どうぶつしょうぎ(動物将棋)|将棋のルールを知らなくても楽しめる!

どうぶつしょうぎ(動物将棋)

どうぶつしょうぎ〉というゲームを知ってますか?

小さな子供でも「将棋」を遊べるように考えられた、とてもシンプルなゲームです。普通の将棋では初めに自分が使える駒は20個ですが、〈どうぶつしょうぎ〉ではなんと4個です!そして、盤面も3×4マスと、通常の将棋と比べるととても小さくなっています。すごく簡単なルールなので、将棋を知らない親子でもすぐに一緒に遊べます!

この〈どうぶつしょうぎ〉を考案したのは女流棋士の方で、自分の将棋教室に4歳くらいの子供が来た時に「小さな子供でもなんとか将棋ができないものか…」と悩んで考えついたのだそうです。

ルールを極力シンプルにする以外にも、子供の関心を惹くように絵柄をかわいらしくしたり、駒が進める方向を分かりやすくするなど、子供でもすぐに遊べる親切設計になっています!また、はじめに「お願いします」、終わったら「ありがとうございました」としっかり挨拶して、礼儀を学べるところもいいですよね!

僕も将棋はまったく分かりませんが、ゆくゆく大きくなった娘と遊ぶために購入しました!「ちょっと気が早いんじゃない!?」と思われるかもしれませんが、この〈どうぶつしょうぎ〉は大人同士で遊んでもとても奥が深いので、うちでは相方とちょくちょく遊んで盛り上がっています!

この記事では、〈どうぶつしょうぎ〉のルールをご紹介します!

<どうぶつしょうぎ 情報>
 ジャンル   戦略系
プレイ人数 2人
プレイ時間 15分

スポンサーリンク

どうぶつしょうぎの内容物

〈どうぶつしょうぎ〉には、8個の駒と盤が入っています。

かわいい動物の駒

どうぶつしょうぎ|動物の駒

駒は「ひよこ」「きりん」「ぞう」「ライオン」の4種類あります。動き方を覚えていなくてもいいように、駒には動かせる方向に「赤い丸印」がついています。

3×4マスの将棋盤

どうぶつしょうぎ|将棋盤

3×4マスのミニ将棋盤です。

どうぶつしょうぎのルール

①まずは挨拶から

どうぶつしょうぎ|挨拶

はじめに「お願いします」と挨拶します。

②駒を並べる

どうぶつしょうぎ|動物駒を並べる

画像のように、将棋盤に駒を並べます。

③動物駒を動かす

じゃんけんで順番を決めて、ひとりずつ駒を動かしていきます。

駒の動かし方は、動物の種類によって違います。

「ひよこ」の動き方

どうぶつしょうぎ|ひよこの動かし方

ひよこは「前」にだけ動けます。

また、「ひよこ」は一番奥の列(相手の一段目)までいくと「にわとり」に進化します!

ひよこの裏面が「にわとり」になっています。
ちなみに、進化する動物は、ひよこだけです。

「にわとり」の動き方

どうぶつしょうぎ|にわとりの動かし方

「にわとり」は、ななめ後ろ以外に動けます。

「ぞう」の動き方

どうぶつしょうぎ|ぞうの動かし方

「ぞう」は、ななめに動くことができます。

「キリン」の動き方

どうぶつしょうぎ|きりんの動き方

「キリン」は、縦横に動けます。

「ライオン」の動き方

どうぶつしょうぎ|ライオンの動き方

「ライオン」は全方向に動くことができます。
動物の王様であるライオンは、将棋でいうところの王将に当たります。

④相手の動物をつかまえる

進むマスに相手の動物がいたら、その動物を捕まえます。

どうぶつしょうぎ|相手の動物をつかまえる

捕まえたら、その駒を自分の手元におきます。

⑤捕まえた動物を盤にもどす

次の番になったら、自分の駒を動かす代わりに、捕まえた相手の空いてるマスに置くことができます。

どうぶつしょうぎ|手元の駒を盤にもどす

もちろん、その駒は「自分の仲間」として次から動かすことができます。

どうぶつしょうぎの勝ち方

このゲームの勝ち方は2通りあります。

①相手のライオンをつかまえる(キャッチ)
②自分のライオンを一番奥の列に進める(トライ)

①相手のライオンを捕まえる

動物の王様である「ライオン」を捕まえたら勝ちです。

どうぶつしょうぎ|相手のライオンを捕まえる

②自分のライオンを一番奥の列に進める

どうぶつしょうぎ|ライオンでトライする

自分のライオンを一番奥の列(相手側の一列目)に移動させて、次の相手の番に自分のライオンがキャッチされなければ勝ちです。

最後も挨拶で

どうぶつしょうぎ|挨拶

終わったら、勝っても負けても「ありがとうございました!」と元気よく挨拶します。

どうぶつしょうぎのQ&A

Q.パスはできるの?

できません。
自分の番では「駒を動かす」か「手元にある捕まえた駒を置く」のどちらかを必ず行います。

Q.お互い同じ動きを繰り返してゲームが膠着したら…

お互い同じ動きを3回繰り返したら、引き分けとなります。

Q.手元のひよこを一番奥の列に打つとどうなる?

手元のひよこを一番奥の列に打つことはできますが、にわとりにはなれません。また、ひよこの動き方は前だけなので、それ以上移動することができません。

Q.親が将棋のルールを知らなくても大丈夫?

とても簡単なルールなので、親も子も将棋を知らなくてもすぐに遊べます。

以上、〈どうぶつしょうぎ〉のルールとQ&Aでした。とてもシンプルなルールなので、小さな子供も将棋のルールを知らない親もすぐに遊べます。親子のコミュニケーションの道具としても大活躍間違いなしです!

「ごろごろどうぶつしょうぎ」と迷ったら…

どうぶつしょうぎの別バージョンで〈ごろごろどうぶつしょうぎ〉があります。

ごろごろどうぶつしょうぎ

〈ごろごろどうぶつしょうぎ〉は、駒の数が16個に増えて、盤面もやや大きくなった、レベルアップ版です!

対象年齢は〈どうぶつしょうぎ〉が4歳からで、〈ごろごろどうぶつしょうぎ〉は6歳からです。とはいっても、将棋を知らない子供からすると〈ごろごろ〉だと少し難しかったり、時間がちょっとだけ長くなるので、まずは〈どうぶつしょうぎ〉で将棋の楽しさを知ってから、子供がハマれば〈ごろごろどうぶつしょうぎ〉にレベルを上げていけばいいと思います。

■〈どうぶつしょうぎ〉はこちらから。

■〈ごろごろどうぶつしょうぎ〉はこちらから。

■さらにレベルアップした〈大きな森のどうぶつしょうぎ〉はこちら。