『クリスマスプレゼント』におすすめのゲームはこちら>>

【数字当てゲームのおすすめ5選】脳ミソフル回転の数字推理ゲーム

【数字当てゲームのおすすめ5選】脳ミソフル回転の数字推理ゲーム

今回は、『数字当てゲームのおすすめ5選』を紹介します。

数字当てゲームはかなり頭を使うのでプレイ時間のわりに脳が疲れますが、どのゲームも「あともう一手だったのに…」と僅差で勝敗が決まることがほとんどなので、ついついもう1戦遊んでしまう中毒性があります!

数字当てゲームのおすすめ5選

『数字当てゲームのおすすめ5選』を紹介します。

①タギロン

タギロン|数字当てゲーム

プレイ人数2~4人
プレイ時間15分
対処年齢10歳~

タギロンは、お互いに数字タイルを隠し持ち、質問カードを使って先に相手の「数字」と「色」を順番通りに当てた人の勝ちという数字当てボードゲームです。

数字と色を当てるボードゲーム|タギロン

タギロンの一番の特徴は「質問カード」の存在です。場にある6枚の質問カードから1枚を選んで「7はどこ?」「青の数字タイルは何枚ある?」などの質問をして、その返答をメモ用紙に書き込んで相手の数字を絞り込んでいきます。

タギロンの質問カード

質問は必ず場の6枚のカードから選ばなければならないので、「相手に聞きたい質問カードがない…」ということもよくあります。このランダム性により定石通りには質問できないので、毎回違った展開になるのが良いところです!

「答えが分かった時のスッキリ感」と「接戦でギリギリ負けた時の悔しさ」で、何度も遊び続けてしまう中毒性があります!足し算・引き算・偶数・奇数が分かれば子供でもすぐに遊べるので、ファミリーにもおすすめのボードゲームです。

関連『タギロン』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『タギロン』隠された数字5つを当てる推理ゲーム
数字当てボードゲーム『タギロン(TAGIRON)』のルール&レビューを紹介しています。オリジナル版の『たぎる論理』をリニューアルしたのが本作で、元々2人用ルールだったゲームに「3人・4人用ルール」が追加されました。

②ドメモ

ドメモ|数字当てゲーム width=

プレイ人数2~5人
プレイ時間15分
対処年齢6歳~

ドメモは、他のプレイヤーの数字は見えるけど、自分の数字だけ見えないというのが特徴の数字当てボードゲームです。

ドメモ 例

上の写真の通り、各プレイヤーは1~7までのタイルをランダムに引きますが、自分のタイルが見えないように背を向けて立てなければなりません。自分の数字を予想して「5!」などと数字1つを宣言し、合っていればその数字タイルを倒すことができます。先に自分のタイル全てを倒した人の勝利となります。

他のプレイヤーの見えている数字やみんなの発言から予想したり、時には周囲を惑わすような答えを言って心理戦をしかけることもできます。使うのは1~7の数字タイルだけなので、誰でもすぐに楽しめる数字当てゲームです。

関連『ドメモ』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ドメモ(Domemo)』見えない数字を推理するゲーム
ドメモ(Domemo)は、見えない自分の数字を読み当てる推理系のボードゲームです。遊び方はとてもシンプルですが、相手を騙すための動きをしたり、相手の思惑を読んだりと、奥深い心理戦を楽しめます! 僕はドメモを購入した当初、なんとなく「子...

③ヨメン YOMEN

ヨメン|数字当てゲーム

プレイ人数2人
プレイ時間15分
対処年齢8歳~

ヨメン(YOMEN)は、ついたてで隠されたブロック配置を推理するという2人用ボードゲームです。数字当てではありませんが、先ほど紹介したタギロンと同じ作者さんの作品で、推理する感覚が数字当てに近かったのでこちらも紹介します。

ヨメンではお互いに3個のブロックをついたてで隠しながら好きなように配置します。「真上や側面から何が見えるか?」という質問を繰り返して相手の配置を推理していき、先に当てたほうが勝ちです。

立体配置を推理するボードゲーム|ヨメン

ヨメンの醍醐味はもちろん推理パートですが、それ以前に面白いのが「難しそうな答えを組み立てる」ところです。ブロックをできるだけ下段に集めたり、左側に寄せてみたり、ブロックとブロックを離してみたりと、どう配置したら相手が当てづらいのかを考えている時間がすごく楽しいです!

推理パートでは、相手の情報を引き出しつつ、自分の情報をださないように質問するのが重要になります。また、お互いに推理ブロックが見えているので、相手の推理の進行状況をリアルタイムで見れるというスタイルも新鮮でした。1ゲーム10分くらいで終わるので、2人で気軽に遊べるシンプルな推理ゲームです。

関連『ヨメン』のルール&レビュー

【ボドゲ紹介】『ヨメン(YOMEN)』立体配置を推理する2人用ゲーム
ヨメン(YOMEN)は、相手の隠された立体配置を当てるという2人専用の推理ゲームです。2020年9月24日に幻冬舎から発売しました。 今回は、推理ボードゲーム『ヨメン(YOMEN)』のルール&レビューを紹介します。 ...

