メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

【ダイソーのボドゲ紹介】『変顔マッチ』表情でお題を表現するゲーム

【ダイソーのボドゲ紹介】『変顔マッチ』表情でお題を表現するゲーム
  • URLをコピーしました!

今回は、100均のダイソー(DAISO)で買ったボードゲーム『変顔マッチ』を紹介します。

いま我が家の4歳児たちに大ヒットのゲームで、毎晩のように変顔をして遊んでいます。小さい子供ウケ抜群のボードゲームです!

商品名変顔マッチ
プレイ人数2~10人
プレイ時間5~20分
対象年齢6歳~
ジャンル表現
発売時期2019年
デザイナー米光一成
販売大創出版
価格110円(税込み)
目次

変顔マッチはどんなゲーム?

変顔マッチは、みんなの変顔を見て、どのお題カードを表現しているのかを当てるボードゲームです。

みんなの変顔を見てお題を当てるゲーム|変顔マッチ

親以外のプレイヤーたちがお題の変顔をして、親プレイヤーはその変顔を見てお題を当てます。見事当てたら、親プレイヤーと上手に表現できた人に得点が入ります。

米光一成氏が制作したダイソーで買えるボードゲーム

変顔マッチ

変顔マッチは、『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』などを開発・制作されている米光一成さんがゲームマーケット2019秋で発表した作品です。

米光一成さんのnoteによると、先日紹介した『オストル(Ostle)』の制作者でもあり、ダイソーのボードゲーム監修をされている深瀬さんからお話があって、ダイソーの100均ボードゲームに加わったそうです。

関連はぁって言うゲームのレビュー

関連オストル(Ostle)のレビュー

変顔マッチの公式動画

変顔マッチの遊び方がすぐに分かる公式動画がこちら。

変顔マッチの『内容物』

変顔マッチには、オレンジのカード18枚(場に並べる用)と青のカード18枚(お題用)があります。

内容物|変顔マッチ

オレンジカードと青カードの内容は全て同じです。

変顔マッチの『ルール』

ここからは、変顔マッチのルール・遊び方を紹介します。

①オレンジカードを場に並べる

まずは、オレンジ色のカードをみんなが見えるように並べます。

オレンジ色のカードを場に並べる|変顔マッチ

②親はお題カードを見ないようにおでこに当てる

そして、最初の親プレイヤーは山札からカード1枚を引いて、表面を見ないようにおでこに当てます。

山札から1枚引く|変顔マッチ
カードをおでこに当てる|変顔マッチ

このおでこに当てているカード今回のお題です。

③他のプレイヤーはお題カードと同じ変顔をする

その他のプレイヤーは、親がおでこに当てているお題カードと同じような変顔をします。

お題カードと同じ変顔をする|変顔マッチ

④お題カードを当てる

親はみんなの変顔を見て、場にあるカードからお題のカードを当てます。

お題カードを当てる|変顔マッチ

当たっていたら、親はおでこに当てていたお題カードを獲得します。そして、場のオレンジのカードは「最もお題にぴったりの変顔をした人」に渡します。これが得点になります。(間違っていたら、誰もカードを獲得できません)

終わったら、次のプレイヤーが親になって、同じことを繰り返します。

規定の回数終わった段階で、カードを一番たくさん持っていた人の勝利です!

変顔マッチの『レビュー』

最後は、変顔マッチのボードゲームレビューです。

変顔マッチ|ボードゲーム

変顔は小さい子供にはドストライクなゲームです!口を尖らせたり、目を寄せたりするだけで我が家の4歳児たちは大爆笑でした。また、親としては、子供たちが一生懸命鼻を伸ばしたり、口を尖らせたりしている姿を見ると、ついつい写真を撮りたくなってしまいます。小さい子供と遊ぶのにぴったりのファミリーゲームだと思います。

実際に遊んでみて一番難しかったのが、この変顔カード。

当てるのが難しかったカード|変顔マッチ

3回やって3回とも当てられませんでした。みんながこの変顔を表現すると、親は必ず怒った顔を取ってしまいます…次こそはうまく伝えたいです…笑

子供たちが「もう1回!」というので連続で3回プレイしましたが、大人は変顔がワンパターンなので、前回と同じカードが出たらすぐに分かってしまいます…「この顔はさっき見たな。このカードでしょ」みたいな。この点は、はぁって言うゲームみたいに第2弾・第3弾が出てお題カードが増えたら大人が連続プレイしても楽しめるようになると思うので、個人的には拡張版がすごく欲しいゲームです!

一方で、我が家の4歳児たちは試行錯誤しながら色んな表情をしていたので、大人が抜けた後も、子供たち2人で当てあいっこして永遠に遊んでいました。子供たちがめちゃくちゃ気に入っているので、しばらく我が家の定番ボードゲームになりそうです!

関連記事

▼ダイソーボードゲーム『オストル』

あわせて読みたい
【ダイソーのボドゲ紹介】『オストル』押して落として取る2人用頭脳戦ゲーム 今回は、100均のダイソー(DAISO)で買ったボードゲーム『オストル(Ostle)』を紹介します。 相手のコマを押して取る、シンプルな2人用ボードゲームです。 商品名オス...

▼米光一成さんが作った『はぁって言うゲーム』

あわせて読みたい
【ボドゲ紹介】『はぁって言うゲーム』短い言葉でお題を表現するゲーム はぁって言うゲームは、「はぁ」などの短い言葉でお題を表現して当ててもらうカードゲームです。ゲームデザイナーは、「ぷよぷよ」の開発者で知られる米光一成氏。 僕が...

▼幼児向け(3~4歳)のおすすめボードゲーム

あわせて読みたい
我が家で人気の『幼児向けゲーム』のおすすめ17選 幼児が遊べるゲームってあるの? と思った方! 世界には幼児から遊べるゲームがたくさんあります。実際に我が家でも、双子が3歳の時から毎晩のように一緒にボードゲーム...

▼子供向け(5~10歳)のおすすめボードゲーム

あわせて読みたい
子供におすすめの人気ボードゲーム35選(未就学児~小学生まで) 子供が遊ぶゲームというと、テレビゲームやスマホゲームを想像する方が多いと思いますが、コミュニケーション力や考える力を養えるボードゲームもおすすめです。今では...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次