メニュー
はとまめ
ボードゲームブロガー
30代の2児の父。
ボードゲームブログ運営歴4年以上。
手札の読み合いやブラフ系が好き。

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村へ

\更新情報をいち早くお届け/

『Wordle(ワードル)』5文字の英単語当てゲームのルールを徹底解説

『Wordle(ワードル)』5文字の英単語当てゲームのルールを徹底解説
  • URLをコピーしました!

5文字の英単語を当てるブラウザゲーム『Wordle(ワードル)』が今海外でとても人気ですが、日本でもツイッターで結果をシェアする人が増えてきて、じわじわと流行りつつあります!

それに伴って、Wordleの派生ゲーム(日本語版やポケモン版など)もたくさん登場しています。

そこで今回は「Wordleの遊び方を知りたい」という方に向けて、Wordle(ワードル)のルールWordleの類似ゲームを徹底紹介します。

Wordle(ワードル)をプレイする

はとまめ

実際にプレイしている画像を使って、分かりやすく解説します!

ジャンルパズル
公開日2021年10月
開発者ジョシュ・ウォードル
プレイ人数1人
価格無料
目次

Wordle(ワードル)って何?

Wordle(ワードル)は、5文字の英単語を当てるワードゲームです。

5文字の英単語を入力すると、その結果が色で表示されます。緑色なら文字も位置も正解、黄色なら文字の位置が違うということを表しています。

ゲーム画面|Wordle(ワードル)

このヒントを頼りに、6手番以内に正解ワードを当てることを目指します。

また、Wordleは「プレイ回数は1日1回」「その日の正解ワードは全員共通」というのも特徴。そのため、ツイッターでは多くの人がネタバレしないように結果をシェアしています。

Wordle(ワードル)をプレイする

Wordle(ワードル)のルール・遊び方

Wordle(ワードル)のルール・遊び方を紹介します。

はとまめ

実際にプレイしながらワードルのやり方を紹介します!

①ゲーム画面の見方

Wordle(ワードル)のゲーム画面がこちら。

ゲーム画面|Wordle

一列に入力できるのはアルファベット5文字です。

上の画像の通り入力欄が6列あるので、6手番以内に正解することを目指します。

②アルファベット5文字を入力する

では、実際にプレイしながら、遊び方を紹介します。

最初はヒントがないので、適当に「POINT」と入力。

「POINT」と入力

POINTと入力|Wordle(ワードル)

ちなみに、アルファベット5文字は存在する英単語でなければなりません。

はとまめ

「ABCDE」や「OXUEW」など存在しない英単語はNGです!

③結果が色で表示される

Enterを押すと、各アルファベットの結果が「緑色・黄色・灰色」のどれかで表示されます。

各色の意味がこちら↓

結果が緑色・黄色・灰色で表示される|Wordle(ワードル)
  • 緑色…文字も位置も正解
  • 黄色…文字は正解だけど、位置が違う
  • 灰色…その文字は使わない

先ほどの結果の「P O I N T」だと、2文字目は「O」で確定。「I」は使うけど3文字目以外の箇所ということです。

灰色の「P・N・T」は、今回の英単語には含まれないということも分かります。

④ヒントを頼りに正解を目指す

2手番目。

2文字目を「O」にして、尚且つ「I」も使う単語を考えて、「SOLID」と入力。その結果がこちら↓

「SOLID」と入力

SOLIDと入力|Wordle(ワードル)のルール

Iが緑色になったので、4文字目は「I」で確定しました。

3手番目。

2文字目が「O」で、4文字目が「I」の英単語を考えましたが、全然思いつかない…。

諦めて、より多くのヒントを得るために、OもIも使わない「VALUE」と入力。その結果↓

「VALUE」と入力

VALUEと入力|Wordle(ワードル)の遊び方

運よく5文字目が「E」で確定し、さらにVも使うことが判明!

これまでの緑色の情報をまとめると「?O?IE」となります。

さらに、Vの位置が1文字目ではないということは、空いているのは3文字目のみ。つまり「?OVIE」ということまで分かります。

ここまでくるとピンときました!最後に「MOVIE」と入力。

「MOVIE」と入力

全部緑になったので正解|Wordle(ワードル)

全部緑色になったので、正解です!運が良かったこともあり、4手番目で終わることができました。

はとまめ

解けた時は靄が晴れたようにスッキリします!

