パワーワード人狼:言葉をねじ込め!爆笑必至の人狼系アプリゲーム

パワーワード人狼

『パワーワード人狼』というゲームがめちゃめちゃ面白い!

最近、パワーワード人狼というゲームが無料アプリになりました!もともとはゲームマーケット2017秋でカードゲームとして発売されていましたが、それが好評だったため、今回無料アプリとなったようです。

このパワーワード人狼アプリの開発元は、あの有名な『ワードウルフ』アプリを作った会社です。

ワードウルフやワンナイト人狼が好きな方は、絶対にハマるゲームだと思います!

今回の記事では、『パワーワード人狼』のルールを分かりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

パワーワード人狼とは?

パワーワード人狼は、会話中にパワーワードを発言する『人狼』を見つけ出すゲームです。

パワーワード人狼は、青チーム・赤チームに分かれて遊ぶ

赤チーム・青チームにチーム分けをして、それぞれのチームに1人の『人狼』が隠れています。その他のチームメンバーは『狂人』と呼びます。

『人狼』は、トーク中に必ず1回は与えられたパワーワードを発言しなければなりません。同じチームの『狂人』は、会話をする中で人狼がパワーワードを発言しやすいように話しの流れを作ったり、人狼のパワーワードが目立たないように自分が目立つ発言をするなど人狼のパワーワードをカモフラージュしたりします。

会話が終わった後、『敵チームの人狼』と思う人に投票をします。一番多くの票が集まった人を確認して、その「最多票の人が相手チームの人狼」なら勝利となります。

また、パワーワード人狼では、『人狼』『狂人』以外に『目立ちたがり』という役職があります。『目立ちたがり』は、チームに属さない単独勢力です。この役職の勝利条件は、「投票時に最多票を獲得する」と勝利となります。そのため、会話の所々にパワーワードを発言して、周囲に自分が人狼だと思い込ませましょう。

そもそもパワーワードとは?

パワーワードは、「力のある言葉」「インパクトのある言葉」のことです。

一例として、アプリ内に収録されているパワーワードを紹介します。

◆パワーワードの例
・お前はもう死んでいる
・少年よ、大志を抱け
・シルクロード
・今会えるアイドル
・二時間ドラマの女王
・分かっちゃいるけど、やめられない
・小さな巨人
・パプアニューギニア
・生類憐みの令

なかなか日常会話では出てこない言葉ばかりですね。笑

これらのパワーワードをフリートークの中で発言しなくてはならないので、仲間と協力して会話の流れをうまく作り上げることが重要です。

パワーワード人狼のルール・遊び方

ゲームの流れ

  1. 『チームの確認』と『役職の確認』
  2. 作戦タイム
  3. トークタイム
  4. 投票

という流れでゲームが進みます。

①『チームの確認』と『役職の確認』

まず初めに、『チームの確認』『役職の確認』を行います。

パワーワード人狼では、『赤チーム』『青チーム』『目立ちたがり(1人)』という3チームに分かれます。※プレイ人数が偶数の場合は、赤チームと青チームの2チームになります。

赤チームと青チームにはそれぞれ、パワーワードを言わなければいけない『人狼』が1人ずついます。チーム内で人狼以外の人は、すべて『狂人』となります。

アプリでは、上の画像のように、「チーム」と「役職」と「パワーワード(人狼の場合)」が表示されるので、他のプレイヤーに見られないように確認します。

パワーワード人狼で登場する役職『人狼』『狂人』『目立ちたがり』について紹介します。

人狼

パワーワード人狼の人狼役について

各チームに『人狼』は1人だけです。
人狼役になった人は、与えられた『パワーワード』と『同じチームメンバー』を確認できます。
トークが始まったら、必ず与えられた『パワーワード』を発言しなければなりません。

狂人

パワーワード人狼の役職『狂人』について

人狼以外のチームメンバーは、全員『狂人』です。
狂人は、同じチームの人狼を助ける役です。人狼がパワーワードを発言しやすいように会話の流れを作ったり、同じチームの人狼がバレないようにうまくサポートしていきます。

