラブレターのルール&レビューはこちら↓

『ラブレター』ボードゲームのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!
カードゲーム『ラブレター(Love Letter)』のルール&レビューです。このゲームは、日本のボードゲームデザイナーであるカナイセイジ氏が作った日本産のゲーム。「使うカードは16枚だけ」「数分で終わる」ので、特にボドゲ初心者におすすめです!

XENOとラブレターの『違い』

まず、『XENOとラブレターの主な違い』をまとめました。

※ラブレターを知らない人は飛ばしてください。

①外箱がコンパクト

ラブレターも小箱タイプですが、XENOの外箱は超コンパクト!

XENOとラブレターの違い「外箱がコンパクト」

厚さもポケットに入るくらいの薄さなので、持ち運びやすいです。

②イラストがカッコいい!

ラブレターはかわいいイラストでしたが、XENOはカッコいいイラストになっています。

カードゲーム『ラブレター』はかわいいイラストのカード、『XENO(ゼノ)』はカッコいいイラストのカード

ちなみに、ラブレターは「テキストあり」と「テキストなし」の2種類のカードがありましたが、XENOは「テキストなし」カードのみです。

③脱落しづらい

XENOはゲーム中の脱落が起こりづらい

XENOはラブレターよりも脱落が起こりづらくなっています。個人的にはかなり嬉しい!

ラブレターでは脱落する・させるカードが「16枚中9枚」と多いですが、XENOでは脱落系カードが「18枚中5枚」と少なくなっています。

④カードは全部で10種類

カードはラブレターが8種類、XENOが10種類。

XENOのカードは10種類、ラブレターのカードは8種類

また、ラブレターとは異なる新しいカード効果が数種類あります。(詳しくは後述)

⑤最初に伏せる1枚に新要素がある

ラブレターでは、最初に山札からカードを1枚伏せておき最後まで見ることはありませんでしたが、XENOではこのカードが「転生札」として英雄カードの効果で利用することがあります。

カードゲーム『ZENO』の新要素として「転生札」がある

これがXENOで加わった一番の新要素です。(詳しくは後述)

XENO(ゼノ)の『内容物』

XENO(ゼノ)に入っているカード

≪XENOに入っているカード≫
少年…2枚 /兵士…2枚 /占師…2枚 /乙女…2枚 /死神…2枚 /貴族…2枚 /賢者…2枚 /精霊…2枚 /皇帝…1枚 /英雄…1枚 /QRコードカード…4枚

各カードの左上には『カードの強さを示す数字(Rank)』があります。Rankは「1~10」まで。

XENO(ゼノ)のカードの左上には『カードの強さを示す数字(Rank)』がある

 

説明書は入っておらず、QRコードからサイトに飛んでルールを確認するようになっています。

XENO(ゼノ)の『ゲームの準備』

①全員カードを1枚引く

全員、山札からカードを1枚引きます。

XENO(ゼノ)のゲーム準備:全員カードを1枚引く

このカード1枚が手札となります。

②カードを裏向きで1枚置いておく

さらに山札からカード1枚を引いて、裏向きのまま山札の横に置きます。

XENO(ゼノ)のゲーム準備:山札からカード1枚を引いて、裏向きのまま山札の横に置く

このカードは「転生札」と呼びます。この転生札は、英雄カードを持っている時に使うことがあります。

XENOの『ルール・遊び方』

ここからは、XENO(ゼノ)の『ルール・遊び方』を詳しく解説します。

①カードを1枚引く

最初のプレイヤーは、山札からカードを1枚引いて手札に加えます。

XENO(ゼノ)のルール・遊び方:カードを1枚引く手札が2枚になりました

②カードを1枚出す

2枚の手札から1枚を選んで、場に出します。

XENOのルール・遊び方:2枚の手札から1枚を選んで場に出す

③出したカードの効果を発動

場に出したカードの効果が発動します。

「兵士」を出した場合

例えば、兵士なら「指名した相手の手札を言い当てると、相手は脱落する」という効果。

XENO(ゼノ):兵士カードを出すと「指名した相手の手札を言い当てると、相手は脱落する」という効果が発動

誰か1人に対して、相手が持っていそうなカード名を宣言します。

XENO:兵士カードを出したら、誰か1人に対して、相手が持っていそうなカード名を宣言する

当たっていれば即脱落させられる強力な効果です。

「賢者」を出した場合

また、『次の手番で効果を発揮する』カードもあります。

それが賢者というカードで「次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶ」というもの。

カードゲーム『XENO』:賢者カードを出すと「次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶ」という効果が発動

カード枚数の少ないこのゲームで3枚引けるのは超有能!強力なカードを獲得しつつ、まだ引かれていないカードの情報が得られます。

このように、カードによって効果は様々です。その他の効果については記事後半でまとめています。

脱落した人は終了

兵士などの効果で脱落させられた人はその時点で終了です。

自分の手札を公開して、捨て札にします。

④使ったカードは「捨て札」になる

使ったカードは自分の手元に「捨て札」として並べておきます。

XENOのルール:使ったカードは捨て札になる

上のように、出した順番が分かるように、左から順に置くようにしましょう。「どのカードをどの順で出したのか」という情報は相手の手札を推測するための材料になります。

ここまで終えたら「次のプレイヤーの番」になります。次の人も①~④を繰り返します。

⑤最後は「カードの強さ」で勝負!