⑤ゲーム後にスコアが表示される

Wordleをクリアすると、これまでのスコア(統計)が表示されます。

スコア統計|Wordle(ワードル)

スコア統計に表示される情報は以下の通り。

  • Played:プレイ回数
  • Win%:正解率
  • Current Streak:現時点での連続正解数
  • Max Streak:これまでで最長の連続正解数
  • GUESS DISTRIBUTION:正解に費やした手番数の分布
  • NEXT WORDLE:次の問題までの待ち時間(問題は1日1回)

⑥結果をツイッターでシェアできる

最後に、「SHARE」を押すと結果をコピーして、ツイッターに貼り付けてシェアすることもできます。

実際に僕がツイートしたのがこちら↓

お題は全員共通なのでネタバレしないように色だけが表示されます。

ちなみに、ツイートに書いてある「Wordle 271 4/6」というのは「ワードル271問目を4手番で正解した」という意味です。

はとまめ

間違っても最後に答えが表示されるので、答えが分からなくて悶々とするということはありません

Wordle(ワードル)をプレイする

Wordle(ワードル)のQ&A

Wordle(ワードル)の疑問点をQ&A形式で分かりやすくまとめました。

Wordleは1日に何回遊べる?

Wordleは1日1回しかプレイできません。リセット時間は日本時間の24時です。

問題はみんな同じ?

問題は全員共通です。そのため、その日の答えを他の人に伝えてしまうとネタバレになる可能性があるので、ツイートする時は答えを書かないように配慮しましょう。

ハードモードって何?

ハードモードでは、明らかになったヒント(緑色・黄色)を次の手番で必ず使用しなければなりません。つまり、より多くのヒントを得るために、全く別のワード(緑色・黄色のワードを含めない)を入力することができなくなります。ハードモードへの切り替えは、設定(歯車マーク)から行えます。

Wordleのアプリはある?

Wordleの公式アプリはありません。ただ、Wordleの爆発的人気から模倣アプリが増えたことで、Appleはそれらの模倣アプリをApp Storeから削除していているようです。

ニューヨークタイムズが買収したって本当?

Wordleはもともと、ジョシュ・ウォードル氏が2021年10月に公開したゲームで、2022年になりニューヨーク・タイムズが買収しました。買収額は数億円規模と言われています。

Wordle(ワードル)の派生ゲーム3選

Wordleは海外での人気が凄まじく、日本でもプレイする人がじわじわと増えています。その影響から、ワードルからインスパイアを受けた類似ゲーム(日本語版・ポケモン版など)がたくさん登場しています。

ここからは、ワードルから派生したゲームを4つ紹介します。

①Wordle2

Wordle2|Wordle(ワードル)の類似ゲーム
言語英語
文字数6文字
プレイ回数1日1回
クリアターン6手番以内

Wordle2は、当てる文字が1文字増えて、アルファベット6文字を当てるゲーム。(Wordle2というタイトルですが、おそらく非公式だと思います)

1文字増えただけですが、6文字の英単語がなかなか思いつかなくて苦戦します…。

②言葉で遊ぼう

言葉で遊ぼう|ワードルの類似ゲーム
言語日本語(ひらがな)
文字数4文字
プレイ回数1日1回
クリアターン12手番以内

言葉で遊ぼうは、Wordleから派生した日本語版で、ひらがな4文字の単語を当てるゲーム。

初めて遊んだときは「日本語だから簡単そう」と思っていましたが、実際にやってみるとWordleよりもめちゃくちゃ難しいです!というのは、アルファベットは全部で26文字ですが、ひらがなは濁点(がきぐげご等)や半濁点(ぱぴぷぺぽ等)などもあり全部で82文字もあります。文字数的には英語の3倍以上なので、なかなかヒントがでてこないということも…。

詳しくは『言葉で遊ぼうのルール&レビューを徹底解説』の記事をご覧ください。

③ポケモンWordle

ポケモンWordle(ワードル)
言語日本語(カタカナ)
文字数5文字
プレイ回数1日1回
クリアターン10手番以内

ポケモンWordleは、ポケモンの名前を当てるワードゲームです。

1日1回できる『今日のお題』のほかに、難問連続で正解できるか挑戦する『エンドレスモード』、決められた回答上限数の中でできるだけ多く正解することを目指す『チャレンジモード』が遊べます。

詳しくは『ポケモンWordleのルールを徹底解説』の記事をご覧ください。

その他の類似ゲーム

この他にも、ワードルに似たゲームはたくさんあり、様々な日本語ver・四字熟語ver・麻雀verが登場しています。

他のワードルももっと知りたいという方は『Wordle日本語版の類似ゲーム10種類を徹底紹介』の記事をご覧ください。

最後に:ちょっとした空き時間に遊んでみよう!

以上が、最近人気のワードゲーム『Wordle(ワードル)』のルール・遊び方の徹底紹介でした。

数分でさくっとできるので、電車での通勤時間やお昼休憩、就寝前などにピッタリです!頭の体操や脳トレになりますし、問題が解けた時のスッキリ感で気分転換にもなります。

個人的には公式Wordleがちょうどいい難易度でおすすめですが、「英語が苦手」という方は日本語版からチャレンジしてみてもいいと思います!(日本語版はひらがなの種類が多いことで難易度が高めです)

Wordle(ワードル)をプレイする

関連記事

▽ポケモン版Wordleを徹底紹介

▽Wordleの日本語版ゲーム10種類を徹底紹介

▽ひらがな4文字を当てる『言葉で遊ぼう』を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次