④アルゴ

アルゴ|数字当てゲーム

プレイ人数1~4人
プレイ時間-分
対処年齢6歳~

アルゴは、相手の前に伏せてある白・黒の数字カードを当てるボードゲームです。算数オリンピック委員会・東大の学生・著名な数学者らが共同で開発しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanae Agarwalla(@hanae_agarwalla)がシェアした投稿

基本的には交互に相手の数字を宣言するオーソドックスな数字当てですが、特徴的なのが、相手の数字を当てると「続けて当てにいくか・自分の伏せカードを増やすか」が選べるところ。人によって攻撃タイプの人もいれば防御タイプの人もいて、相手の性格が表れます。最後に、連続当てをして大逆転できた時は爽快です!

論理的思考力や記憶力だけでなく、カードの引き運も関わってくるので、子供でも大人に勝てます。ルールがすごくシンプルなので、誰でもすぐに遊べる数字当てゲームの傑作です!

⑤ヌメロン(Numer0n)

ヌメロン|数字当てゲーム

プレイ人数2人
プレイ時間-分
対処年齢12歳

Numer0n(ヌメロン)相手が作った3桁の数字を当てるという数字当てゲームで、フジテレビ系列の深夜番組で遊ばれていた人気ゲームです。

先手は相手の3桁の数字を予想して宣言し、宣言された側は「EAT・BITE」という言葉を使ってどの程度合っているかを発表します。この宣言を繰り返して、先に3桁の数字をぴったり当てた人の勝ちとなります。

このゲームの一番の特徴は「アイテムカード」の存在です。ゲーム開始時に3つのアイテムを選び、そのアイテムをうまく使うことで自分が正解に近づく・相手を正解から遠ざけることができます。うまく使うと一気に優勢になるので、どのアイテムをいつ使うかという悩ましさがあります。

▼ヌメロンの遊び方(公式)▼

【まとめ】数字当てゲーム一覧

今回紹介した『数字当てゲーム』を一覧にしてまとめました。

▼ 数字当てゲーム5選 ▼

画像タイトル対象年齢
タギロンタギロン10歳~
ドメモドメモ6歳~
ヨメン YOMENヨメン8歳~
アルゴアルゴ6歳~
ヌメロンヌメロン12歳~

【最後に】数字当てゲームで頭脳戦を楽しもう!

】数字当てゲームで頭脳戦を楽しもう

以上が、『数字当てゲームのおすすめ5選』の紹介でした。

数字当てゲームは、論理的思考力・駆け引き・記憶力など頭をフルに使うゲームジャンルなので、脳トレや子供の知育ゲームとしてもおすすめです。

どのゲームか迷っている方は、2人で遊ぶなら『タギロン』『ヨメン』『ヌメロン』、4人で遊ぶなら『ドメモ』『アルゴ』がおすすめです!

こちらのボードゲームもおすすめ!

『推理系』のおすすめボードゲーム

数字当てゲームのように、じっくり頭を使う『推理系ボードゲームのおすすめ作品』をタイプ別に紹介しています。

【タイプ別】推理系ボードゲーム11選(数字当て・脱出・謎解きなど)
今回は、『推理系ボードゲームのおすすめ11選』を4タイプ(本格・数字当て・脱出・謎解き)に分けて紹介します。 「じっくり頭を使うゲームで遊びたい!」「謎解きに挑戦したい!」という方は、ぜひ遊んでみてください! ▼ボドゲブ...

『アブストラクト系』のおすすめボードゲーム

また、運要素が一切ないバチバチの頭脳戦を楽しみたい方は、『アブストラクト系ボードゲームのおすすめ作品』の記事をチェックしてみてください。(アブストラクトゲームとは、オセロや囲碁のような運要素がなく、全ての情報が公開されているゲームのことです)

【運要素なし】『アブストラクト系ボードゲーム』のおすすめ11選
今回は、バチバチの頭脳戦が楽しめる『アブストラクト系ボードゲームのおすすめ11選』を徹底紹介します。 アブストラクトゲームとは簡単に言うと、オセロや囲碁のような「運要素がなく、全ての情報が公開されている」ゲームのことで、戦略・先読みが...

『2人』で遊べるおすすめボードゲーム

数字当てゲームは2人で遊べるものが多いですが、今回紹介したほかにも2人で遊べるボードゲームはたくさんあります。下記の記事で『2人で遊べるおすすめボードゲーム』を紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

【プレイ時間別】2人でできるゲームのおすすめ28選
奥さんと何度も2人で遊べるボードゲームをプレイした経験から『2人でできるゲームのおすすめ』を紹介しています。プレイ時間別に「定番ゲーム・心理戦・戦略系・協力系」まで幅広くまとめています。