【amazon】ボードゲームランキングTOP100はこちら>>

『XENO(ゼノ)』中田敦彦版 心理戦カードゲームのルール&レビュー

4.0
『XENO(ゼノ)』中田敦彦版 心理戦カードゲームのルール&レビュー

XENO(ゼノ)は「18枚のカードを使い、相手の手札を読み合う」心理戦カードゲームです。

オリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さんが名作カードゲーム『ラブレター』をリメイクした作品で、2019年10月に発売しました。通常版のほかに「豪華版」も販売されています。

また、最近では中田さんが有名人(Daigo氏・ヒカル氏等)と対戦する動画も公開されて、話題になっています。

今回は、カードゲーム『XENO(ゼノ)』のルール&レビューを徹底紹介します。

XENOのカード効果が一目で分かる「カード効果一覧表」のダウンロード回数が15,000回を超えました!現在、スマホ用・印刷用(通常版・豪華版)の3種類を公開しています。
『XENOカード効果一覧表』はこちら。

▼XENO(ゼノ)通常版

ジャンル読み合い
プレイ人数2-4人
プレイ時間3-10分
対象年齢
発売時期2019年10月
ゲーム原案カナイセイジ
発売元NIRVA
価格700円

▼XENOの豪華版

▼XENO豪華版の違いを徹底紹介!!

\お友達追加お願いします/
LINEで更新情報を受け取る

当サイト『ぼくとボドゲ』の更新情報をお届けします。

XENO(ゼノ)はどんなカードゲーム?

XENO(ゼノ)のストーリー

XENO(ゼノ)のストーリーは「皇帝の圧政に苦しむ国に、不老不死の英雄が現れた」というもの。

XENO(ゼノ)のストーリー

「力で支配する者は必ず滅ぶ」という教えを説いて回る英雄と、その英雄を処刑したい皇帝との戦い。

さらに、国が変わることを願う『少年』、英雄の逮捕を命じられた『兵士』、国の未来を占う『賢者』など10人の人物が登場します。

最終的に生き残った人物の中で「最も強い力を持っている人の勝利」となります。

▽XENOの詳しいストーリーは公式サイトに載っています。

オリラジ中田敦彦版のラブレター!

オリラジのあっちゃんこと中田敦彦さんが色んなカードゲームを買い漁った中で面白いと思ったのが『ラブレター』というカードゲームだったそうです。

ラブレター|カードゲーム これが原作のラブレター

ただ、遊んでいるうちに「メルヘンチックなストーリーをカッコ良くしたい」「もうちょっと長く戦えるようにしたい」と思い、ルールをアレンジして、ラブレターの原作者であるボードゲームデザイナーの「カナイセイジさん」にお話しして、XENOが実現したそうです。

▽ラブレターのルールはこちら。

有名人との対戦動画を公開!

中田さんと有名人がXENOをプレイする対戦動画が次々と公開されています。

これまでの対戦動画一覧がこちら。

どの勝負もヒリヒリとした心理戦を繰り広げているので、この動画を見るだけでもXENOの雰囲気・読み合いの面白さを感じることができると思います!

XENO(ゼノ)の『内容物』

XENO(ゼノ)に入っているものは、以下のカードです。

XENO(ゼノ)の内容物

 

各カードの左上には『カードの強さを示す数字(Rank)』が書いてあります。

カードの強さ|XENO(ゼノ)