山札がなくなったら「カードの強さ」で勝負です。

脱落していないプレイヤー全員が手札を公開します。カードの強さを比べて、最も数字の大きい人の勝ちです。

XENOのルール:山札がなくなったら「カードの強さ」で勝負

上の場合なら、最も大きい数字「10」の英雄を出した人の勝利です。

また、その他のプレイヤーが脱落して1人だけ生き残った場合、生き残った人の勝利となります。

XENOの『全カード紹介』

XENO(ゼノ)に入っている『10種類のカード効果』をまとめました。

①英雄(Rank.10)×1枚

XENO(ゼノ)の全カード紹介:英雄(Rank.10)×1枚※効果『潜伏・転生』

効果:『潜伏・転生』
場に出すことができず、捨てさせられたら脱落する。『
皇帝』以外に脱落させられた時に『転生札』で復活する。

強さは最強ですが、捨てさせられたら脱落してしまいます。

ただし、英雄は不老不死です。皇帝以外の効果で脱落させられた時は、最初に伏せておいた『転生札』を手札にすることで復活できます。

②皇帝(Rank.9)×1枚

XENO(ゼノ)のカード紹介:皇帝(Rank.9)※効果『公開処刑』

効果:『公開処刑』
指名した相手に山札から1枚引かせて、手札を2枚とも公開させる。そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。

英雄を一発で脱落させられるのは皇帝だけ!

英雄を仕留めたいところですが、強さも「9」と高いので、使うか温存するかというジレンマがあります。

③精霊(Rank.8)×2枚

XENOのカード紹介:精霊(Rank.8)※効果『交換』

効果:『交換』
指名した相手の手札と自分の持っている手札を交換する。

「手札交換」はリスクの塊。

相手に手札がバレる上に、先に相手の手番がくるので、「兵士」などで脱落させられる可能性があります。Rankが「8」と高いので、温存しておくのが定石です。

④賢者(Rank.7)×2枚

XENOのカード:賢者(Rank.7)※効果『選択』

効果:『選択』
次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶことができる。残り2枚は山札へ戻す。

「次の手番に3枚も引ける」という効果。

英雄や皇帝という最強クラスのカードを引ける可能性があり、まだ引かれていないカードの情報も得られるので、とても有能なカードです。

⑤貴族(Rank.6)×2枚

XENOのカード:貴族(Rank.6)※効果『対決』

効果:『対決』
指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落する。見せ合う際は他のプレイヤーに見られないよう密かに見せ合う。

「数字比べをして、低い方が脱落する」という効果。

ただし、脱落した方のカードは捨て札になって公開されるので、生き残った方もカードの数字が推測されやすくなるというリスクがあります。

⑥死神(Rank.5)×2枚

カードゲーム『XENO』のカード紹介:死神(Rank.5)※効果『疫病』

効果:『疫病
指名した相手に山札から1枚引かせる。2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。

「相手にカードを1枚引かせ、ランダムに1枚捨てさせる」カード。

カードを選ぶ時は「引いたカード」がどちらか分からないようにシャッフルしてから選びましょう。

⑦乙女(Rank.4)×2枚

XENOのカード紹介:乙女(Rank.4)※効果『守護』

効果:『守護
次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。

「次の手番までどんな効果も受け付けない」という効果。XENOで唯一の防御カードです。

⑧占い師(Rank.3)×2枚

XENO(ゼノ)のカード紹介:占師(Rank.3)※効果『透視』

効果:『透視
指名した相手の手札を見る。

「相手の手札を見る」という効果。

見られたプレイヤーは、その後に「兵士」の効果で脱落させられる可能性があるので、手札の交換を迫られます。

⑨兵士(Rank.2)×2枚

XENO(ゼノ)のカード紹介:兵士(Rank.2)※効果『捜査』

効果:『捜査
指名した相手の手札を言い当てると相手は脱落する。

数字は弱小クラスですが、その効果は「相手を脱落させられる」と強力。

捨て札の情報から推測しやすくなる中盤以降に使いたいカードです。

⑩少年(Rank.1)×2枚

XENO(ゼノ)のカード紹介:少年(Rank.1)※効果『革命』

効果:『革命
1枚目の捨て札は何の効果も発動しないが、場に2枚目が出た時には皇帝と同じ効果「公開処刑」が発動する。

2枚ある少年カードのうち、1枚目が場に出た時は「効果なし」ですが、2枚目が出た時は「皇帝と同じ効果が発動する」という面白いカード。

2枚目の少年を出すプレイヤーは、1枚目を出したプレイヤーと同じでなくて大丈夫です。

2枚目の効果で「英雄」を脱落させた場合は、英雄は転生札で復活します。(英雄を一発で脱落させられるのは皇帝だけです)

【公開中】『効果一覧カード』を作りました。

カードに効果が書かれておらず、いちいちスマホで確認するのが面倒だったので、『カード効果が一目で分かる一覧カード』を作りました。

XENOの『カード効果が一目で分かる一覧カード』

上のように、カードと同じサイズで作ったので箱に入れて保管できます。手元に1枚置いておくとすぐに効果を確認できて便利です!

