Amazonの『ボードゲームランキングTOP100』はこちら>>

【ボドゲニュース】『ネモの戦い~海底二万マイルを超えて~』小説ベースのソロプレイボードゲーム

【ボドゲニュース】『ネモの戦い~海底二万マイルを超えて~』小説ベースのソロプレイボードゲーム

海外でソロプレイの評価が高い『ネモの戦い~海底二万マイルを超えて~』が2021年3月11日に発売します。

▼ネモの戦い

商品名ネモの戦い~海底2万マイルを超えて~
プレイ人数1~4人
プレイ時間90分
対象年齢14歳~
発売時期2017年
デザイナーChris Taylor
版元Victory Point Games
日本語版販売アークライト
価格¥8,800(税込)
スポンサーリンク

ネモの戦いはどんなボードゲーム?

ネモの戦い~海底二万里を超えて~は、水中探検と戦闘がテーマのソロプレイ向きボードゲームです。

プレイヤーが潜水艦ノーチラス号のネモ船長となり、海を探索し、あらゆる国の船と戦い、神秘的な宝物を見つけるなどして、世界中を旅していきます。

※引用:BoardGameGeek

 

ネモの戦いはもともと2009年にVictory Point Gamesから発売されていました。当時からソロゲームとしての評価は高かったようですが、ただ、見た目が少しパッとせず…

▼ネモの戦い 第一版

ネモの戦い(第一版)※引用:BoardGameGeek

そこで、2017年にイアン・オトゥール(Ian O’Toole)氏の美しいアートでデザインが一新された第二版が誕生しました。

これを機に、広く認知されるようになって世界最大のボードゲームサイトであるBoardGameGeekの賞の1つ「ゴールデンギークベストソロボードゲーム2017」にノミネートされました。

海外ではソロプレイゲームとして非常に評価が高いですが、ソロプレイ以外にも、2~4人で遊べる「協力型」と「半協力型」のルールも収録されています。

小説がベースになっている

とても興味深いのは、ジュール・ヴェルヌの古典小説『海底二万マイル(海底2万里)』の世界が舞台になっていることです。

海底2万里は、ネモ船長という謎の人物が極秘裏に建造した新鋭潜水艦「ノーチラス号」の冒険譚です。

その魅惑的な冒険譚のファンも多く、日本では様々な出版社から数多くの日本語訳が発売されています。また、アニメでも『不思議の海のナディア(エヴァンゲリヲンの庵野監督の作品)は海底二万里を原案にしたとされています。このように、海底二万里は日本にも浸透している物語です。

ネモの戦いの『拡張パック』

ネモの戦い~海底二万里を超えて~には、いくつかの拡張パックがあります。

ネモの戦いの拡張パック

  • 【1弾】Nautilus Upgrades Expansion
  • 【2弾】Bold and Caring Expansion
  • 【3弾】Dramatis Personae Expansion
  • 【最終】Journey’s End Expansion

ネモの戦いをさらに楽しめるようになるアップグレードカードやトークンなどが含まれています。

今のところ、日本での発売予定はありません。

ネモの戦いに合う『スリーブ』

ネモの戦いのカードサイズとカード枚数は「89㎜×63.5㎜・81枚」です。

このカードサイズには、『ホビーベース TCGサイズスリーブ・ハード』がおすすめです。50枚入りなので、2袋あれば全てのカードを収納できます。

【最後に】ネモの戦いの発売日は3月11日

以上が、ネモの戦い~海底二万里を超えて~の紹介でした。

ネモの戦いは、アークライトから2021年3月11日に発売予定です。

▼ネモの戦い