Rankは「1~10」まであります。

XENO(ゼノ)の『ゲーム準備』

まずは、XENO(ゼノ)のゲーム準備からです。

①全員カードを1枚引く

全員、山札からカードを1枚引きます。

カードを1枚引く|XENO

このカードが最初の手札になります。

②カードを裏向きで1枚置いておく

さらに山札からカード1枚を引いて、裏向きのまま山札の横に置きます。

カードを裏向きで1枚置く|ゼノ

このカードは「転生札」と呼びます。この転生札は、英雄カードを持っている時に使うことがあります。

XENO(ゼノ)の『ルール・遊び方』

ここからは、XENO(ゼノ)の『ルール・遊び方』を詳しく解説します。

①カードを1枚引く

最初のプレイヤーは、山札からカードを1枚引いて手札に加えます。

カードを引いて手札に加える|XENOのルール手札が2枚になる

②カードを1枚出す

2枚の手札から1枚を選んで、場に出します。

カードを1枚出す|ゼノのルール

③カード効果を実行する

場に出したカードの効果を実行します。

カードの種類によって、カード効果は様々です。詳しいカード効果については記事後半でまとめています。

カード効果を受けて脱落した人は、自分の手札を公開して、捨て札にします。

④使ったカードは「捨て札」になる

使用したカードは自分の手元に「捨て札」として並べておきます。

捨て札|カードゲーム『XENO』

上のように、出した順番が分かるように、左から順に置くようにしましょう。「どのカードをどの順で出したのか」という情報は相手の手札を推測するための材料になります。

ここまで終えたら「次のプレイヤーの番」になります。次の人も①~④を繰り返します。

⑤最後は「カードの強さ」で勝負!

山札がなくなったら「カードの強さ」で勝負です。

脱落していないプレイヤー全員が手札を公開します。カードの強さを比べて、最も数字の大きい人の勝ちです。

カードの強さを比べる|ゼノのルール

上の場合なら、最も大きい数字「10」の英雄を出した人の勝利です。

また、その他のプレイヤーが脱落して1人だけ生き残った場合、生き残った人の勝利となります。

XENO(ゼノ)の『カード効果』

XENO(ゼノ)に入っている『10種類のカード効果』をまとめました。

※【追記】貴族カードに新ルールが追加されました。

①英雄(Rank.10)×1枚

英雄カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『潜伏・転生』
場に出すことができず、捨てさせられたら脱落する。『
皇帝』以外に脱落させられた時に『転生札』で復活する。

②皇帝(Rank.9)×1枚

皇帝カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『公開処刑』
指名した相手に山札から1枚引かせて、手札を2枚とも公開させる。そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。

③精霊(Rank.8)×2枚

精霊カード|XENO

カード効果:『交換』
指名した相手の手札と自分の持っている手札を交換する。

④賢者(Rank.7)×2枚

賢者カード|XENO

カード効果:『選択』
次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶことができる。残り2枚は山札へ戻す。

⑤貴族(Rank.6)×2枚

貴族カード|XENO

1枚目の効果:『対面』
指名した相手と手札を見せ合う。
2枚目の効果:『対決』
指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落する。(見せ合う際は他のプレイヤーに見られないようにする)

⑥死神(Rank.5)×2枚

死神カード|XENO

カード効果:『疫病
指名した相手に山札から1枚引かせる。2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。

⑦乙女(Rank.4)×2枚

乙女カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『守護
次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。

⑧占い師(Rank.3)×2枚

占い師カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『透視
指名した相手の手札を見る。

⑨兵士(Rank.2)×2枚

兵士カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『捜査
指名した相手の手札を言い当てると相手は脱落する。

⑩少年(Rank.1)×2枚

少年カード|XENO(ゼノ)

カード効果:『革命
1枚目の捨て札は何の効果も発動しないが、場に2枚目が出た時には皇帝と同じ効果「公開処刑」が発動する。

【公開中】XENOの『カード効果一覧表』を作りました!

XENOのカードにはテキストが一切なく、説明書もないので、QRコードから公式サイトに飛んでスクロールしながらカード効果を確認するのが面倒でした…。

そのため、印刷して使える『XENOのカード効果一覧表(PDF)』を作りました!

カード効果一覧|XENO

この一覧表が手元に1枚あると、すぐに効果を確認できて便利です!通常版サイズのカードサイズと同じ大きさにしてあるので、箱に入れて保管できます。

また、プリンターをお持ちでない方向けに、『スマホ用のXENOカード効果一覧表』も作成しています。

スマホ用のカード効果一覧表|XENO(ゼノ)

スクロールなしで効果を確認できるので、公式サイトよりも見やすいと思います。

XENOのカード効果一覧表は下記の記事からダウンロードできるので、XENOを買ったばかりの方やカード効果を覚えていない方はぜひチェックしてみてください!

装飾が豪華になった『XENO豪華版』

今回のルール紹介では『XENO 通常版』を使いましたが、実は『XENO 豪華版』もあります!

XENO(ゼノ)豪華版

XENO豪華版では、ケースやカードの装飾が豪華になっていて、オシャレ感が増しています!

