僕が「いかさまゴキブリ」を買えない理由

いかさまゴキブリ、「アメトーク」で世界のボードゲームのひとつとして紹介されてましたよね。
ごきぶりポーカーと同じ絵柄です。

いかさまゴキブリの内容をざっくり説明しますと―

手札を場に出していき、最初に手札がなくなった人が勝ちというよくあるルール。
ただこのゲームの異質なところは、イカサマが許されること。
バレさえしなければ、捨てようが何しようが許されるんです。

これ、絶対面白いやつじゃないですか。
あれ、気づいたらカードが減っている!?
ほしい、ほしい!

いや買えよって話なんですけど、買えない。買いたいけど買えない。

レビューとかよく見てるんですけど、こんなに優しい世界があるのかと。きっと裏では書けないことがたくさんあるんだと思います。レビューは明るい側面だけ切り取ってるんです。

だって、カードが無事で済むはずないもの。

自分の環境でやると、カードが無残な姿に折れ曲がったり、消えてなくなる未来しか見えない。使い捨てゲームになってしまう。

持ち主の方、注意してください。そんな悲しい惨事が起こる前に止めれるよう、僕が予想する要注意行動をここに記します。ぜひこれを参考にして、プレイ時は周囲を警戒してみてください。

スポンサーリンク

僕が予想する「ごきぶりポーカー」の要注意行動

・寒くもないのに着込み始める人

服の中に隠す気満々です。
まあ、常套手段でしょう。かわいいものです。

・いきなり体をひねる運動を始める人

後方に注意してください。
投げてます。フリスビーの如く。
タンスの下とかに入りこんでます。大掃除の時とかにでてきます。

・ドリンクをちまちまと飲み始める人

紙のコースターと思ってたら、カードと入れ替わってます。
ふにゃふにゃにふやけてます。

・「あっ電話だ!」と言って席を立とうとする人

携帯を取り上げてください。
その音はアラームです。計画的犯行です。

・急にポテトチップスを食べまくる人

袋の中をみてください。
油でベトベトになった手遅れのカードが横たわってます。

・「あっ、ご挨拶がまだでした」と名刺入れを取り出す人

カードサイズだからって、しまおうとするな。

・「お腹が苦しい」と、ベルトを緩めようとする人

ポテトチップスからの「食べすぎた〜」という自然な流れでやってきます。
けど、そこには入れないでください。誰も触れなくなります。

・「どうしてもトイレに行きたい」という人

「ポテトチップスでお腹苦しい」、「ベルト緩める」からの流れるようなコンボです。
トイレを許したら最後、流されて帰ってきません。残念ですが、もう一箱買いましょう。

と、まだまだ序の口ですが、いかさまゴキブリでの警戒ポイントをここに書き記しました。
持ち主の方、ぜひ参考にしてみてください。

最後に、僕から言いたいことをひとつ。

折れても大丈夫なプラスチック版で発売してください。

よろしくお願いします。