拡張版『宝石の煌き:都市』で加わった新しい4つのルールが面白そう!

「宝石の煌き:都市」

宝石の煌きの拡張版『宝石の煌き都市(Cities of Splendor)』が9月下旬に発売されます!

もうすぐですね!宝石商の絵が女性に変わってます!

僕は、今年ずっと気になっていた『宝石の煌き』を購入して以来、ドハマりして、友達や家族と何回も遊んでいました!

そんな僕からすると、この『宝石の煌き:都市』は待ち望んでいた拡張です!

もちろん、アマゾンでも予約済みです!

ただ、それでも発売まで待ちきれないので、海外のサイトなどを参考にルールまとめてみました!

<宝石の煌き:都市 情報>
 ジャンル   拡大再生産
プレイ時間 30分
プレイ人数 2-4人

スポンサーリンク

宝石の煌きの拡張版『都市』の目玉は…

「宝石の煌き:都市」の目玉は4つの拡張ルール
(引用 https://www.asmodee.us/en/news/2017/6/12/cities-of-splendor/)

『宝石の煌き:都市』の目玉は、なんと言っても新たな4つの拡張システムです!

これらの4つの新ルールは、全て適用してもいいし、一部だけ適用してもOKのようです!

拡張ルール①:『都市タイル』の追加

宝石の煌き:都市|都市タイル
(引用 https://www.asmodee.us/en/news/2017/6/12/cities-of-splendor/)

ブルージュ、リヨン、セビリア、リスボン、フィレンツェ、ピサ、ヴェネツィアという7つの『都市タイル』があります。

『宝石の煌き:都市』では、通常版で使っていた『貴族タイル』の代わりに、この『都市タイル』を3つ使用します。

『都市タイル』を獲得するには、『貴族タイル』と同じように、「タイルに描かれた宝石のボーナス」が必要となります。

『貴族タイル』と違う点は、通常版では『貴族タイル』を獲得しなくても勝つことができましたが、『宝石の煌き:都市』では、この『都市タイル』を獲得しなければ勝つことができないようです。

拡張ルール②:交易所ボード

宝石の煌き:都市|交易所ボード
(引用 https://www.asmodee.us/en/news/2017/6/12/cities-of-splendor/)

この交易所ボードでは、プレイヤーに新しい5つの能力が与えられます。

ただし、ゲームの序盤から使えるわけではなく、一定の条件を満たすことでその能力が使用可能になります。

条件を満たしたら、自分のトークンをボード上に置き、自分が能力を持っていることを示します。

例えば、「2つの白ボーナスがあれば、同じ色の宝石を2つ獲得するときに違う色の宝石を追加で1枚とることができる」ようになったりします!

拡張ルール③:東洋カード

宝石の煌き:都市|東洋
(引用 https://www.asmodee.us/en/news/2017/6/12/cities-of-splendor/)

これまでの得点カードに、新たに「特殊な能力の付いた30枚の得点カード」が追加されます。(レベル1~レベル3まで10枚ずつ)

能力はどれも強力なようで、たとえば「別の得点カードの宝石ボーナスをコピーする」「貴族タイルを予約する」などがあります。

拡張ルール④:城塞

宝石の煌き:都市|城塞コマ
(引用 https://www.asmodee.us/en/news/2017/6/12/cities-of-splendor/)

各プレイヤーに3つの〈城塞コマ〉が与えられます。

プレイヤーは新しい得点カードを購入するたびに、

①購入可能なカードの上に城塞コマを置く
②他のプレイヤーの城塞コマを取り除く

を行います。

城塞コマがのっているカードは、そのプレイヤーだけが購入・予約できます。

また、1つのカードに城塞コマを3つ全て置いた場合、「得点カード」を購入した後に、続けて「城塞コマを3つ置いたカード」の購入ができるようになります。(一度に2枚のカードの購入が可能になる)

以上が、拡張版「宝石の煌き:都市」の4つの新たなルールです。

宝石の煌きは「シンプルな拡大再生産」で初心者がとっつきやすいというのがひとつの魅力でしたが、一方でボードゲームに慣れ親しんだ人からするとちょっとあっさり…な感じもあったかと思います。(僕は大好物ですが…)

そういった人は、この拡張を加えることで、より深い戦略的な遊びを楽しめるようになると思います。

個人的には、ボードゲーム初心者と遊ぶときには通常版で、わりと慣れた人と遊ぶときには拡張込みで遊ぶようになると思います。

もうすぐ発売なので、興味があるかたはぜひ予約しましょう!

■「宝石の煌き:都市」の予約はアマゾンからできます。

スポンサーリンク