下記の記事で、『XENO通常版と豪華版の5つの違いを徹底比較』しているので、豪華版が気になる方はぜひチェックしてみてください。

▼XENO(ゼノ)豪華版

XENO(ゼノ)にぴったりの『スリーブ』

XENOは相手のカードを読み合いゲームなので、カードに傷や汚れが付くとゲームが成り立たなくなります。そのため、遊び始める前にスリーブをつけてカードを保護するのがおすすめです。

XENO通常版のカードサイズは「58×89mm」なので、『青雲商店のぴったりスリーブ(60×92mm)』がぴったりサイズです。

スリーブ|XENO

カード枚数は22枚なので、このスリーブが1セットあればOKです。

※下記の記事で『XENO通常版のカードサイズに合うスリーブ3種類』をまとめているので、スリーブを検討している方はチェックしてみてください。

【レビュー】ZENO(ゼノ)の総合評価

XENO(ゼノ)のプレイ画像

XENOの基本的な部分は人気カードゲーム『ラブレター』なので、「深い読み合いに短時間で到達できる」「後半戦の読み合いが面白い」という点は同じです。

ラブレターのレビューは『ラブレターのルール&レビュー:恋文を託して姫に届けよう!』に詳しく書いているので、ここからはラブレターとの違いについてレビューします。

ZENO(ゼノ)を遊んだ感想

「これ運ゲーじゃん…」になりにくい

ラブレターでは序盤にいきなり脱落することがあり「これ運ゲーじゃん…」と言われることがあったのですが、XENOではその「脱落」が起こりづらいのが嬉しい!

「脱落する・させるカードが少ない」「ラブレターの大臣がいない」「ラブレターの姫に当たる英雄が脱落しづらい」などありますが、特に良かったのが「兵士の枚数が少なく貴重になっている」こと!

XENO・ラブレターの兵士カードの枚数XENOは2枚・ラブレターは5枚

兵士が2枚しかなく序盤に当てずっぽうで使うのが勿体ないので、「ゲーム開始直後にいきなり脱落させられる」ということが起こりづらいです。また、カードの種類も増えていることもあって、適当に使ってもなかなか当たりません。

「序盤から脱落させられてゲームに参加できない」という事態になりづらいので、個人的には良いアレンジだと思います。

最強クラスのカードが明確

最強クラスのカード|XENO

ラブレターでは「強いカードは序盤に引くと大きなリスクにもなる」一方で、XENOでは「強いカードは序盤から引いても強力」です。誰もが手札として持っておきたい最強クラスのカードがハッキリしているので、カードの読み合いがしやすくなっている気がします。

「テキストなし」は慣れるまで大変

テキストがない|XENO(ゼノ)

唯一気になるのは「カードに効果の説明がない」こと。

ルールはQRコード読み取りなので、慣れないうちはいちいちスマホでカード効果を確認しなければならず、かなり面倒…。「動画映え」でテキストレスになっているのかなと思いますが、個人的には初めての人とも安心して遊べる「テキストあり」が良かったです…。

まとめ:オリラジ中田版のラブレター

ラブレターで引っかかっていた「初めて遊んだ人がいきなり脱落することでゲームの印象が悪くなる」という部分が解消されているので、個人的には良い調整が施されたラブレターだと思います。

そして、「700円という安さ」「美しいイラスト」で間口の広いゲームになっています。ただ、効果を覚えるまでのハードルの高さだけがとても気になります…。テキストありが欲しい!

ボードゲームの総合評価

5段階評価

個人的評価4.0
簡単さ3.0
戦略性4.0
運要素4.0
盛り上り度3.0
メリット
  • いきなり脱落することが少ない
  • イラストがカッコいい
  • 700円と安い
デメリット
  • カード効果を覚えるまでが大変

▼カードゲーム『XENO(ゼノ)』

▼カードゲーム『XENO 豪華版』

▽『XENO豪華版』を徹底比較

▽XENOの『カード効果一覧表』を公開中!

▽XENOにぴったりのスリーブを紹介!

おすすめのカードゲームも紹介中!

XENOの他にも、世の中には面白いカードゲームがたくさんあります。

下記の記事で『おすすめのカードゲームランキング』を紹介しているので、XENOを見て面白そうと思った方はぜひこちらもチェックしてみてください!