「使ってみたい」という方は下記からダウンロードしてください。(A4用紙1枚で4枚分を印刷できます)

XENOの『一覧カード』をダウンロードする

※このデータの内容については一切の責任を持てませんので、注意してご利用ください。無断転載、商用利用は禁止です。

XENOにぴったりの『スリーブ』

XENOは相手のカードを読み合いゲームなので、カードに傷や汚れが付くとゲームが成り立たなくなります。そのため、遊び始める前にスリーブをつけてカードを保護するのがおすすめです。

XENOのカードサイズは「58×89mm」なので、『青雲商店のぴったりスリーブ(60×92mm)』がぴったりサイズです。

XENOのカードサイズにぴったりのスリーブ

カード枚数は18枚なので、このスリーブが1セットあればOKです。

【レビュー】ZENOの総合評価

カードゲーム『XENO ゼノ』のレビュー

ほぼラブレターなので、「深い読み合いに短時間で到達できる」「後半戦の読み合いが面白い」という点はラブレターと同じ。

ラブレターのレビューは『ラブレターのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!』に詳しく書いているので、ここからはラブレターとの違いについてレビューします。

ZENO(ゼノ)を遊んだ感想

「これ運ゲーじゃん…」になりにくい

ラブレターでは序盤にいきなり脱落することがあり「これ運ゲーじゃん…」と言われることがあったのですが、XENOではその「脱落」が起こりづらいのが嬉しい!

「脱落する・させるカードが少ない」「ラブレターの大臣がいない」「ラブレターの姫に当たる英雄が脱落しづらい」などありますが、特に良かったのが「兵士の枚数が少なく貴重になっている」こと!

XENOの良いところ:兵士の枚数が少なく貴重になっているところXENOは2枚・ラブレターは5枚

兵士が2枚しかなく序盤に当てずっぽうで使うのが勿体ないので、「ゲーム開始直後にいきなり脱落させられる」ということが起こりづらいです。また、カードの種類も増えていることもあって、適当に使ってもなかなか当たりません。

「序盤から脱落させられてゲームに参加できない」という事態になりづらいので、個人的には良いアレンジだと思います。

最強クラスのカードが明確

カードゲーム『XENO』は、最強クラスのカードが明確になっている

ラブレターでは「強いカードは序盤に引くと大きなリスクにもなる」一方で、XENOでは「強いカードは序盤から引いても強力」です。誰もが手札として持っておきたい最強クラスのカードがハッキリしているので、カードの読み合いがしやすくなっている気がします。

「テキストなし」は慣れるまで大変

唯一気になるのは「カードに効果の説明がない」こと。

ルールはQRコード読み取りなので、慣れないうちはいちいちスマホでカード効果を確認しなければならず、かなり面倒…。「動画映え」でテキストレスになっているのかなと思いますが、個人的には初めての人とも安心して遊べる「テキストあり」が良かったです…。

【追記】カード効果をまとめた『一覧カード』を作りました。(記事中からダウンロードできます)

まとめ:オリラジ中田版のラブレター

ラブレターで引っかかっていた「初めて遊んだ人がいきなり脱落することでゲームの印象が悪くなる」という部分が解消されているので、個人的には良い調整が施されたラブレターだと思います。そして、「700円という安さ」「美しいイラスト」で間口の広いゲームになっています。ただ、効果を覚えるまでのハードルの高さだけがとても気になります…。テキストありが欲しい!

XENO(ゼノ)の総合評価

5段階評価

個人的評価4
簡単さ3
戦略性4
運要素4
盛り上り度3
メリット
  • いきなり脱落することが少ない
  • イラストがカッコいい
  • 700円と安い
デメリット
  • カード効果を覚えるまでが大変

▼カードゲーム『XENO(ゼノ)』

▼カードゲーム『ラブレター』

▽ラブレターのルール&レビューはこちら↓

『ラブレター』ボードゲームのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!
カードゲーム『ラブレター(Love Letter)』のルール&レビューです。このゲームは、日本のボードゲームデザイナーであるカナイセイジ氏が作った日本産のゲーム。「使うカードは16枚だけ」「数分で終わる」ので、特にボドゲ初心者におすすめです!