狂人は、『同じチームの仲間』を確認できますが、パワーワードを知ることができません。

目立ちたがり

パワーワード人狼の役職『目立ちたがり』について

投票で自分が最多票になるように、立ち振る舞います。

単独勢力なので、仲間はいません。

②作戦タイム

まず、全員が目を閉じます。

そして、赤チームだけが目をあけます。

あらかじめ決めていた作戦タイム内(例:15秒)で、作戦会議を行います。

ただ、作戦タイムには以下のルールがあります。

◆作戦タイムのルール
・声や音を出していけない
・ジェスチャーや口パクでパワーワードや作戦を伝える
作戦タイムが終われば、赤チームは目を閉じます。

同じように、次は青チームが目を開けて、作戦タイムを行います。

ちなみに、作戦タイム中『目立ちたがり』は目を閉じたままです。

③トークタイム

決められた時間内で、自由にフリートークをします。

最初だけトークテーマが与えられます。
例えば、『映画館の思い出』というようなテーマです。初めはそのお題についてトークしますが、途中から話題を変えていって大丈夫です。

人狼はこのトークタイム中に『パワーワード』を発言しなければなりません。パワーワードを言う時は必ずみんなに聞こえる声の大きさで発言します。もし発言しなかった場合は、強制的に負けとなってしまいます。

狂人は、人狼が自然にパワーワードを言っても違和感がないように、話しの流れをうまく誘導しましょう。

目立ちたがりは、自分に投票されるために、人狼と思われるような発言をしていきましょう。

④投票

敵チームの人狼だと思う人に向かって、「せーの」で指差し投票をします。

票数が最も多い人を確認します。

下に、勝敗の付け方をまとめます。

  • 『目立ちたがり』が最多票だった場合は、目立ちたがりの勝利。
  • 『赤チームの人狼』が最多票だった場合は、青チームの勝利。
  • 『青チームの人狼』が最多票だった場合は、赤チームの勝利。
  • 『狂人』が最多票だった場合は、引き分け。

※ただし、人狼がパワーワードを言えなかった場合、その人狼がいるチームは無条件に負けとなります。

パワーワード人狼のアプリ

パワーワード人狼の無料アプリはこちらからインストールできます。

まとめ:パワーワード人狼

以上が、パワーワード人狼のルール説明でした。

トーク中は、無理やり話題を方向転換させたり、唐突にパワーワードを捻じ込んでみたり、とにかくハチャメチャな会話になって笑えます。

慣れてくると、パワーワードが飛び交います。人狼だけでなく、狂人も人狼の発言をカモフラージュするためにパワーワードを発して、目立ちたがりも人狼と思われたいのでパワーワードを発言するようになるので、パワーワードの応酬になります。収拾がつかなくなってしまいますが、それはそれで盛り上がって面白いです!

難点を挙げるとすると、人狼役がパワーワードを知らない場合が少し辛いですよね。ただ、みんなが知っているような一般的な言葉に近づくと、パワーワードではなくなってしまうので難しいところですが…

あと、アプリ内のパワーワードがまだ少ないようで、同じパワーワードが出てくることがあるので、今後のアップデートに期待です!

パワーワード人狼が好きな方におすすめのゲーム

パワーワード人狼が好きな方は、こちらのゲームもおすすめです!

ワンナイト人狼

パワーワード人狼に興味がある方で、まだ『ワンナイト人狼』を遊んだことがないという方はぜひ遊んでみてください。

ワンナイト人狼は、パワーワード人狼のように『人狼役』が正体を隠して、心理戦や駆け引きを楽しむゲームです。パワーワード人狼よりも、より深い読み合いが必要で、真剣な言葉の駆け引きができます。

ワンナイト人狼シリーズは下の記事で紹介しているので、興味がある方は見てみてください。

 ワードウルフ

無料アプリ『ワードウルフ決定版』

ワードウルフは、今回紹介した『パワーワード人狼』を開発した会社が出しているアプリで、ゲーム感はパワーワード人狼にとても近いです。

ワードウルフを知らない方は、こちらの記事で紹介しています。
ワードウルフ|1人だけお題が違う!?洞察力と嘘で乗り切ろう

 正体隠匿ゲーム

これまで紹介した『パワーワード人狼』や『ワンナイト人狼』のゲームジャンルは、自分の役職を相手に隠す『正体隠匿ゲーム』という種類になります。

こういった、正体を隠して駆け引きしたり、相手を騙す心理戦が好きな方は、正体隠匿系ゲームのカテゴリーで紹介しているので、気になるゲームがあれば遊んでみてください。

パワーワード人狼は軽めのゲームなので、物足りなくなってもう少し本気で遊びたくなった方におすすめです。
正体隠匿系ボードゲームはこちら

スポンサーリンク