「ハゲタカのえじき」ルール紹介

ハゲタカのえじき

全員同時にカードを1枚出して、一番大きい数字の人が得点カードを獲得できます。
ただし、周りと数字が被ってしまったらアウト!
高い得点を取りにいきたいけど、素直に取りに行くと取れない…。
相手の裏をかいて、低い数字で高得点カードを手に入れたときは快感です。

ワードバスケットと並んで初心者がいるときにオススメしたいボードゲーム。
手軽に、アナログゲームの醍醐味である読み合いを楽しめます。

<ハゲタカのえじき 情報>
 ジャンル   心理戦
プレイ人数 2-6人(おすすめ人数 4人5人6人
プレイ時間 10分
 その他  ボードゲーム初心者におすすめ

スポンサーリンク

ハゲタカのえじき:内容物

使うのはカードだけです。
ひとり「1〜15」のカードが手札として配られます。
ハゲタカのえじき 1から15までの数字が書かれた手札

山札には「-5〜10」の15枚の得点カードがあります。
ハゲタカのえじき
手札を使って山札の得点カードを競り落としていき、最後に一番得点が高かった人の勝ちです。

ハゲタカのえじきのルール

山札から1枚カードをオープンします。
ハゲタカのえじき

この得点カードを1人だけ獲得することができます。
手札からカードを一枚選び、全員同時に公開します。
得点カードを獲得できるのは、「一番大きい数字を出した人」だけです。
ハゲタカのえじき
上の図の場合は、13を出した人が7点カードをゲットです。

バッティングルール ~同じカードを出したら獲得権なし!~

ただ、このゲームには変わったルールがあります。
それは、同時に同じ数字カードを出した人たちは獲得する権利を失う」というものです。
他の人と同じカードを出してしまうことをバッティングといいます。

たとえば、場に最高得点の「10」が出たとします。
みんな欲しいので、手札で一番大きい数字の「15」を出そうとしますよね。
下の図のような場合はどうでしょう。
ハゲタカのえじき

15を出した3人は獲得権がないので、次に大きい数字を出した人がカードを獲得できます。
この場合なら、3を出した人が最高得点カードを獲得できます。
ちょっと極端な例に見えますが、実際にこういうことはよくあります。
そして、高得点カードを小さい数字で獲得すると、めっちゃ盛り上がります。

 マイナス得点カードが場に出たとき

マイナス得点カードが場に出たときは、「一番小さいカードを出した人」が引き取ります。
ハゲタカのえじき

ゲームの終わり

15枚の山札をすべて競り終わったら、終了です。
その時点で、獲得した得点カードの合計が一番高い人の勝ちです。

「ハゲタカのえじき」の感想

本当に説明が楽です。1分もあればみんな理解できます。
そんな手軽さなのに、ボドゲの醍醐味である読み合いを楽しめる!

3回くらいプレイすると、相場感や相手の手札の切り方が分かってきます。
相手のカードを予想できるようになってからが、本当の面白さだと思います。

相手の数字と被ったらダメというバッティングシステムがゲームを盛り上げてくれます。
バッティングしないように外したら相手も同じことを考えてバッティングしたり、取るのを諦めて1を出したら、自分以外バッティングして思いがけず点数カードを獲得したり、この要素がすごく盛り上がります。

インストが簡単、読み合いが楽しい、盛り上がるシーンもたくさん!
僕がボードゲーム初心者に本当にオススメしたい作品の1つです。