Amazonの『ボードゲームランキングTOP100』はこちら>>

【拡張10弾】『ディクシット:ミラーズ』子供向け絵本のような雰囲気!

【拡張10弾】『ディクシット:ミラーズ』子供向け絵本のような雰囲気!

今回は、Dixitの拡張第10弾『ディクシット:ミラーズ』を紹介します。

ディクシット:ミラーズは、ホビージャパンから2021年1月31日に発売します。

スポンサーリンク

ディクシットとは

ディクシットは、抽象的なイラストを「言葉・歌・踊り・ジェスチャー」などで自由に表現して、自分のカードを当ててもらうというボードゲームです。

下の画像のように、手番のプレイヤーはカードを自由に表現して、他のプレイヤーに複数のカードの中から自分のカードを当ててもらいます。

イラストを自由に表現して当ててもらう|ディクシット

他のプレイヤーに当ててもらうと言いましたが、実は「全員に当てられてはダメ」という絶妙なルールがあります。そのため、「ズバリこれ!!」というバレバレの表現ができません。

何人かにだけ伝わるように具体的すぎず抽象的すぎない”ちょうどいい具合”の表現をするのがこのゲームの肝です。

関連ディクシットのルール&レビュー

ディクシット:ミラーズの『イラスト』

ディクシット:ミラーズは、ディクシットシリーズの拡張第10弾です。

イラストレーターは、フランスで活躍するセバスチャン・テレスキ(Sébastien Telleschi)氏。消防士として働いた後、パリで独学でイラストを学んだ人物です。代表作は『A la recherche de la carotte bleue(青いニンジンを求めて)』という子供向けの本で、現在10か国で翻訳されています。

実際にディクシット:ミラーズは、子供向け絵本のようなほんわかした感じのイラストで、小さな子供が多く描かれています。

ディクシット:ミラーズのイラスト

ディクシット:ミラーズのカード

全カード|ディクシット:ミラーズ※画像はLibelludの公式サイトより

明るいイラストだけでなく、ダーク(怪しい?)なイラストもあって、明暗のバランスも良い感じです。

絵柄は違いますが、なんとなくやわらかい雰囲気が『ディクシット:オデッセイ』に近いものを感じて、シンプル&レトロだった初期のディクシット路線に戻ったような印象です。

ディクシット:ミラーズは2021年1月31日発売

以上が、『ディクシット:ミラーズ』の紹介でした。

やさしい&レトロな雰囲気があって、個人的にはかなり好きな絵柄です。うちの奥さんのお気に入りゲームなので、届いたら近いうちに遊んでみようと思います!

他の拡張シリーズのイラストも見たいという方は『ディクシット全拡張のイラスト&おすすめ度』をチェックしてみてください。イラストの雰囲気が分かりやすいようにまとめています。

ディクシット:ミラーズは、2021年1月31日に発売です。

ディクシットの関連記事はこちら。

ディクシットのルール&レビュー

『ディクシット Dixit』イラスト表現ボードゲームのルール&レビュー
『ディクシット(Dixit)』はラテン語で「彼は言いました」という意味で、そのタイトルの通り「抽象的なイラストを言葉で表現する」ボードゲームです。 2008年にフランスで発売し、2010年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。日本語...

ディクシット全拡張のイラスト&おすすめ度

ディクシット(Dixit)拡張9種類の『おすすめ度』と『選び方』を徹底紹介
ディクシットは拡張の種類が多すぎて選べない… という人に向けて、9種類ある拡張の「個人的おすすめ度」や「絵柄の特徴」を紹介します。 また、各拡張のイラストも載せているので、自分の好みの絵柄を探してみてください。 ▼ディクシ...